ブログの歩き方
煩雑な日々の中、とりあえず日記(※ココの事っす)の形を整えたり登録の修正をしたりということに時間を費やしていて、いまだ落ち着いてあちこちのサイトを閲覧できる状態ではありません。
体調も今ひとつ優れない。それはこの際関係ないけれど。

怒涛のように1週間が過ぎて、ふとexciteを放浪してみたのですが、見方がわからないー!
トラックバックテーマはあっても個々の日記(ブログ)自体のカテゴリ分けがないものねぇ。
トラックバックテーマでは、カテゴリ分けが曖昧であまり傾向を細分化できないのも仕方ないだろうし…。
ブログ形式を取り入れている場所は何箇所か流浪した事もあれば、よくロムっていたりもしますが、やはり「日記を書く」ことがメインで、ユーザー側のニーズもシンプルに「日記を書きたい」が主流の場所しか知らなかったわけです。
閲覧者としても、「ブログ(意見や主張)を読みに行く」ではなく、「日記(日々の徒然草)を読みに行く」という感覚でいますし。
これが時代の波に乗り遅れているってヤツかしら…?

幸いexciteでも読み応えのある面白そうなブログを幾つか発見できて、ブラウザのお気に入りの中に作った「excite」というフォルダに入れているのですが、MEMORIZEのマイリスト機能が恋しいです。
あれ便利でしたね~。
知らない人(交流がない人)の日記もこっそりブックマーク(※1)しておけたし。
ブックマークの非通知(※2)は嫌だと言う方もいらしたようですが、堂々と「私あなたの日記のファンで~す!いつも楽しみにしているんです~v」って相手に知らせちゃうのも躊躇いを感じる場合もありましたしね…。
「なんでこんなヤツが俺の(私の)日記を読んでいるワケ?」と訝しい気分になったりなられたりするくらいなら、非通知のほうが絶対安心、お互いの精神衛生上も好都合。
それでも勇気を出して通知をしたからこそ交流が生まれたという面もあるのですけれど…。
※1…自分のマイリストに誰かの日記を登録することをブックマークと称していた。
※2…恐ろしい事に「私があなたの読者です」と通知する機能があった!

正直心を開いてしまえば、「自分の日記を誰が読んでいるのかわからないと気持ち悪い」という言い分はWebの常識として通用しないと思います。

話を戻してexciteブログ。
膝を叩きたくなるようなブログには気軽にコメントを書き込めばいいのか、それともやはり「なんでコイツが?」と思われるのを避けるために無言でロムってりゃいいのか。
リンク機能もありますが、いきなり「リンクさせてください」と申し出るのも失礼かもしれないし…。
私のツボに「おもしれぇ!」とハマッたからと言って、相手にしてみたら「なんでこの人が私の日記に興味を持つの?」とやはり訝しい気持ちになったり、それどころか「もしかして邪な企みでもあるの?」と痛く痒くもない腹を探られてしまったら、(自分が)とても悲しいだろうし…。

結局はこちらのアクションに対して相手方がどう感じるか、どうリアクションを返すかということが皆目検討つかないから迷い戸惑いが生じるわけですね。
ネットってそういうところが不便。
細やかな機微を持つ人はそれだけデリケートで、リアルで知り合いだったら気のつく良い人かもしれないけれど、ネットの世界では気を遣いすぎて言の葉ひとつに過剰に反応して、情緒不安定になった挙句におかしな言動に走る可能性もあるし、関わるのが躊躇われてしまう。
憶測でしか計れないことが多い世界だから、額面以上の想像はしないほうがいいよネ!
だからこそ、伝えたい事ははぐらかさずに真っ直ぐ真摯な言葉で伝えるのがベターなのだと思います。
(また話が脱線した)

うん、でも…
どこにでも変な人はいて、面白い文章を書く興味深い人がいる、ということがわかって、少し安心できました。
様式が理解できなくても、全然別世界じゃないんだってことにホッとしたと言うか。
人間の本質は、どういった形式のコミュニティーであっても、基本的に本質としてあまり変わりはないのだという当たり前の事実に安堵させられました。
他のブログをあちこち観察して、意見の書き方や交流の仕方など勉強したい。

