<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
シー・シェパード代表に逮捕状/自民党の参院選公約
シー・シェパード代表に海保が逮捕状
2010年4月30日11時16分 読売新聞


南極海での日本の調査捕鯨に対する一連の妨害活動を指示していたとして、海上保安庁が、反捕鯨団体シー・シェパードのポール・ワトソン代表(59)について傷害や威力業務妨害容疑などで逮捕状を取ったことがわかった。

海保関係者が明らかにした。ワトソン代表は今年2月、日本の捕鯨船団の監視船に乗り込み、日本で逮捕・起訴されたメンバーに調査捕鯨の妨害を命じた疑いが持たれており、同庁は今後、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する方針。

日本の調査捕鯨を巡っては今年1月、シー・シェパードの「アディ・ギル号」と捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」(712トン)が衝突してアディ・ギル号が大破。同号の船長だったピーター・ベスーン被告(45)が翌2月、第2昭南丸に無断で侵入して拘束された。

ベスーン被告は東京に昭南丸が戻った先月12日、艦船侵入容疑で海上保安庁に逮捕され、4月2日には、強い臭気を放つ酪酸入りの瓶を昭南丸に投げたなどとして、傷害や威力業務妨害など五つの罪で東京地裁に起訴された。


海保関係者によると、こうした一連の妨害行為について、ベスーン被告に対し、シー・シェパードから組織的な指示が出ていた可能性があることが、ベスーン被告の供述などで裏付けられたという。このため海上保安庁は、ワトソン代表がベスーン被告と共犯関係にある可能性が高いと判断したとみられる。

ICPOを通じた国際手配には身柄拘束を求める「赤手配」のほか、容疑者の情報を求める「青手配」などがあり、今回は青手配にとどまるとみられる。現在、ワトソン代表が滞在している米国との間には1980年3月に日米犯罪人引き渡し条約が締結されており、米司法当局に身柄の引き渡しを要請することも可能だ。ただ、この条約には強制力がなく、殺人などの重大犯罪でもないため、米国側が応じるかどうかは米司法当局の判断に委ねられる。



YOMIURI ONLINEの画像は落とせないけど海上で酪酸投げまくりだこの環境ゴロども。
食文化としての鯨の価値はまったくわかんないけどここまで迫害される謂れは普通にねーな。
イエローだから舐めてかかって好き放題やってるという点では第二次大戦中に非戦闘員を焼き尽くした米帝と同じメンタリティ、何よりもその白豪至上主義が奴らの許し難い暴虐。
人殺してないから重大犯罪じゃないとか、そういう問題じゃなく日本に喧嘩売ってんだよ。


憲法改正発議、過半数に緩和…自民が参院選公約
2010年4月30日22時57分 読売新聞


自民党の石破政調会長は30日の記者会見で、参院選公約で訴える政策の一部を発表した。

憲法改正の発議を衆参両院の総議員の「3分の2以上の賛成」から「過半数の賛成」に緩和。財政の健全性確保に配慮するよう義務づける規定を新たに設けるほか、高速道路の「休日上限1000円」の割引制度を継続・拡充することが柱だ。

憲法改正への財政健全化の規定は、憲法83条に2項を新設し「財政の健全性の確保は、常に配慮されなければならない」と明記する。改正要件の緩和とともに2005年の自民党新憲法草案に盛り込まれている内容だ。

同党が選挙公約に具体的な改正内容を掲げるのは初めて。石破氏は記者会見で「国民の関心が高まっていないから(言わない)というのは責任政党とはいえない」と述べ、改憲論議に消極的な民主党を暗に批判した。

また、道路政策については、〈1〉高速道路会社の民営化と受益者負担原則を堅持する〈2〉新たな国費を投入することなく、「休日上限1000円」の現行割引制度を継続・拡充し、分かりやすい料金に見直す――など5項目を示した。



与党だと立場上口憚られることも野党なら集票のために全面的に出して行けばおk。
高速料金原則無料化と穴だらけで財源もないホラを吹いて結果的に値上げしたホラ吹き政党と、腐ってると言われようともまがりなりにも政権運営能力がある元与党では信用度が違うッス。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-04-30 23:53 | 今日のニュース・雑考
今後の外交は米国の言いなりになるしかないですよね
普天間移設政府案、現行計画地に杭打ち桟橋
2010年4月30日14時32分 読売新聞


沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題で、与党幹部が米政府関係者に「政府案」として示した滑走路の設計案が30日、明らかになった。
同県名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブの沿岸部を埋め立てる現行計画の場所とほぼ同じ位置に、「杭打ち桟橋(QIP)」方式を採用し、1800メートルの滑走路1本を建設する内容となっている。今後、技術面も含めた日米協議のたたき台となる見通しだ。

鳩山政権は、「沖縄の負担軽減」などを名目に、日米両政府が2006年に合意した現行計画を白紙に戻して再検討を行ったが、同計画とほぼ同じ場所に滑走路を造る案が出ていることになる。社民党や沖縄だけでなく、各方面からの厳しい批判が予想される。

与党幹部が示した政府案によると、滑走路は、現行計画にあるV字形の滑走路2本のうち、北側の1本(1800メートル)を数百メートル西にずらす。このうち800メートルは陸上に置き、西側の海上部分に1000メートルが突き出る形で建設する。工法は桟橋方式を採用する。設計図には、「キャンプ・シュワブ・ジャケット案」とある。政府が2000~02年に検討した桟橋方式の中にも「ジャケット方式」が一つの工法として盛り込まれていた。

また、現行計画が建設開始から完成まで5年間を要するとしているのに対し、同案は「建設開始から3年で完成できる」としている。

米政府は、鳩山首相が移設問題の「5月末決着」を目指していることに関連し、「アイデアではなく、まじめな提案を早く示してほしい」(キャンベル国務次官補)と求めてきた。日本政府は日米協議のたたき台となる具体的な案の策定を急いでおり、今回の案もこうした中で固まってきたものと見られる。

日米関係筋によると、米国防総省のマイケル・シファー次官補代理が来週前半に来日し、日本の提案を踏まえた軍事運用面の実現性などについて、日本側と実務者協議を行うことになった。



現行案の合意に至る過程において検討された、けれどお蔵入りになった案。
それは日米間や地元の合意を得られないであろうと見なされ捨てられた案ではないかと防衛素人にも察せられるんですが。
アイデアですらない思いつきや宇宙の心の御託宣みたいな寝言を繰り返して日本の安全保障と外交に修復困難な大ダメージをもたらした現政権は「政権を放り出さないで頑張る」ことで責任を取るつもりだというけれど、これより自民党のほうが酷かった、自民党よりまだマシ、という人がいるから困ったもんだ。
ここまで米国をコケにしておいて、後で何事もなかったかのように米国が日本と対等に接してくれるわけがない、結果的に米国の言いなりにならざるを得ない借りを山ほど作っちゃったこの政権どうしてくれよう(どうしようもないのが悲しいが)。


テロ危険、環境面も課題…移設案QIP工法
2010年4月29日14時42分 読売新聞


政府の移設案の柱である「杭打ち桟橋(QIP)」方式での滑走路建設は、2000年から02年にかけて防衛庁(当時)が公式に検討した。

しかし、技術的な困難さや高額の建設費、維持費に加え、米側から「テロリストが桟橋を壊せば使えなくなる」と指摘され、対象から消えた。かつて桟橋案の検討にかかわった政府筋は「米国は今回も受け入れないだろう」と見る。


この工法は、海底に数千本の杭を打ち込んで桟橋を建設し、その上に滑走路などを造る。今年10月に供用予定の羽田空港の新滑走路は、埋め立てと桟橋を組み合わせたものだ。防衛省幹部は「羽田は内海で波が静かで、海底が比較的平面という好条件がそろっている。この工法で軍事施設が作られたことはない」と語る。

鳩山首相は、サンゴ礁の破壊が「埋め立て」案より小さいとの説明を受け、受け入れに傾いたようだ。だが、実際には桟橋によって海面の日照が遮られ、サンゴや藻場に影響が出るとして、防衛庁は当時、移植などが必要だと指摘した。

北沢防衛相も27日の参院外交防衛委員会で、「桟橋方式の方が自然を破壊しないという学者もいるし、埋め立てた方が自然にやさしいという人もいる。両説ある」と認めた。

防衛庁は02年、当時検討した約2500メートルの滑走路の建設費は、桟橋方式なら約6700億円と試算した。しかし、技術面の事情から、大半が本土の大手海洋土木建設業者(マリコン)が請け負う形になる。埋め立てのように県内の建設業者に「お金が落ちない」ため、地元の理解はさらに得にくいことが予想される。



