「ほっ」と。キャンペーン
アフィリエイトについて
ここしばらくアフィリエイトを整理していました。
すっかりアフィリから足が遠のいて、小遣い稼ぎという感覚も薄れて自分が買い物するときにちょっとだけ還元分があるならお得だよね程度の利用だったのですが、どうせなら自分が買い物するとこだけアフィリしようかなと考えまして。
いろいろ面白そうなアフィリに手当たりしだいに手を出してきたけれど、少額とはいえコンスタントに成果が出てるのブクオフだけだったし…。
過去にバナー貼ったままの記事も残っていますが、今参加してるアフィリはお買いもの処に貼ってあるとこだけです。
クリック課金があるのはGrouptubeだけなので、投げ銭的にお使い頂ければ幸いに存じます。
単にバナーのGIFアニが可愛かったので切り捨てるに忍びなかっただけなんですけど。
現在2ヶ月に1回、13万円弱の年金収入があるだけの私ですが(4月には国民年金保険料の一括振込があるため年金を元にしたささやかな蓄えが大幅に消える予定)、アフィリを利用して頂けたら月額500円程度?のお小遣いになるかもしれませんので助っ人気分で使うてやろやないかと思われた方にご利用頂けましたら誠に感謝致します。
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-03-01 15:07
公共空間を全面禁煙、費用は施設負担
公共空間を「全面禁煙」要請 厚労省、罰則なく強制せず
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022501000584.html


厚生労働省は25日、飲食店やホテルなど不特定多数の人が利用する公共的な空間を原則として全面禁煙とするよう求める通知を都道府県など自治体に出した。受動喫煙による健康被害の防止を目的とした措置で、自治体を通じて関係施設への周知を図る。

速やかな対応を求めているが、健康増進法は罰則を設けていないため強制力はなく、施設側が新たに対応を取らなくても処分対象にはならない。

長妻昭厚労相は「通知による影響や効果などの現状把握をした上で、さらに踏み込んだ措置が必要かどうか判断する」との考えを示している。

対象となるのは飲食店やホテルのほか、健康増進法が定める官公庁や駅、病院、百貨店、美術館や娯楽施設などの屋内。このほか、屋外でも子どもが利用する公園などでは受動喫煙防止対策に配慮が必要としている。

通知は全面禁煙を求める一方で、利用者に喫煙者が多く全面禁煙によって経営に影響が出る飲食店などに配慮。こうした施設については「将来的には全面禁煙を目指すことを求める」とした上で、ポスターなどで喫煙区域と禁煙区域を明確に表示し、未成年や妊婦が喫煙区域に立ち入らないような措置を取るよう求めている。

2010/02/25 18:39 【共同通信】



やっちゃった感じが強い。
罰則があるかないかということより、施設負担という点がダメすぎ。
現状すでに分煙化してる施設でも新しい基準に沿って改築だの何だの必要になるし、施設によっては完全禁煙にしたら集客に響くところもたくさんある(別にパチンコ屋だけの話ではない)。
直接的かつ限定的な喫煙者イジメじゃない点が悪質なんだよなー。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-26 01:07 | 今日のニュース・雑考
納税の義務まとめ
前回の記事で述べた「納税の義務」、間違えていたので訂正記事を上げておきます。

結論から述べると「納税の義務」が課せられていない日本在住の日本人はいません。
例えば中卒・高卒で働いている人や、学業の傍らアルバイトしている学生も給与から所得税が引かれますし、こども店長は年収4~500万の会社員よりもはるかに多額の税金を納めています。
最近まで医療費控除のために自分で確定申告していましたが、障害者手帳を取得してから扶養家族になり母に申告を任せてしまったため、無収入の方の課税について誤解していました。

「納税の義務」は誰もが果たすべき義務であり、この義務を果たしていないことが発覚した場合、過失か故意かなどにもよりますが、大小のペナルティが課せられます。
納税の額は所得や資産によって決まるため、まったく所得を得ていない、資産もない人の納税額が0円だとしても、それ自体は「納税の義務」を果たしていないことの証左とは言えません。
毎月「お小遣い」などの名目で正規の収入以外に1500万円が懐に入ってくる人の場合、どういう解釈になるのかよくわかんないんですけど…。

私は労働して税金を納めることこそ社会人として果たすべき最低のボーダーラインだと思っていますので、労働せず税金を納めない人に対して当然あまりよくない感情を持っていますし、自分自身就労不能状態になった時点で社会からドロップアウトしたことを自覚しています。
しかし、最近よく低所得者や生活保護世帯に対して「納税の義務を果たしていない」といった理由を挙げて「社会のお荷物」と批判するような現状は何か違うような気がしてなりません。
納税の義務を果たしていないわけではなく、所得や資産がないため納税額が低くなるだけです。
資本主義の奴隷だという自覚はあるのですが、資本主義社会で敗北した人や、資本主義社会における生存競争に勝ち抜けるだけの力を持たない人を路傍で死なせるような社会は望んでないのですよ、前々から。
自分のことは胸を張ってクズだと言えますが、同じくドロップアウト組でも事情もわからない人さまに向かって躊躇いなくクズと言えないからねぇ…。
新型うつ病などが話題になる前は、精神科の敷居が低くなるのはよい傾向だとも述べてます。
なんでもいいからさぼれるならさぼりたい人が増えたということと、さぼってるだけの人を咎めない行政の在り方に根本的な問題があると思っています。
行政がさぼってるだけの人を咎めない理由は、さぼりたいだけの人とそうではない人を見極めるためにいろいろと調査をするのがメンドくさいから、というだけの話なんですけどね。

ちなみに収入がないと当然消費税もあんまり払わなくなるよー。
女性にとって生活必需品である生理用品は高額でかなり手痛い出費ですが、日本は生活必需品だからといって減税されないのでそういうとこで消費税を払っていますが。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-25 23:57 | 今日のニュース・雑考
納税の義務がない人/ベーシック・インカム
デジタルニューススレッド
ベーシック・インカムを導入すれば、日本はかなり良くなるのでは?


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/23(火) 12:37:56.71 ID:I2SMmPvw0
職ない人って消費税以外払ってんの?
もし税金で賄われるならそこで働いている人との軋轢できるんじゃないかな。
生活保護だけもらって労働者と同じような税金納めてない奴がいるってのはいただけないな



未成年かな…
成人した日本国民には納税の義務があり、ホームレスでもない限り、無職だろうと生活保護受給世帯だろうと五体不満足だろうと寝たきり病人だろうときっちり税金を納めなければそれなりの罪に問われたり、罰則が発動されます(総理大臣は罪に問われない、などという法律はない)。
月額6万円ほどの障害基礎年金(2級)を受給していますが、都税の払い込み通知や確定申告の用紙、また年金保険料の振込用紙も当たり前に届きます。
働き始めてから医療(費)控除のためにずっと確定申告を行っていますが、所得税の額は所得額に応じて決まるもので、無職や生活保護という身分だからといって所得税を納める義務がないというわけではありません。
ちなみに私は申請すれば国民年金保険料の減免措置を受けることも可能ですが、そうするとその分老齢年金の額が目減りしてしまいます。
もし今後30年以上人生があったら…と思うと廃人になる前に払っておかなければならない、と思ったため、減免措置の申請はしませんでした。
あとヘンな報道のせいで生活保護受給者はみんな働きもせずパチンコ通いしながら怠けて遊び暮らしているというイメージが浸透しきってしまったようですが、東京だと受給額の相場は月額12万程度、したがって親族や配偶者、子供などを養わなければいけない立場の受給者ならば当然足りない分は働いて補います。
受給の理由にもよりますが、本来生活保護は一生受給する類の福祉制度ではないのですから当然就労自体に制限はありませんし、上限額を超えるだけの所得が得られるようになれば、生活力は身に付いたと見なされ生活保護とサヨウナラです。
むしろ生活力を身につけるまでの間の支援が生活保護の主目的なんですが、最近生活保護の概念が随分と変わりましたね…。
とにかくまったく仕事もせずにブラブラしている生活保護受給者(に限りませんが)でない限り、就労している人は多かれ少なかれ所得に応じた所得税を納めているはずです。
生活保護の受給要件についてあまり詳しくは知りませんが、就労している以上「生活保護受給者だから」という理由で所得税が免除されるという話は聞いたことがありません。
すべてお給料から天引きされるサラリーマンでも所得税と消費税以外の税を知らないわけがないので未成年者の書き込みだと思いますが、万が一納税がすべて親任せの成人だったら…という懸念も捨てられなかったため、わかりきったことを説明してみました。

ちなみにあんまりわかりきってないことを付け加えると、精神障害者が障害年金を受給する場合、年金の種別が3種(基礎・厚生・共済)、等級が3段階ありまして、3級だと就労可能ですが、2級は就労不可が前提となるため、2級に認定されると受給額が月額6万そこそこだろうと就労は一切認められず、就労していれば不正受給となります。
要は2級になっちゃうと社会復帰の可能性が著しく低下するということなんですが(だから障害年金の申請に反対する医師もいるわけです)、困ったことに、障害基礎年金(国民年金ベース)には3級が存在しないのです。
どうせすぐ治るという前提で2年更新(1年更新の人もいる)、その間は就労しちゃダメ。
少額でも国から支援を受けられる、という心理的安定も得られずアルバイトすらできない状態に置かれた年金受給者に1日も早い社会復帰を望むのってかなり無茶ぶりな感じ…。

多分未成年の書き込みだと思いますが、今の時代は情報が独り歩きしやすいなと感じました。
記事自体はなかなか理念がわからないベーシック・インカムについてわかりやすいと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-25 02:15 | 今日のニュース・雑考
チベット発言に鳥取県市長会が抗議/岩手地検に不服申し立て届く
民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100222-OYT1T01270.htm

民主党の石井一選挙対策委員長は22日、都内で開かれた川上義博・同党参院議員(鳥取選挙区)のパーティーであいさつし、「鳥取県とか島根県と言ったら、日本のチベットみたいなもので、少し語弊があるかもわからないが、人が住んでいるのか。牛が多いのか。山やら何やらあるけど、人口が少ない所」と述べた。

川上氏が夏の参院選に向けて鳥取選挙区の候補者を発掘したため、保守地盤の鳥取での活動を評価した発言とみられる。しかし、会場からは「失礼だ」との声もあがった。
(2010年2月22日23時39分 読売新聞)

a0027061_23525512.jpg
a0027061_2353166.jpg

普通に政治家として不謹慎というか不適切な言葉を述べる奴が民主にはいっぱいいるな。
「文化大革命が始まった」(仙谷行政刷新相)とか、中国共産党マンセーの奴じゃなきゃ喜ばしい時に使わないよ(大体中国のインターネットでも文革や天安門事件は情報統制されている)。
鳥取と島根の人がどう思ったのか知らないけど、島根と言えば大国主命を奉る出雲大社があるというのに罰あたりな。
ただ単に太い注連縄だけが客寄せパンダになっている観光名所だと思ってんのかコイツは。
a0027061_061179.jpg
あと島根県と言えば竹島問題の当事者(県)じゃないか。
現与党が聞き捨てならない竹島見捨てるよ答弁したというのに重ね重ねふてぇ野郎だ。
鳥取は一度行きたいトコなので(日本海側の県に憧れる太平洋日本人)やっぱりムッとした。
しかし、いわゆる田舎をバカにする定番的言葉は無数にあるが、「人が住んでるのか、牛が多いのか」という発想は斬新だなぁ…。
人がいなくて牛しかいないと言われたら地元の人は怒って当然だと思うけどやっぱ抗議きた。


鳥取県市長会「日本のチベット」に抗議声明
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100223-OYT1T01040.htm

民主党選挙対策委員長の石井一・参院議員が鳥取、島根両県をチベットに例え、「人が住んでいるのか」などと発言したことを受け、鳥取県市長会(会長=竹内功・鳥取市長)は23日、「地方軽視も甚だしい。強く抗議する」との声明を石井議員の事務所に送付した。

声明は「地域を重視する姿勢を示している民主党の議員から、両県の住民感情を逆なでするような発言があったことは残念」などとしている。この日、鳥取市内であった市長会の会合で、全会一致で決めた。
(2010年2月23日19時34分 読売新聞)



島根の人はコケにされまくっているわりにあんまり文句言わないけどどちてかちら?


