<   2010年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
管「G8に中国を招待する」 他国「」←ここに入る言葉考えようぜ!
菅首相:G8に中国招待を提案
毎日jp 2010年6月26日 20時45分


【トロント斉藤信宏】菅直人首相は25日夜、主要8カ国首脳会議(G8サミット)の夕食会で、高成長が続く中国について、「(国際社会で)一層の責任感を高めてもらうために、時にはG8に呼ぶことを考えてもいいのではないか」と述べ、中国をG8に招待することを提案した。

今後のG8のあり方については「先進国同士の意思疎通の場として維持すべきだ」とG8存続を主張した。また、主要20カ国・地域(G20)首脳会議については「新興国との調整の場と位置づけることが現実的ではないか」との認識を示した。



中国がどうとかよりG8において日本はそこまで権力を持っているのかという疑問が。
他のG8諸国が賛成してくれないとまた赤っ恥なんですけど鳩山イニシャーチヴ同様国際社会における日本の位置づけを理解してない奴が総理やるなよと。
G20の扱いがお粗末な感じだが麻生さんはむしろG20の外交に力を入れていたような気が…。
ユーラシア経済圏(自由と繁栄の弧)構想を実現するためには新興国を疎かにできないからね。
米中どちらにも依存したくない多くの国々とともに第三の経済圏を作るという構想、どうして支持されなかったんだろうな…。
言ってみるだけなら「国連分担金の支払いがもうキツキツでして…いや理事なんかどうでもいいって感じですよハハハこのカイワレ美味しいですね」と言ってみることキボン。
実際日本が国連分担金に対する不満を述べたら何が何でも払わせ続けるために準理事みたいなポスト用意するよって反応が返ってくるだろうけれど(前にそんな話あったよね)さらに「でも日本が実権持つことに反対し続けている国があるでしょう?ホラあの国。だからそんなポスト作っても有名無実だと思うんですよねー」と言ったらどうなるのか興味あるトコだなマジで。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-26 23:48 | 今日のニュース・雑考
法律で決まっていません
大人は子供の見本とはよく言ったもので、子供が傍にいると迂闊なことはできません。
子供が社会のルールを守らない大人を見れば、そのルールは守らなくていいと思ってしまいます。
大人は経験則によって危険度を判断できますが、子供は絶対的に経験不足です。
どういう場合は危険で、どういう場合はさして危険でないのか、この判断力は非常に重要です。
だから「なんで子供はダメなの?」という社会経験と人生経験が絶対的に不足している子供の浅はかな抗議に対して「ダメなものはダメ」と理不尽な回答でダメ出しするのは大人の役目です。
屁理屈と揚げ足取りが大好きな子供に論理的な説明は要りません、ダメだからダメ!
「悔しかったら早く大人になりな」と付け加えるとモラトリアム期間の長期化を防ぐ効果もあり。

道理を弁えた大人は「ダメなものはダメ」と子供に言ってもいいのです。

ここまでは私が思う常識的な社会通念です。
以下の本題にどんな関連性を見出しているのかは各自お考えください。

法律で決まっていなくても自分で期限を定めておいて「法律で決まっていないから」と怠惰による自業自得の期限破りを正当化してはいけません。
また公職選挙法の禁止事項に記されていなくても他党の候補者が許可を取って演説している場所に街宣車を横付けし、動員した支援者たちを使って選挙活動の妨害をしてはいけません。
どちらも法律で明文化されていない理由は「そんな非常識なことする人が現れるなんて想定できなかったから」「個人の良心の問題だから」です。
すべての行動が法律に基く社会なんて私は嫌です。
日本人は自治の概念が非常に発達しているため何から何まで法律で決めなくても無軌道な行動がまかり通って治安が滅茶苦茶になるという状況がなかなか起きませんでした。
そういう日本の土壌を悪利用して「法律で決まってないから構わないんだよ」と身勝手な振る舞いをする人はやはり日本社会にコミットできない人であり、日本から出て行って頂きたいと言うと過激な民族主義者みたいですが、日本の政治家としては不適格者であると言えるでしょう。
日本人は順法精神の高さゆえに法律でガチガチに縛られることを嫌います。
順法精神と自治精神から法律で縛られる前に自治の余地を残せと主張するわけです。
「法律で決まっていなければ何をしても構わない」という考え方はそうした日本的価値観にマッチしないどころか既存の自治能力を弱体化させる恐れもあると心得た上で帰化するなり政治家を目指すなりして頂く分には問題ないとは思いますが、それなら既存の日本社会や日本の政治を否定すると意思表示しながらやって頂きたいものです。

そして2CHで「ジジババは氏ね」と書き込んでる人だって目の前であちこちガタがきてるような爺さんと揉み合ってる奴らがいたら阻止行動に出ると思います。
その爺さんが尊敬できる人物かどうかは別として、体力腕力で圧倒的に劣る(=身体的弱者である)高齢者を危険な目に遭わせる連中は間違いなく尊敬されないのが日本社会なんですよ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-26 22:47 | 今日のニュース・雑考
理工系パネェ話と親にありがち超理論/兵役免除
土木工学←基本ッスね
建設工学←基本ッスね
河川工学←基本…かもしれないッスね
海洋工学←基本…かもしれないッスね多分よくわからないけど

水理学←????New!

海岸海洋室の方が亡くなられたとの連絡がありました。
故人が御存命の折にはひとかたならぬ御世話を賜りまして略お勤め御苦労さんでした!
んでどなたですか?と母に聞くと「縁はあったかもしれない」。
河川計画本部の前に海岸海洋室にいらしたんで?「海岸海洋に所属したことはない」。
ああ、じゃあ資料室()に移られてからご利用があったんで?「いろいろな部署があってね略」。
えーとお母さま、お母さまは入社時から河川計画本部に所属されていらしたんですか?
「んなわけないでしょwww長いこと勤めてんだからいろんなとこ行くわよwww」
左様ですよね…最初はお茶汲みとコピー取りですよね、専門知識も何もない女子ですから。
てゆーか就学以前、母はすでに河川計画本部に所属していたのか記憶が不定化(ふさだか)。
緊急用に内線電話番号はしっかり覚えていたのですがどこにかけていたのかは「?」。

海岸海洋室という初耳の部署は河川計画本部の中にあるそうです。
普通は海が大きいのだから海の下に川では?と思いましたが母の会社では河川のシェアが低く弱小部門扱いでさらにその下に海岸海洋があるとか…どんだけ需要がないんだ海岸海洋!
つか弱小部門のわりに忙しすぎだゴルア! 主な収益源はお上のお仕事・超ホワイト企業のくせに!

