<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
鳩山の不正献金て総額いくらなんですか?
鳩山首相側に“一斉献金”、北海道議ら15人
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090929-OYT1T00006.htm

鳩山首相が代表を務める「民主党北海道第9区総支部」が2008年12月25日、選挙区内の地方議員計15人から総額約264万円の寄付を受けていたことが、北海道選挙管理委員会が29日付で公表した政治資金収支報告書でわかった。


報告書によると、道議、苫小牧市議、登別市議、新ひだか町議が、それぞれ2万4000~26万4000円を献金していた。同総支部は03~07年にも同じ日付で地方議員から一斉献金を受けており、自民・公明両党が今年7月、寄付の実態などに疑問点があるとして調査していた。

同総支部の会計責任者は「各支部で集めた寄付を12月に一括処理しているだけで、やましいことはない」としている。

(2009年9月29日00時06分 読売新聞)



なぜか最初の記事が消されて「すわ友愛か!?」と思われた一斉献金問題ですが、なぜか時間をおいて記事が復活しました。
ちなみに28日20時45分の最初の記事、一字一句違わないのになぜだ。

a0027061_23222553.gif


民主系の仙台市議が首つりで死亡 自殺か
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092801000609.html

27日午後、仙台市青葉区中山の仙台市議相沢芳則さん(61)宅で、相沢さんが首をつっているのを家族が発見した。相沢さんは搬送先の病院で死亡が確認された。仙台北署は自殺とみて調べている。

相沢さんは市議会で、民主党系会派に所属。市議会副議長などを務め、6期目。

2009/09/28 18:25 【共同通信】



陰謀論はバカバカしいと思いつつ、これだけ関係者が死んでいる政党が与党って普通に怖い。

09/01/21 西松建設社長を逮捕
09/01/21 元西松建設専務 死亡
09/02/24 長野知事の元金庫番秘書(西松関連で小沢とともに検察がマークしていた)首を吊って死亡
09/03/01 元衆議院議員吉岡吉典(小沢スキャンダルを告発した)旅先のソウルで心臓発作で死亡、その場で火葬
09/03/03 民主党岩手支部家宅捜索
09/03/04 民主党本村賢太郎の事務所のある相模原卸売市場全焼
09/07/0? 秘書2人行方不明。秘書の家族も行方不明に。続報なし
09/08/30 花田会計監査人 選挙直前に心不全で死亡
09/09/27 仙台市議相沢芳則、自宅で首つり


なんていうか、ゴルバチョフ以前のソ連邦みたいだなと思った。
今考えるとゴルビーって不思議というか何を考えていたのかわからない人でしたね。
当時西側諸国では大人気だったけど、どう見てもソ連邦崩壊に邁進していたようにしか見えず、国内で人気がないという説は実に頷ける話でなんでソ連邦の書記長やってたんだという…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-29 23:59 | 今日のニュース・雑考
日本国民レジスタンス化は避けられない気がしてきた
鳩山首相:国連で演説「世界の架け橋に」5項目で尽力強調
http://mainichi.jp/photo/news/20090925k0000m010145000c.html

【ピッツバーグ上野央絵】鳩山由紀夫首相は24日午後(日本時間25日未明)、国連総会一般討論で演説した。首相は「政権交代を通じた経済政策の見直しにより、日本経済は復活ののろしを上げるに違いない」と強調。衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ約5兆5000億円の子ども手当やガソリン税暫定税率廃止を「日本の経済再生」の具体策と位置付けた。

演説冒頭、首相は「日本国民は総選挙で政権交代を選択した。日本の民主主義、国民の勝利だ」と強調した。日本の国連加盟が承認された1956年当時の首相、祖父・鳩山一郎氏について「友愛思想の唱導者」と紹介し、「友愛精神に基づき、世界の架け橋となるべく全力を尽くす」と訴えた。

その上で「日本が架け橋となって挑むべき五つの挑戦」として、(1)世界的な経済危機(2)気候変動問題(3)核軍縮・不拡散(4)平和構築・開発・貧困(5)東アジア共同体の構築--の5項目を挙げた。

経済危機対応では「新しい日本はグローバリゼーションに適切に対処する必要がある」と言及。「光の部分を伸ばし、影の部分を制御する」と訴えた。

気候変動問題では、温室効果ガスの削減目標「2020年までに90年比25%減」に改めて言及、各国の合意を呼びかけた。

また、平和構築ではアフガニスタン復興支援に関連し、「職業訓練などの社会復帰支援の検討」をうたい、パキスタンへの支援も表明した。



鳩山首相:米で会見 インド洋の給油活動「単純延長」否定
2009年9月26日 10時45分 更新:9月26日 12時34分
http://mainichi.jp/select/today/news/20090926k0000e010021000c.html

【ピッツバーグ上野央絵】鳩山由紀夫首相は25日夕(日本時間26日午前)、滞在先の米ピッツバーグで記者会見し、来年1月に新テロ対策特別措置法の期限が切れる海上自衛隊によるインド洋での給油活動について「単純に延長することは考えていない。その発想は今でも変わっていない」と明言した。

代替策に関しては「給油しない代わりにアフガニスタン支援をこうやる、との発想ではなく、アフガンや国際社会に最も望まれている支援を積極的に行う」と強調。「日本が得意とする農業、職業訓練を検討してみたい」と語った。

沖縄の米軍普天間飛行場移設などの在日米軍再編問題については「一刻の猶予もない問題だ。包括的なレビュー(見直し)の中で、ある一定の時間内に最終的な結論を見いだしていく必要がある」と述べた。

また、日米首脳会談で、給油や日米地位協定改定に触れなかった理由に言及し、「最初に会う時に踏み込んだ話は遠慮すべきだ。信頼関係を構築する中で、お互いに利益のある解決策を導けると感じている」と説明した。