鳥取選出・石破氏「日本のチベット」に怒る
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100223-OYT1T00981.htm

自民党の石破政調会長(衆院鳥取1区)は23日、党本部で記者団に対し、「鳥取県とか島根県は日本のチベットみたいなもの。人が住んでいるのか」と発言した民主党の石井一選挙対策委員長を、「両県とチベットにとって極めて侮辱的だ。思い上がった発言で、謝罪のうえ、撤回すべきだ」と批判した。
(2010年2月23日18時09分 読売新聞)



誰でも突っ込めるところをあえてゲルに言わせているのか、ゲルの発言だけ拾っているのか。
もうちょっと上手い言い回しのできる人材に聞いたほうがよかったんじゃないかという気もする。

あとこんな小ネタのチョイスも読売は味がある。


小沢氏不起訴の不服申し立て、盛岡にも
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100222-OYT1T00689.htm

小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、盛岡地検は22日、小沢氏の不起訴(嫌疑不十分)を不服とする申し立てが盛岡検察審査会にあったと発表した。

申し立ては10日、岩手県内の男性から郵送で届いた。すでに同様の申し立てがあった東京第5検察審査会に移送され、不起訴が妥当だったかどうか審査が行われる。
(2010年2月22日13時11分 読売新聞)



審査して妥当だったという結論が出ても「クロ」という国民の確信は消えないって。
多分小沢のお膝元じゃ不服申し立てしたところで意味ないが、それを全国に知らせるのは意味があるんじゃないかと思ったので微力ながらわたくしも拡散に協力しようと思った。



人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-24 23:50 | 今日のニュース・雑考
いつまでジミンガー
長崎知事選で利益誘導 民主党よ「おまえもか」
2010/2/23 19:48
http://www.j-cast.com/2010/02/23060808.html?p=1

民主党が長崎知事選で利益誘導の圧力をかけていたのではないか、と報じられている。選挙協力すれば道路を作るなどと持ちかけていたというのだ。しかし、同党側は、「相手が要望に来たためで、権力利用ではない」と反論している。

長崎は、地方では、民主党が比較的強い県として知られる。2009年8月の衆院選でも、風が吹いたとはいえ、4つの小選挙区すべてで同党候補が当選している。

ところが、10年2月21日に投開票が行われた県知事選では、自民党などが支援する候補が、民主党推薦候補に9万票差で圧勝した。

その理由として、マスコミで報じられるのが「政治とカネ」の問題だ。読売新聞の出口調査では、この問題を判断材料にしたと4割が答え、その6割が自民党支援候補に投票していた。

カネと言えば、利益誘導もその一つ。知事選前には、民主党幹部らが次々にこれを持ちかけていたと、新聞やテレビが取り上げている。

21日付産経新聞によると、民主党の小沢一郎幹事長は、1月17日にあった同党長崎県連のパーティーで、「(推薦候補の)橋本剛君を知事に選んでいただければ自主財源となる交付金も皆さんの要望通りできます。高速道路をほしいなら造ることもできます」と話した。

また、2月22日放送のテレ朝系「スーパーモーニング」では、石井一選対委員長が1月29日の応援演説で、「時代と逆行するような選択をされるのなら、民主党政権は長崎に対してそれなりの姿勢を示すべき」と語ったと報じた。

特に、道路整備については、熱を入れていたようだ。日経の2月22日付記事によると、石井氏は、1月28日の決起大会で「島原には道路は造らんといかん」と訴えたという。さらに、前原誠司国交相も、島原で道路を視察し、同30日には「お金も権限も来る」と支援を呼びかけたと報じられている。


利益誘導とも取れる民主党幹部らの発言について、ある自民党長崎市議は、取材に対し、皮肉混じりにこんな見方を示す。

「団体に協力してもらおうというのは、わが党と同じですよ。しかし、協力してもらうのが当たり前でしたから、民主党のように脅したりはしませんでしたね。われわれには何十年もの長い歴史があって、『あうん』の呼吸でやっていましたから。民主党は、わが党のマネをしたので、強引になっちゃったんじゃないでしょうか」
民主党は、建築業界や医師会などでも、自分たちの指導通りにしないと、要求が実現しにくくなると言っていると明かす。パーティー券についても、購入しなかったリストを作って参考にしているという。

これに対し、民主党長崎県連の幹事長代理は、こう反論する。

「相手方が『要望で会いたい』と来たので、対応しただけです。単純に、権力利用とは言えませんよ。利益誘導といっても、意見交換には関係者が集まるのですから、政権与党なら自然とそうなっていくものです。これは権力の常道ですよ。自民は5、60年もやって慣れていますから、マスコミは叩こうとしません。民主が新しいから、叩くんでしょう」
知事選の敗因については、次のように言う。

「確かに、『政治とカネ』の問題が逆風になったことはあります。しかし、そればかりではありません。候補者決定から実質2か月しかなくて、新人では県民に名前が浸透するのに時間が足りませんでした。よそ者を連れてきたイメージが払拭できなかったわけです。(プロレスラーの)大仁田厚候補が9万票以上取って、票を取り込めなかったことも大きいです。衆院選などでは、無党派層の7割がうちに来ていたんですからね」



餌をちらつかせるにしても恫喝するにしてもやり方が下手なんだよ。
政権取ったばかりで与党も初めてだからそんなのよくわかんないもん!という無言の弁解が有権者に通じなかったから負けたということがどうして理解できないのかなぁ。
自民と同じことはしないもん!と頑なに前与党を否定するあまり、前与党のいいところも一切合財捨てるという姿勢自体がすでに革命闘士的、「国民より党の思想優先」の具現に他ならないわけだが、そのへん東大出の皆さんには自覚できないのか。
上手い方法があるならそれに乗っちゃっていいじゃん、わざわざ捨てるなよ。
利益誘導にしても冷遇にしても、「自民と同じこと」をしていると断言していいものかどうか。
あとマスコミに叩かれているとキレるなら母親の命日に墓参りしたことを叩かれてから言え。
カネの問題など一切浮上しなかった前総理があれだけ理不尽なバッシングを受け、ついには政権を失ったことを考えれば今の与党が存命であること自体マスコミの加護のお陰だろう。
民主党が一番実現したい在日韓国人だけ対象の外国人参政権の付与だってマスコミの皆さんは黙っていてくれるじゃん。
そもそも衆院選の前に発覚した多額の故人献金問題を黙ってくれてた時点で感謝するべき。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-24 02:09 | 今日のニュース・雑考
決断しない政治家だらけの現与党
2010年2月23日 19時11分
<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官
http://www.excite.co.jp/News/politics/20100223/20100224M10.029.html

平野博文官房長官は23日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「例えば沖縄で(地元の)理解を得ていくということであれば、県民の負担軽減と安全の確保が一番の原点だ」と述べ、市街地にある普天間飛行場の危険性除去を最優先し、県内移設の可能性もあり得るとの見方を改めて示した。

国民新党などが有力視するキャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部への移設案には「(政府・与党の沖縄基地問題)検討委員会でも、政府でも、そのこと(陸上案)をベースに考えているわけでない」と述べた。

北沢俊美防衛相は同日の記者会見で、普天間移設問題で「案がかちっと固まりこれでとなるのか、複数の案が出てきた中で組み合わせるのか、いろいろな形が想像される」と指摘。米国と複数の移設案を協議する可能性を示した。そのうえで「一つの案が固まって、表に出てから折衝に入るのは難しいと思う」と述べ、移設案を公表せずに対米交渉に入るとした。【仙石恭、横田愛】



結論を待たされている米軍(米国)側にしてみたら大迷惑。
そりゃ嬉々としてトヨタ叩きますがな。
辺野古合意さえ破らなければこんな出口のない問題に足を取られることはなかったのに。
小沢が辺野古周辺の土地を買い漁ってると聞いたけど、なら解決も早いだろう。
さっさと解決案はこれですと国民にも米国に対しても言えよ。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-24 00:36 | 今日のニュース・雑考
日本の最高裁が外国人に脅かされる
「政治的配慮あった」
外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白

2010.2.19 00:18
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100219/plc1002190020000-n1.htm

平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。

園部氏が判決の背景として、「政治的配慮」に言及したことは、最高裁判決の当事者としては極めて異例の発言といえる。

判決は特別永住者に限らず、経済的基盤を日本に持ち10年以上在留など一定要件を満たせば得られる「一般永住者」についても、参政権を付与する案の根拠とされている。この点について園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。

判決理由については、「憲法の地方自治の本旨に従って、特定地域と非常に密接な関係のある永住者に、非常に制限的に選挙権を与えることが望ましいと判断した」と証言。歴史的経緯があり、何世代にもわたり日本国内に在留する韓国人、朝鮮人、台湾人に限り、住み続けている地域に限定して地方参政権を付与することは、「全く憲法違反だとは言い切れないという判断だった」という。

園部氏は当時の判決について「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした。

■外国人地方参政権に関する最高裁判決

永住外国人に地方参政権を認めない公選法などの規定は、住民自治を定めた憲法に違反すると、在日韓国人9人が起こした訴訟の上告審で最高裁第3小法廷は平成7年2月、「憲法上、わが国に在留する外国人に対し、選挙の権利を保障したものではない」とした一審判決を支持し、原告の請求を棄却した。ただ、判決理由の判例拘束力のない「傍論」部分で「永住外国人に対し、地方レベルの参政権を法律をもって認めることは憲法上禁止されていない」との判断も示し、地方参政権付与推進派を勢いづかせた。



とりあえずダメな判事だということはわかる。
こんなダメな判事がいる(いた)ことは最高裁の沽券に関わる問題だと最高裁が認識しているのかどうか知らないが、この記事は産経の飛ばしじゃないかと思って取り上げるかどうか悩んだ。
産経だから信用できないという面もなくはないが、記事の内容が普通にショッキングすぎる。
ひとつの裁判にはいろいろな「配慮」が持ち込まれているのだろうなとは思うが、外国人を宥めるという目的で政治的配慮をしていたとは信じたくない話だ。
日本の裁判所が日本在住とは言えあくまで外国人の方々のご機嫌を取る必要があるのか。
日本人のご機嫌を取るならまだしも(それも原則としてダメなんだけど)、日本の最高裁が外国人の政治的要求に屈して「配慮」しちゃうってのは流石になぁ…。
彼らは何世代にわたって日本に住んでいようとも、れっきとした外国人ですよ最高裁の中の人。
ていうか民主党は「非常に限られた永住者に限定」した外国人参政権を成立させようとしているんですが、もしかしてその目くらましとして新聞記者にこんなこと言ってるんですか?

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-23 23:52 | 今日のニュース・雑考
脱税の末路
首相「税金払ってないことも知らなかっただけ」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100222-OYT1T01223.htm?from=main1

「税金を払っていなかったわけではない。税金を払っていなかったこと自体も全く知らなかったことで、分かった瞬間に納税の義務を果たしてきたつもりだ」

鳩山首相は22日夜、母親から巨額の資金提供を受けながら申告せず、自らの資金管理団体の偽装献金事件の発覚後に修正申告で約6億円の贈与税を納めたことについて、語気を強めてこう説明した。

首相官邸で記者団が「税金を払っていなかった首相を税金で支える国民の気持ちをどう考えるか」と質問したのに答えたものだが、税金が未納だったからこその修正申告に対する首相の“強弁”には、異論も出そうだ。
(2010年2月22日21時44分 読売新聞)



年金口座差し押さえられ、77歳男性孤独死
2010年02月22日
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000001002220004

鴨川市内で今年1月、木造2階建てのアパートの1階の部屋で薄い布団をかけ、仰向けに寝た状態で死んでいた男性(77)が発見された。男性は独り暮らしで、ミイラのようにやせ細っていたという。税金滞納を理由に年金が振り込まれる銀行口座を差し押さえられ、電気も止まった寒い部屋での孤独死だった。(高木和男)

男性は長生村に住んでいた1999年度から2001年度にかけて村民税を滞納。07年に鴨川市に転居した男性に対して、同村税務課は督促を繰り返したが、返事がなく、滞納が続いたため、昨年10月と12月に年金が振り込まれる男性の銀行口座を差し押さえたという。

10月に差し押さえた時に男性から同村に連絡があり、分納で滞納額を支払う方法などを担当者と話し合った。この日、私用で使ったタクシー代5千円を差し押さえ額から除いて欲しいと言われ、同額は解除したという。

しかし、その後も残された滞納額が納税されないため、12月も年金を差し押さえた。

年金の差し押さえで男性は生活費に困窮したとみられ、11月ごろから電気は止まっていたという。家賃3万7千円も滞納していた。

不動産業者は男性の携帯電話にかけても連絡が取れなかったことから、昨年12月下旬に部屋を訪れると、玄関のカギはかかり、返事はなかった。今年1月初旬に行った時にはカギは開いていたため呼びかけたが返事はなかった。同16日午後、心配になって部屋の中に入ると、仰向けの状態で死んでいたという。