土建屋
コンサル()

と勘違いされやすいですが。
もとは国交省の役人がやっていた仕事が経済復興計画で役人が賄いきれない量に膨れ上がったため民間企業に任される形になったのが建設コンサルタント業だそうです。
天下りで役人が下りてくるようなことはないそうですが、公共事業が右肩下がりになって以降収益も芳しくないとかそれでも産婆や葬式屋よりも安定需要の業界それが建設関連業界の底力。


そんなことはどうでもいいとしてWhat's 水理学?
一発変換できるからきちんとした学究施設もあるのでしょうが超初耳です。
鳩山前総理大臣が東京大学の理工ナントカ部を卒業されたという件で東大の株が落ちたとか理系の株が落ちたとかいう話を聞きましたし「学歴は関係ない」派(低学歴の僻みと呼ばれがち)、「あれは特殊な例だから理系じゃない」派(あくまでも理系は知性的主義者と私は呼ぶ)と賑やかしい議論 in 2CHもチラと目に入りましたが中卒就職のカーチャンよりばかなんじゃね?と実感としては。
なんで中卒就職のカーチャンが上に挙げたような難解(そう)な学究をある程度理解した上で昇格ない代わりにヌシとして人を使いながら業務をこなしているのか理解に苦しむところですが、仕事の役に立たないお勉強って意味ねぇな、ついでに大富豪のボンが貧乏人でも学問に励めるようにと税金で建てた学校に入るんじゃねーよと思った次第であります。

子供が親より馬鹿だと生物は進化しないという超理論を小学生の娘に話す(これ別にお説教ではなく日常会話なんです)カーチャンもどうかしてると思いますが、痩せこけて体重40kg以下がデフォになるほど働き続けて23区内に家(分譲マンションですが)を買ってローン返して両親ともども厚生年金+個人年金でカツカツの老後にならないよう真面目に働いてきたカーチャンは偉いと思います。
トーチャンも働いているし、世間さまが考えるようにトーチャンの甲斐性がないからカーチャンが働いているわけではないのですが、「庶民にとってささやかな資産はあって困ることなどない!」「人生いつ何が起きるかわからないからその時のために蓄えは必要だ」の二本柱でこうなったんだと多分(しかしトーチャンだけがん保険に入れたのにカーチャンががんになるとは)。
けど普通に仕事自体もやりがいがあって面白かったのではないかな。
10年くらい前かもうちょい後か、カーチャンの資料室(当時日本橋蛎殻町所在)にお邪魔したら土木河川関係の立派な資料がたくさん並んでいて旧来のボロい資料を電子化する方法もちょっと実地演習させて貰えて(※通常業務はとっくに終わった夜10時です)生活をかける職場だと思わなければなかなか知的興奮に満ちたいい仕事場だなと私は思いました。
朝8時半~夜9時過ぎまで毎日詰めていたら別の思いが生まれるに違いないですが。

にしても理系パネェな。
トーチャンも測量技師兼家屋調査士だが遺伝は予測がつかないもんだ。
ちなみにトーチャンのほうのおじいちゃんも測量技師(心臓病のため兵役免除※ですた)。
測量道具も見せて貰うと面白いですね。