温室効果ガス排出量を20年までに90年比で25%削減する目標に関し「日本の科学技術力を展開させれば決して不可能ではない。十分に(達成の)自信はある。日本人の科学技術力を信じている」と強調した。

また、主要20カ国・地域(G20)首脳会議の定例化に伴う先進8カ国(G8)首脳会議の意義付けを「大人数で結論を出すテーマは極めて限られる。先進国の首脳が集まる政治的な意味はこれからもある」と述べ、G8の枠組み維持に意欲を示した。

国内経済政策については「今まで以上に消費を刺激する政策を大胆に行う」と言明。具体策として子ども手当の実施、ガソリン税の暫定税率撤廃、高速道路無料化を挙げ、「海外からの圧力というより、日本自身に必要な経済政策の転換だ」と意義を強調した。



虫唾が走るほど気持ちよさそうに喋りまくっている鳩。
とりあえず細川内閣羽田内閣を無視して民主主義の勝利とか言ってんな。
選挙戦でやたら「一党独裁体制」を批判していたが、だったら中国と仲良くするなよ。
中国では選挙すら行われないし、1989年には民主化デモのため天安門広場に集まっていた若者たちを人民解放軍が装甲車で轢き殺し、ばんばん発砲して皆殺しにしたんですよ?
その後の教育で「暴徒が軍を襲ったための自衛行為」と教えたため、若い世代の中国人はこんな事件があったことすら知らない人が多いそうだ。
ていうか、民主主義に則った選挙の結果民主党が勝利したこと自体に異論はないが、その後発足した民主政権はどう見ても民主主義に則った政治をやっていないと思うし、マスメディアの大翼賛主義化によって日本が独裁体制下に移行しつつあるような気がするのは年寄りの幻覚でしょうか。
子供手当、暫定税率の廃止、高速道路原則無料化がどう日本の再生に役に立つのか。
まず第一に景気対策として内需拡大を図るべきなのに、内需が冷え込むような政策ばかりでどうやってこの不況を乗り切る気なんだ。
温室効果ガスを90年比で25%削減という目標自体が「国民の皆さん死んでください」としか受け取れないのに、「日本人の科学技術を信じている」って…頑張れば鉄腕アトムが作れるみたいなこと言ってんじゃねーよ各種研究費削ってさらに大増税で国民の生活力落としておいて「信じてる」っていうのは「出来ても出来なくてもとりあえずこう言っとけばおk、僕がヒーローになれれば国民の生活なんてどうでもいいもんね☆」と言ってるに等しいわけだがこんな奴首相にしたのは誰だ。
漢字の読み間違えのほうが大ニュースなのか?政策能力を図るために重要なことなのか?
民主党がさんざん批判しまくったせいで遅れた定額給付金や高速道路土日1000円は一時的な内需の拡大を狙った限定的な措置であり、実際に内需の拡大に繋がっているんだが子供手当と高速無料化がどう内需の拡大に繋がる?
子供手当がどういう消費効果を上げるのか真面目に聞きたい民主党に。
養育費と教育費に充てるための手当だから、もちろん消費に回るわけないですよね?
むしろ子供手当や母子加算が消費に回ったら普通の国民は怒ると思いますが。
無駄を省くと言うなら日本国籍を持っていない人への還元はいっさいやめてください。
生活保護対象を日本国民に限定して、あらゆる福祉関係の手当は日本国民限定、そして不法入国&不法滞在の外国人は即刻摘発して問答無用で強制送還、犯罪者も同様に強制送還、くらい実行してから日本人への増税を考えてください。
すべての外国人がそうだとは言いませんが、日本にはタチの悪い外国人が多すぎます。
日本を祖国として帰化するわけでもないのに何代も何代も外国籍のまま居座って、そのくせ払ってもいない年金を寄越せと言ったり、あくまで日本人になる気がないのに参政権を欲しがるような低能で厚かましい外国人が多すぎて、しかも彼らの寄生があまりにも長く、また教育機関においてもマスメディアにおいても彼らの寄生を正当化するようなことばかり教えているため、日本国民ですら彼らの寄生を自然なものと捉えています、が。
なんで外国人が生活保護を受けるために日本人が税金を払う必要があるんですか?
ちなみに現在私は多少の優遇措置を受けていますが、払うべき税金を払わなかったことはないです。
健康保険料、年金保険料、所得税や住民税など各種税金はちゃんと払ってましたから!
民主党が党是とする外国人参政権、秋の臨時国会で公明党代表・山口氏が法案提出するそうです。
(しかし山口氏はぱっと見冴えないというか、いかんざきやあきひろに比べて小物っぽいな~)
今のところ与党の閣僚の中で慎重論を唱えているのはなんと国民新党の亀井静香代表のみ。
みんな気が進まないと思いますが、とりあえず静香ちゃんに「絶対許さん」というメールを大量に送りまくるしか現在の与党政府に訴えるすべはなさそうです。
官邸や鳩んとこ送っても意味ないので、静香ちゃんに「外国人参政権は絶対に反対である」というメールを大量に送りつけて、国民の声を聞いてくれるのは静香ちゃんだけ!くらいのリップサービスもすれば、もしかしたら多少の歯止めにはなる…かも。
あと子供手当に所得制限を設けるべき、と言ってるのもみずぽだけなので…。
なんで静香ちゃんやみずぽちゃんを応援しないといけないんだ、という抵抗感はひとまず置いて、鳩やオカラさんや藤井さんやオザーさんに言っても黙殺されるだけ、という事実の前には静香ちゃんやみずぽちゃんを応援して少しでも気を大きくさせるしかないという現実を…ひとまずよろしく。
NHKですら民主批判の電凸は切られるのでメディアもアテにできない、政権与党なんかいくらメル凸しても電凸しても政府に批判的な国民の声なんか聞かなかったことにする。
民主の選挙カーを手招きで止めて「鳩山さんの故人献金問題は?」と聞いたら答えずに窓閉めて逃げやがったんで(しかも2回)、民主党議員には何を言っても無駄だ、と実体験として主張します。
議員の名前ちゃんとわかるんで文句言われたらそいつの名前出してもいいよ。
こんな状況だと政権与党の政策に反対する人はレジスタンス化するしかないわけですが、それのどこが健全な民主主義社会なのか鳩に直接聞きたい。
今ほど社会的な地位と名誉が欲しいと思ったことはないね。
板垣先生が「選挙権は税金で買うものではない」として進めた自由民権運動がどうしてこうなった。
板垣先生についてもそうだが、日本人はもうちょっと福沢先生のお言葉も真面目に学ぼうよ。
福沢先生が壱万円札なのはちゃんと意味のあることなんだ、壱万円という金銭的な価値以上に福沢先生は後世の日本人にとって非常に大切なことを説いている偉い先生なんだよ?
ちょっと脱線したけど、アフガンてさ…そもそもインド洋の給油を続けていれば出なかった選択肢なんだが、鳩が適当に喋っているだけで「何とかしなければいけない」という羽目に陥ってるのに誰がそんな発案に同意したの?
鳩が独裁と叩きまくった自民党ですらそういう重要なことは国会で審議して方針を固めてたんだが。
90年比25%削減だって国民の大多数は反対してると思うんだけど、勝手に国際社会で「約束」しちゃった首相を横暴と言わずに何と言う。
できなかったら「ごめんなさい」、日本発世界大恐慌になっても「ごめんなさい」で済ます気か。
つか、麻生前総理の経済対策も外交の成果もみんな水の泡…誰だよこんな奴首相にしたのは。