死因は心不全と見られるが、やせて衰弱した様子だったという。遺骨は親族が引き取った。

男性は年金を担保に借金したことがあり、返済期間中は生活保護を受けていた。ただ、昨年2月に借金を完済した後は生活保護の支給はなくなったという。

同村税務課は「税の滞納者に対して手順を踏んで銀行口座を差し押さえたもので、手続き的には何ら問題はない」と話している。



どっちも納税の義務を怠っていたお年寄りだが、貧乏人は税金納めなきゃ死ぬよという好例。
ていうか年金を担保にカネ貸すなんて、合法的なサラ金業者じゃない気がする…。
お亡くなりになられた方の事情がよくわかりませんが、年金を差し押さえられるようなデッドラインぶっちぎりの生活を続けていたという状況がいちばん理解に苦しみます。
税金滞納で年金口座を差し押さえられる前に生活保護の受給要件満たしてなかったの?
刑務所で暮らしたいからという理由で安直に犯罪に走る人は外道だと思うが、この御老人はいっそのこと食い逃げや万引きなどの窃盗(つまり取り返しがつく軽犯罪)で一旦警察のお世話になったほうがよかったような気がしないでもない。
「税金払わない奴を税金で養う必要はない」という意見が多いだろうが、死んじゃうほど困窮している人のために生活保護というセーフティネットがあるんじゃ枚か?
この世代は厚生年金に加入していない人も多いと思う。
だとすれば国民年金って2ヶ月で13万ちょっとの支給だから、貯蓄に励んで来なかった、あるいは貯蓄に励んでもたいしておカネが貯まらなかった人にとっては、月額7万弱で完全な自立生活は難しいだろうね(しかし家賃がすげー安くて驚いた)。
脱税王は納める資産が十分すぎるほどあるのに税金納めてなかった奴だから話にならんけど。
どっかの記者の質問に対して全然答えになってないけど、国民の気持ちとして偽らざることを申し上げれば「お前の“つもり”はいつも的外れ。知らんで済んだら警察いらん。全財産を国庫に寄付してとっとと刑務所に逝け」という気持ちでいっぱいです。

ところでエキブロの投稿(送信)ボタンをクリックした後にサラ金の広告出るのが不快ナリヨ。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-23 22:59 | 今日のニュース・雑考
イスラム過激派みたいだ民主党/被爆者への侮辱発言SUGOSU
長崎県知事選で民主敗北
スキャンダルが直撃、小沢氏進退再浮上も “利益誘導”選挙通じず

(1/4ページ) 2010.2.21 22:28
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100221/stt1002212228011-n1.htm

長崎県知事選と東京都町田市長選で民主党など与党3党が推薦した候補が敗北したことは、小沢一郎民主党幹事長や鳩山由紀夫首相に絡む「政治とカネ」の事件と北海道教職員組合の違法献金事件の「3大資金疑惑」が逆風となって直撃したのは明らかだ。民主党内では「『政治とカネ』で攻められて前向きな政策的な話ができない。このままでは参院選は戦えない」(中堅)との危機感が高まっており、小沢氏の進退問題が再浮上しそうだ。

鳩山政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で混乱したり、衆院選マニフェスト(政権公約)をめぐって迷走を重ねていることも民主党への期待感をしぼませ、逆風をはね返せない要因となった。

21日夜、民主党の石井一選挙対策委員長は同知事選について「結果を厳粛に受け止めて今後の糧(かて)」にするとの談話を発表したが、首相と小沢氏という政権のツートップの問題に及ぶためか「政治とカネ」への言及はなかった。



長崎知事選にみる 怖くない民主恫喝力
2010/2/22 11:32
http://www.j-cast.com/tv/2010/02/22060627.html

松尾貴史(民主党・石井一選対委員長が応援演説で「時代と逆行するような選択をされるのなら、民主党政権は長崎に対してそれなりの姿勢を示すべき」と語ったことを受けて)「恫喝みたいでひどい話だ。次の国政選挙や地方の選挙に、こういう物言いが、どういう風に響いてくるかお考えになっていないのではないか」(抜粋)




a0027061_0572212.jpg
a0027061_035522.jpg
a0027061_0353214.jpg


中国共産党ですら公言はしないよなぁ、こんなこと。
どちらかというとアルカイダみたいな発言だと思った。
長崎は広島みたいなキチガイの巣窟じゃないようだし選挙結果も名護市長選に比べれば常識人ぶりが際立つし、兵糧攻めにあったらなんとか助たいくらいの気持ちにはなった。
そういえば某コピペサイトで逆行逆行と喚き散らしながらなぜか今や保守系からも見放された観のある自民党を批判してた奴はこれで荒れていたのかなあ?
民主が不人気になっても自民の人気は回復しないのにそんなに自民を目の敵にしてもねぇ。

ちなみに石井って誰よと思ったら画像では有名なおじさんだった。

a0027061_0394930.jpg


866 滑車(関東・甲信越) 2010/02/22(月) 12:01:38.21 ID:bqrG1Y3i
ネットウヨク気持ち悪い

889 滑車(関東・甲信越) 2010/02/22(月) 12:06:01.22 ID:bqrG1Y3i
なんでマイノリティのネトウヨが偉そうなの?すごく不思議

946 滑車(関東・甲信越) 2010/02/22(月) 12:18:52.78 ID:bqrG1Y3i
ネトウヨ工作員て1レスにつきいくら貰ってんの?

29 : 滑車(関東・甲信越):2010/02/22(月) 12:28:13.40 ID:bqrG1Y3i
長崎土人の民度の低さは異常

54 : 滑車(関東・甲信越):2010/02/22(月) 12:34:19.74 ID:bqrG1Y3i
流石ケロイド民は日本の癌だな
自民党に何を期待してんだこいつら氏ねよ

71 : 滑車(関東・甲信越):2010/02/22(月) 12:41:00.14 ID:bqrG1Y3i
>>61
同意
マスコミの小沢ネガキャンに洗脳されてる馬鹿しかいない
国政の足を引っ張る長崎土人はネトウヨもろとも日本から消えろ


朝日新聞社(社)員の書き込みに通じる酷さ。
ネトウヨ云々はともかくケロイド民なんて罵倒、日本人なら思いつきもしないだろ…



人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-23 00:25 | 今日のニュース・雑考
テレ東に再放送求む!/ナウシカの醍醐味は蟲と巨神兵でしょうjk
2月19日放送の「世界を変える100人の日本人」の2時間スペシャルが面白かった。
私自身が率先してテレビ番組を見ることはないのでたまたま「この後すぐ!」みたいなCMを目にして「なんか面白そう」と思ったら、両親も同じように面白そうだと思ったのかチャンネルを変えずに番組を見始めたので前半分はしっかり見て笑い転げた。
お前ら恥ずかしくねーのかwwwと爆笑してしまうが、2ちゃんネタほどふざけていない絶妙なさじ加減が飽きずに見られた勝因だろうか。
イスラエルの相撲映画(マター・オブ・サイズ)とか面白そうだと思いつつビミョ~な気分になったが(ところで「おくりびと」で一躍世界に名を馳せたモックンが昔相撲映画に主演してまわし姿でシコ踏んでたとか日本人も忘れ去っている記憶だよね)、いちばん驚いた日本通(?)の人は紙芝居やってるスペインの女性だった。
自転車の荷台に箱?何コレ?と思っていたら紙芝居とか!
箱の開き方がエキセントリックすぎてハァ?ハァ?と言ってたら両親がそれがデフォだったと…。
保育園で紙芝居くらい見た記憶は(あやしいながら)あるけれど、後ろから叩くとか揺らすとかマジでそれは日本の紙芝居の伝統芸なのか?といまだに半信半疑でしようがない。
紙芝居やってる女性は日本の精神をしっかり理解しているように見えたけれど、西欧人は聖書があるんだからわざわざ日本(異教の国)の訓話的昔話を使う必要あるのか?と思ったりも。
あとモロッコの日本語学校の授業が楽しすぎだろうとか、ドイツ人のビジュアル系バンドの歌詞がうすた京介みたいなセンスで別の意味で笑えたとか、刀鍛冶の人のとこで「日本刀ってあんなハンマーみたいな鉄の塊からあのフォルムを打ち出すのかYO!」とびっくりしたり…(サムライソードと言われるだけの神秘性は伊達じゃないんだな~)。
知ってたら録画したのにな~と非常に残念に思ったので(今日)テレ東に電話して「再放送の予定ないですか?」と聞いたところ、予想通り「今のところないです」という残念なご返答だったのですが、「他に再放送希望する意見とか…別にないですよね?」と悪あがきして聞いてみると、「他の視聴者の方からも再放送のご要望は頂いております」という意外なお返事。
民放のたかだか2時間スペシャル番組に再放送の問い合わせする人っているんだ…。
再放送の予定はないけど要望次第ではもしかしたら、みたいなお返事だったので、見逃した人やまた見たいかも~という人はぜひテレビ東京に再放送希望の要望を出してください!単に私が録画してじっくり見たいだけというワガママな理由ですが、テレ東視聴できる環境の人は気が向いたらご協力よろしくお願い申し上げます!
別に「工作員」が湧くほど日本マンセーネトウヨホルホルな作りでは全然なかったですよー。

参考:世界を変える100人の日本人日本ツウで一部出演者の紹介が出てくる)


ちなみに目を離した隙にいつの間にかテレビ画面がナウシカに変わっていた。
ナウシカならまぁいいか…と思ったものの、肝心の巨神兵登場シーンをすっぽり見逃したので、その後ナウシカのままでぽつぽつテレビ見た意味がなかったような…。
クシャナさまに萌えてクロトワに痺れて巨神兵の崩落を楽しむのがナウシカの醍醐味だよね。
ラピュタなら後半のムスカだけで歓喜を味わえる、というのはさすがに少数派か…。




人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-21 02:36 | 読書・漫画・TV
モンスターペアレント(ツ)/中国人犯罪者
モンスターペアレンツが吠えるのは子供のためじゃない。自分のためだ。
子供の行動を否定されると、自分の親としての能力を否定されたと感じてしまうんだ。
自分への侮辱だからムキになって吠えるのさ。

モンスターには誰もがなる危険性がある。
ペットや子供のために吠えているつもりが、いつの間にか自分を守るために吠えているんだ。


獣医ドリトル7 (作・夏緑/画・ちくやまきよし)小学館ビッグコミックスより抜粋


この平和な国・日本で、あなたの隣でサバイバルに生きる中国人の実態。この本はそれを赤裸々にレポートするが、中国人犯罪本特有の暗さや恐ろしさは、あまりないかも知れない。
中国人犯罪ではもっとも件数の多い密入国、不法滞在などの入管法関連の犯罪と、皆さんにはもっとも身近に存在する万引きや侵入盗などの窃盗犯罪に的を絞ってお伝えしたい。
むしろ「歌舞伎町は中国人マフィアがヤクザを出し抜いて仕切っている」など、現実以上に暗い、変なイメージを植え付ける本が多いので、私の主観を元に事実をわかりやい形で書いている。
詳しい数字やデータなどは警察白書にゆずり、私が直に接し、中国人被疑者から得たお話や体験をご紹介している。
もちろん登場するのは、ウーロン茶の宣伝に出てくる、素朴で人の良さそうな中国人ではない。ベイエリアで一人暮らしする、イケメン刑事も出てこない。
これは、金銭上のおつき合いではなく、人間性モロ出しで、かたや警察人生と愛国心、かたや未払い密航費用とさらなる金儲けを賭けてそのぎを削った、若き通訳捜査官vs中国人犯罪者のレポートなのである。


通訳捜査官 坂東忠信・著(経済界) はじめに(006ページ)より抜粋



書店に注文しておいて今日やっと手に入れた獣医ドリトル5巻~7巻までを読了して、なんとなく気になってメモっておきたかったモンペ心理の一解釈。
知恵袋で記事が引用されたせいか、「モンスペターペアレント 実態」というキーワードでアクセスされる方が、決して多くはないものの(そもそもキーワード検索の訪問者は少ない)、以前からコンスタントに訪問されています。
モンペに関する単独記事ってほとんどないんですけどね…。
まるで教育ママ(死語)、あるいは「愛国者」に多いとされる「教育族」のように教育・教育とうるさい私ですが(教育というインフラが破壊されたら再建は困難である、という私見を最近の記事でも述べていますが、そういう見地から教育問題を重視しているので客観的には後者と判断されるでしょう)、教育における学校の役割は、集団生活によって規則の順守を学び、現代の日本人として相応の基礎学力や知識や教養を叩き込むことだと思っているので、我が子にそういった実質的な教育を受けさせる気のないモンペなんか知ったこっちゃねーヨという気分のほうが優ってしまうのか、モンペについてあんま真面目に考える機会はありません。
教育を軽んじる無責任な親御さんを持つお子さんは気の毒ですが、保護者がそれでいい(お子さんには経歴として恥ずかしくないレベルで形ばかりの教育を受けさせればいい)という考えなら他人がとやかく言ってもどうしようもないもん。
他の生徒や教員ばかりでなく学校全体、ひいては日本の教育界全体の劣化に加担しているという点において悪性のガン細胞みたいな方々だと思いますけれど、義務教育を受けさせる(小中学校に通わせる)義務しか保護者にはありませんので、他人がとやかく言っても意味なし、モンペ自身の改善の余地は見込めない。
現状の改善策として、学校側がアホ親に対して毅然とした態度を貫けるだけのバックアップ体制ができていればいいのですが、モンペと同質の教組が学校教育を支配しており、そのアホ教組たちが「個性の尊重」とか「生徒の人権」とか言いながら今の教育現場を生み出し積極的に支援している時点で望みなしですから~。
イデオロギーなき教育はないと思うが、教育をダメにするイデオロギー教育はやめて欲しい。

獣医ドリトルはその名の通り獣医の漫画なので「吠えている」という表現を用いたのだと思いますが、「~のため」という大義名分が本当は誰のため(何のため)なのか、自身を省みる意味でも印象的だったので書き留めておこうと。