※兵役免除
兵役検査で甲乙いずれにも該当せず兵役不適切不適格と判断されたケース。
韓国社会における「兵役逃れ」とはちょっと意味合いが異なる。
某文学者は息子の兵役を回避するために兵役検査前は高熱が出るほど無茶苦茶な運動をさせて兵役を逃れていたと国語教師から教わったが、「くまうちの日までに」という児童文学書によると兵役免除=反戦意思表明ではない一般人が屈辱と感じた例もあったようだ。
「くまうちの日までに」(岸武雄・著/金の星社)は少年時代に熊と遭遇して死に物狂いで叩きこんだ拳が運よく熊の眉間にヒットしたため熊を倒し生き延びたもののベアークローの一撃で片目を抉られ隻眼となったお爺さんが昔の思い出話を孫に聞かせるというストーリー。
長いこと読んでいないのでアレだが孫=読み手という狙いの作品ではないかなと私的見解。
重傷を負いながらも熊を倒し生還した少年を「勇気ある少年」と賛美する地元新聞などの声に対していまだ傷が深く仰臥したままの少年(お爺ちゃん)が「あれは勇気というものじゃない」と反発を覚えたり、隻眼となった悲嘆と視覚的不利を克服して活発で頑健な運動青年になった少年が自信を持って兵役検査に臨んだにも関わらず、兵役免除=兵隊として役に立たない人材という判断を下され「健康体で運動も体力も誰にも負けないのに片目がないだけで役に立たないというのか!」と悔し涙を流すなど、兵役や戦争といった時代背景や言葉に惑わされず一読をお勧めしたい良書(と言っても廃刊か残念)。
「おおきなおいも」「ロボット・カミイ」「いやいやえん」の次くらいにお奨めしたいねぇ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-25 19:02 | 読書・漫画・TV
麻生太郎、だう!
昨夜ニコ生で麻生さんのお話を拝聴させて頂きました!
お話はもちろん、とびきりの笑顔や呵々大笑アクションも拝謁、至福の時間の余韻がまだ。
もちろん政策に関するお話もあり、今選挙の目玉っぽい消費税についても「ただ消費税を上げるだけでは橋本政権と同じ失敗をする」と前置きした上で経済効果を上げるための政策の説明(※ここ重要)をとてもわかりやすく伝えてくださいました。
頭のいい人は難解な言葉を使わずわかりやすい言葉を使う、の見本みたいな方ですね。
とかく企業を敵視しがちな人が昨今増えているように見えますが、「雇用」を第一に考え企業が倒産しないように、そして企業が労働者を蔑ろにしないようにするためにはこういう政策も取り入れてみたらいいんじゃないか?など、経済評論家や経済ジャーナリストって実は要らない商売なんじゃね?とうっかり思ってしまうほど厚みのある現実志向の経済学講座をタダで聞けるなんてネットならではの恩恵だなぁとつくづく感じ入りました。
こういう内容の講演会ならカネ払っても行きたいレベル。
録画放送だったのですが、ニコ生のDJ?みたいなオサレ眼鏡の人が「元総理の発言の中に数値の間違いが幾つかあった」と前置きした上で、「本当はそのまま放送するべきですが、いろいろ懸念がありましてカットしました。しかしインタビュー内容を大幅変更したり、話の筋を絶ち切ったり故意に捻じ曲げたりとかそういうことはない!…はずです、信じてください」と仰っていらしたのも良心的だったな、とちょっとニコ動を見直しました。
確かに官邸に帰って寝て起きてまた出かけるまでの僅かな安寧の時間以外は四六時中大小メディアの記者に監視されて、ちょっとでも聞き取りにくい言葉を発しただけで「また漢字間違い!」と大々的に報道されたり敢えてとしか言いようがない言葉ぶつ切り編集で「麻生が貧乏人は結婚するなって言った!」と騒ぎたてられたり、男は外に七人の敵どころではなかったからなぁ。
首相官邸に盗聴器が仕掛けられなかったのが唯一の救いというくらい人権侵害されまくってた総理大臣も凄いけど、ヨハンセンというコードネームで呼ばれて終戦まで何度も検挙されたおじいちゃまも家の中で働く人みんなスパイ状態だったらしい(どういう血筋なんだよ)。
しかし、ニコ生を視聴したのは初めてで、2万7千OVERという視聴者数がニコ生として多いのかどうかもよくわかりませんが、あの動画を視聴した人がたったの2万7千人!という事実に暗澹たる気持ちを抱いたことも確かで…。
せめて27万人くらいの人は見ていい動画ですよあれは…。
ネット世論なんかまだ全然、とは思いますが、それにしても未成年込みで2万7千とは。
確かにニコ生に期待してもなぁという侮った気持ちもありましたし「これからはニコ生見るぞ!」というふうに気持ちが改まったわけでもありませんが、正直、あの動画をたった2万7千人しか視聴していなかったのは勿体なさすぎる。
自民党チャンネルでも公開される予定だそうですが、いろいろ不都合なとこ(漫画の話とか?)切り取られるんじゃないかと思うと結構ガックリします。
アーカイブって言うんですか?保存されてブログ貼り付け可能になればいいんですけどね。
しかし御歳七十歳、喜寿と言うのでしたっけ?
若々しい御方ですなぁ。
見た目が若々しいのもありますが、頭の中が若々しい。
若者文化(漫画)への理解、という意味ではなく絶えず新しい物や価値観が生まれる世の習いを否定せず呑み込みながら、「守るべきものは守り、変えるべきところは変える」(麻生語録)という前向きかつ柔軟な、しかし頑固なまでに芯の通った考え方ができるお爺ちゃん、経験において若者に勝り、アンテナは若者顔負け。
そういう元気なお年寄りは頼もしい限りだと私は思います。
すごく関係ないけれど、今上陛下も非常に若々しい御顔であらせられます。
若い男性の面相、特に整った面相は金太郎飴のようで面白みがまったく感じられないのですが、やはり男性の面相は年を重ねた時に旨味が発揮されると思います。
昔は若い男性でも面相に結構強烈な個性が滲み出ていたケースも多かったようですが、最近「イケメン」と持て囃される若い男性の面相は本当に面白みのないものが多くてつまらない。
ブレイク前の福山に一目惚れした時、本当に恥ずかしくて公言できませんでしたが(当時の福山も恥ずかしいくらいイケメン面して似合わないスーツ着てカッコつけてたしね!)、幸いにもよいおじさんになったため、おじさんになってから安心して公言できるようになりました。
若者って基本的に恥ずかしい存在なのかもね。
ハマコーさんは米寿も超えたお爺さんですが、若者に負けないパワースゴす。
ツイッター始めた理由は流行に乗ったというより行きがかりみたいなもんだけど、「テレビは向こうが呼んでくれないと話ができないけどインターネットはいつでも自分から話が出来る」という発言は目が鱗っちまったZe!
職業に関係なく何某かの利(利便性)をネットに見出した人がネット利用するんだろうけれど、当たり前すぎて最大の利を失念していたことに気付きました。
元著名な政治家ですからあまり公の場(テレビなど)では発言の自由はなかったのでしょう。
麻生さんもニコ生でぶら下がり記者の質問に対する回答時間が短いことを挙げて「そんな三分なんて短い時間できちんと説明できるわけないでしょう」と苦笑いしておられましたが、すでに現職を退いた一介の党員であるハマコーには思う存分発言して行って頂きたいなと思います。

東京は梅雨入りしてから酷暑の日々で基礎体力が貧相な(メシもろくに食わない)私にとって気が狂う以前に死に体の日々でしたが今日は朝から肌寒い。
その肌寒さが気持ちよすぎたのか疲労が蓄積されていたのか夕刻までこってり寝ていました。
きゅ、九州男は憧ればい、チャラチャラした関西男なんぞ大っ嫌いだが喧嘩となればチャカも持ち出す血気盛んな九州男児(炭坑夫の血が流れとる奴はなおよし)はおれの憧れたい!
しかし、九州の人たちと同じ温度を同じように体感するのは蝦夷地と呼ばれた東北の血しか引いてない(南方の血がホントに入ってない)私には無理だと思うんだな…。

道南産「がごめ昆布」は癖になる酸味と納豆よりも柔らかく途切れない粘り気がいいですね。
がごめ昆布を麺つゆに加えた素麺は、もう素麺じゃなくてトロトロ麺て感じ。
納豆、とろろ、オクラに加えて日常食にしたいとこですが、近所のスーパーで売ってるのかな?

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-23 18:12 | ローゼン閣下
解散so選挙
悪夢のような国会閉会と参院選突入。
いや、参院選は特に悩むことなく自民に入れるわけですが。
幸いねじれ現象のため自民の候補者は少ないので、候補者8割当選を目指せばいいかなと。
自ポ規制だの消費税だのワガママ言ってると、いつまでも悪党独裁体制が続くわけで。
仮に政権交代が叶ったとしてもまだまだ先のことです。
今は悪党の勢力を少しでも削いで、政権運営実績がある党の議席を増やさないと。
どうも保守派の人たちの悪い癖は、公明正大(フェア)にこだわるあまり、本流、或いは清廉潔白に固執しすぎなとこではないかなと昨年の衆院選前から感じています。
不満を言ったらいろいろあるし、党内にもさまざまな主義主張の人がいるので「アレが邪魔」という気持ちはわかるけれど、そんな瑣末な不満にこだわっている場合じゃないぞ!と私的見解。
「あの人だったらいいんだけど」と思うなら、あの人がいつか政権担当者として働くためにも少しずつ議席数増やして行かないと、あの人はずっと野党議員のままである。
今の自民ではあの人は思うように働けない、潰される、とゆってるバヤイではない。
なんか本旨ではないのでこの話はここまで。