あと世襲批判しておきながらおじいちゃまの継承者を名乗るのはありなんでしょうか。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-28 00:43 | 今日のニュース・雑考
鳩山政権に歓喜する韓国人たち/情弱日本人がうちにいた
市民団体、日本政府に韓日基本条約文書公開求める
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/09/23/0200000000AJP20090923002600882.HTML

【ソウル23日聯合ニュース】日帝被害者団体総連合会をはじめとする市民団体は23日、ソウル・鍾路の日本大使館前で記者会見を行い、日本の鳩山政権に対し1965年の韓日基本条約の文書を公開し、過去史問題解決に乗り出すよう促した。

市民団体らは「日本政府は韓日基本条約の締結で請求権問題がすべて解決されたと主張しているが、韓国政府が2005年に公開した文書を見ると、個人請求権については言及さえされなかった事実が分かる」と指摘。日本の主張通りすべての問題が解決されたのであれば、当時の外交文書を公開できない理由はないと主張した。

また、日本政府も自ら韓日請求権資金は経済協力資金にすぎず、植民支配の被害に対する賠償でないことを重ねて明らかにしているとし、54年ぶりに政権交代を成し遂げた民主党は、韓日基本条約の文書を公開することで自民党政権との差別性を示してほしいと要求した。

記者会見の後、韓国挺身隊問題対策協議会は第884回水曜集会を開き、従軍慰安婦問題に対する日本政府の公式謝罪と被害補償を促した。同集会は従軍慰安婦問題の解決を求め毎週水曜日に日本大使館前で行われている。



あーうるせーいつまでごちゃごちゃ抜かしてんだ、という率直な感情はもちろんあるが、こいつらはつい最近の自国政府の発表を忘れたのか?とキョトンとした割合のほうが高かった。


対日補償要求は終了 韓国政府が公式見解
2009.8.16 13:35
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090816/kor0908161337004-n1.htm

【ソウル=黒田勝弘】韓国各紙は15日、日本統治時代の韓国人労働者の日本での未払い賃金について、もはや日本に返還要求はできないとの韓国政府の公式見解を伝えた。韓国では元慰安婦や戦没者、徴用労働者など多くの関連団体や個人がいまなお、日本に対し各種の補償を要求している。韓国政府としては、補償問題は1965年の日韓国交正常化の際に日本政府から受け取った「対日請求権資金」ですべて終わっているとの立場を、改めて確認したものだ。

韓国人が過去がらみで日本政府や日本企業に補償要求などの訴訟をするのは自由だが、日韓双方の政府は「国家間の補償ですべて終わった」との立場で一致している。したがって今後は、補償が必要な場合は韓国政府に要求すべきだということになる。

韓国では、日本企業が敗戦前の韓国人労働者に対する未払い賃金を日本で供託していたため、韓国政府にその返還を求める訴訟が韓国内で起きている。

この供託金は3億6000万円で現在の価値では300億~400億円になるというが、韓国政府(外交通商省)が法廷に提出した文書は「日本政府がすでに支払った請求権資金(無償3億ドル)に含まれているとみるべきで、韓国政府として日本政府に返還を要求することは困難」となっているという。

過去にかかわる補償問題では、韓国政府がすでに1970年代に旧日本軍人や労働者など民間人補償を個別に支払っており、近年も申請に基づき個別に支給している。元慰安婦についても生活補償が行われている。

しかし慰安婦関連など日本糾弾に熱心な反日団体をはじめ、あくまで対日要求にこだわる人びとは日本で訴訟を起こすなど、日本の団体などと一緒になって日本政府や企業に対する追及を続けている。