そして私から見れば教師や医師をすぐに「訴えるぞ!」と脅して圧力をかけるようなメンタリティを持つ人たちが何らかの形で精神病に関わると、「精神科医を信用するな!」「精神科でこんなひどい目に合った!」「精神科医はクスリを処方するだけ!」と精神科医(療)を批判しているのだろうなぁと容易く繋がってしまってウゼーよ黙れとウンザリしてしまう。
そういう奴らのせいで今まで受けられた治療が受けられなくなったら死活問題じゃん!と真性キチガイとしては戦々恐々なんですけれど、多分真っ当な人の理解は得られないと思います蛇足でしたごめんなさい。

ところでワタクシてっきり獣医ドリトルはとっくの昔に終わっていて7巻が最終巻なのだと思っていたのですが(だから思い切ってまとめて注文したのですが)、注文した後にたまたま雑誌掲載を発見してすごく驚きました。
どういうペースで連載してるんだよ!冨樫よりもとろくねっか?
人医ではなく獣医がテーマの作品だからこそなのでしょうが、時々ヒューマニズムのさじ加減に不安になったりしますが、7巻まで読んだ感じでは目も当てられないような内容になっていなくてよかったなぁとホッとしました。
医龍の朝田が「イイヤツ」じゃなくて本当にホッとしたくらい、医療=ヒューマニズムという安直な展開はマジ嫌なんで…。


区内の図書館から取り寄せた通訳捜査官について言及する時間と気力がなくなりました。
坂東氏はブログだけ読むとただの憂国酷使様に見えてしまいそうですが著書を読んでください。
あと鈴木祥子さんの「Sweet Serenity」も図書館で取り寄せて借りました。
ファンのレビュー見て期待度はめっちゃ高いのですが、大多数のファンに支持される作品が必ずしもファンのひとりである自分にとってアタリであるとは限らない、というケースもよくあることだからネ…。
「Candy Apple Red」なんかは多分私個人の感覚にハマっただけの作品じゃないかと思うし。


追記:単に日記的な話。

歯科医院でごっそり歯を削り取られて神経を抜かれたはずなのになぜか疼いて眠れません。
ちょこちょこ通うのはちょっと…と問診段階で先生に伝えたのですが、治療後に「ちょこちょこ通うレベルじゃないです。もう少し早く来て頂きたかったですね」といつもより言葉少なに淡々と状況と経過を説明する先生の口調が凄まじい怒気を放っていて…
いつも丁寧な口調で懇切な説明で声を荒げることなくひたすら冷静な先生の怒気は怖かった。



人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-20 03:42 | 読書・漫画・TV
DEATH NOTE
DEATH NOTEを久しぶりに一気読みしてふと気付いた(思った)こと。
死のルールで「ありえないこと(不可能なこと)はできない」という説明があった。
覚えている限り、ライトがデスノートの実行力を試すために実験で殺した3人の例と、ヨツバの死の会議で殺された3人の例で説明されている。
ヨツバの死の会議における説明に詳しいが、「湾岸線をドライブ中に衝突事故で死亡」と死亡指定された人物が、指定日時にお忍びでイタリアに居たため心臓麻痺(名前を書いただけのデフォの死因)で死亡したという例、「ガン」で死亡日時を指定された人物が心臓麻痺(同)で死亡した例。
イタリアに居るのに湾岸線で死亡とか、健康な人が突然ガンで死亡とか、要はデスノートに書き込んでも現実的にあり得ないこと、起こり得ないことは実行できない、というルールというかデスノートの効力の限界。
例えがヘンだけど、既に30歳の人間を15歳で死亡させることは不可能、みたいな。
で、デスノートを手に入れたライトが当初自分が神として君臨するべき理想の世界として目指した世界は「犯罪者のいない世界」。
ライトの定義だと「善良な人間だけの世界」に近いけれど、ライト自身がそのために取った手段や心情の変化はどうあれ最後までライトはその理想や信念を持ち続け、貫き続けていたと思う。
あの凄絶な最期では根源的な「死の恐怖」しか描写されていなかったし人間誰だってああなったら恐怖以外何も感じなくなると思うものの、ライトが捜査本部の仲間やニアたちを皆殺しにすることによって得たかったものは「保身」や「神」の地位ではなく、ライトが真に理想とした「犯罪者のいない世界」「善良な人間だけの世界」であり、その実現のためのステップとして邪魔な存在(ニアたち)は排除すべしと思ったから実行に移したまで、というほうが自然な解釈のような気がする。
やってることは大量虐殺による恐怖支配でしかないし、善悪の判断基準がライトの一存だから話にならないっちゃならない理念なわけだが。
この漫画で善悪論、ましてや方法論なんか語っても意味ないと思うけど、もしかしたら、ライトの目指した理想の世界がそもそも「ありえないこと(不可能なこと)」だからライトは実現に失敗したし、破滅したのかなー?という解釈に、ふと思い至ったというか気付いたというか。
そう思うと(勝手に思ってるだけですが)デスノートが夢を叶える万能ノートに見えて全然万能じゃなかった理由としてしっくりくるかなーと、ほんと今さらながら思ったわけです。
そりゃ死んだほうが世のため人のため、と(個人的に)思うような極悪人がのうのうと生き永らえてるのが世の中というものだから、ライトの語る理想郷に少しも共感できない人がいたらそっちのほうが変わり者だと思うが、やっぱ人間が実現不可能なことをやろうとしたらいろんな人に災厄が降りかかるってこともDEATH NOTEから学べるひとつの物の見方かも。

すべての人間が幸福であるという前提に立った理想郷を目指してる人たちとライトの姿がなんだか重なって見えたとそういう話です。
そんなこと言ったらライト全然カッコよくないですが、実際にそういうお題目で活動している人たちと違ってライトは漫画の登場人物だから本気で純真だったんだと思います。

ちなみに13巻、ずーっと開封しないでいて(単にモノグサで)昨日初めて読んだんですが、やっぱり噛ませ犬でもメロはカッコよくて好きだったなぁ…とちょっと切ない気持ちになりました。
小畑先生が「女性キャラ苦手」と仰っていたのも「あー、すごいわかります(笑)」と納得。
ちなみにお遊びのキャラタイプ診断、適当にやってみたら夜神総一郎さんタイプになっちゃったんですけど、いや夜神総一郎さんは素敵だしカッコいいし物凄く好きなキャラの部類ですけど…本来笑うべきお遊びでも全然嬉しくないですよそんな結果…。
いくら人間的に尊敬できて好感度100%のキャラでも「そういうタイプ」だと言われたくないよね、夜神さんちの総一郎さんは…。




人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-19 01:22 | 読書・漫画・TV
こども総理ktkr
どこの政治部デスクも大差ないと思うが行動に移すあたりがスゴイ。

【政治部デスクの斜め書き】
おこちゃま政権のむなしすぎる国会論戦

2010.2.14 18:00
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100214/plc1002141801007-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100214/plc1002141801007-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100214/plc1002141801007-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100214/plc1002141801007-n4.htm


「命、命…。ボクはみんなの命を守りたい。地球の命を守りたい!」

素晴らしい。ホントにそうだね。でも、君は命のホントの重さが分かってるのかな?

「もちろんさ! みんなが友に愛すればいいんだよ。友愛さ。これで世界はみんな幸せになるよ。世界だけじゃない。宇宙も幸せになるよ!」

なるほど…。確かにそうだね。それなら、どうしてアメリカの友達に「うちから出て行け」って言うんだい?

「だって、乱暴だし、でっかい武器を持っているし、それに騒がしいから迷惑なんだよ」

君がひ弱でいじめられそうだから、アメリカの友達が守ってくれようとしているってことはないのかな?

「近所の友達はいじめっ子なんかじゃない。信頼してあげないとダメだよ。それにアメリカの友達がうちにいるときには、ちゃんとお小遣いも渡しているじゃないか!」

それじゃあ、アメリカの友達は友達じゃないじゃないの? そういうのをカネで雇った「用心棒」というんだよ。


「何言っているんだよ。アメリカ人はボクの無二の親友だよ!親友だから守ってくれるのは当然だよ」

ああ、親友なのか。

「もちろん、そうさ。困ったときに助けあうのが親友だろ?」

ふ~ん。じゃあ、親友だったら、アメリカの友達が困った時には君が助けてあげるんだね。

「それは無理だよ。うちの家は暴力は絶対ダメだって決められているし…。それに危ないモノを使ったり持ち込んだりすることは絶対にダメだよ!」

なるほど…。でもアメリカの友達は、君が危険な目にあったら「命がけで守る」って言っているんだろ。

「そりゃそうさ。ボクのアメリカの友達はすっげーっ強いんだよ」

すごく強い友達だから助けなくていい。だから自分がいじめられたら助けるべきだ。でも、乱暴で迷惑だから家には出入りしてほしくない。それって、すごく自分勝手じゃない? それで友情はなりたつの?

「僕を信頼してよ!」

そう言われても信頼の証はあるの?

「それは5月までに必ずみせるからさ~」

わかった。じゃあ話題を変えよう。君はママからこっそり月1500万円もお小遣いをもらっていたってホントかい?


「ボク、知らないもん!」

君の小遣い帳には近所のオジさんやオバさんにもらったと書いてあるけど、死んだ人の名前まで書いてあるよ。お墓から出てお小遣いをくれたのかな。

「ボクは知らない。お手伝いさんが勝手に小遣い帳をつけていたんだ」

じゃあ、君が学校の友達に気前よくおごっていたお金はどこから出てきたのかな。

「ボクの家は恵まれているから、小遣い帳のことなんか知らないんだ」

あ~っ、分かった。サンタさんがくれたんだ! でもサンタさんは年に1回クリスマスにしか来ないんだよ。君だけに毎月にようにサンタさんが来るのはおかしいと思わないの? しかも普通の子供よりもずいぶんゴージャスなプレゼントだよ。君の弟は「ママからもらった」と認めているじゃないか。

「学校の先生(検察)がそう言うならばそうかも知れません。でもボクは知らなかったんだ」


たぶん、君が寝ている間に、ママとお手伝いさんが君のお財布をいっぱいにしてくれていたんだと思うよ。でも、毎朝起きたらお財布がいっぱいになっていて、不思議だとは思わなかったの? それにこんなにお小遣いをもらったら「税金」というものを払わないといけないんだよ。

「先生が言うから払いました…」

自分ではママからもらったとは思わないけど、先生がいうから税金だけは払ったの? いくら?

「6億円…」

すごいね! そんなお金普通の人は持ってないよ。その税金はどこから払ったの?

「…」

自分の言葉に責任を持ち、家族の面倒を見て、自分の責任は自分で取る。それが大人だよ。君はホントに大人になりたいの?

「ぼくは命を守りたい。それだけなんです…」

命は大事だ。でも、人の命をミミズやオケラと同じに考えてはダメだよ。


× × ×

鳩山政権は「歴史的な政権交代」といまだに言っているけど、その歴史的通常国会の国会論戦を意訳すればこの程度…。あまりにバカらしくないか。こんな「おこちゃま政権」の支持率がなお4割。つまり日本人の4割が「おこちゃま」だということなんですかね…。(石橋文登)


a0027061_2432173.jpg
なんだこのホラー写真は。


オチが弱過ぎて残念だが最近の産経の芸風は悪くはないと思う。
バカバカしすぎる話を正論に見せかけるために改変するより愚直でよろしい。
この記事はのちに「我々新聞記者も只の人間である! 記者人間宣言」と称されるに違いない。
読売や日経は絶対にやらないから産経くらいこんな路線でもいいだろう、失う信頼もないし。
余所が記事にしないことを記事にする、という唯一の取り得に独自の芸が加味されたことは産経なりの「進歩」と捉えてよいかと思う。
どうせ読者数なんか微々たるものなのだから、挑戦を恐れるのは愚かというものだろう。
少なくともこんな署名入り記事の掲載を許可する度量は朝日にも変態にもトンキンにもない。
イギリス風に言えば朝日も変態もトンキンもキンタマがついてないのだ。
産経のようにいっそ全裸で走ろうにもキンタマがついていないから恥ずかしくて走れない。
キンタマがついていないことよりも、キンタマの欠点を隠すためのカボチャパンツを絶対に脱ごうとせず「俺にキンタマがないわけないだろう?常識的に考えろよキモオタ童貞www」と相手の知的レベルや属性を蔑むほうが絶対に恥ずかしい。
それがわからない恰好だけの似非インテリには真似できないことだからどんどんやりなさい。
いつかは全裸でカニ走りしながら槍を投げるくらいの芸になるかもしれない。