地元におカネが落ちないんじゃさらに地元の反発は必至だろうねぇ。
本土の土建屋しか儲からないんだもの。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-04-30 23:04 | 今日のニュース・雑考
混沌と迷走の日米安保条約
「実現できるのか」米大統領、鳩山首相に疑念
2010年4月18日03時04分 読売新聞


ワシントンで12日夜(日本時間13日午前)に行われた鳩山首相とオバマ米大統領との非公式会談で、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題をめぐって首相が「5月末決着」への協力を大統領に求めたのに対し、大統領が「きちんと最後まで実現できるのか」と強い疑念を示していたことがわかった。

複数の関係筋が17日、明らかにした。大統領は問題が進展していない現状にも不満を表明し、米政府がオバマ大統領以下、鳩山首相に対して深い不信感を抱いている様子が浮き彫りとなった。

関係筋によると、核安全サミットの夕食会席上で非公式に行われた約10分間の会談では、鳩山首相が米軍キャンプ・シュワブ陸上部などへの移設を組み合わせた日本政府案を念頭に、「5月末の決着に向けて努力している」と説明。そのうえで、「大統領にもぜひ協力を願いたい」と要請した。

しかし、オバマ大統領は「(11月の首脳会談で)あなたは『私を信じてほしい(トラスト・ミー)』と言った。しかし、何も進んでいないではないか」と不満を表明。さらに、「きちんと最後まで実現できるのか(Can you follow through?)」と、日本政府の対応に強い疑念を示したという。

これに対し、首相は「岡田外相とルース大使との間で今、交渉を行っている」と説明したが、大統領から明確な反応はなかったという。

大統領の発言は、鳩山首相が昨年11月に会談した際、普天間問題について「トラスト・ミー」と発言し、早期決着を約束したにもかかわらず、国内の合意形成が一向に進んでおらず、首相が約束を履行していないことに対する不信と不満を示したものといえる。

米政府はまた、4月中に行うとしていたキャンベル国務次官補の訪日を見送る方針を固め、17日までに日本政府に伝えた。

米政府筋は「我々は日本政府が示しているものを政府案としてとらえていない。今、次官補が訪日すれば、我々が協議に応じると鳩山政権に誤解される恐れがある」と述べ、現状では、日本政府と協議する考えがないことを強調した。

◆普天間飛行場移設問題をめぐる12日の日米非公式会談の主なやり取り◆

鳩山首相 日米同盟は大変大事だ。その考え方の中で今努力している。5月末までに決着する。大統領にもご協力願いたい。

オバマ大統領 (昨年11月の日米首脳会談で)あなたは「私を信じてほしい(Trust me)」と言った。しかし、何も進んでいないではないか。きちんと最後まで実現できるのか(Canyoufollowthrough?)。

首相 岡田外相とルース駐日米大使との間で交渉している。沖縄の負担軽減が、日米同盟の持続的発展にも必要だ。



普天間基地問題
鳩山首相、徳之島の反対集会受け「1つの民意。真剣に考えていきたい」

FNNニュース 04/19 11:48


沖縄の普天間基地移設問題をめぐり、18日に移設候補地に浮上している鹿児島県の徳之島で大規模な反対集会が開かれたことについて、鳩山首相は19日朝、「1つの民意だ」としたうえで、「真剣に考えていきたい」と述べた。
鳩山首相は、沖縄「県外」である徳之島への移設に特にこだわっているとされるが、18日の反対集会に、島民の半数以上にあたる、主催者発表で1万5,000人が集まったことで、さらに厳しい対応を迫られている。
鳩山首相は「大変なエネルギーだと、そのように思います。徳之島の皆さん方がこれだけ集まられたということは、1つの、それも民意だと理解すべきだと思います。まあ、そういう民意というものも勉強させていただきながら、政府として、普天間の移設先に関しては真剣に考えていきたい」と述べた。
政府は4月中にも、徳之島を含む自治体への正式要請をしたい考えだが、地元・徳之島の町長らは、「打診があっても国とは会わない」と、断固拒否する構えを見せている。
また平野官房長官は、鳩山首相が集会を受けて「勉強する」と表現したことについて、「正式な案をふまえて、説明するなら説明する。丁寧に対応するということだ」と述べ、即時に撤回とはならないとの姿勢を示唆した。
しかし、徳之島の地元の合意を取りつけるのは至難の業で、目標としてきた「5月末決着」は絶望的な状況となっている。
アメリカ政府の関係者からは、「決着できる唯一の方法は、政権が代わって現行案に戻ることだ」との声も聞こえ始めている。