韓国マスコミもこれまでは何でも日本に要求という姿勢が強かったが、最近は補償問題処理について外交文書の紹介など事実関係をかなり客観的に伝えるようになった。



1ヶ月経つと忘れちゃう民族、というより政権交代が叶って(民潭まで政権交代の支援として「インターネットでネットウヨクと戦っている」と自らのHPで暴露してたもんね)「ウリのターン来訪!w」と歓声を上げてる状態なのかな。
ちょっとアレな言い方だとは思うけど、「中韓と朝日が歓迎する政治家はダメだ」という基本の「き」も忘れちゃった人が多かったのだろうか。
普通の政治家なら後者の記事を盾に「戦後補償は韓国政府との合意のもとすでに実行しており、すべての補償は完了した」と言うはずだが(もしかしてタロサなら相手にすらしないかもレベルの戯言)鳩山は勝手に「謝罪と賠償」外交を始めちゃうぞ。
8月終わりにどっから探してきたのかわからんオージーのじいさんを来日させ、鳩山個人が勝手に「謝罪」しちゃった記事を読んでなお、まさか政権をとれば「現実路線」に方向転換すると思っていたか?民主に入れた人そう思っていたか?
多数決は仕方がないが、そんな奴を首相にするべく投票してた奴と連帯責任とかね、もう泣きたい。
ちなみに父は新聞(もちろん朝日)を読みながら「自民党はこんなところまでばら撒いていたのか!?」と怒り、さりげなく補正を加えた内容を母が伝えてもスルーつうか聞いちゃいねえ、そして「民主党のお手並み拝見だな」となんだか得意げに頷いていた。
ま、朝日だけ読んでたら民主政権は希望の星で何も不祥事や失策やらかしてないからな。
私にすれば今さら「お手並み拝見」なんて言ってる情弱が自分の親かと思うと呆れるやら恥ずかしいやら情けないやら…。
しかし朝日新聞は母の意向で取ってるにも関わらず、なぜか選挙以降父への汚染がひどい。
八ツ場ダム計画にも俄かに反対し始め地元の方を侮辱するような発言を平気で…。
当の母は選挙前「民主党が言ってることなんか実現できないことばっか」と言っていたが、鳩山が国際舞台で声高らかに「25%削減」という実現不可能な目標を掲げた件については「日の出とともに起きて日が沈んだら寝る生活、健康的じゃないのww」とどう見てもねらー目線(2ちゃんなんか見ないのに)の言葉。
ほんとに母にとって朝日新聞をとってる意味ってなんなんだ。

とりあえず「民主党のお手並み拝見」は情弱のテンプレに入れたいとこだな個人的に。
実の娘の私ですら「何言ってんだこのオヤジ」と目が点になったくらいだから。

◇追記◇

>韓国挺身隊問題対策協議会は第884回水曜集会を開き、
>従軍慰安婦問題に対する日本政府の公式謝罪と被害補償を促した

書き忘れたけどこの変な名称はどっから出てきた。
日教組のイデオロギーにまみれた歴史教育を受けた私ですら慰安婦と挺身隊が別物だということくらい知ってたし、真っ赤な教師ですら挺身隊と慰安婦をごっちゃにしてなかったぞ。
もう名目なんかどうでもよくて、日本にカネをせびり続けるならなんでもアリなんだな韓国人は。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-25 21:44 | 今日のニュース・雑考
シンゾー!カンゾー!
自民党の総裁選(笑)のニュースに触れるたび、麻生太郎前総理(以下タロサ)の動向を気にしつつ、安倍元総理(以下安倍ちゃん)の動向も非常に気になってしまいます。
実際安倍ちゃんは総理時代にいい仕事してたんだけど、なんつか私はほっとけないというか気がかりでハラハラしつつ見守っていまして、酷いバッシングは言語道断として「やっぱり安倍ちゃんは時期尚早だったのではないか」という疑念がいまだに晴れません。
「友愛」ほど酷くないにしろ、「美しい国」というセンスは何か危なげでしたし。
確かタロサが外相から幹事長になったのが安倍内閣でしたっけ?
あまりにも早く潰された安倍内閣は、無念の内閣といっても過言ではありません。
今回の衆院選で、議席激減よりも手痛かったことは、中川(酒)氏の落選ですね。
麻生降ろしの先兵として自民の印象を激しく悪化させた中川(女)が比例でゾンビ復活したというのに(野田聖子もそうだけど)、なんで(酒)が落ちてしまったのか…
道民てバカじゃね?と暴言のひとつでも吐きたいくらいに(酒)落選は悔しい結果だった。
自民の大敗退は避けられないと覚悟していましたが、いやー(酒)落選はねえ。
麻生-安倍-中川ラインが生き残れば、自民党がこの先どうなろうとこの三者はきっと復活できる!と思っていたのに(酒)落選で最後の希望が絶たれたっつーかなんつーか。
ハニ垣総裁になったら自民支持する意味なくなるしさ。
この期に及んで党利を争うだけの派閥政治家なんか全員消えろよ見苦しい。
そんな自民党には政権奪取なんか永遠に訪れるわけないじゃん。
麻生指名したくないから白票とかどんだけバカなの?
ハナっから麻生指名していれば自民党自体に愛想を尽かす人はもっと少なかったと思うのに。