口蹄疫が全然収束してないのによくもまぁ選挙なんぞ踏み切るわ!
宮崎県内を走り回る選挙カーは石灰まき散らしながら走るのか?何?民主は候補者立てない?
などなど非常事態宣言(別に宣言出すまでもなく4月末からとっくに非常事態)の中踏み切られた強行選挙をチラ見しながら、「総理の椅子にしがみついている」と批判された麻生さんの判断はやはり正しかったと改めて痛感せざるを得ない。
あんまり国民には非常事態には見えなかったようだが、WW2の引き金となった(らしい)世界大恐慌を思わせる世界大不況は例外なく経済活動が盛んな日本にも襲いかかり、選挙運動にかまけられるような暇も余裕も全然くれなかったわけである。
幸いにも麻生さんが迅速に、次々と繰り出す渾身の景気回復政策が日本経済撃沈を食い止めたために、国民が非常事態という意識を持たず、給料減ったとか就職できないとか派遣の更新がなかったとかネットカフェで少女が死んだ(この毎日の記事、ソースもない嘘みたいな話だったけど、今でも嘘だと思うな)とか格差の拡大とか生存権を要求するとかそういう「不況ネタ」で上手いこと提供された総理大臣のお間抜け発言を肴に鬱憤晴らしができたのではないかと思う。
社会不安が溢れていたわりには今より株価も高かったし派遣の更新見送りなんてちょっと不景気になれば当たり前の話だ(そういう保障がない代わりに時給換算で気楽に稼げるのが派遣のメリットジャマイカ)。
麻生さんでよかった…と心底思うが幸い転じて凶となる卦はちょっとなぁ…。
今でも「解散総選挙をしなかったこと」が大きな判断ミスと言われる麻生さんだが今回の強行選挙劇を見てもそう言える人がいたら立派だと思う、固い信念岩をも貫け!
自虐を超えて自嘲がカッコいいとされる現代社会だが、腐っても経済大国日本(だから国連にあんな巨額の分担金を貢がされてるわけだろ)、国際的な経済混乱によって受ける痛手は経済活動と言えるような経済発展が全然ない国よりずっと痛いぞ。
貧民は泥水飲むのが当たり前の国と違って近代的文明社会の恩恵とまさに湯水の贅沢に慣れきった大多数の国民はそれがあって当たり前の前提環境だと思っているから貧乏を感じる沸点がとても低いんだし貧乏に対する耐性はあんまないとしか思えんしさー。
まぁ、麻生さんが解散総選挙を行わなかった件についての是非は各自の判断に任せるとして、日本の畜産の危機(当然日本経済も大打撃を受ける鴨)という非常事態でありながら国会閉会を強行し、選挙を強行する、という政治的判断は私的には全然誉められたものではないな。
そういう政治的判断自体が「ダメだコレ」という有権者としての判断に直結する。
結局大勝するんだろうけど、口蹄疫を放り投げて選挙活動に突入するって人としてダメだコレ。

今は辞めて欲しいと全然思わない。
きちんと前総理の尻拭って口蹄疫を収束させて被害農家への補償をキチッとまとめてから、とにかく一切合財のケジメつけてから解散総選挙で民意を問え!と思っている。
苦しんでいる国民の嘆きをドサクサ紛れで消そうとしたって敵は自民党じゃなくてウイルスなんだから事態は収束しない、放っておけば被害が拡大するだけ。
県の責任てことにすれば口蹄疫が収束すると思ってんのかなァ?
それで収束するなら東国原知事もあえて汚名を受け入れるかもしれないが、首のすげ替えで感染症が収束するわけないからどれだけ責任を問われようともひたすら防疫に励んでいるんじゃないの。
知事の首で済む問題なら非常事態にならんのに、ホントに消火対策って考えてるのだろうか?

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-18 23:50 | 今日のニュース・雑考
【赤松口蹄疫】被災農家支援!牛豚(モーブー)バンドの申込用紙DL可
口蹄疫 啓発リストバンド販売 川南の若者連絡協
宮崎日日新聞 2010年06月16日


心一つに、前へ前へ―。川南町の若者連絡協議会は、大きな輪になって口蹄疫問題に立ち向かおうと、リストバンドを作った。家畜の慰霊や防疫の啓発を願い、多くの「仲間」を呼び掛けている。収益金は被害農家らへの義援金に充てられる。

同協議会はJA尾鈴、町商工会、川南漁協の各青年部と、若手農業者団体のSAPで組織。「牛や豚を敬い、再建への思いを切らさないために何か身に着けるものを」と役員が提案。町民の意見も参考にしながら具体化した。

牛と豚の鳴き声から、その名も「MO(モー)VE(ブー)バンド」。英語のMOVE(ムーブ・動く、取り組む)に掛け、ゴム製のバンドにMOVEの文字と牛豚の姿をあしらった。色は宮崎の太陽を表すオレンジ。

1個500円で近く販売を始める。3万個を用意し、県内外のJAや商工会議所・商工会などで販売する予定。現在、取り扱いが可能な事業所などを募集している。

同協議会の小高勝寿会長(39)は「支援の輪が県内、全国へと広がり、強固な団結心が生まれればうれしい。物として残すことで永遠にこの教訓を忘れない証しともしたい」と話している。

予約受け付け、問い合わせは川南町役場総合政策課TEL0983(27)8002。

【写真】川南町若者連絡協議会が作ったリストバンド


a0027061_234367.jpg


長ったらしいので途中で読むのが嫌になる人が多いと思います。
まず、川南町役場に連絡し、総合政策課商工観光情報係の担当者から許可を得ていること。
電話で直接問い合わせると役場が対応できなくなる恐れがあること。
などの状況を説明しているため結果的に長文となってしまいました(まとめ能力の欠如です)。
ただ、申込用紙がDL可、問い合わせ用のメールアドレスも画像に記載されています。
主旨をご理解頂けた場合、できれば集客力の強いブログ等で拡散して頂けませんでしょうか?
こんな過疎ブログで紹介してもすげー意味ねーんですわ、人少ないから。