普天間、「岡田外相が現行案大筋受け入れ」 米紙報道
2010.4.24 13:45


24日付の米紙ワシントン・ポスト(電子版)は日米両政府当局者の話として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関して、岡田克也外相が現行案を大筋で受け入れる方向だとルース駐日米大使に伝えたと報じた。

報道によると、岡田氏は日本時間の23日、ルース氏と都内の米大使館で会談。岡田氏は2006年に日米両政府が合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への滑走路の移設に同意しつつ、滑走路の形状変更や、一部の米海兵隊施設について別の島への移転を求めたという。

米側は好感しているという。当局者は来週に詳しい案が提示されるとした。(共同)



普天間問題
政府、辺野古沿岸部に移設するとした日米合意案に近い形の修正案を米側に打診

FNNニュース 04/24 00:08


沖縄のアメリカ軍普天間基地移設問題で、政府が名護市辺野古沿岸部に移設するとした日米合意案に近い形の修正案を、最近、水面下で打診していることが明らかになった。
日米の複数の関係者によると、政府は、鹿児島・徳之島への一部部隊の移設などを柱とした当初の検討が、地元の反対などで実現が困難になった情勢を受け、あらためて、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした日米合意案に近い形の修正案をアメリカ側に水面下で打診していることが明らかになった。

修正案には、現行案を沖合に50メートル移す案や、2本として想定されていたV字型滑走路を1本に縮小する案などが検討されており、訓練の一部などを徳之島など県外に移すことも引き続き検討されているという。
政府は4月25日に沖縄・読谷村で予定される県外移設を求める県民大会の結果を見て、近くアメリカとの本格的な協議に入る意向。



現行案受け入れ「事実ではない」 普天間WP紙報道を首相が否定
2010.4.24 16:12


鳩山由紀夫首相は24日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、岡田克也外相が23日のルース駐日米大使との会談で現行案(沖縄県名護市辺野古沿岸部への移設)を大筋で受け入れると伝えたとの24日付米紙ワシントン・ポスト(電子版)の報道について「事実ではない。辺野古の海が埋め立てられるのは自然に対する冒涜(ぼうとく)だ。現行案が受け入れられるなどというような話はあってはならない」と否定した。ただ、岡田氏とルース大使の会談があったという事実は認めた。視察先の群馬県大泉町で記者団に答えた。



普天間移設で日米攻防
米側「怒り心頭」機密漏洩に厳重抗議 日本「メモを取るな」首脳会談の記録残さず

2010.4.26 01:25


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、水面下で日米の激しい“攻防”が行われている。鳩山政権への不信感を募らせるオバマ米政権が、協議内容の漏洩(ろうえい)に厳重抗議する一方、5月末決着に向けて追い込まれた鳩山政権は、責任回避のため首脳会談の記録を残していなかったことが、日米当局者らの話でそれぞれ明らかになった。(ワシントン 佐々木類)

米政府が日本側に対し、情報管理を徹底するよう強く抗議したのは、海兵隊の地上部隊とヘリ部隊の駐留場所の距離を「65カイリ(約120キロ)以内」とするよう米側が求めている事実を、日本の政府高官が明らかにしたためだ。

米政府は在京米大使館を通じ、「海兵隊の運用という軍事機密にかかわる問題」を逐一公表しないよう外務省に厳重抗議した。普天間飛行場の移設先について迷走を続けているうえ、協議内容を公表し混乱に拍車をかける日本政府の稚拙な対応に、米側は「怒り心頭」(日米関係筋)だという。

日本政府は米側のこの要望について「知りません」(北沢俊美防衛相)「(海兵隊の)運用上の話が外に出回るということはガセ(ネタ)=いい加減な情報=ではないか」(平野博文官房長官)と否定している。

今回、米側が激しく反発したのは、漏れた情報が海兵隊の運用という軍事機密にかかわる話だっただけでなく、鳩山政権が進める普天間飛行場の移設先の見直しが頓挫した場合、「米側に責任転嫁されることを警戒しているため」(日米関係筋)だという。

実際、鳩山由紀夫首相は谷垣禎一自民党総裁との21日の党首討論で、「地元より米側に理解されるかどうかだ」と述べ、移設先が決まらない迷走の一端が米側にあるかのようなそぶりを強くにじませた。