私がコメントとトラックバックをオフにしているのは、「手に余る事はしないほうが賢明」というスタンスに基づいた選択です。
何かございましたら掲示板へよろしくお願いしますということで…(^_^;
別に何かなくてもお気軽にメッセージをどうぞ。
(イタズラには管理人権限で削除の措置を取らせて頂きます)
ブロガーの中にはコメント・トラックバック機能の有効活用を推奨して掲示板を「閉鎖的」と否定する人もいますが、こじんまり運営するのが今の私には精一杯なので…。

新しい世界・ブログをじっくり散策したいところですが、今はもう何かいっぱいいっぱいで、自分の体裁を整えることで精根尽き果ててしまいます。
欲張らないで、少しずつ視界を広げて行きたいですね。

独り言。
今後また生活に一波乱が起きそうで不安…。
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2004-06-19 22:44 | 放浪インターネット
Riskyな表現者達
言っても詮無いことをどこかで「ま、しゃーないわね」と割り切るのも取捨選択のうちでしょう。
諦めちゃいけない事もあるけれど、縛られて次に歩を進められない事なら切り捨ててしまう潔さも時には必要だと思います。
「我不迷」(ワレマヨワズ)と言った少年もおりますが、迷うからこそ人は成長できるのです。
岐路に立つことが多ければ多いほど、取捨選択の際の潔さや判断力、自由の幅が広がるのではないでしょうか。
頑固に自分の流儀を貫くのが私の身上ですが、視野が狭まって頑迷になってはいけないと思うのですよね。
沈みかけた船からさっさと逃げ出した一匹の鼠の価値観(のひとつ)でした。


JILLEという雑誌を買いました。書店でパラパラ見ていいな~と思ったので。
街角スナップって大好きだし、ファッションの方向性がちょうど私が今求めているものに近かったから。
JJとかのスナップはあまり見ていて面白くないの。コンサバっつうか、なんつうか。
小奇麗に可愛くまとまっていて、変に落ち着いているあたり。
「男の子にモテたい!」があっち(JJ)路線の雑誌の基本姿勢のようですね。
OL系になると、それに「会社ウケする」が入るみたいね。
「無難」「安心」という保険で「ウケ」は買えるのでしょうか。
「絶対外さない」という保険をかけとくっちゅーのもね、なんかだっさい気がして私はあんまりカッコイイとは思えません。
そういうのが好きな人は別にそれで構わないし、人それぞれの価値観に文句を言うことはないのですが、私はやっぱり「危なっかしいけれどカッコイイ」がいいなと思うのです。
そのためにはバランス感覚を磨く必要があると思いますけれど。

JILLEに載っている街角の女の子達、「ヤベーよ」って着こなしを本当にヤバくしているかカッコよくしているか、危ないギリギリの線に遭えてチャンレンジしているあたりが「私もかくありたい」と好感を持てます。
原宿や代官山、渋谷あたりが巣窟なのでしょうか。
もちろん「ヤベー」のは不適切なサンプルですが、エネルギッシュな女の子達の着こなしを見るのは自分にとって良い刺激になりました。
みんなさ、スパッツはいているけれど、どこで買ったの?
私がいつも回るようなお店ではスパッツ売ってないか売り切れかだよ~。
そして私はやはりスタイル良く見えることを最優先したい。
股下がすごーく下の位置にあるジーンズやパンツは、スタイル良く着こなすのが難しいアイテムではないかと思う。
ワイドシルエットのボトムとか、太目のスパッツも。
レイヤードのコーディネートも仕方によってはそれも太く見えてスマートじゃないし。
背が高く、ウエストは細く、メリハリがあって、脚が長く見えるのがやっぱり良いですね~。
でもとにかく細ければいいってものじゃなくて、個々のパーツの細さよりも全体のキマリ方を重要視します。
そこは「大人ですもの」というプライドもありますから。
自分を客観視できないのは格好悪いし、「外し」が不恰好になったらいけません。

男の子でもウエスト落としすぎで不恰好な子って私は好かないな。
脚が長くてスタイルが良い人ならカッコイイのかもしれないけれど…。

一歩間違えれば「ヤベェ」。
そういうリスクを背負っておしゃれに精を出す女性に憧れます。
そういう子達がこんなにいることが頼もしい。
「大人としてこれはアカンだろう」とかそういうマイルールはありますが、リスキーでワイルド、そして明朗快活なレディを目指したいですね。
根底にエレガンスを忘れずに。
「ウケ」の定番が必ずしも格好良く好印象を持たれるとは限らない。
「カッコ良くて明るい素敵な女性」ならそれで善し!