カツラでも十分例えになったな…
今度はセクシャルマイノリティから苦情殺到しそうだ。

別に記事自体はそんなに面白くもないけど心意気だけは買ってもいいだろ的に肯定した。

ところでこの記事をさらに面白く読めるように絵本や漫画にしてリーフレットを作って配ったらやっぱり逮捕されるのでしょうか。
この石橋記者とやらが「別にいいっすよ」と言っても別件逮捕で起訴は免れないですよねー。
時効に満たなかった分だけで約6億円も納めるべき税金を納めていなかった人が「え?知らないよ聞いてないよオレ関係ないよ!通帳なんか見ないよカネに不自由してないんだから!オフクロ?知らねーってば!うるせーなぁ、じゃあ払えば文句ないだろ!?」と渋々追納したら脱税疑惑が消えるのもひどい話だと思うが、もう日本は資産と権力を持つ者のみが世を制する国になっちゃったからねぇ…。
私だって親から譲り受けた資産だけで6億円も難なく納税できる身分だったらいろいろ好き勝手できるのに、不公平な世の中になったものである。

こんなキメェもん作ったの誰だ。

a0027061_1253131.jpg
ところで由紀夫VS邦夫バトルが話題にならないですね。
邦夫が「母ちゃんが『兄ちゃんが子分に渡すおカネを無心してた』って言ってた!」と言い出して由紀夫が怒りに震えて「誰にもカネなんか渡してない!」と脊髄反射しちゃった、まで朝日新聞で読んだはずなのに。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-15 02:00 | 今日のニュース・雑考
防衛相発狂www 日本オワタかもwww
陸自連隊長発言「首相を揶揄、許し難い」 北沢防衛相
2010年2月13日19時36分
http://www.asahi.com/politics/update/0213/TKY201002130232.html

北沢俊美防衛相は13日、長野市での会合で、陸上自衛隊の連隊長が「同盟関係は『信頼してくれ』などという言葉で維持されるものではない」と発言した問題について、「一番の指揮官である首相の言葉を揶揄(やゆ)する発言を幹部自衛官がすることは許し難い」と厳しく批判した。防衛省はすでに連隊長を注意処分としているが、北沢氏は15日に火箱芳文陸上幕僚長にも直接、注意する。

北沢氏は、連隊長の発言は外交における政府の意思決定をないがしろにする行為だとして、「クーデターにつながる極めて危険な思想だ」と指摘。「(こうした行為で)規律が乱れ、組織が機能しなくなると、独断専行や下克上が起こる」と強く戒めた。



おさらい:陸自連隊長(以下中澤剛1等陸佐)の発言

同盟というものは、外交や政治的な美辞麗句で維持されるものではなく、
ましてや『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない


この発言は、宮城県の王城寺原演習場で10日から始まった陸上自衛隊とアメリカ陸軍の共同訓練の開始式で訓示として述べられたものである。
言葉だけでなく共同訓練という形で信頼関係を築くことも自衛隊の大切な役目である。
ところが、まず最初にNHKが共同訓練開始式における中澤剛1等陸佐の訓示について、なぜか昨年の日米首脳会談において普天間基地移設問題解決へ向けて鳩山総理がオバマ大統領に「トラスト・ミー(私を信じて)」と回答した件と関連性があるかのように報じ、その後続くマスコミ各社の論調も「総理批判と受け取られかねない発言をした」とまるで中澤剛1等陸佐が政権批判の意図を持って訓示を述べたかのように報じたため、関係者に混乱が生じることとなった。
この騒動について中澤剛1等陸佐は防衛省より文書による注意処分を受け、「結果として誤解を招く発言をして申し訳ありません。厳粛に処分を受け止めます」と自らの非を認めて反省の意を示した。
確かに鳩山総理の「私を信じて」を連想させる可能性は十分考えられ得る言葉ではあったと個人的には思うので、自衛官として些かでも何某かの不穏当な政治的意図があると誤解されかねない表現を用いたことは軽率であったと思う。
完全に文民統制下に在らねばならない自衛官は当然文民レベルの「言論の自由」が保障される身分に非ず、なんてことは自衛官自身が身に染みて理解していることだろうから蛇足だが。

かように自衛隊に対するシビリアンコントロールを全面的に信頼している(論拠はいつも同じで済まないが阪神淡路大震災のマユゲ)私にしてみれば、クーデターよりもお前ら執行部の言論弾圧と独裁化のほうがよっぽど怖いなーと思いますので北澤防衛相には1億2千万分の1の民意を汲んで頂きたく存じます。

ていうかどの文脈をどう解釈をしたら中澤剛1等陸佐の発言が「総理への揶揄」や「独断専行」「クーデター」に繋がるのかお前の頭の中身を可視化して国民に開示しろよwww
おめーが一番独断で物事決めてんじゃねーかw 何が外国人参政権には危険がないだよww
日本国民(有権者)の大多数が外国人参政権に反対してるのに在日韓国人の言い分だけ聞いて「危険はない」とかお前はどこの国の防衛相だと言われ尽くされてるけど言うわアホwww
北澤防衛相及び民主党執行部の皆さまには是非、民主党を支持しない有権者の意見は「民意」のうちに入らない、なんて日本史上最高のデカイ珍言を一発かましてほしいものである。

キチガイにキチガイと言われて本望でしょうキチガイ独裁政権の皆さま。
よくこんな連中に政権任せようという気になったなぁ、民主党支持者は…。
まだ麻生前総理を批判してる連中バカじゃねーの?今の責任者は誰だかわかってないらしい。
前政権の負の遺産を清算すると豪語して与党になったくせに「やっぱ無理」とか笑わせるな。
政権交代したから景気対策は半分終わってあとは子供手当で完了(鳩山予定)。


266 偏光フィルター(東京都) 2010/02/13(土) 21:26:55.26 ID:xnkas9Kc

山岡<麻生支持者はナチス
岡田<国会開会式で天皇に意思表示させろ
仙谷<しわけは政治の文化大革命
北沢<首相を揶揄、許し難い クーデターにつながる極めて危険な思想だ

もうこんなんばっかだな民主党


お前、ホントのことこそ言っちゃいけないことがあるんだ…!


しかし自衛隊は因業な職務と言わざるを得ん。
最高司令官が撃てと命じれば国民を撃つことも厭うわけには行かない。
文民統制下において、文民の長たる最高司令官の命令を拒めば自衛官たる資格を失くす。
北澤も北澤だが国民も安直にクーデターなんて口に出すものじゃない。
今の自衛隊はかつて天安門広場で人民を轢き殺した人民解放軍になるやもしれん立場にある。
彼らの司令官はあくまで総理大臣であることを国民は理解しておくべきではないかなぁ。
どんな命令であれ、自衛官としての職務を全うするならば拒むことはできない、いや遂行するしか道がない自衛隊に対して、いざという時に石を投げる覚悟が、私にはない。
目の前で国民が焼け死んでいても文民の長たる最高司令官の命に背くわけには行かない。
それが戦後60年かけて成し遂げた完全なる文民統制の体現であるなら。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-14 00:48 | 今日のニュース・雑考
複数の他のユーザーから苦情が出ると記事が削除されます・2
部落の起源論争

近世政治起源説 [編集]
近世起源説は大半が以下のような説を採る。すなわち、部落は近世権力(豊臣氏、徳川氏)が身分の流動性が大きく戦乱の絶えなかった中世を統一した際に、民衆の分裂支配を目的として作ったというものである。平たく言われるものでは『農民の不満を幕政から逸らすために為政者がスケープゴートとしてこしらえた』―『上見て暮らすな、下見て暮らせ』というものである(なお、近世の為政者がこうした旨の触を発した記録はない)。

近世部落研究者の寺木伸明は、豊臣秀吉の太閤検地の際に検地帳にかわた(後の穢多)身分が記載された時点をもって、部落の成立としている。しかし、検地帳などにより「穢多」層の源流には、中世の賤民の系譜にあるもの、一向一揆を含めて戦国期の敗残者の系譜にあるものなどの存在も明らかにされている。

近世起源説批判 [編集]
近年、中世に被差別民が集住した河原などの「無縁」の地と、近世において被差別民の居住地と定められた地、すなわち近現代の被差別部落に直接つながる土地とが互いに重なる事例が多く報告され、中世の被差別民と近世の被差別民の歴史的連続性が注目されるようになってきた。かつての近世起源説に見られた、近世権力が無から突然被差別身分を作り出したかのような論説は近年は姿を消しつつある。ただし、歴史教科書においては未だにこの論調が多く、日本人の間に誤解を与える要因となっている。

近世政治起源説が従来の同和教育において「正しい認識」とされたのは、後述の古代起源説や異人種起源説に基づいて差別を当然のものとする風潮の根絶に対抗できるものとされたこと、社会問題や社会の不正義を遅れた発展段階に起因するとしがちな発展段階史観が戦後の歴史学研究や歴史教育を席捲したこと、豊臣秀吉や徳川家康といった歴史的人物個人の責任とすることで誰も傷つかずに差別現象のみを糾弾できるとされたことが大きかった。しかしその一方で、民衆の間で差別を再生産していく構造の歴史的な形成過程の解明に対しては無力でもあった。

各県の教育委員会の指導する同和教育においては、1990年代半ばになってようやく、近世政治起源説が学術的に否定されつつあることが意識され始めたが、当初は教職員の研修などの場において「歴史学的には近世政治起源説は事実ではないと否定されてきているが、同和教育においては近世政治起源説こそが正しい認識であるとの立場であるから、これで同和教育を行うように」という指導がまかり通るなどのちぐはぐな対応であった。この見解は「同和教育」をデマゴギーであると認めた点で、同和問題のみならず公教育一般についての再考すら迫らす大きな意味を含んでいた。

1990年代末になってようやく近世政治起源説で同和教育を行うことの問題を論じたリーフレットなどが県教育委員会によって編纂され、県立高校や市町村教育委員会に配布されるに至っている。



>教職員の研修などの場において「歴史学的には近世政治起源説は事実ではないと否定されてきているが、同和教育においては近世政治起源説こそが正しい認識であるとの立場であるから、これで同和教育を行うように」という指導がまかり通る

学校教育なんてイデオローグの集大成です。
日本の場合、イデオローグの方向性がなぜか世界の常識(≒セオリー)と正反対の方向へいつも向かいますが、アメちゃんのデカイ置き土産です。
乱したのなら直して行けの最たるところが教育問題だと思っています。
教育というインフラは一度壊されてしまうと壊滅的なダメージを受け、再建が困難な分野です。
幸い戦後カストリ雑誌が大いに流行った例を見ても判るとおり、日本人の文化(娯楽)は大衆にあり、文化(娯楽)を楽しむ大衆の知的レベルや教養が類を見ないほど高水準だったために、日本人がすぐ日本語を忘れて日本人としての自意識を失い国が消えるというレベルには至りませんでしたがもう限界です。
アメちゃんが残した最大の負の遺産ですよこれは。

>社会問題や社会の不正義を遅れた発展段階に起因するとしがちな発展段階史観が戦後の歴史学研究や歴史教育を席捲したこと、豊臣秀吉や徳川家康といった歴史的人物個人の責任とすることで誰も傷つかずに差別現象のみを糾弾できるとされたことが大きかった。

「いつの世も人は変わらない」という、たいへん理解しやすい説明。
いまだに近世政治起源説が一般的な認識ですよ、そのほうが都合がいいと思う人が多いから。
そのリーフレットっていちおう作りましたというアリバイ制作で、誰も使ってないでしょ。


同和教育

学力保障 [編集]
明治初期の同和地区の経済状況、衛生状況は非常に劣悪なものであった。その原因の一つが教育水準の低さであった。すなわち、親が子供を学校に行かせないために、子供の教育水準が低く、それがまた次の世代に継承されるという悪循環が同和地区の貧困を固定化させていた。明治後期に学力保障として民間や地方自治体で始められた同和教育の基本的な考え方は、このような負の連鎖を断ち切ることで同和地区の貧困を解消し、部落差別の解消につなげるというものである。

農繁期託児所を初めて開設した人物として知られる筧雄平は鳥取県美穂村において1898年に当時「細民部落」と呼ばれた同和地区に分教場を開設し、未就学であった同和地区の児童を学ばせた。また、租税を滞納したり子供を就学させないといった親の非行も目に余ったため、年に数回村民を集めて学習会が行われた。この活動は大きな成果をあげ、1921年に分教場を尋常小学校に併合した際には租税の滞納や未就学児童はほぼ皆無であったと記録されている。

戦後は同和対策事業の一つとして行われ、昭和40年代には地区進出学習会と呼ばれる、同和地区の児童を対象とする教育が行われた。同和地区の児童生徒の把握、地区進出学習会の運営といった目的で、同和地区の児童が通う小学校には同和加配教員が配置された。また、当時は高校や大学への進学率が著しく低かった同和地区の児童生徒の進学を奨励するため、同和地区の児童生徒だけが受けることができる奨学金や、給付金制度が自治体において整備された。

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

人権啓発 [編集]
人権啓発としての同和教育は学力保証としての同和教育より歴史が浅く、主に同和対策事業特別措置法が制定された昭和40年代から始まったものである。戦後、学力保証としての同和教育は成果をあげつつあったが、特に結婚や就職面での同和地区住民に対する差別的な取り扱いが度々みられたことから、教育の責任として同和地区に対する偏見を取り除くことが急務となった。そのために、同和地区住民に対する学力保証だけでなく、広く一般の人々を対象とした人権啓発がはじめられることとなった。