米側にしてみれば、責任を転嫁される事態となればキャンプ・シュワブ沿岸部という現行案に落ち着いた場合にせよ、普天間飛行場の継続使用となった場合であれ、米軍に対する地元の風当たりはいっそう強まることは不可避で、部隊運用にも影響が出かねないとの懸念がある

     ◇

日米首脳会談で日本側が記録を残さなかったのは、ワシントンで12日に約10分間行われた非公式会談の場においてで、首相官邸の指示でなされた。普天間飛行場移設問題をめぐり、オバマ大統領から問題解決に向けた決断を厳しく迫られたことが記録に残れば責任問題への発展は不可避で、政権維持のためには記録を残さない方が得策との判断があったとみられる。

非公式会談とはいえ、首脳会談のやりとりを記録に残さないのは前代未聞で、同盟関係にある首脳同士の会談でのこうしたケースは「記憶にない」(外交筋)という。

12日の首脳会談をめぐっては、オバマ大統領が鳩山首相に「Can you follow through?(きちんと最後までやり通せるのか)」と発言したと報じられた。

これに対し、鳩山首相は「そういう発言はない。少なくとも私の耳では聞いていない」と否定。岡田克也外相も「そうした発言はなかった」と述べている。

しかし、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は情報筋の話として、オバマ大統領は「running out of time(時間が切れつつある)」と述べ、「あなたを信用していいのか」と鳩山首相に強く迫ったため、あっけにとられた日本側はメモを取れなかったと報じた。

日米関係筋によると、実際には、「あっけにとられてメモを取らなかったのではなく、初めからメモを取らないよう首相官邸から指示されていた」のだという。


事務レベルによる事前折衝で、米側の強硬な出方を予測していた日本サイドは、鳩山首相とオバマ大統領とのやりとりを記録しないという奇策を選択。日本側がメモを取っていなかったため、オバマ大統領は逆に強い表現で鳩山首相に決断を迫った可能性がある。

こうした鳩山政権の方針は今回に始まったことではない。ルース駐日米大使が昨年12月、岡田外相や北沢防衛相を相手に外務省で会談した際、「顔を真っ赤にして」(与党幹部)現行案の履行を迫った際にも、岡田外相らが外務官僚の退席を促し、結果として記録を残さなかった。



辛抱強く何度も助け舟(現行案で決着させろという意思表示)を出しているのにクルッポ?と首を傾げながらその舟を次から次へと沈めて行くLooryが相手ではさしもの米帝もまいっちんぐ。
60年前と違って日本に野蛮なことするわけにも行かんしな。
日本国民としてこの誠意のかけらもない馬鹿どもを政権与党に据えてしまった責は負うつもりだが、せめて「麻生呼んでこい!」とまで踏み込んでくれないだろうか。
ここまでどうしようもない鉄火場になると麻生さん以外にコトを収められる人はいないだろー。
ご本人も自身を「有事向き」と仰られていらしたが、ホントに有事の時に総理になられて本人のやりたいことが全然できねっつーのも麻生支持者としては素直に喜べないものがあるよなぁ。


鳩山首相は「現実から変に遊離した人」 米紙コラムニスト
2010.4.28 13:31


【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・ポストは28日付(電子版)で、さきの核安全保障サミットで、鳩山由紀夫首相を「最大の敗者」と皮肉ったコラムニスト、アル・ケイマン氏が、首相を「ルーピー(loopy)」とした真意は、「愚か」や「いかれた」ではなく「現実から変に遊離した人」が真意だとするコラムを掲載した。

ケイマン氏は、今回のコラムで、島根大学の教授が日本のメディアがルーピーの意味を「愚かな」と「いかれた」の2通りに解釈していると指摘し、真意はどちらなのだと問い合わせてきたことを紹介。ルーピーの意味について「組織の意思決定について十分な情報を得ているという意味での『輪の中に入っている』状態とは正反対の意味」だと釈明した。

日本の複数の英和辞書によると、ルーピーについて「(頭の)いかれた」「愚かな」という訳が紹介されている。

ケイマン氏はルーピーという言葉はインターネット上で、1枚2940円のTシャツとなって売れていることも紹介。浮気の釈明会見後に、妻に「(会見のパフォーマンスは)どうだった?」と聞いたサウスカロライナ州知事を「ルーピー」の例に挙げた。
 

きっとサウスパークのキャラ。

a0027061_085176.jpg
a0027061_09667.jpg

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-04-29 00:39 | 今日のニュース・雑考
【ルーピーズ】ガイジンはたまに粋なことを言う
ポーランド国葬に江田議長派遣方針…噴火の影響で見送り
2010年4月17日0時37分