しかしこの雑誌(JILLE)自体が結構リスキーな作りですね。
双葉社か…。次も買うから長生きしてください。

ドゥヴィネットからお得意様特別感謝セールの案内が来たけれど、私は5回くらいしか買い物したことないんじゃないだろうか。
1回でも買えばお得意様。「いつもご利用頂きまして誠にありがとうございます」。
言葉の有り難味が薄いよね…。でも行きたい。行こうかな。
この間カットソーを買った時、もう1枚欲しいカットソーがあったんですよね。
もう売り切れていなければ、是非欲しいなぁ。
そしてJILLEで紹介されていたイミュのミア グロッシーコートが欲しい。
イミュは安くてよく使えるいい製品を出してくれるので好きだ。

タバコを吸っても落ちないグロス、どこか本気で開発してくれないものか。
スモーカー・レディの救世主はいずこにおわす。
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2004-06-18 22:48 | おしゃれ大好きクロゼット
電車女
a0027061_2038229.jpgザ・ボディショップの「あしスッキリセット」(レモングラスの香りのスプレーとジェルのセット)がこの上なく役に立っています。
ビジュアルが良いし疲れた脚に気持ち良いし、友達へのちょっとしたプレゼントなどにもいいかもしれないなぁと思います。
フットケアはオリジンズ、という定説(?)がありますが、オリジンズもザ・ボディショップも大概のものが安くてお試し感覚で気軽に買えるのが一番いいところ。
容器が小さいから飽きて使い切れずに残りを持て余すこともないし。

コスメOnlyじゃないブランドは、コスメ以外の品物をアレコレ見るのも楽しい。
でもラベンダーのアイピローなどは、「これって気持ちいいのかな~?」と心惹かれたりもするのですが、結局使わずにその辺に放置することになったら邪魔になるので買わないでいます。
かわいくても使え(わ)ないだろうってものは、とりあえず買わない主義。
使って楽しんだらなくなるものがいいです。
(意外と実質本位?)


今日電車の中で見た女の人。
私がすでに座っていた座席の斜め向かいに、息せき切って駆け込んできてどかっと腰掛けたところを正面から見たら、顔に目が釘付けになってしまった。
眉毛がない。
眉ブリーチとか極細眉とかではなく、薄毛。
「化粧を落としたら眉毛が消失する」ってタイプの眉毛でした。
眉の生え方を見ると、元の形は良いようなのだけれど、とにかく薄い。
どことなく能面風の立体感のない顔に、焦って駆け込んできた様子。
「本人も薄眉を気にしているんだろうなぁ」「寝坊してお化粧する時間がなかったのかしら?」などと思いつつ、「もしかしたらこれから電車の中でお化粧を始めるのかな?」とふと思ったら、おもむろにポーチを取り出して始めてしまった。
私が驚いたのは、ファンデーションから塗りたくっているところ!
まったくのすっぴん状態で、電車の中で顔にパウダーファンデを塗り始めた。
右頬、鼻筋、左頬、顎、額とペンキを塗るようにファンデーションを塗って行く。
どこのどんなファンデを使用しているのかわかりませんが、塗ったところから色が変わって行く様がありありとわかるのです。
ぎょえー!見ているこっちが恥ずかしい。
一体次に何をするのかしら?とドキドキしながら盗み見ていたら、ファンデの次は口紅。
いきなりファンデの次に口紅?とまた驚きつつ、残念ながら私は降車駅に着いたので後ろ髪を引かれる思いで電車から降りたのでした。
カジュアルな会社員風の女性でしたが、果たして会社に着くまでにメイクを終わらせられたのか、化粧顔が完成するまでじっくり観察したかったです。

それにしても電車の中でファンデ。信じられない。
電車の中でお化粧する人はそれなりにいるけれど、まったくのすっぴん状態から土台を塗り始める人なんて初めて見たよ。
恥ずかしながら(横井さんの名台詞)、小さなミラーで顔をチェックして、落ちたグロスを塗り足すくらいのことは、私も空いた電車の中であれば稀にはやります。
はげた口紅はみっともないし、電車を乗り継いで移動する場合、私は乗換駅で喫煙所を探して一服することが多いので、どうしてもグロス系の口紅の場合、はげていないかどうか心配になってしまって…。
みっともないことは重々承知です。恥ずかしいさ、ああ恥ずかしいよ(ヤケ)。
でも口紅はもともと「塗っている」ことが前提だけれど、ファンデって肌であるわけだから、それを「塗っている」と思わせるのはメイクのタブーだと思うのです。
「コイツ塗ってるな」と思われたら完全にアウト。
電車の中でマスカラを塗るという、非常にデンジャーである意味技術的には脱帽してしまいたくなる女性達とは違った意味で、彼女は踏み外してはいけない一線を超えてしまったような気がするのです。
根源的なメイクの在り方の問題と言うか…。うまく言えないけれど。