そういうわけで、少しだけ時間を割いて最後までお読み頂きたいとお願い申し上げます。



イカリングな感じだったらちょっと萎えるなーと思っていたら、これは普通にカジュアルアクセサリーとして身につけたい感じ、特にこれからの季節。
私愛用の腕時計は小ぶりでシンプル、フェイス部分まですべてシルバー(長針短針秒針数字は全部黒)という地味なヤツなので、そこに重ねて引っかけるといいアクセントになるかな、と。
守護梵字の「カーン」(コピペは無リポ)が渋い。
酉年という意味はよくわかりませんが(普通Ωくらいしか知らないよな)、カーンは不動明王アカラナーチャを表しており、日本では悪霊退散・除災招福の本尊として知られているという解説を多数発見しましたが、動物の魂を供養するという意味もあるようです(川南町若者連絡協議会が作成したと思しきファックスの図柄説明を見ますと)。
んで、記事に連絡先が書いてあるのはよろしいのですが、電話…だと…?
今日本で一番忙しいであろう(そして都市部と違い人手も足りないであろう)役場に電話?
すごく、すごく悩んだ末、昼前という時間帯から「多分、少しは時間を割いて頂けるはず」と迷いながら決心し電話をしてみました(電話代が凄いことになりそうなのもかなり躊躇いに)。
電話に出て対応してくださった女性はMさん。
購入方法を尋ねたところ、2個から注文受付、料金は振込で前払い(ゆうちょ口座への振込可)、発送は郵送で、送料は代金に含まれている(つまり2個注文だと1000円、3個注文だと1500円、500円×何個が送料込みの代金)、そして肝心の注文方法は、問い合わせするとファックスで注文用紙が送られてきて、その用紙に個数や発注者・届け先住所などを書き込みまたファックスで送る、という受付作業だけでパンクしちゃうじゃねぇか!という方法。
実際、<件名:「MOVEバンド」販売に関するチラシの送付について>と記された発信表込みで計4枚のファックスが送られてきたが、注文したいんですけど?という問い合わせの対応として手間かかり過ぎだろうっていう。
メールでの問い合わせも可能なんだが、どっちにせよネット上ではまだ申込用紙がDLできる場所がなさそうだ。
いろいろ取扱い先を探しているようで、商工会でも…と説明を受けたが、「宮崎 商工会 リストバンド」でググったら見つかんないの。
しかし、せっかく注文用紙一式を送って頂いたのだからそのままうpできないだろうか?
ここで注文用紙の画像うpして原寸プリントできるならそっちのほうが早いかも…と思ったものの、でもやっぱり勝手にやっていたずら電話・ファックスなどが大量送付されたりしたらものすごく迷惑をかけることになる…再度の問い合わせはやはり迷惑だし…とカラッポの頭をループさせながら悩んでいました…が、ご迷惑でも確認を取り可否を問うべきだ、こういう場合は自己判断してはいけない、と決意して、大変迷惑なことに本日も再度川南町役場総合政策課に電話をかけさせて頂き簡単な主旨の説明をしました。
同じ女性かなと思ったら、昨日の電話を覚えていらしたので今日Mさんという方だと知る。
Mさんは即答できかねるらしく(当たり前だ)折り返し、という話になりそうだったのだがそこで他の電話で通話中だった担当Nさんが切電したらしく、Nさんにチェンジ。
主旨と意図を説明したところ、しばし悩まれたNさんからOKを頂いたので(もちろん私の住所氏名ブログ名などすべて伝えている)、これ以上お手を煩わせることのないよう早速うpさせて頂くことにしました。
実は最初Nさんの返答をNGだと勘違いした。
とても遠慮がちに、申し訳なさそうに「出来ればご協力頂けましたら…」みたいなご返答だったので、言葉の意味を咀嚼する前にてっきりお断りの言葉かと思ってしまったのだ。
現場の方々のご迷惑になるならもちろん記事の紹介だけに留めるけれど、「受注だけでご負担になると思うので微力ながら支援と拡散に協力させて頂けませんか?」と現場どころか牧畜の「ぼ」の字も知らない東京モンが勝手を申し出ているのにOK出す現場の側の人がなぜそんな申し訳なさそうに…。
むしろ2日も役場に電話して貴重な時間を割かせてしまった私が申し訳なくて謝るケースだ。
(もちろん平に謝りながら購入させて頂きます、全国の人が応援していますと拙く伝え…ました)
まぁ…何にせよ掲載許可は頂けたので、何某か支援したい方やこの牛豚(モーブー)バンドに興味を持たれた方は画像をまずよくご覧になって(開くとデカイので潰れてるとこも何とか読めると思います)、注文されることを決めた方はA4原寸サイズで印刷してファックス送付という方法のほか、画像DLしてメールに添付して送るなど、受注される川南町役場の方々に負担の少ない形でごくごく個人的な支援を致しましょう!
ふるさと基金とかいうのも普段そう利用されるものではなかったせいか、捌く人手が足りなかったと聞きましたし、支援を受ける現場の方々の負担はできるだけ減らしたいものです。
(それなのに電話でいろいろ聞いていた私バカ)
牛豚(モーブー)バンド、追加制作5万個くらいまで支援が集まるといいなぁと夢は大きく。
とりあえず私は2個注文して…1個は「遅れたけど母の日のプレゼント」と言って母に渡すか、友達で「可愛いね!」と素直に喜んでくれそうな子に渡すか、どちらかにします。

1ページ目 送信票
a0027061_0214933.jpg
2ページ目 申込方法詳細
a0027061_12563121.jpg
3ページ目 申込用紙
a0027061_12565353.jpg
4ページ目 制作の意識と意匠
a0027061_125717100.jpg

ちなみに担当Nさんのご氏名は漢字でしっかり確認させて頂いたものの、「下の名前はちょっと…」とさすがに抵抗感を示され掲載は避けて頂きたいということでしたので、下の名前のみぼかしの修正を入れました。

◇追記◇
ちょー恥ズイことに、川南町若者連絡協議会のブログがすでにMOVEバンドの申込方法とPDFファイルをうpしていました…(時差が4時間も)。
そちらを参照してください。
すっごい無駄なことしちまったな…もう私ごとき何をしても迷惑にしかならんから何もせぇへん。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-17 21:04 | 今日のニュース・雑考
資源小国ニッポンの豊かな恵み
「資源の乏しいこの国がここまで発展できたのは勤勉な国民性によるもの」