当初は、同和地区の児童生徒と、一般地区児童生徒の間にある感情的な軋轢を解消し、協力関係や友情を深めることを目的とされた。そのために児童生徒に、日本国憲法にある人権の概念の下に部落差別が不当なものであることを認識させること、いわれのない迷信にとらわれないために科学的な考え方を醸成すること、職業に対する差別をなくすために正しい職業観を持たせること、望ましい人間関係を醸成することが目的とされた。また、当時は教育基本法第8条を遵守するため、同和教育を政治運動の場としないように徹底された。児童生徒の間で、誰が同和地区住民かといったことを明らかにすることもタブーであった。

しかし、次第に運動団体が自治体や学校による同和教育の運営に干渉するようになり、同和教育は政治運動と無縁ではなくなった。1974年の八鹿高校事件は、日本共産党と部落解放同盟の対立が教育の場に持ち込まれ、ついには流血事件にまで発展した事例である。また、1980年の狭山同盟休校は、同和教育をとりまく状況を一変させた、決定的な出来事である。狭山事件裁判への抗議の一環として、部落解放同盟により1980年1月28日に同和地区の児童生徒は登校しないように呼びかけられた。これに対し、各地の自治体の教育委員会は困惑するか、あるいは激しく反発した。なぜなら、同盟休校は教育を政治運動の場とするだけでなく、同和地区の児童生徒だけが一斉に学校を休むことにより、誰が同和地区の児童生徒か明らかになってしまうためである。ちなみに、同様の問題が指摘されているものとしては、同和地区出身者の生徒・児童に事故の出自をカミングアウトをさせる「部落民宣言」がある。長野県の松本市など一部の地域では教育委員会の激しい反発により、同盟休校は実施されなかったが、部落解放同盟が組織されたほとんどの同和地区では、児童生徒は登校せず集会所等で行われた学習会に参加する等した。同盟休校が行われた地域では、政治的中立を保ち、同和地区の児童生徒を特定することをしないという当初の同和教育が成立しなくなり、部落解放同盟等の運動団体の要求を取り入れた、政治色の強い教育に取って代わられるようになった。

運動団体間の対立抗争は同和教育の方法論、進め方にも影響を与えた。現在では大まかに言って、「官製同和教育」、部落解放同盟につながる「解放教育」、日本共産党や全国人権連につながる「自主的民主的同和教育」に、分極化している。

同和教育を意味する、別の言葉を使用する地域もある。岡山県では「民主教育」、和歌山県では「責善教育」という名称を、戦後間もなくの時期から長く使用していた。

取り組みが盛んである大阪府では、「にんげん」という副読本が古くから作成され、部落差別を中心に在日朝鮮・韓国人差別・障害者差別・女性差別の不当性を教える教育が行われていた。ただし、公教育における「にんげん」の使用については、思想および人権の自由を否定し、特定団体の思想を教育の場に持ち込むものであるという批判がある。

1995年~2004年の「人権教育のための国連10年」や、2002年3月限りで、特別施策としての同和対策が政府レベルでは終了したのを境に同和教育から人権教育へと呼称が変化してきている。



前者の意味は普通に知られていない。
今や必要なくなったのかもしれないけど今こそ必要な気がする、全児童対象で。

後者、大阪パネぇッスwwwww
「にんげん」とか、いや人権意識が高いなぁ、道理で東京者がバカにされるわけだwww
他民族国家すぎるだろ大阪www
私は障害者で女性ですけど大阪には住みたくないです、こう見えても都政は悪くないのでww

しかし同和政策=人権政策とは大きく出たね。


>「官製同和教育」
>部落解放同盟につながる「解放教育」
>日本共産党や全国人権連につながる「自主的民主的同和教育」

>に、分極化

うんこ成分100%じゃないカレーがひとつしかないよこれ。


狭山事件、高校の全然倫社じゃない倫社の授業で何時間もかけて習ったけど、その授業は先生が一切私見を挟まずに話して板書したことを聞いて見て書き取るだけという妙な授業で、眠気を誘う口調に難があったものの面白かったです。
同和問題だとはひと言も言わずに犯人の逃走ルートとか死体を埋める時の穴の掘り方とかについて裁判所で資料見てきたのかってくらい細かく現場検証する授業で、いまだに先生が何を教えたかったのかサッパリわからない。
でも一部の生徒には「あの先生主観言わないところがいいよね」とウケていて、何が言いたいのかサッパリわからない割にインパクトある意味不明な授業するので生徒のウケはよかったNe!
ちなみに教え子と結婚したことも笑いのネタにされていた、非常に人気のあった先生。
そういえばテストはちゃんと授業を聞いてノートを取っていれば楽勝な穴埋め問題ばかりだったけど、逆に集中してなかったり聞いていなかったり寝ていたりしてノート取り損ねるとその分失点するという恐ろしいテストだった。
もしかして倫社であることに特に意味はなかったという先駆者的な先生だったのかもしれない。


さて今のところ複数の他のユーザーから苦情が出ないようなマズくない発言は…。
現在の政局で異例的に静香ちゃんに関しては特にたいした文句言ってないような気がする。
細かいこと言えばいろいろ言えるけど、今外国人参政権の防波堤になれる人って静香ちゃんしかいないし、連立与党の中で祖国日本を愛し、身を捧げる覚悟がある大臣って静香ちゃんしかいないでしょ。
少なくとも「俺がやる、俺が責任を持つ」という気概も静香ちゃんしか持ってないしさ(気概だけは買うよ、政治家には気概が大切だ、気概だけは誰もが持つべきだから)。
それにニュースになる静香ちゃんの発言の大半が「この発言だけは評価する」と評価されてるから結局現連立与党の閣僚の中で一番評価されてるのは静香ちゃんじゃないかなと思うんだ…。
きっと評価してる人も自分が評価したこと忘れるほどのマイナス要因がたくさん目についてしまうのでしょうが。
でも私は売国無能よりは愛国無能のほうがまだマシだと思うの、日本人だから。
しかし静香ちゃんにだけ鷹揚で寛大でも何の役に立つのかと言えば何も役に立たない。
オカラッシュと前園さんにも比較的同情的見解を述べているが、判官贔屓と受け取られそうな気もするし、能力に関しては一切評価せずに「くだらん脱税擁護や小沢擁護に走らず真面目に職務を遂行しようとしている」という単純だが希有な一点のみしか誉めてないし。
静香ちゃん、前園さん、オカラッシュ…評価してもまるで保身の意味で旨みがない面々っすね。


意外かもしれないけど実はそんなに主席の悪口は書いてない。
心から迷いなく憎悪できるほど主席の人格自体が許せないわけじゃないから。
犯罪者をすべて死刑にしなきゃ気が済まないタイプではないのです。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-13 08:22 | 今日のニュース・雑考
複数の他のユーザーから苦情が出ると記事が削除されます・1
強調文字は筆者によるものですが、青文字部分は全部Wikipediaからの転載です。
というわけで訴えるならWikipediaの編集者を訴えてください。
私個人は理由(意味)と根拠なき差別は撤廃するべきだと思っていますし、そのためには自由な言論の場が保障されるべきであり、臭いものに蓋では何も解決しないと断言します。
エキブロは事前の勧告も通告もなしでいきなり記事削除するからホントやめれ。
すわハッキングかとガクブルした時は「不正アクセスされた可能性があります」という記事を書いてそこそこアクセスが増えたらやっと「複数の他のユーザーから苦情が出ていたため」という回答が届いたものの、削除理由の説明になっていない上に「複数の他のユーザー」が苦情出したら事前勧告も通告もなく記事削除して、ヘルプに問い合わせても不正アクセスという不名誉な噂が流れたら困るって段階でようやくそんな返答とかマジで言論の自由がないから、ねっ?
火薬庫と呼ばれる国のこと書いたらそこだけ記載がそっくり削除されたりとか普通にあるの。
いや言論統制怖いねー。

創価と同和に言及した時点でいつ(私ごと)消されてもおかしくないなとは思ってるけど。


部落問題

差別とされた表現の例 [編集]

1956年1月、小説家石上玄一郎が『朝日新聞』文化欄に発表した評論の中で「文壇には、特殊部落的偏狭さがみちみちている」と記述。これに対して部落解放同盟が朝日新聞社を糾弾。朝日新聞社は「今後、部落問題をタブー視せず、前向きに差別の現実を書く」ことを約束した[18]。

1967年1月と2月、小説家で精神科医のなだいなだが『毎日新聞』朝刊の人生相談欄『悩みのコーナー』にて、結婚差別を受けたという部落出身女性の投書に対して「部落民という考えは、内部の劣等感によって支えられている」「小さなつまらぬ悩みだ」と回答したところ、部落解放同盟が糾弾に乗り出した。

1969年、経済学者大内兵衛が、岩波書店刊行の雑誌『世界』3月号に論文「東大は滅してはならない」を発表。この論文における「大学という特殊部落の構造」という表現が部落解放同盟によって追及され、執筆者大内と岩波書店が糾弾を受けた。『世界』3月号は回収処分となり、編集部と大内が同誌の4・5月号に謝罪文を発表[19]。

1970年、児童文学者今江祥智が長篇童話『ひげのあるおやじたち』(福音館書店)の中に非人を登場させ、「非人たちは、いつもどこか死人のにおいがした」(pp.112-113)、非人部落の描写として「なんともかともいえぬにおいが、下のほうからむっとのぼってきたのだった。目のなかにまでしみるようなにおいだった」(p.116)などと記述。これらの表現が部落差別を助長しているとされたため、今江は部落解放同盟から糾弾を受け、1971年4月、『日本児童文学』誌に「わたしの中の"差別"」と題する反省文を発表。『ひげのあるおやじたち』は直ちに絶版・回収・裁断処分となり、2008年に『ひげがあろうが なかろうが』に併録される形で解放出版社から復刊されるまで公刊されなかった。

1973年7月19日、司会者玉置宏がフジテレビのワイドショー『3時のあなた』にて「芸能界は特殊部落だ」と発言したところ、1973年8月16日、部落解放同盟が玉置とフジテレビと関西テレビを相手取って確認・糾弾会を開いた。玉置は謝罪し、テレビ局側は部落問題解決のための番組作りを約束した。

1973年9月、映画評論家の淀川長治が『サンケイ新聞』のインタビュー記事にて、自らの庶民性を示す証として、両親から近寄らないよう言われていた「特殊な部落にある銭湯にはいったこともあった」、「この貧しい人たちと液体で結ばれたと思ったのにねぇ」という経験を語ったところ、部落解放同盟が「両親の差別意識を肯定するとともに、自らのエリート意識をさらけ出すもの」「エセ・ヒューマニズム」(宮原良雄)と反撥し、糾弾に至った[20]。この事件の後、サンケイ新聞社は1974年11月から1975年3月にかけて、部落問題の特集記事として『シリーズ・差別』を大阪本社発行の朝刊に連載した。淀川は、部落解放同盟大阪府連合会制作による狭山事件告発映画『狭山の黒い雨』を部落問題の視点から批評するよう約束した。

1979年8月、曹洞宗宗務総長で全日本仏教会理事長(当時)の町田宗夫が、米国ニュージャージー州プリンストンにおける第3回世界宗教者平和会議にて、「日本に部落差別はない」「部落解放を理由に何か騒ごうとしている者がいる」「政府も自治体もだれも差別はしていない」と発言。このことが部落解放同盟から「部落解放運動の全面否定」とされ、糾弾に至った。

1981年2月、政治学者で東京大学社会科学研究所教授(当時)の有賀弘が、ベルリン自由大学における日本学研究室の金子マーティン講師(当時)の部落問題に関する研究発表に対し、「部落問題は東日本にはない。西日本にはあるが、それは部落解放同盟と日本共産党との同和予算をめぐる金銭上のトラブル」「日本語の部落という言葉は、村落とか集落とかいう一般名詞であって何も差別を意味するものではない」と発言。このことが部落解放同盟の糾弾を招いた。

1989年、ニュースキャスターの筑紫哲也が「ニューヨークの街も多分屠殺場だね」と番組で発言をした。当時、公の場で使われる差別的な言葉が問題となっていたため(批判的な意味で言葉狩りとも呼ばれた)、筑紫は「屠殺場」という言葉の使い方が不適切であったとして翌日に謝罪をした。しかし一部の屠場労組から抗議があり、部落解放同盟も加わっての糾弾会が行われた[21]。

2004年、代々木ゼミナール講師(古文担当)の吉野敬介が講義の中で「鑑別所にランクってあるんです……俺なんか暴走族の特攻隊長のとき、入ってんだよ。鑑別所に入った瞬間に、天皇陛下級なの、ほんとに……レイプとかな、強姦なんかで入っちゃった日にゃ、な、エタ・ヒニンだ。ほんとに」などと発言。このため吉野と代々木ゼミナール法人総括本部長ら計6人が共に部落解放同盟から糾弾を受け、吉野は反省文の提出を、代々木ゼミナールは「人権研修」の実施などを要求された[22]。