恥ずかしい行為とは言え所詮他人事なので放っとけって話ですが(むしろ自分の行為の恥ずかしさを悔いるべきだろう)、他の(自分以外の)女性が土台からメイクしている姿なんて滅多に見られないものなので、じっくり観察して見届けたかったという残念な気持ちで一杯です。
同性の前ならポイントメイクを直すくらいは出来なくもないけれど、やはり下地からファンデーション、チーク、ハイライト、マスカラ、アイブローなど、土台固めとも言える作業は、張り詰めるような緊張感の中で、感覚を研ぎ澄まして全神経をメイク一点に集中させて行うものなので、とても人前では出来ることではありません。
もはや精神統一の世界です。
リップライナーで輪郭を取ったり紅筆を使って口紅を塗るのもね。
じゃあ人前で出来ることって何なのかと言えば、やはりあくまで「直し」。「作る」のは出来ない。
それは多分他の多くの女性達も同じなのでしょう。
だから「作る」姿を見たことがないんだな。

今朝の女性、是非とも眉毛を描くところを見たかった。
ファンデーションと口紅を塗っていたのだから、それで眉を描かないなんて(あの薄眉では)有り得ないはずだ。
ペンシルを使うのか、マスカラを使うのか、パウダーを使うのか、すごく興味津々だったのになぁ。
ちなみにわたくしはパウダー。スティラの2色のヤツです。
地眉がはっきりしているため、ペンシルでは眉が強くなりすぎるから。
人様のメイクを観察していて思うに、あまり眉を濃く強く描きすぎると、フレッシュさが感じられず、どことなく時代遅れの印象になってしまいます。
あと逆八の字でカーブをつけずに真っ直ぐな眉を描いている人。
いつの時代の方ですか。若いコンサバ系OLさん風の方に多いですが。
怒ったような顔にも見えて損。
眉は顔の印象を大きく左右するので、くれぐれも間違えた思い込みで損をしないように私も気をつけましょう。
今前髪がセンターパートだしね。

髪切りにも行きたい。
泳ぎにも行きたい。
時間がない。
ギブミータイム。
掲示板のレスも相変わらず持ち越しです。
ちゃんとチェックはしているのでご安心ください。
そしてすみません。
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2004-06-17 00:18 | おしゃれ大好きコスメティック
Web引越し騒動終幕
「明日から来てください」「はぁ?」という遣り取りにてバイトへLet’s Go!です。
オッサン、当初の予定より1週間も早いじゃないか…。
まだ風邪は全快に至りませんが、見切り発車オーライと判断しました。

「世界の中心で何を叫びたいですか?」という設問に、無理やり自分なりの答えを捻り出すとしたら…「この世はアタシの物――!」か「カネカネカネ――!」…くらいしか私には思いつきません。
大体「世界の中心」ってどこよ。自分がいる場所が中心っていう意味でしょ?
「叫ぶ」のは自分なんだから。随分と自己中心的な言葉よね~。

件の書物を読んでいないので、あくまで言葉そのものに対する感想ですが。
カネがあれば幸せになれるわけじゃないけれど、カネがないのは悲しいことです。
何の話だ。要するにカネのための労働は尊いってこと。
カネカネカネカネと連呼してすみません。はしたない。


MEMORIZEのIDを削除しました。
最後にミソがついたけれど、大変お世話になったことに謝意を捧げます。
これから相手にしなくちゃならないのはlivedoorです。
面倒くさくてもこれはキッチリやっとかないと…。