実はこれ前振りのつもりだったんですが冗長になってしまいました。
別に「晋三!(酒の)肝臓!」と言いたかったわけではありません。

2週間ほど前に区の健康診断に行っていろいろ検査されたり血とか尿とか便とかを提出させられて、最後の問診では「めまいや立ちくらみ、ありませんか?」と聞かれて意味がわからず「???」という顔をしていたら、「血圧が非常に低いので」と言われて、あーこれくらいでもそんなこと言われちゃうのか、と思いつつ帰宅したのですが、今日は検査結果を聞きに行きまして。
今まで特に異常などは出たことないので(酒ばっか飲んでた時はさすがに異常な数値が出て怒られたけど)今回もそうだろうと思っていたら、要検査項目が2つも出てきたのでびっくり。
しかも、心肺機能と肝臓。
なんか、心電図を取ったところ、T波がほぼ平坦になっていた、という検査結果と、胸部CTで肺が縮んでいる、という結果によって、「左心房の働きが低下している恐れあり」「肺機能低下の恐れあり」と判断されたらしい。
そして肝臓は、血液検査の結果、肝機能の数値がどれも高い、コレステロール値が高い、ということで、「脂肪肝の疑いあり」として要検査になった。
今まで酒以外で肝機能の数値がおかしくなったことないし、ここ数カ月ほとんど酒飲んでない!しかもコレステロール値が高いなんて結果生まれてこのかた一度も聞いたことない!
とりあえず何かしら引っ掛かるというか、質問されたりするのは低血糖低血圧だけだったのに!
さらに、とりあえず脂肪肝とはどのような病気(状態)であるのか調べてみようと帰宅してグーグル先生に聞いてみたら、「肝硬変への一里塚」なんて怖いこと書いてあるし、検査方法として肝臓と脾臓のCTスキャンで何らかの数値を出して、その数値がまずいゾーンに行った場合、肝生検が必要になるらしい…。
実はこの春父が腎生検を受けて、どう考えても医療ミスとしか思えない検査技師のミスで死にかけて1週間の検査入院のはずが3週間後の退院になり、しかも腹の中、腎臓のあたりにでかい血の塊ができてしまってしばらくは要静養、最近やっと階段の上り下りができるようになったわけですが、肝生検ってそれの肝臓バージョンなんです…。
やっぱり夜中に電話がきて「血圧40切ってまして輸血していいですか?」と聞かれたり、決して太ってはいなかった父が骸骨みたいになって帰宅しても家族としては全然嬉しくないし、本人は激しく嘔吐しながら「退院する!殺されるー!」と死の恐怖を訴えていたくらいですから誰にとってもありがたくない出来事でした。
いいことを挙げればこの入院生活のためか急激な体調の変化のためか煙草吸えなくなったこと?
でも全然吸いたくならないわけではなく、人が吸っていたり煙草の匂いがすると吸いたい気分になって、吸ってみては激しくむせて結局1分も吸っていられず、お陰で母と私は父の目につかない場所(台所の換気扇の下とか)でしか煙草を吸えなくなり、快適な喫煙ライフが送れなくなってしまいました。
吸いたいのに吸えないもどかしさ?みたいなものがあるのか、「旨そうに煙草吸ってるな」と恨みがましく言われるくらいなら、完全に嫌煙家になってもらったほうがマシだったなあと思います。
えーと、腎生検や肝生検は、乳がんの検査と同じような感じで患部に直接太い針を差し込み一部をほじくり出してそれを検査する、という趣旨の検査ですが、そもそも父が腎生検を受けるきっかけがかなりあやふや(尿蛋白が多い、という理由を調べるため)だった上に、腎臓にぶっ刺すはずの針で動脈を傷つけてられてしまったのだから、完全に医療ミスと思われるのですが、病院側はミスがあったと認めず、今カルテの開示請求をしているそうです。
多分起訴するような大金はないでしょうし、起訴しない場合はどう決着をつけるのか、この問題の先行きには興味津津といったところ。
父の場合は完全に検査技師のミスでこんな事態になってしまったわけですが、何も問題なく検査が滞りなく済めば、約1週間ほどで元気に自宅に帰れるはずの検査です。
都内では有名な大学病院でこの有り様ですから地元の医師会病院では不安倍増ですが、なんでも肝臓は肝機能障害などで傷めた場合、絶対に傷める前の状態には戻せないらしく、怖いというかすごく不安なのでとっとと近日中に内科へ行って検査を受ける手続きをしてこようと思います。
心臓は…止まらなければどうということはない、わけではないでしょうが、これもこじらせると面倒くさくなりそうなので同上。
なんでキャプテン翼をろくに見たことがない私ですら三杉くんを思い出してしまうのだろう。
ちなみに友人からコミックスを借りて読んだところ、若林くんのファンになりました。
もしかすると来月頭あたりから1週間予定で入院するかも、ということで一応お知らせしておきます。

しかしあんだけ大酒呑み(今禁酒中?)の(酒)も肝臓を大切にしてほしい。
ちなみに高級バー通いを叩かれたタロサだが、メニューを見たら全然高級じゃなかった件。
しかもタロサ本人はそれほど酒を飲むわけではないそうだ。
普段は飲まないけどお酒大好きな私はたまに落ち着いた雰囲気のショットバーに行ったりしてた。
せいぜい2~3杯くらいしか飲まないし、歓楽街ではなく普通に地元民用のバーだったけど、タロサの行きつけのバーの値段とジモティ用のバーの値段、全然大した差じゃなかった。
ちなみに高級ではない銀座のバーも、池袋のバーもたいしてお値段はかわりません。
もしかして日本人的な感覚からするとバー自体が高級酒場というイメージがあるのかも。
イメージ的にキャバクラやホストクラブで豪遊する客と同じくらい大金はたいてると思われたか?
やかましい居酒屋でまずい酒飲むより、酒場なら酒場で専門店に行ったほうがはるかに安いんだぞ。
あと鳩の居酒屋経営がいい話っぽく語られるが、典型的な坊ちゃんの道楽。
銃弾飛び交うシエラレオネでダイヤモンドで掘ってたタロサはれっきとしたお仕事で行ったから。
道楽で居酒屋経営してた鳩と、仕事で内戦してる国に行ったタロサと一緒にすんな。

a0027061_1985097.jpg

改めてウィキでシエラレオネの項目読んだら想像以上に怖い環境だった。
シエラレオネを知った人の多くが同時にギネアアブラヤシを知ったことと思われる。
日本の国花がヤシのわけない、と最初に気付いて指摘した方はどなたでしょうか。