政府は16日、政府専用機の墜落事故で亡くなったポーランドのカチンスキ大統領の国葬に、江田五月参院議長を代表として送ることを決めた。外国首脳の葬儀には、首相経験者らを送るのが通例だが、「自民党の人に頼むわけにもいかない」(首相周辺)。政権交代の余波に悩んだ末の前例のない人選となった。

カチンスキ大統領夫妻の国葬は
18日午後(日本時間同日夜)にポーランドで開かれ、オバマ米大統領も出席を表明している。日本も「首相級」(政府高官)を念頭に人選を進めたが、鳩山由紀夫首相、副総理の菅直人財務相ら主要現職大臣は国会出席などで時間をとれず、首相経験者はほとんどが自民党系。そこで「三権の長」である議長に目を転じ、足を痛めている横路孝弘衆院議長でなく、江田氏に白羽の矢を立てた。衆参両院の広報課によると、議長が外国首脳の葬儀に参列した例はないという。

    ◇

参院は16日夜、政府専用機の墜落事故で亡くなったポーランドのカチンスキ大統領の国葬に参列予定だった江田五月参院議長の訪欧を見送ると発表した。アイスランドの火山活動に伴う火山灰が欧州北部に達して各国の空港が休止状態に陥っており、「渡航が困難になった」としている。

故カチンスキ大統領夫妻の国葬は18日午後(日本時間同日夜)にポーランドで開かれ、オバマ米大統領ほか各国の首脳が参列する予定になっていた。


カチンスキ大統領と麻生太郎総理大臣(当時)の会談の模様
a0027061_20552095.jpg
a0027061_20553968.jpg
“格”にしても適材適所という意味でも普通に麻生さんを名代にして何がいけなかったんだろう。


小沢家の法要、数千人規模で計画 議員に案内、飛ぶ憶測
(1/2ページ) 2010年4月10日7時0分


民主党の小沢一郎幹事長が
18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で両親の「しのぶ会」を開く。数千人規模という大法要は小沢氏系の幹部を総動員し、当日は本人のあいさつも予定されている。今年は両親の年忌法要の時期ではないため、小沢氏の真意をめぐって憶測を呼んでいる。

法要の準備はひそかに進められていた。場所は小沢氏の自宅に近い水沢体育館。3千人規模の収容が可能だ。側近議員から岩手県知事に転身した達増拓也氏、県選出国会議員、系列県議、後援会幹部らが参列する予定で、人口13万人のまちでは大イベントだ。 (後略)


友好国であるポーランドの国葬参列よりも党内政治を優先させたとは思いたくないが…。


JALが福田元首相を激怒させたサウジの夜
「公的資金じゃダメ。法的整理でないと分からないんだよ、あの会社は」

2009年11月30日(月)


(続きより抜粋)「鳩山さんとは古い付き合いで…。それに岩國さんから『海外を相手にしたコンサルタントの仕事をしたいからよろしく』と言われていたから、鳩山さんはその辺を考慮したらしい」

とても国策などとは呼べるようなものではなく、ただ単に鳩山の友人だからというのが、その理由のようだ。これぞ“友愛”ということなのか?

普天間基地移設問題で米国の信頼を決定的に失っている鳩山内閣は中東でも個人的な理由だけで信頼を損なってしまった。(抜粋終わり)



お友達同士で和気あいあい(でもジミンの子は昔で言う「*タ」「ヒ*ン」なので絶対に仲間に入れてあげない、ボスはもともとジミンの子で金権政治や利権問題、アメポチといったジミンの悪いところを一身に引き継いだ子だが、もうジミンの子じゃないので問題ないらしい)、が友愛政治。


鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」
2010.4.16 15:04


鳩山由紀夫首相は16日、国会内で自らの後援者らと懇談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「普天間なんてみなさん知らなかったでしょう。それ(普天間問題)が国民の一番の関心事になること自体が、何かメディアがいろいろと動きすぎているなと思っている」と述べた。

普天間問題で、首相自ら5月末までの「決着」を繰り返し明言しながら混迷を続けている要因は、マスコミの報道にあると言いたかったようだが、普天間問題が国民の関心を集めることを疑問視する姿勢は批判も呼びそうだ。