今回の件は、法的に違法なのかどうかの判断は難しいですが(証拠物件とかの問題で)、問われているのはモラルですよね。
MEMORIZEの利用規約に同意した上でIDを取得したのだから、MEMORIZEの運営上の理由によるサービス停止には異論を唱えません。
そういう規約に同意した上でサービスを利用していたのですから。
サービス利用中、規約に違反した場合や、MEMORIZEに何らかの損害を与えた場合、管理人の判断によってIDを削除されるのも法的な措置を取られるのも規約の内です。
またサービスが不要になった場合、所定の手続きでIDの削除が出来ます。
しかし今回の運営譲渡に関して私は(と言うかほとんどのMEMORIZEユーザーは)、livedoorの利用規約に同意もしていないのに勝手にlivedoorのIDを割り振られて、どれほどの深さかはわかりませんが、MEMORIZEのIDを取得するにあたって必須項目として打ち込んだ個人情報を、livedoorに文字通りごっそり譲渡されてしまった。
そして同意なしで勝手に作られたlivedoorのIDを削除するに当たって、更に相当仔細な個人情報を打ち込む必要があります。
※参照URL http://isp.livedoor.com/onlinehelp/mailform/mail_signout.html
これではlivedoorブログの経営者のモラルが疑われても仕方ありません。

JUGEMUとの客の取り合いにはとりあえず文句を言いません。
企業である以上、営利を追求するのも他社と競合するのも当然ですから。
でもね、やり方ってものがあるでしょ?
私は同意していないんだよ? livedoorの利用規約に。
「サービスが不要になってもやめられませ~ん」なんていう規約に同意していない。
当然MEMORIZEのIDを取得する際に必須だった個人情報も、livedoorのサービスを利用する意思がない以上、勝手に顧客名簿として譲渡されていいわけがないし、その上その不要なIDを削除するために、もっと個人情報を渡せと言われるのはどう考えても理に適っていません。
そんなわけで、これ以上の個人情報を渡すことなく(登録時のメルアドだって立派な個人情報の内)不要なIDを削除して頂けるようにlivedoorのサポートに掛け合います。
でもあそこの会社、信用していいのか…?

MEMORIZEユーザーの感情の変化(衝撃→落胆→怒り)が、この共通テーマを拾い読みして行くとまざまざと伝わってきます。

MEMORIZEが運営をlivedoorBlogへ譲渡、消滅へ(2004/6/10/09:31)
メモライズ終了(2004/6/10/09:43)
MEMORIZEが終了したら(2004/6/11/11:48)
【選択の自由は?】livedoorに強制移行(2004/6/13/01:7)

存在しないIDはやめた人かな…。わしもか。
(8/1 MEMORIZEサービス終了に伴いデッドリンク)

こうなった以上暴言を吐いても仕方がない。IDの削除だけを私は求めます。
でもねぇ、livedoorもJUGEMUもこの大量難民を引き受けられるんだろうか…?


(比較的)長文なんですが、大丈夫かな~?という実験も含めて更新。
掲示板のレスは明日(日付変わってますが)。
書き込みありがとうございますm(_ _)m
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2004-06-15 01:06 | Web引越し騒動記
偉大って何/暑いと食べ物が腐るので気をつけましょう
レーガン元大統領の国葬営む 各国代表参列し最後の別れ(朝日新聞平成16年6月12日)

元英首相サッチャー氏の弔辞にある「彼は一度も発砲しなかったばかりか、相手の要塞(ようさい)から敵を招いて友人にしてしまい、冷戦に勝った」という発言は、ブッシュ現大統領への嫌味(と言うか批判?)…も含まれるのでしょうか。
冷戦を終わらせた事で新たな紛争が勃発したという面はあるけれど、確かに今の米国の正義戦争(=「悪者やっつけちゃえ戦争」←命名わし)に比べたら、業績的には光り輝いていますね。
ピッカピカ!ゴールド!
他意は何もありません。本当。

もひとつ。

陸自部隊50-60人が下痢 イラク南部サマワ宿営地(共同通信平成16年6月12日)

下痢の隊員、30人に減少 サマワの陸上自衛隊(共同通信平成16年6月12日)

こういった衛生面での心配もご家族にはあったでしょうね。お大事に…。
心はイエローリボン運動に賛同しています。無事の帰還を祈って。


風邪+日記の引越し騒動で、新聞もじっくり読む余裕がありません。
昨日の晩、livedoor blogからIDが届きましたが、利用規約にも同意していないのに勝手にlivedoorにブログページを作られちゃっているのって何なの?
最初から16日にはログ移動って勝手に決められていたのもさぁ…。
exciteのいいところは、やめたい時には簡単に「ブログ停止」ボタンでやめられるという点にもあるのかもしれない。
やめたい時、削除なり退会なり手続きを取れば、勝手にやめられるのが普通なのですが。
普通はね。