◇追記◇

肝臓はともかく心臓、に関しては心当るところがないでもない。
実は別件で10年以上前から大量に服薬しており(もちろん医師の処方で)、心臓の負担を和らげるために強心剤のような心臓の薬も一緒に調剤されていた。
もしかしたら長年の服薬によって心臓への負担が増した可能性も十分ありうる。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-24 19:09 | ヘルシー&ビューティー
後期高齢者医療制度と自立支援医療制度、廃止後どうなる?
敬老の日

久しぶりにTBを飛ばしてみる。
後期高齢者医療制度について、実態がわからず是とも非とも判断つかない私にとって実に有意義な記事だったので、ありがたく引用させて頂く。
eagleiさんとはいろいろ価値観が異なるようだと思ったが、ブログを読むと非常にためになる。
民主政権の動向を知りたい方にとって、イデオロギッシュではない情報を得たいなら一読をお勧めしたい。


~引用ここから~

(読売新聞 「安心できる超高齢社会に」)
 高齢化それ自体は憂うべきものではない。多くの人が長寿であるのは喜ばしいことだ。
 にもかかわらず、超高齢社会が暗いイメージで語られがちなのはなぜか。社会保障制度が十分に対応できていないからだろう。
 新政権はこの不安を払拭(ふっしょく)するために、老後の生活を支える年金、医療、介護をどう再構築し、維持していくのか。山積する課題に取り組まねばならない。
 まず、直面する難題は高齢者医療である。
 長妻厚生労働相は就任会見で、改めて「後期高齢者医療制度は廃止する」と表明した。ただし廃止時期には触れず、その後については「現状を把握した上で制度設計する」とした。これは現実的な選択と言えよう。
 後期高齢者医療制度は、老人保健制度の行き詰まりを打開する目的で作られた。75歳以上の人の医療費を現役世代がどれだけ負担するかを明確にし、県単位の保険者を作って保険料格差を縮めた。
 新制度には様々な欠陥や説明不足もあったが、呼称などに対する感情的反発が先行し、冷静な議論が行われたとは言い難い。
 野党なら政策の欠点だけを追及し、「ただちに廃止して老健制度に戻せ」と唱えればよかったが、政府・与党となったからには、いたずらに混乱を招くだけの選択は許されまい。
 後期高齢者医療制度の利点と欠点を適切に評価し、発展的に再構築することは、「現制度を廃止する」との公約に反しない。冷静かつ建設的に、高齢者医療の将来像を練ってもらいたい。
 その場合、保険料や窓口負担が限界と見るならば、公費の投入を増やすしかない。医療に限らず、年金も介護保険も同様だ。
 だが、子ども手当など他の新規施策だけでも財源確保に疑問符がつく中で、増税なしに高齢者施策の財源は見いだせるだろうか。
 消費税を社会保障税とし、きちんと財源を確保すれば、超高齢時代の施策は選択肢が広がる。新政権は一日も早く決断すべきだ。


(毎日新聞 「敬老の日 高齢者医療をどうする」)
 後期高齢者医療制度の廃止が民主党の公約である。廃止した後にどのような医療制度にするのか、鳩山内閣はこの難題に向き合わなければならない。連立を組む社民党は75歳以上の人を国民健康保険などに戻すことを公約にしているが、長妻昭厚生労働相は「元に戻すのは、常識的に混乱が起きる可能性がある。廃止し新しい制度にした場合も含めてメリット、デメリットを速やかに検討するよう指示した」と慎重な姿勢を見せている。
 破綻(はたん)寸前の国保を救済するために導入したのが後期高齢者医療制度なのだ。元に戻すだけでは根本的な解決にはならない。しかも自民党政権は1168億円も投じて負担軽減に努め、国保に入っていた世帯の75%が後期医療制度で保険料が下がった。再び保険料が上がれば不満が噴出するのは必至だ。容易には引き返すことができないところに鳩山内閣は立たされているのだ。
 07年度の国民医療費34兆円のうち、75歳以上だけで10兆円を占める。75歳を過ぎると要介護高齢者の発生率が急激に高まるためで、長期入院患者の7割が75歳以上ともいう。1人当たりの医療費を見ると、45~64歳が26万円なのに対し、75歳以上は79万円と約3倍だ。これでは保険財政が窮状に陥るのも無理はない。「被用者保険と国保を段階的に統合し一元的運用を図る」というのが民主党の公約だが、誰かが負担しなければならないことに変わりはない。大企業の会社員らが加入する健保の約7割が08年度決算で赤字の見込みという。高齢者医療制度への負担が直撃しているためだ。
 冷静に考えてみよう。年齢で差別することはあってはならないが、病態や医療コストが異なることを踏まえて診療報酬などの制度変更を検討する余地はないか。医療費だけ目を凝らしていると出口のない袋小路のような気がしてくるが、介護も含めて高齢者を包括的に支える仕組みについてもっと模索してもいいのではないか。
 自民党政権は長期入院の多い高齢者の療養病床を35万床から22万床へと削減する計画を進めてきたが、受け皿となるべき介護施設の整備がまったく遅れている現状では、不安を募らせるばかりだ。その点、民主党は療養病床削減計画の凍結を公約にしている。高齢者の医療と介護をどうするのか、負担増の論議からも逃げずに全体像を早急に提示すべきだ。
 75歳以上の人口は06~12年の6年間で23・6%も増える。敬老の日ではある。しかし、根拠の乏しい理想論や建前を廃し、現実に向き合わなければこの国の高齢者を守ることはできない。


~引用ここまで~


新聞記事のみ引用で申し訳ない。

WEB版(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20090920-OYT1T00802.htm
WEB版(毎日)
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20090921ddm004070006000c.html