首相は「『どうせ鳩山なんだから、できないだろう』とメディアが書いているが、心配なさらないで結構です」とも述べた。






786 :名無しさん@十周年:2010/04/16(金) 16:43:18 ID:PtienUsQ0

問題です。5月末に鳩山さんは何と言うでしょう?
1 辞任するなどと言ってない
2 職務を全うする事が責任だと考える
3 辞任しなきゃならないと法律ではきまっていない
4 国民からの叱責と職務を全うしろとの思いを頂いた
5 くるっぽー

794 :名無しさん@十周年:2010/04/16(金) 16:44:03 ID:E7WeIfoWO

>>786
僕は知らなかった


自分が総理大臣になるまで名称以外何も知らなかったからって他も同レベル扱いはないだろ…。
普通の日本人が普天間基地の米軍ヘリ墜落事故や移設問題を知らないわけがないと思うなぁ。
ましてや辺野古移設案で双方の合意を取り付けていたのに「前政権(自民党)の決めたことだから」という理由で米国に断りもなく日本独断で反故表明した挙句、「トラスト・ミー」と大口を叩きながら信用失墜発言ばかり繰り返して米国の怒りを買い、単独防衛なんかできっこない日本の防衛を米軍に丸投げさせて貰っている日米同盟が危機を迎えては無関心でいられるほうが常識的には難しい。
とにかく普天間問題が大きな騒ぎになったのは現総理大臣であるキミのお陰なのに国民(の知的レベル)を信じてないのか。



my日本は在特会系の人が多くてなんかなんなんだけど、これはなかなか小粋で面白い。


おまけ:外交はやっぱりこんな感じでイイ笑顔でやって欲しいと思うの。
a0027061_22464676.jpg
a0027061_2247333.jpg
a0027061_22472593.jpg
a0027061_2248861.jpg
a0027061_2385861.jpg
a0027061_22483333.jpg
a0027061_225081.jpg
a0027061_22503877.jpg
a0027061_2252428.jpg
a0027061_22532591.jpg
a0027061_22541943.jpg
a0027061_2254594.jpg
a0027061_22554047.jpg
a0027061_2256102.jpg
a0027061_22564371.jpg
a0027061_235630.jpg
a0027061_23519100.jpg

全部外務大臣時代でスンマセン。
母が国会中継のニュース映像かなんか見ながら「あの苦虫を噛み潰したような面であんたたちにはニコニコ笑うの?」と本気で信じられない様子で聞いてきたけど、むしろ笑顔を真っ先に思い浮かべてしまう麻生ファンの私としては国会中継でニコニコしてるわきゃねーだろ、と思ったが、外相時代は国会でも笑顔を見せる時があったようだ。
a0027061_23222570.jpg
a0027061_23233340.jpg
居眠りはなくても(ルーピーの所信表明を最後まで食い入るように聞いていたし)笑顔はあった。

a0027061_1501682.jpg
a0027061_1513815.jpg
a0027061_1171863.jpg
a0027061_117405.jpg

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-04-17 21:41 | 今日のニュース・雑考
せめて人間らしく
おはこんばんちわ。
4月に入ってからいきなり忙しい日々をずっと送っています。
今はやっとひと段落ついて、完徹、一晩休み、完徹、一晩休み(合間に病院と歯科医院に通院)の過酷な生活から解放されたというところでしょうか。
引越しのような大掛かりな模様替えで北側のひと部屋を完全に書庫化(書斎化ではなく書庫化)してしまったので、書籍管理のほぼ全権を任されている私は本棚を移動させたり新しい本棚を組み立てたりと派手な作業をした父と交代で地味に根詰め作業に没頭していたのです。
まだ北側の部屋は冷えますし(冷暖房器具なし)、寝食忘れてたらさすがに貧血気味に。
書籍類は大体片付いたので、今度は私の衣料品の整理に手をつけます。
なんと書庫は私の衣料品が置いてある部屋(つまりもともと私の部屋)に作られたので、整理整頓、そして適切な処分をしないと私が困ってしまうんですよ。
悪夢の激太りから緩やかに痩せて元の形態に戻りつつある今、体重(体型)の変動って本当に不経済だなぁとトホホな気持ちを実感しています。
1年くらい前に買ったボーイズデニムが腰どころか膝穿きになっちゃうほど緩くなってしまって「気に入っていたのにどうしよう」と悩んでいたら、さらにもう少し前に買ったユニクロのストレートデニムが腰穿きのボーイズデニムに変身していたので結果オーライだった、みたいなこともありますけど(でも腰穿きって基本的にキライだ)。
とりあえず太っても入らなくなった服は流行りが廃れて着られなくなるまで捨てずに取っておくほうがよかと思います。
アロハは流行気にせずいつでも着られるのでいいよね。