2005年、テレビ朝日系の番組「サンデープロジェクト」において、ハンナン偽装食肉事件に関する報道VTRの放映の直前に生放送中のスタジオ内で田原総一朗が「この人(浅田満)をやらないマスコミが悪いんですよ。この人が被差別部落のなんとかといってね、恐ろしがっている。何にも恐ろしくない。本当はね。それを大谷さんがやるんだよね。この人は被差別部落をタブー視しないからできる」と発言し、それを受ける形で高野孟が「大阪湾に浮くかもしれない」、うじきつよしが「危ないですよ二人とも」と発言。これらの発言を部落解放同盟が「部落への強烈な予断と偏見を視聴者に植えつける」ものと位置づけたため、糾弾に至った(サンデープロジェクト糾弾事件)。



ほとんど言葉狩りじゃん…。
言葉狩りのついでにメディア操作、手口として悪質だなぁ。
あと(地域差を指して)「差別なんかないよ」と解同の存在意義を否定しかねない発言をすると「差別はある!」と怒られるわけか。
んなこと言ったって子供の頃地元に2箇所屠殺場があったけど、友達はみんな「牛小屋(あるいは豚小屋)」程度の認識(いちおう都会なのですごく物珍しいものという認識はあった)しかなかったし、偶然(両親と散歩中に)屠殺場から河川に流れ込む血の濁流を見てオエっとなってしまったこともあったけど、これちゃんと処理しなくていいのかよ…直接排水していいのか?衛生上の問題ないのか?細菌とか混じってね?と思っただけだし。
両親も血の臭気に顔顰めてたけど、「ひどいなぁ」「汚い…」と言ってただけだったし(妙に口数が少なかったことが印象的だったけど、なんか思うところはあっても私に言う必要ないと思ってたんだろうね)。

しかしそう言っても「それ自体が差別だ」とか「よく知れば彼らに対する差別の実態が分かる」とか言われたってなんだよその差別の押し売りって思うし。
もともと地元民どころか地元という概念すら存在しなかったような人口大量流入地域で血筋や生業による差別を説かれても子供は実感を伴って理解できる範疇じゃないし、「でも確かに現在も信じられないような酷い差別があるんだ」と熱心に説かれたところで「だからどこの話だよ」「で、私らにどーしろと?」とウンザリしちゃうし。
あんまりしつこいとホント「だからどうしろと??」と問い詰めたくなる話。
ちゃんと学校で道徳という名の人権教育を受けて同和差別くらい習っているよ忘れてないよ。
知りたくないわけじゃなくて、今も差別が行われていると繰り返し繰り返し身に覚えのない、というか古代か異国の話にしか聞こえない逸話を聞かされて、「少なくとも自分は何も意識してない」と応えると(そうとしか言えないやんか)、「そういう無関心な態度が世の中に差別を蔓延させる」とまるで意識してないこちらに非があると言わんばかりの非難がましい反応を見せる。
一体どんな、不快にさせる以外にどういう目的があって啓蒙活動してるんだかわかんないんだよこの手の話に熱中する人って。
こうやって記憶に刷り込んで語り継いで貰うのが目的だと近年わかったけど、自分らで一方的にそういう不快感を与えておいて「今も差別は存在する」とか「理解が得られない」とかねぇ…。

あー、在日三世の人も(異民族間の)「差異は血筋なんてバカなこと言いませんよね?(笑)」といきなり吹っかけてきて、血・血・血とレイシスティックな主張しまくった挙句、私がログ提示して「異文化社会について話しただけ、血なんか気にしてない」と正直に押し通したら、後でシンパの人が「気にせざるを得ない立場に追いやられたことがない特権階級の無意識の優越感ですよね」と嘲笑ってて、あんな感じに似てる。
気にしてると言えば差別だと糾弾するし、気にしてないと言えば無知だのマジョリティの驕りだのと糾弾するし、やってらんねぇ的な。

なだいなだって懐かしい胡散臭いオッサン。
でも職業柄この発言で糾弾されるのはちと気の毒すぎやしないか。

筑紫の「不用意な発言」は予定調和なのでともかく、サンプロも田原がいた頃は…。
しかしテレ朝の用意周到さはお前らこの時を待っていたのかと思わせる素晴らしい対応www
こういうラクなバイトしてみたいねぇ…ファーストフード店に並ぶだけとか格安洋品店に並ぶだけとか。
きっと某在日外国人団体では苦情係の人がテレビ監視しながら電話かけまくってんだな。


差別とされなかった表現の例 [編集]

松本治一郎は、1952年7月、徳川夢声との対談で「『部落』と書こうが『エタ』といおうが、問題じゃないんです。……その前後に差別の意味が加わってさえいなけりゃ、少しも問題はないわけですよ。それを糾弾するというのは、ことさらためにしようとするハシッパのもんです。……悪い奴にかかると、やっぱりヘンなことが生ずる」[23]と語り、差別表現として糾弾するか否かはその語が差別的文脈で使われているか否かによるという見解を示したが、1948年には松本自身が「私は三百万部落民の水平運動から、さらに数歩をすすめて、いわば世界の特殊部落におちこんだ八千万日本人民の水平運動をおこしたいと考えているのだ」[24]と述べ、特殊部落という語を差別的文脈で使用していた。しかしこれは糾弾の対象とならず、松本自身も自己批判しなかった[25]。

1952年8月20日、『解放新聞』は「おじいさん達も斗つた─八十一回目の解放令記念日を迎え」と題する山村慎之助の記事を載せた。この記事の中では「再軍備と植民地化に反対し、民族の解放を斗いとることが、外国帝国主義と国内反動のために世界の特殊部落になれはてた日本民族全体の死活の問題として切実に出されてきている」と、やはり特殊部落という語が差別的文脈で使われていた。しかし、これもやはり糾弾の対象とならず、『解放新聞』も山村も自己批判しなかった[26]。

小林よしのりがゴーマニズム宣言で「穢多」と誤って書いてしまったこと。抗議を受けなかったが、自らこれをミスである(漢字で書くのは誤り)と作中記している。



自己批判という言葉が…なんか特定の思想団体を連想させるんですが…。
小林の、というかゴーマニズムのアレはチラ読みしたけどすっげー気持ち悪かった。
九州出身でいいおっさんの小林と、東京出身(両親は東北・北陸出身)で小林とはかなりジェネレーションギャップがある世代の私とでは当然認識レベルが根本から違うのだろうが、「*ッタの血が入ってしもうた~!」という台詞なんか「何それキモッ!」と思ったし、小林が当事者として描いているから小林(含む周囲の人間)の差別意識がこの世のものとは思えないくらいに怖くてキモかった。
てゆーか、父も母も手術で輸血受けたけど、どこの誰の血とか普通に知らされないし、そんなこと事前にも事後にも聞かないだろ…。
小林本人の人格や才覚として評価することじゃないけど、西日本はやっぱ怖い。

ちなみに肝機能障害起こすほど長期間にわたってアレなお薬を服用し続けている私の血はそもそも献血できないシロモノなのでご安心ください。


地域較差 [編集]

被差別部落の数や部落問題の認知度については大きな地域較差がある。差別の対象となった賤民身分や被差別部落の呼称も地域により様々であり、一般に関西を中心とした西日本には大規模な被差別部落が多く存在し、解放運動が盛んであるが、関東地方では被差別部落自体が比較的少ないことから認知度が低い傾向にある。

北陸地方や東北地方では被差別部落がごく少数点在するのみであり[27]、明治期以降解放運動の盛り上がりに欠けていた。学校での教育なども行われないため、これらの地域の住民は部落問題への認知度自体が非常に低く、「部落」と言う言葉も単に一般の集落や町内会を指すことが多い。北海道や南西諸島には歴史的な被差別部落は存在しない。

北陸地方で部落問題が発展しなかったのは全国の被差別民も多く帰依していた浄土真宗が大多数を占めることが一因である。浄土真宗では武士、猟師、そして被差別民の「役務」・「家職」にともなう殺生は、忌避の外としていた。例えば越中(富山)には「稼職に非ざる殺生を致し申す間敷事」という「念仏行者心得か条」が残っている。越中(富山)の被差別民にあたる藤内は隔離される事無く、集落に分拠していたため被差別部落そのものが形成されなかった。

加えて、1980年代後半以降、これらの地域では急速な過疎化が進み、1990年代以降は被差別部落も含め消滅する集落が珍しくなくなった。この状態で被差別部落の隔離が維持されることはなく、意識が低かったこともあって部落問題そのものが過去のものとなりつつある。[28]



強調文字部分が特に興味深い。


部落問題に関連する団体の対立とインターネット [編集]

「最近、都会やその近郊では近隣の住宅や人の移動などで存在が薄れ、部落差別は現在はほとんど意識されることがなくなった」とも言われるが、最近でもその存在その物をタブーとする人においては差別意識が改善されたのではなく、単に忌避意識が潜在化しているだけであるという解釈もある。

また、糾弾闘争に対して、近年では、「差別とされる内実も、被差別部落出身だからというよりも、強力な圧力団体がバックについているがゆえに敬遠され、差別解消を建前とする部落解放同盟が、反対に真の意味での差別解消を妨げている。自己目的化した団体は、本来の目的を達成することでその存在意義を失うことを恐れている」とする主張もある。

その一方で、出版物やインターネットなどでアンダーグラウンド情報などとして、差別を煽動するような情報が流されるという事実もある(アマチュアパケット無線での「地名総鑑」流布事件)。

また、「苛烈な『糾弾』への忌避感情」を利用して押し売りや恐喝等を行うえせ同和行為(2007年には在日朝鮮人による犯罪も発覚している)も部落問題の解決を遅らせている一因となっている。



えせ同和問題(誤解されやすい呼称っすねぇ)は東京でも問題になってる。
差別がなくなったら飯のタネがなくなると自ら明かしてどうするんだっていう。


人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-13 08:20 | 今日のニュース・雑考
実際信頼を失ったしネ!竹島捨てるし日本人捨てるしネ!
“ことばで同盟維持できず”
2月10日 21時6分
http://www.nhk.or.jp/news/k10015570101000.html#

鳩山総理大臣は去年の日米首脳会談で、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について、オバマ大統領に「わたしを信頼して」と伝えましたが、宮城県で始まった陸上自衛隊とアメリカ陸軍の共同訓練の訓示の中で、幹部自衛官が「日米の同盟関係は、信頼してくれなどということばだけで維持されるものではない」と発言しました。

宮城県にある王城寺原演習場で10日から始まった、陸上自衛隊とアメリカ陸軍の共同訓練の開始式で、日本側を代表して訓示した第44普通科連隊長の中澤剛1等陸佐は、東アジア地域での日米同盟の重要性を強調したうえで、「同盟というものは、外交や政治的な美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などということばだけで維持されるものではない」と述べました。鳩山総理大臣は去年11月の日米首脳会談で、アメリカ軍普天間基地の移設問題の早期結論を目指す方針で一致したことに関連して、オバマ大統領に対し、「わたしを信頼して」と伝えたことを明らかにしています。この発言について、中澤連隊長はNHKの取材に対し、広報を通じて「発言をしたことは事実だが、自衛隊の最高指揮官である鳩山総理大臣の発言を引用したり批判したりしたわけではない」と話しています。



上が勝手なこと言ってるお陰で現場の人は大変だなぁ…と思ってたらやっぱ処分北。
そもそもトラスト・ミーと全然関係ない外交の常識を現場レベルで語っただけなのに、無理やりトラスト・ミー批判にしてしまったマスメディアww
トラスト・ミーが異常なだけで、公務員(国益のために働く人々)としては至極真っ当なこと言っただけなのに、シビリアンコントロールがどうのと軍部暴走の予兆扱いされたり他国の干渉を振り切れない歴史認識問題に踏み込んだ田母神さんと同列に並べるのは酷すぎると思うなー。


陸自連隊長発言:防衛省が文書で注意処分
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100213k0000m040103000c.html

「同盟というものは『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない」と発言した、陸上自衛隊の中沢剛連隊長(1等陸佐)について防衛省は12日、文書による注意処分にしたと発表した。注意は自衛隊法に基づく懲戒には当たらない。

中沢連隊長は第6師団第44普通科連隊所属。10日に宮城県の陸自王城寺原演習場で行われた、米陸軍との共同訓練の開始式訓示で発言した。

処分の理由を防衛省は「政治や外交を軽視し、首相発言を非難していると誤解を招く発言で、幹部自衛官としてふさわしくない」と説明。中沢連隊長は「結果として誤解を招く発言をして申し訳ありません。厳粛に処分を受け止めます」と述べたという。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鳩山由紀夫首相は昨年11月の日米首脳会談で、オバマ米大統領に「私を信じてほしい」と伝えていた。【仙石恭】



陸自連隊長を注意処分=「首相批判の誤解招いた」-防衛省
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010021201067

防衛省は12日、「(日米)同盟は『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない」と発言した陸上自衛隊第6師団第44普通科連隊(福島市)の中沢剛連隊長(47)=1佐=を文書による注意処分とした。同省は「首相発言を非難しているとの誤解を招くような発言で不適切だった」としている。(2010/02/12-21:22)