なんつか、うちの母が言ってた「名称が悪かった」っての、マジだったんですか?
それに、保険財政破綻の危機を前に導入されたこの制度がお年寄り優遇政策とは思えないのですが、なんで選挙の争点として大きくクローズアップしたのかマスコミ各社に問い詰めて回りたい気分いっぱいです。

>野党なら政策の欠点だけを追及し、「ただちに廃止して老健制度に戻せ」と唱えればよかった

よくないだろ何言ってんだ。
与党であろうと野党であろうと国民のための政策を講じ合い、どの政策が一番妥当で(コストも含めて)効果が高いか、ということを国会で審議し合い、国政を進めるのが国会議員のあり方だと思っているので、「野党は与党を批判することが仕事」という言い分は到底認められん!
自民党が民主党を批判し出したら「すっかり野党ですねww」と冷やかされたが、野党の本来の役目は与党批判に非ず、与野党ともに見据えるべきは政局ではなく政策であろう。
政策だけでは民主党が政権をとることは難しい、と判断したマスコミ各社が社会不安を煽り、格差社会を訴え雇用不安を訴え、大々的な自民バッシング・麻生バッシングを展開したお陰で今回民主党は政権政党になれたわけだが、そのマスコミが今さらこんなこと書いてると「選挙前に書け!」と言いたくなっても仕方ない。

ま、なんつか…民主党はいろいろ責任とってから自民に政権返せ。

あと、自立支援医療制度も廃止されるそうですね。
利用者からも悪法と呼ばれ非常に評判の悪い制度ではありますが、私が利用申請したのは2年ほど前なので、どこが悪法なのかよく知りません。
バカ高い医療費がかなり低減されたことは本当にありがたいことだったので、自立支援医療制度の廃止は非常に困るというか、また医療費が跳ね上がるのかと思うと頭が痛い話です。
最近アンチ自民になって発狂した父は「あんなの悪法に決まってる!」の一点張りで全然話が通じないのですが、その悪法が導入される前はどういう素晴らしい法が医療費負担を抑えてくれていたのかまったく聞いたことがない。
自立支援医療制度を悪法と罵る利用者は「だから~~に戻せばいい」とか「~~のままでよかった」と決して言わないので、自立支援医療制度が悪法なのかどうかまったく判断できない、後期高齢者医療制度と違って自分ごとなのにすごく困る。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-22 22:04 | 今日のニュース・雑考
戸籍法廃止、次は国籍廃止でしょうか
戸籍制度見直しへ議連 民主有志
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090920AT3S1901019092009.html

戸籍制度の廃止をめざす議員連盟が、民主党の有志議員約30人により10月に発足することがわかった。名称は「戸籍法を考える議員連盟(仮称)」で、呼びかけ人は川上義博氏、松本龍氏ら。個人を単位とした登録制度をつくるため、戸籍法の廃止も含む見直しを提案している。(20日 10:17)


よく「民主には景気対策しか望んでいない!」という人がいるけど、民主のマニフェスト及び政権政策集を熟読した人であれば、民主が景気対策なんて何も考えていないことくらいわかってて当然だと思っていたが、もしかしたら麻生さんが実行した景気対策を知らなかったのかもしれない。
同情の余地は全然ないが、有権者として連帯責任を負わなければいけない以上、今さら民主に投票したことを嘆く有権者の口には雑巾突っ込んでやりたいな。

温室効果ガス25%削減とか外国人参政権とか、明らかに民主政権は国民にとって優先的ではないことばかり進めているが、戸籍制度見直しは補正予算案凍結なみのサプライズだった。
こればっか言ってる気がするが「誰得?」「それ今やることか?」。
「今なぜ戸籍法」という困惑をとりあえず脇に置き、戸籍法という制度の利用がとても面倒くさいものだということを理解した上で、その面倒くささが偽造や悪用の歯止めとして役に立っているのではないか?と思ったのが私の最初の見解。
あえて廃止するほどのメリットがわからないというか。
かつて国民があれだけ反対した国民総背番号制をまた導入しようということ?
(あの時背番号制にしていたら年金問題はあれほど膨れ上がらなかった気もするが)
私自身はID制の導入には反対しないが、だからといって戸籍法までなくす意味がわからない。
強いて誰得かを考えてみると、戸籍によって身元が明らかになっては困る人?被差別民とか?
まぁ、いそうな気もするけど、大多数の国民にとってはどうでもいい話。
あとは、出自を誤魔化したい人にとって戸籍法の廃止はすごく旨みのある話だろうと思う。
ということは普通の日本国民になんにもメリットないじゃん。
戸籍法廃止した結果、氏素性のわからない怪しげな人々が跋扈するなんて嫌すぎる。
通常は免許証、あるいは健康保険証と住民票で身分証明になるけど、戸籍がないっつったら自分の存在を証明する後ろ盾が何もないに等しい!恐ろしくて受け入れられん!!
みたいな結論に落ち着いたのですが、こんな一瞬頭が真っ白になるほど唐突過ぎで、しかもよく考えても悪い結果にしかならないであろうと思われることでも、なぜか即座に「賛成!日本の戸籍法は古すぎる!戸籍法があるのは日本だけ!」という賛同者が出てくる最近の2ちゃん、ウザすぎるネトウヨ連呼厨よりもそういう人たちの出自や所属を知りたい気分でいっぱいです。
民主党が変なこと言い出すたびにそういう輩が湧いてくるわけですが、ランダムに強制フシアナやってくれたら面白いだろうなと思ったり。
温室効果ガス25%削減を世界に提言するという「鳩山イニシアチブ」について、「首相が明言したんだから今さら文句言っても仕方ないだろ!?」「同意!あとは国民がどれだけ頑張れるかの問題だ!」とか言ってるやつら、絶対日本国民じゃない気がするが、もしかしてマスコミ関係者かもと思うと自然に受け入れられるなぁ。

「ガバメント」のドメインは前からあったけど、TBSドメインにはちょっとびっくりした。
9月以降のドメインチェックで出てきたけど、私、そんなに激しくTBSを叩いてたっけ?