常々麻生さんが仰られていることで、個人的には激しく同意せざるを得ない。
四季に恵まれた国といっても科学技術なんかない頃はさぞや暮らしにくかったであろうな、と。
火山と地震に加えて台風も容赦なくやってくる火山列島、だからこそ自然現象を征服(克服)するという西洋的な思想が根付かなかったのだろうと思うが、それは日本人の良さだと解釈する。
人間が自然を従わせようなんて宇宙スケールの馬鹿だ、と日本人なので普通に言う。
そんな日本で唯一これぞ日本が誇る大資源!と言える資源は水資源ではないかなー。
タダにこだわれば、水代そのものはタダで済ませられるのが日本だから。
水道水飲んでもハラ壊さないし、そのへんの水道水の蛇口ひねればいくらでも使い放題だし。
水資源がなかったら日本はどうなっていたのかと思うと水は神さまからの贈り物にも思える。
でも、水は日本の貴重な資源だという意識をいい加減国民にきちんと啓蒙すべきだろうと少し危機感を覚える状況でもある。
テレビで、湧水の里という触れ込みの村のじーさんが近所のガキや観光客みたいなのに湧水を振る舞っているのを見て、思わず「カネ取れ!」と下品な言葉を口にしてしまった。
綺麗な湧水はいいよ。
私も垣田川(漢字よくわからん…)湧水公園に行った時、飲まなかったけれど、静かな湧水のせせらぎに心奪われ不思議な清浄感に満ちた異空間にいるような気分になった。
そういう感覚を有料にしろとか国が買い取って管理するべきとか野暮なことは言いたくないし、そんな風情のないやり方は日本らしくないと些か不快に思うものの、いつまで「水はいくらでも使い放題、それが当たり前」という感覚でいる気かなぁと。
おら馬鹿だから難しいごとは知らんが、漫画で「地面に水を撒く国もあるそうだ」「地面に!?そんなバカな!」というやり取りを読んだ時、そしてアンデス高地に住むインディオがほとんど一生風呂に入らないと聞いた時、文化の差異もあるだろうが、日本がいかに水に恵まれた国であるかと実感せずにはいられなかった。
鎖国時代の日本にやってきた文化的先進国の宣教師たちは、文化的後進国である島国の土人たちがあまりにも清潔なことに驚き「毎日風呂に入ること」という決まりを作ったそうだ。
不潔な臭い人が神の教えを説いても日本人は生理的に受け入れにくいだろうしね。
以前やはりテレビで「水バカ主夫」ってやってたんだけど、乞食って謙虚なんだなぁと思うほど沢山のポリタンクを車に積んで高速道路をぶっ飛ばし(お前は一体どこに住んでいてどこに帰るんだというほど移動距離が半端なく…)各地で水を貰い集めていてさ…(おカネ払った分もたいした値段じゃなかった)。
奥さんと子供にも迷惑かけるようなこだわりの主夫は迷惑だとも思ったが、美味しい水にこだわるわりには水への感謝の気持ちを全然表さないとことか、見ていて嫌な気持ちになった。
酒蔵に行って宮水を大量にポリタンクに汲んでいるとこなんかドン引き。
宮水って酒を作るための水なんだけど…だからすごく美味しいとは聞いているけれど、さぁ…。
貴重な資源だからカネに替えろとは言わないけれど、貴重な資源だから大切に守り大切に使おうという感じの扱いではあまりないよね、水。
ひろゆきもかなりバカにされていたけれど(ひろゆきだからバカにされるんだろうけれど)、「水うめー!」っていう幸せは経済活動以前に生物としてこの上ない幸せだ思うし、うめーも何も「ヲイヲイ井戸があったぞヒャッホー!」という国があることも知ればひろゆきだってそんなにバカなこと言ってるわけじゃないと思えるのでは。
うちのネコだって一日一回くらいだが水を替えてあげると「うめー!」って感じでずっとピチャピチャやってるし(もしかしてもっと頻繁に替えたほうがいいのだろうか)。
いまだエコロジーブームはお盛んなようだし、生活や商業活動に著しい歪(ひずみ)を生じさせない程度であればMOTTAINAI精神の発揮はヨイと思うけれど(マイバッグ万引きやレジ袋有料化っていうのは方法が悪いだけでマイバッグ自体を責めるのはお門違いだと思うしマイバッグとエコバッグを混同して逆に資源の無駄遣いだとか言い出すと話がややこしくなるYO~)、水に関してはエコロジー意識があまり高くないなぁと個人的な感覚、所謂「所感」として感じることです。
水は貴重な資源だということをもっと国民に啓蒙する時期じゃないかとね。

それにして最近原始的な価値観で物言ってるんだよなぁ、私。
近代的な経済活動を批判・否定しているわけではなく、当たり前だと思うがゆえに忘れてしまう豊かな資源や恩恵について改めて考えてみようぜ!みたいな気持ちなわけですが。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-16 21:00 | 今日のニュース・雑考
政治とカネ:荒井国家戦略相、蓮舫行政刷新相、鳩山前総理大臣
蓮舫行政刷新相
民主お得意の決めゼリフ「いかがでしょうか!」も板に付いてきた

J-CASTテレビウォッチ 2010/6/ 8 12:22


番組は菅新内閣の看板である行政刷新相に内定した蓮舫参院議員(42)に密着した。今夜(8日)、新内閣が発足するが、「(正式に)行政刷新相を要請されたら」と質問され、「お断りする理由がありません」とキッパリ。事業仕分けで力を発揮した自信のなせるワザか――。

「もうご懸念、ご疑念を抱かせません」
参院選応援のために訪れた大阪での街頭演説では、「政治とカネの問題でもう2度とみなさま方にご懸念、ご疑念を抱かせないクリーンな政治をすることをお約束させていただきたいと思いますが、いかがでしょうか!」と呼びかけ拍手を求めた。


決めゼリフ「いかがでしょうか」で締めるのは民主党お得意のスタイルで、鳩山前総理も菅新総理もよく使う。(後略)



荒井国家戦略相:政治団体、知人宅「主たる事務所」に
6年で4222万円経費計上

毎日新聞 2010年6月9日 東京夕刊


菅新内閣で国家戦略担当相に就任した荒井聡衆院議員=北海道3区=の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」が02年11月~昨年9月の7年間、東京都府中市の知人宅を「主たる事務所」として総務省に届けていたことが分かった。同後援会は、通常は家賃などにあてる事務所費を含めた「経常経費」として03~08年の6年間で計約4222万円を計上しているが、この知人は毎日新聞の取材に「家賃は受け取っていない」と話しており、野党などから批判の声が出ている。

総務省によると、同後援会は93年設立。02年11月に事務所を横浜市から知人宅マンションに移した。会計責任者は、現在の政策秘書が務めていたが、民主党が政権交代を果たした昨年9月に解散した。収支報告書によると、後援会は03~08年に、経常経費に含まれる人件費計約2741万円▽備品・消耗品費計約463万円▽事務所費約1013万円--を計上。知人男性は「(荒井氏とは)40年来の友人。娘が秘書をしていた。たまに郵便物が届くからそれを自分が整理していた」と説明した。

事務所費を巡っては、07年以降、家賃や光熱費のいらない議員会館に事務所を置きながら高額な事務所費を計上していたなどとして、故・松岡利勝氏、赤城徳彦氏、太田誠一氏が農相在任中に厳しく追及され、相次いで辞任などに追い込まれた。