陸自幹部の政権批判…「誤解招く」「危機感から」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100212-OYT1T01279.htm

陸上自衛隊の現役幹部が、鳩山政権の日米同盟への取り組みに批判的な発言を行った問題で、防衛省は12日、この幹部を訓令に基づく注意処分とした。

陸自第44普通科連隊長の中沢剛1佐は10日から宮城県で始まった日米共同訓練の開始式で「同盟は政治・外交上の美辞麗句で維持されるものではない」と訓示する予定だった。しかし、実際は「同盟は美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものでもない」と言い換え、北沢防衛相が12日、処分する意向を示していた。

陸上幕僚監部によると、中沢1佐は鳩山首相が米軍普天間飛行場移設問題に関し、オバマ米大統領に「私を信じてほしい」と伝えたことを「引用したり、批判したりしたわけではない」と話しているという。

今回の発言については、「この時期にああいう発言は誤解を招く」(防衛省幹部)との批判の一方、同情的な見方もある。自衛隊幹部の一人は「日米関係が政治的に不安定だからこそ、現場レベルで協力を維持していかねばならない。発言はそういう危機感の表れではないか」と指摘した。

自衛隊では、田母神俊雄前航空幕僚長が2008年10月、「我が国が侵略国家だったというのは濡れ衣(ぬぎぬ)だ」などとする論文を無断で発表し、更迭されている。
(2010年2月12日22時07分 読売新聞)



首相「批判」発言、自衛官を注意処分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4354755.html

陸上自衛隊の幹部自衛官が鳩山総理を批判したとも受け取れる発言をしたことについて、防衛省は不適切な発言だったとして注意処分としました。

問題の発言は10日、陸上自衛隊の第44普通科連隊長の中澤1等陸佐が在日アメリカ軍との共同訓練で、「日米同盟は、“信頼してくれ”などという言葉で維持されるものではない」と述べたもので、去年の日米首脳会談でオバマ大統領に「トラストミー(私を信頼して)」と発言した鳩山総理を批判したとも受け取れる内容でした。

防衛省は北澤防衛大臣の指示を受けて、中澤1等陸佐に対する処分を検討していましたが、政治や外交を軽視すると受け取られかねない、総理の発言を批判していると誤解を招く発言、として12日夜、文書による注意処分を下しました。

注意処分は、懲戒ではなく処分の中で最も軽いもので、処分を急ぐことで問題の決着を図ったものといえます。(12日21:42)



>防衛省は北澤防衛大臣の指示を受けて、中澤1等陸佐に対する処分を検討していましたが、
>政治や外交を軽視すると受け取られかねない、総理の発言を批判していると誤解を招く発言

政治や外交を一番軽視してるのは他でもない民主党のお偉方だと思うんだがDO-YO?
しかし警察官や自衛官には言論の自由がないと聞くが、これがダメなら「この仕事に就いた以上ヤッパ国を守りたいんだよなーww」レベルの雑談も迂闊にできない想像を絶する不自由な生活を強いられているんじゃないかと不安になってきた。
いざという時に私たちを助けてくれる職務にある人たちだぞ(総司令官が邪魔をしなければ)。
あんまり不自由を強いすぎて国への忠誠を忘れられたら組織内部から腐って私たち国民を守るという任務を放棄してしまう懸念にも至る大問題なんだから、我が身のこととして考えようよ。


米の防衛義務、竹島では生じず=政府答弁書
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010021200449

政府は12日午前の閣議で、日韓が領有権を主張し、韓国が実効支配している竹島(韓国名・独島)について、日米安全保障条約に基づく米国の防衛義務は、現状では生じないとする答弁書を決定した。
亀井亜紀子参院議員(国民新)が質問主意書で「武力によって不法占拠された竹島は(安保条約が規定した)『日本が武力攻撃を受けた場合』に当たらないのか」とただしたのに対し、答弁書は「現在の竹島は、わが国が施政を行い得ない状態にある」と指摘。米国が防衛義務を負うのは「日本の施政の下にある領域における武力攻撃」と説明した。
(2010/02/12-12:31)



竹島に米国の防衛義務なし 政府答弁書
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100212ATFS1202V12022010.html

政府は12日の閣議で、日韓両国がともに領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、現状では日米安全保障条約に基づく米国の防衛義務は生じないとする答弁書を決定した。「現在の竹島はわが国が施政を行い得ない状態」とし、米国が防衛義務を負うのは「日本国の施政の下にある領域における武力攻撃」があった場合と説明した。国民新党の亀井亜紀子参院議員の質問主意書に答えた。
(12日 23:06)



思いっきり竹島捨ててるんですけど、政治と外交の姿勢としてこれは賢明なの??
北方領土はヤクザの脅しに負けて契約書にサインしちゃった件だから契約書の書き換えも当然難航する頭の痛い問題だが、竹島は契約書すら存在せず、いきなり不法侵入した不逞の輩がそのまま居座って「ここはもとからオレの土地だったんだよ」と言い張ってる件なのだから、強制執行で追い出すことになんの問題があるんだっていうワケわからん話。
独立のために切り売りした領土じゃなくいきなり分捕られた領土なんだから普通に追い出せ。
自国の領土を分捕られても黙って見ないふり、気がつかないふりして強盗に「配慮」してるくらいなら、米軍に頭を下げて恥をかいても取り戻すほうがまだマシだと思わざるを得んなぁ。
ところで姓名に亀の字があると愛国心がなくならないのか?(亀爺、愛国心はちゃんとあるし)


領土問題はさておきこういう毅然とした姿勢を日本政府にも求めたいな。


「武器使用に手加減せず」漁船銃撃で露国境警備局高官
2010.2.11 22:29
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100211/erp1002112230002-n1.htm

北方領土・国後島沖で日本漁船2隻がロシア側に銃撃された問題で、ロシア国境警備局の高官は11日、「日本側は民間の船への武器使用は非人道的だとしているが、われわれはロシアの法に従い、誰にも手加減することはない」と述べ、国境侵犯と判断した船舶に今後も武器使用を継続すると言明した。インタファクス通信などが伝えた。

ロシアは、銃撃に対する日本側の抗議には「根拠がなく、受け入れられない」とする外務省声明を出していたが、武器使用継続の方針を示したのは事件後初めて。

高官は漁船が「位置情報を示す機器のスイッチを切り、操業が禁じられている『ロシアの島』(国後島)から1.5カイリの海域に違法に入った」ことから、武器使用は「正当」だと主張。「このような事件は毎年起きている」とし「懸念」を表明した。(共同)



お前ら普段から見境なくバカスカ実弾撃ってんじゃねーかという話はさておきこの件に関しては漁船に明らかな非があったのだから、ロシア側の言い分は正当だと認めざるを得ない。
銃を撃ったら大問題、なんつー日本の常識が世界で認められるわけないし。
居直り強盗とテロリストにも日本の常識は通用しないんだから、テロリストから国民の命を守りたまえよ、北澤防衛相。


シー・シェパードがロケット弾で日本船を攻撃
船員3人軽症 緊迫の映像も

2010.2.12 09:34
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100212/crm1002120935007-n1.htm

南極海で日本船団に対して調査捕鯨妨害を続ける反捕鯨団体シー・シェパードが11日夕から12日未明(日本時間)にかけて、捕鯨船にロケット弾を発射するなど、新たな攻撃を行った。監視船「第2昭南丸」のデッキにいた乗組員3人が酪酸弾の飛沫(ひまつ)を浴び、船内で手当てを受けた。顔面などが腫れ、痛みを訴えているという。日本側に人的被害が出るのは初めて。

シー・シェパードは母船スティーブ・アーウィン号(オランダ船籍)と今回のキャンペーンで新たに導入された新抗議船ボブ・バーカー号(トーゴ船籍)の2隻態勢で、日本船団を攻撃。ヘリコプターが異常接近して、航行を邪魔したほか、高速ゴムボートも出動させ、捕鯨船のスクリュー破壊を狙って、海中にロープが投げ込まれた。

また、高速ゴムボートからは、到達距離が伸びるランチャーから酪酸弾が投てきされ、捕鯨船の乗組員が飛沫を浴びた。この様子は、米CS放送局のアニマル・プラネットのカメラマンが撮影。映像は、今年夏から同局で放送されるシー・シェパードのドキュメンタリー番組「鯨戦争」シーズン3に反映されるものと思われる。

シー・シェパードの抗議船2隻はここ2日、日本船団の追跡だけに留め、派手な妨害を控えていたが、日本の捕鯨関係者は「映像撮影のために、近日中に、総動員態勢で大規模な妨害作戦に出るはずだ」と述べていた。

捕鯨船団のカメラマンが撮影した写真には、団体代表のポール・ワトソン船長とみられる人物が自ら、ロケット弾を発射する様子もとらえられている。ワトソン船長は11日に声明を出し、「もし、日本人たちが鯨を殺すなら、新たな衝突が起こるのは必至だ。私たちは危険な状況から決して逃げたりはしない」と警告した。

一方、日本鯨類研究所も、抗議船の船籍を認めているオランダ、トーゴのほか、シー・シェパードの事実上の母港があるオーストラリアに対して、「あらゆる手段を講じて、シー・シェパードの暴力行為を止めさせ、犯罪者を摘発する」よう要請した。



居直り強盗団の言い分だけ聞いて「外国人参政権を与えても危険はない」とか言ってる場合じゃないぞクソボケジジイ。
即刻!野蛮人どもから実弾攻撃(しかもコレ化学兵器の一種じゃないか?)を受けている日本の捕鯨船の護衛に海自を派遣しろよアホウ。


>もし、日本人たちが鯨を殺すなら、新たな衝突が起こるのは必至だ。
>私たちは危険な状況から決して逃げたりはしない


趣味と実益を兼ねて日本人に危害を加えている海賊団の統領が言うことはやっぱわからナイ。
彼らは資金稼ぎのために海賊ごっこして、海賊ごっこをエスカレートさせることによってさらに資金を稼ぐというウハウハ状態の追剥集団なのに、本当にSS絡みの問題で日本が世界の主要国から非難轟々の状態にあるのか?
内心「ざまぁJAP!ww」と溜飲を下げていても、SS支持主張するほど頭悪いの?アングロは。

無限に使い分けられる舌の枚数こそがアングロを世界の盟主たらしめている勝因じゃんねー。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-13 01:43 | 今日のニュース・雑考
脱税、建国記念日に「政権を取る前の方が楽だった」
鳩山首相:「政権取る前の方が楽…」誕生日祝いで吐露
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100211ddm005010026000c.html

「政権を取る前の方が楽だったなあ」--11日に63歳の誕生日を迎える鳩山由紀夫首相=似顔絵=が10日夜、首相官邸スタッフらが開いた前祝いで、政権交代後の苦しい胸の内を吐露する場面があった。自らの偽装献金事件に加え、景気情勢はなお厳しく、内閣支持率も下落傾向にある。鳩山首相は責任の重さをかみしめつつ、宰相として初の誕生日を迎える。前祝いには、菅直人副総理兼財務相や平野博文官房長官らも出席した。【影山哲也】



変態に書かれてどうするよ。
日本国民1億2千万の「命」を守る役目がどんな楽なもんだと思ってたんだろうな。
私は「野党の役目は与党に反対することや、批判することではない」と常々主張してきたため、「そりゃ野党時代とは違うんだから」という甘い言葉は吐きません。
民主党は野党としてもダメな政党で、当然与党なんか務まる政党じゃなかったのだから、衆院選でもう有権者は日本を投げたものと解釈していました。
でも人情として腹立つわ、やっぱ。
毎日毎日誹謗中傷と嘲笑の渦中にありながら、そんなこと気にする暇もなく働き続けていた総理大臣を毎日毎日職務妨害のために批判していたこいつは何を見ていたんだっていう。
マスコミが持たせてくれてるってのはそんなにお気楽か?
政権を明け渡した「戦犯」としての責任の重みを噛み締めた方と大違いだこのクズ。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-12 00:53 | 今日のニュース・雑考
強きを妬み、弱きを挫く日本人
を横目に甘い汁に目を細める差別利権族。
「高学歴・高収入の人たち=恵まれてるからズルい、他人を虫けらとしか思わない嫌な奴」じゃないし、「生活保護受給者=働かずに裕福な生活を送るために平気で嘘をついて遊び暮らしてる怠け者」なわけでもない。
目先のパイの奪い合いに我を忘れて社会や経済を支えるためにいてもらわないと困る富裕層から富を奪えと叫び、救済を求める貧困層を「税金の無駄遣い」と罵り社会不適合者として私生活のすべてを監視される囚人のような扱いが当然だと声高らかに謳い上げる。
そうやって己の怒りを滾らせながら庶民がアジりまくった結果、誰が笑うのかっていうと。

最近、「努力と勤勉を尊ぶ日本人」という説明は嘘なんじゃないかと思えてきました。


ところで2ちゃんねらーは最近共産主義への傾倒が凄まじいので、日本の右翼ではないと思う。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by yuzuruha_neko | 2010-02-11 23:20 | 今日のニュース・雑考