当初リンクしていたインフォシークニュースが期限切れで消失したため、gooで検索をかけてリンクの貼り直し+追加と引用文章の訂正をしました(6/19)。
読売と毎日の記事が朝日と共同通信になった…。事実は同じでもなんかトホホ…。
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2004-06-12 21:24 | 今日のニュース・雑考
試行錯誤中(そしていまだ発熱中)
MEMORIZE日記をご覧の皆様へ、exciteブログ続報。
(6/14アカウント削除につきデッドリンク)

舌の根も乾かぬうちに言ったことを翻し、コメントも不可の設定にしました。
早々に掲示板を設置してしまったので、コメントも不要かなぁと…。
あくまで普通のWeb日記スペースとして使いたいので、ご用がある方は掲示板へお書き込みください、ということで。
今後必要に応じて機能の追加・修正はして行くと思いますが。
記事の投稿の際、公開設定にしなければ、exciteのセンターに新着記事として反映されないようです(※未確認)。
トラックバック・コメントを許可するかしないかも選択自由。
ブロガー推奨のexciteさんには少し申し訳ありませんが、そういったニーズにも応じられるツールである以上、利用規約を守った上で利用させて頂きます。よろしく。

MEMORIZE IDは、来週に入ったら機を見て早めに削除します。
16日にログ移行ですからね…。一応livedoorになんか移っちゃたら削除するよ。
短い間でしたがお世話になりました。
当方の日記を贔屓にしてくださった方々に、厚く御礼申し上げます。
今後も気が向いた折にご来訪くださると嬉しいです。

しかしなかなかシンプルなデザインの掲示板を探すのって難しかった…。
熱が下がらない頭でレンタルBBS巡りをして、目が回りました…(@_@)
レス機能付きで探すと、妙にファンシーでメルヘンな背景や、キャラクターアイコン付きの掲示板が多くて、これぞというものがなかなか見つからないのだ。
今設置している掲示板は、「特にイイわけでもないけれど、シンプルだしイヤでもないからまあいいや」という特に思い入れのない許容範囲内妥協BBSです。
多分カスタマイズは面倒くさいから必要最低限のことしかしないと思うけれどね。

ブログだとアクセス数がわからない、という話も聞いていましたが、日毎の訪問者数のチェックは出来ます。
昨日からの訪問者は9割方メモライザーなのでしょうね…(^_^;
個人的には、カウンターをつけないほうがかえっていいかも…と思う部分もあって、カウンター設置については考え中です。
いずれにせよ、カウンターやアク解の類はレンタルでまかなうしかありません。
今のところ、初級者も初級者並には使えますね~って感じでしょうか。

日記才人にはすでに登録済みなので、そちらからのチェックも出来ます。

環境を整えるのに精一杯で、他のことが出来ない…;;
なんでまたこんな強行軍の移行スケジュールなのよぅ…(泣)
メッセージをくださった方々への返信も遅れています。
申し訳ありません。
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2004-06-12 16:25 | Web引越し騒動記
とりあえず試運転
exciteブログにおります。
まだ様子見の段階ですが、livedoor blogには行かないという方針で。
過去ログのUPも、exciteの使い勝手や周りの雰囲気の様子を見ながら、やれるようであれば追々やって行きたいと思っています。
現MEMORIZEの柏原日記(6/14アカウント削除につきデッドリンク)をブックマークしてくださっている方で、今後もご愛顧くださるという有り難い御方は、お手数ですがexciteの新・柏原日記へブックマークをご変更してくださいますようお願い致します。
腰が落ち着いたら(落ち着くかどうか、まだわかりませんが)掲示板の設置もしたいと考えていますが、コメント投稿などお気軽にどうぞ♪(^-^)
※イタズラは管理人権限で削除します。

発熱中のためか、いまだに淋しいとかそういう感慨が沸かないもので、困ったものです。
MEMORIZEで巡り合えた愛読日記は今後も読ませて頂きたいですね…。

ちうか切実な話、来週から始まる仕事の前に風邪が治ってくれないものか。
鼻水は治まったけれど、今度は咳が止まりません。
でも鼻が洪水と言うか渋滞している間は煙草の味がまったくわからずに難儀しましたが、今は味覚・嗅覚共に多少回復したので少しはマシになりました。
だから余計に咳が止まらないのかもしれません。困った。
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2004-06-11 21:30 | Web引越し騒動記