んで、4月に入った途端そんな感じで家の中が引越し状態に様変わりしたためにすっかり失念していたのですが、愛猫が無事14回目の誕生日を迎えました。
4月のアタマに生まれた人って多忙の中で誕生日忘れられているのかもしれないね…。
病気らしい病気もせず至って元気そうですが、やはり老いによって運動能力や運動神経、体力や持久力が衰えていることは一目瞭然ですし、人間のお年寄りと同じく目や耳や鼻などの感覚も衰えボケ状態・寝たきり状態になる猫もいるそうなので、飼い主として、できるだけ本人に負担がかからないよう健康で快適な生活を送らせてあげたいと思います。
ほとんど思いつきに近い動機で飼ったわりにはちゃんとしっかり面倒見てる自分に今さら結構驚きますが、これが「乗り合わせた船」ってやつでしょうかね?
責任感がないわけでもないけど一度家族として迎えてしまった猫をどうしろったってどうしようもないし、面倒見る以外の選択肢はないし。
人間の赤ちゃんに対して一般的なお母さんがどういう感情を抱くのか知らないけど私の母は似たような感じだったそうだ(産んだら育てるしかあるまいとゆう感じ)。
そういうのを世間は無責任だと批判するが、そういう動物的な感覚って私はわりと好きだ。
先日たまたまNHKの「ダーウィンが来た!」でキンメダイ(の群れ)の目が一斉に発光して敵(捕食者)をかく乱する映像を見たのですが、泣けるほど綺麗な映像でした。
ああやってかく乱する目的はその群れの中の個体すべてが生き残るためではなく、いくらかは捕食されても生き残った個体が種を残すことにあるとキンメダイは本能で知っています(多分)。
誰が食われて命を落としたところでキンメダイという種が生き残ることを知っているから自分の命惜しさに逃走する個体よりも生き残る術であるかく乱行動に参加する個体のほうが多く、結果としてキンメダイは日本のちょっとした食卓に欠かせない日常の魚として栄えているのでしょう。
個体の生命欲を種としての本能が凌駕している。
だから私の目には「生命の美しさ」の縮図に見えたのかもしれません。
種としての本能に抗うでもなく、また流されるでもなく生きる姿に大いに感銘を受けました。
要するにうちの猫にしても「こまけーこたぁイインダヨ」って感じでお互い気楽に寄り添って行きたいと思うわけです説明ウザかったすみません。
でも猫は不思議です。
なんで理解してもらえないんだろうと両親と大喧嘩(※争点は重要なことなので別に書きます)したあと北側の部屋に籠もり切っていたら、猫だけが私の気持ちを読んじゃったんですよ。
話しかけてすらいないしずっと失念していたのになんで私の気持ちを読み取れるのか。
言語によるコミュニケーションが不可能な猫だけが気持ちをわかってくれるということは、私はよほど人間的なコミュニケーションが不得手ということなんでしょうか。
いや、両親以外の人間とは生身のコミュニケーションにおいて困ることもあまりないし、苦労や苦痛や徒労感もあまり感じない(むしろコミュニケーションこそ事態好転の武器である)。
つまり、家庭人としてダメなんですね、きっと。
私は人間、お前は猫、違う生き物だけど一緒に生きて行こうな、と愛猫に語りかけた4月です。

タイトル迷ったけどエヴァのテレビシリーズのビデオが全巻出てきた記念に。
いまだにエヴァ缶を飾っている阿呆ですから偽らずに中二病健在を伝えていいんじゃないかと。


※(1)大喧嘩の争点は「納税と選挙権の関係」である。
※(2)後日たまたまクイズ番組を見ていて判明したが、両親は自由民権運動をよく知らず、「板垣死すとも自由は死なず」以外に思いつくことがないそうだ(私より頭いいのになんでだ)。
開国以降の流れについて私も相当に不見識だが「選挙権の行使は国民の権利と義務である」と当然のように思っているなら(そういう両親だから私も昔っから棄権という白紙委任を快く思ってないわけなんだが)日本人がその選挙権をどうやって獲得したかくらいは大まかでも知っておくべきではないかと思った。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-04-09 22:57 | 今日のニュース・雑考