荒井氏の事務所は、「担当者がおらず、回答ができない」とコメントしている。荒井氏は農水省出身で5期目。07年の道知事選に出馬し落選した。菅首相の側近として知られ、鳩山内閣では首相補佐官を務めた。【杉本修作、喜浦遊】

◇「問題ない」--荒井氏

荒井氏は9日昼、首相官邸で記者団に「チェックしたが問題なかった。私のチェックだけでは不十分なので、党にも依頼して再度チェックしてもらったが、やはり問題はない」と述べた。記者団は「何をもって問題ないとするのか」など質問したが、荒井氏は答えなかった。



蓮舫氏&川端氏、事務所費不正処理の疑い
SANSPO.COM 2010.6.10 05:04


目玉の蓮舫氏にも疑惑あり!? 自民党は9日、荒井聡国家戦略担当相に加え、蓮舫行政刷新担当相(42)と川端達夫文部科学相(65)も事務所費を不正処理した疑いがあるとして、事実関係を政府にただす「質問主意書」を衆院に提出した。

主意書などによると、蓮舫氏が代表を務め、政党交付金の受け皿となる「民主党東京都参院選挙区第3総支部」は、政党交付金使途等報告書の「事務所費・賃借料」の欄に2006年から08年の3年間で計172万円を計上。しかし、報告書に登録した「主たる事務所」は東京都目黒区にある蓮舫氏の自宅だった。

蓮舫氏の個人事務所は賃借料の不要な参院議員会館にしか存在せず、自民党は「使用実体が不明瞭な自宅に賃借料を設定しているのは不自然だ」(茂木敏充幹事長代理)としている。

蓮舫氏の事務所は、産経新聞の取材に対し、自宅に事務所としての使用実体はないことを認めたが、「賃借料は、議員会館にいる秘書が日常業務に使う車の駐車場代(月4万円程度)とコピー機のリース代(月1万数千円)だけ」と説明。蓮舫氏も9日の日本テレビの番組で「適正な処理をしている」と述べた。

これに対し、質問主意書の提出者である自民党の赤沢亮正衆院議員(49)は、「自民党政権では事務所費問題を抱えた閣僚は、蓮舫氏の求めなどに応じ領収書をすべて公開した。速やかに領収書を公開しないのなら大臣を辞任すべきだ」と語り、10日に蓮舫氏の自宅を視察し、実態調査を進める考えを示した。

川端氏については、政治団体「達友会」が1987年から08年までの間に、事務所費を計約3735万円を計上した。しかし、「主たる事務所の所在地」は川端氏の出身母体である「東レ労働組合」幹部宅や、自らの公設秘書宅だったとしている。



荒井戦略相:コミック、CD、衣料品にも…党が領収書公開
毎日新聞 2010年6月10日 22時15分 最終更新 6月10日 23時25分


荒井聡国家戦略担当相の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(09年9月解散)の事務所費を巡る問題で、民主党は10日、同後援会の07~09年分の領収書を公開した。公開に先立ち同党の細野豪志幹事長代理は「架空、違法な支出はない」と強調したが、少女コミックや音楽CDなどの領収書が含まれていた。公開後、荒井氏は「少し反省しないといけない」と述べ、支出の一部に問題があったとの見方を示した。【政治資金問題取材班】

公開されたのは、A4判の台紙にはり付けた領収書をとじ込んだファイル数冊。報道陣に約2時間の閲覧を認めたが、コピーは認めなかった。

政治団体の支出は、人件費や備品・消耗品費、事務所費などの「経常経費」と、選挙関係費などの「政治活動費」に大別されるが、公開した領収書には、事務所費以外のものも含まれていた。

このうち備品・消耗品費として、08年4月30日付で少女向けコミック5点に計4495円が、同年5月20日付でパチンコ台の効果音楽をまとめたCDに2500円が支出されていた。他にも08年4月5日付で衣料品18点(パーカや靴下、キャミソールなど)に計2万2670円▽09年3月20日付でおもちゃ代として百貨店に7350円▽07年3月12日付で大手ハンバーガーチェーンに2210円--などの支出があった。

こうした支出について荒井氏は「本当(にあったの)? (担当者に)少し怒っておきます」と話し「適切かどうかとなると少し反省しないといけないと思う。ただ、そういったものに使うのを(法律が)禁じているわけではない」と述べた。

民主党は10日、事務所費について自民党が問題視した川端達夫文部科学相の政治団体と蓮舫行政刷新担当相の政党支部の領収書(07~09年分)も公開。川端氏は「適切な支出で法的問題はない」、蓮舫氏は「すべて公開した。今後も質問があるならいつでも受けたい」と語った。

a0027061_17504777.jpg

事務所費をめぐる問題を受け公開された荒井聡国家戦略担当相の領収書。「コミック」の文字が並ぶ=東京都千代田区の民主党本部で
2010年6月10日午後3時39分、内藤絵美撮影



ハマコーが自著にて「国会議員とは、どこかを叩けば必ずほこりが出てくるような人間ばかりだ」と記しているが、これは警察官僚出身(元警視庁長官)である後藤田正晴元副総理が怖かったというエピソードのひとつとして語られている。
ゼネコン疑惑が盛んに報じられていた頃、国会内の廊下で後藤田法務相(当時)とすれ違った際にハマコーが「次に逮捕される国会議員は誰でしょう?」と聞いたら(そういう場所で聞くことなんかというツッコミはもちろん入れる)後藤田氏は愛用のパイプでひょいとハマコーを指し示したそうだ。
見ていた記者は一同爆笑していたが、ハマコーは冗談とわかっていても恐ろしかったという。
(しかしなんだこの記者たちの心温まるリアクションは)
ゼネコン疑惑については「冗談」でも国会議員として「冗談」で済ませられないナンかに心当たりがあったのか、心当たりがなくても何かしらマズイことはあるんじゃないかとあの時代の自民党議員としては戦々恐々という心境だったわけね。
金丸-竹下が検察に刺されて大騒ぎになった戦後最大の政界汚職事件(海外では「国のトップの汚職を暴くとは、日本の検察はなんと優秀で勇敢なのか!」と別の意味で騒がれたそうだ)よりも女性スキャンダルで失脚した宇野元総理のほうがいまだに国民の記憶に悪い意味で強く残っている…ということは、日本人てのは偉い人が怪しいおカネを使うことに関してわりと鷹揚だったんじゃないかと思ったりもする。
古来より日本人が「偉い人んとこにはどこで集めたのわからんほどいっぺぇカネがある」ということにわりと鷹揚だった理由は、あくまで推測にしか過ぎないが、ベルばらで知られるフランス革命において「パンがなければ~」に象徴される搾取側と被搾取側との完全な分断、という事態がなかなか起きなかった点(これは木の文化とも関係あるような)、そして富める者こそ富めない多くの民に余剰から施しをするもの(そういう人が偉くて徳がある)といった土着信仰と融合した倫理観、さらに平民が不満を爆発させて牙をむいてきたら治世に困る、といった権力者ならではの生きる知恵が合致したからではないだろうか?…とネゴト・ハ・ネティエさんレベルで聞いて。
日本の場合、天皇家の存在が単純な二元化対立を引き起こさなかったのではないかとも。
しかし宇野さんもなぁ、贔屓の芸妓さんに指三本立てて「三十万で愛人契約しようよ」と言ったつもりが三百万だと勘違いした芸妓さんに「三十万!?何それふざけてんの!?」と激怒されてそのケチ話がばら撒かれてスキャンダルになったのだから気の毒だと私は思う。
確かにいかにも助兵衛おやじという面構えだったことは事実だが、政治家の「政治」の部分はそれなりに有能だったと聞くし、頭丸めるとかのパフォーマンスで乗り切れなかった点が悔やまれる。

閑話休題(前振り長いな)。

政治家とクリーンって概念として相容れないものだと思う。
もちろん「汚いおカネは頂きません」「皆さまの税金を決して無駄には致しません」というアピールは政治家にとって必要不可欠なアナウンスだが、政敵を責める際に「クリーン」を持ち出すこと自体にはとても違和感を覚える、大きな矛盾をはらんだ主張ではないかと思う。
ハマコーの言葉を引用するまでもないが、政治家として自分のクリーンさに絶対的な自信を持っているかのような態度を取りつつ強硬な言動で他者を責める人は、逆に政治家として不誠実であり、われわれ有権者に対して大きな隠し事をしているのではないかといった不信や疑念を抱かずにはいられない。
そして鳩山前総理の巨額脱税や、野党時代に「クリーン」という着眼点から与党攻撃の急先鋒であった女闘士・蓮舫行政刷新担当相の「カネの問題」浮上に、そんな感覚的な、というよりただの嗅覚に過ぎない疑念もバカにするものではないな、と嬉しくもないことを実感している。
私ですら行けるような価格帯のバーに自費で通っていた、大量の漫画雑誌を自費で購入していた、くらいしかほこりが出なかった元総理大臣は「もしや希代の大悪党では?」とすら思えるほど貴族的なロマンを感じさせる方だった。
ま、東大進学するつもりだったのに「金持ちが税金で建てた学校に通うんじゃない」という正論の一喝に返す言葉もなかった人だから、金持ちとしての流儀や振る舞いに関しては超一流、ああいう人が本物の、俗な意味をまったく寄せ付けないセレブリティなのかもしれない。

政治活動は兎角カネが要る。
最寄の駅前で毎朝各党日替わり肉声演説している下っ端はともかく最大野党で「みんなが知ってる蓮舫さん」という立場を築き上げた人、ましてや最大野党代表にして自民党創始者である祖父の血を引く政治家の系譜として天下一品のサラブレッド、と憚りなしに言える人が政治とカネの切っても切れない関係を知りながら(知らないなら政界に入るな!政治家の資格なし!母ちゃんの小遣いで政治活動している政治家がいるか!としか言えない)、敵失を狙って「クリーン」と叫ぶこと自体矛盾に満ちた行為であり、有権者に対する詐欺的発言ではないかと私は思うんだな。
そう言えばみずぽんってあんまりクリーンと言ってた記憶がない。

しかし自民党も事務所費問題で身内に自殺者を出した経緯もあるのか赤沢亮正議員(誰だ)の発言は仇討合戦の様相を呈しているようでもある。
Wiki見たら「ナントカ還元水」と書いてあるんだけど、ほんとに「ナントカ還元水」だったのかYO!
安倍ちゃんにとって、自分が殺してしまったも同然と言える状況だったのかもしれない。
そして、今も自民党再生を願う支持者から惜しまれる中川昭一氏の死に対し、多かれ少なかれ、中川氏の盟友であり、当時の内閣総理大臣であった麻生太郎氏も近い気持ちを抱かざるを得なかったであろう。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-11 22:49 | 今日のニュース・雑考
みそじナノニ化石DATTA
228 :名無しさん@十周年:2010/06/09(水) 12:19:37.81 ID:fXkkCHLp0

政治に金は付き物だろ
政治屋が金儲けしたって別にいいんだよ
政治屋が金儲けして、国民が豊かになるならそれでいい

もし仮に政治屋が清貧で、国民も貧乏ならそれでいいかって言えばそうじゃないだろ
政治屋はバカでも悪でも金に汚くても何でもいい
国民が豊かになれるかどうかだけが問題なの
それが政策なの

政治屋を含めた日本人はその辺の認識全然ないよな


269 :名無しさん@十周年:2010/06/09(水) 12:23:07.66 ID:ppA8B86LO
>>228
それが田中角榮のやり方だよね?
もう現れないんじゃない?



じぶんの政治かにたいする考えかたが、まさかれっ島かいぞう論じだいのいぶつだったとは。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-10 02:06 | 今日のニュース・雑考
【赤松口蹄疫】現場からの投稿メール他ローカル紙ニュース
あとで読むブクマ的な。

【口蹄疫 緊急特集まとめ】9年前の英国の悲惨な経験を繰り返すな!:47トピックス

激震 口蹄疫:宮崎日日新聞
「口蹄疫」関連のニュース:西日本新聞
特集 口蹄疫:南日本新聞
口蹄疫関連の各地のニュース:47トピックス

口蹄疫、知らぬは中央ばかりなり。

東京唯一のローカルテレビ局は東京大停電の時に唯一緊急特番を組んだテレビ局でもある。
単に東京ローカル局として関東近県の視聴者向けに番組編成しているだけなので、全国ネットのテレビ局と比較して危険度を測る物差しに使うのはちとズレてるのではないかと思う東京都民。
関東近県の視聴者だけ相手にしているローカル局と全国ネットのテレビAを統合してしまえばいいという無茶苦茶な意見は6枚の画像を並べた「テレ東伝説」に毒されすぎたあまり、あくまでアレは地方ローカル局だからズレてんのは当たり前ですよという事実を失念している人から出るのではないかと推察(東京唯一のローカル局なんだからそっとしておいてくれ)。
他の在京テレビ局が全国ニュースを流さないと確かに都は情報弱者にならざるを得ない環境。

a0027061_0595159.jpg
私も私の家族も誰も停電の影響なんか受けてないが、首都圏が影響受けたからね、いちおう…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-10 00:11 | 今日のニュース・雑考