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-22 02:43 | 今日のニュース・雑考
ちょっと待て、後期高齢者医療制度に反対してたのはどこの誰だ?
「後期高齢者医療」制度廃止に現場は反発
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090921-OYT1T00412.htm

高齢者などの反発を招き、政権交代の一因ともなった後期高齢者医療制度。長妻厚生労働相は、「廃止」に向けた検討に入ったが、制度を運営する後期高齢者医療広域連合や、保険料の徴収を行う市町村などは早くも反対ののろしを上げる。

関係者の利害を調整し、新しい高齢者医療制度をどのように構築するのか。社会保障制度の抜本改革を目指す民主党の一里塚となりそうだ。(社会保障部 阿部文彦、内田健司、政治部 高橋勝己)

◆制度開始1年半◆

「年齢区分で区切る仕組みは廃止する」。長妻厚労相は17日未明の就任会見で、きっぱりと宣言した。75歳以上の医療費を現役世代が支援する後期高齢者医療制度は、昨年4月の施行以来、年金からの保険料天引き、周知不足などにより、大きな混乱を招いた。民主党などは、即時廃止し、従来の老人保健制度に戻すよう求める法案を昨年6月に参院で可決するなど、政権批判の追い風としてきた。

16日には、「全日本年金者組合」(組合員約9万人)が国会前で集会を開いた。冨田浩康書記長は「秋の国会で後期高齢者医療制度の廃止を実現することこそ、新政権の船出にふさわしい」とエールを送った。

しかし、制度開始からすでに1年半がたつだけに、制度廃止への反発も強い。京都府の広域連合は今月5日、鳩山政権の誕生を見越し、「制度が廃止された場合、老健制度が抱えていた問題の解決を遠ざける。制度の度重なる大幅な見直しにより、高齢者や制度を実施する現場に大きな混乱が生じることが懸念される」として、制度堅持を求める決議を賛成多数で可決した。制度を主導してきた日本医師会も、「廃止により現場が混乱する」との立場だ。

◆現場に大きな負担◆

高齢者が国民健康保険などに加入したまま、医療サービスを受ける老健制度に代わる、新たな高齢者医療制度の検討が始まったのは1990年代後半から。国保を運営する市町村、健康保険組合、日本医師会などが論議を重ね、2005年末に、制度の枠組みが決まった。さらに、制度開始まで、保険料を徴収する市町村、運営主体となる広域連合は2年間をかけて、徴収システムの新設、窓口業務を行う職員の研修などに追われた。

すでに、来年度の保険料の改定作業も始まっており、すぐに制度を変えた場合、現場の負担は大きい。全国後期高齢者医療広域連合協議会の横尾俊彦会長(佐賀県多久市長)は、「多額な投資をして準備してきた制度であり、元に戻すとなると、同じくらいの費用がかかる。現状は落ち着いており、制度の基幹は残すべきだ。現場の意見を聞いてほしい」と指摘する。

さらに、開始当初、市町村に殺到した保険料などの苦情も目立たなくなっている。日本医療政策機構が今年1月に行った世論調査では、現行制度を基本的に維持すべきだとする人が、70代以上では56%に上った。在宅の高齢者を多く診る新宿ヒロクリニックの英裕雄(はなぶさひろお)医師も「高齢者や家族が、制度に特に強い問題意識を持っているような印象は受けない。ある程度定着したのでは」と話している。



えーと、後期高齢者医療制度に対する不可思議な感覚はすでに述べているが(http://kashiwara.exblog.jp/8983234/参照)若者もお年寄りも後期高齢者医療制度に反対してたから民主に入れたんだよね?やめて欲しかったんだよね?
なのにどうして今になって「現場の反発」が出てくるのさ。
この「現場」っちゅーのが医療機関やそれに準ずる立場の人たちなので、「そりゃ医療関係者は儲からなくなるから必死だよ」とひと言で片付けられそうだし、世論調査の精度もこの記事だけではまったくわからない。
しかし選挙前に戸山団地のお年寄りとか記事になってたし、若い世代が自分たちの負担増にしかならないこの制度に反対、ということは理解できるにしても、当のお年寄り世代もこの制度のお陰で負担増になった、つまり生活苦に繋がった、として反対しているようだったのだから、あんまり有権者にとっていい制度だと思われてないらしい、ということはわかったつもりだった。
いい制度なのか悪い制度なのか私には判断できないが、多くの有権者が悪い制度だと思っているということは、多くの国民にとっては利のない制度だったのだろう、と。
私にとって全然争点となりえないことだったので、反自民票が増えるんだろうなぁという憂鬱のひとつだけでしかなかったのだが、いきなり「現場の反発」なんて記事が出たら驚くじゃないか。
実際にこの制度を利用する75歳以上のお年寄りの声はまったく報道されなかったのに。
戸山団地の人たちも、「後期高齢者医療制度に反対」だから民主党を支持していたと明言してなかったわけだが、「お年寄りの生活苦」という記事はよく見たなぁ。
夫婦合わせて年金支給額20万しかない、とか、あんまり同情できない話だったけど。

後期高齢者医療制度については門外漢というかそもそも興味の対象ではないので自分的にはどうでもいいとして、選挙前、民主党の公約の「FTA締結」について、JAが即座に抗議した時、2ちゃんで「農家(農業)をダメにしたのが農協」「農家は農協のせいで迷惑している」「農家は農協を嫌っているし恩義なんか何もない」「農家は別に困らない」という論調の賛成派がいっぱい出てきたけど、「補償金を出せば農家は潰れないけど日本の農業は潰れる」と発言した私に対して「農業なんか潰してイイジャン、今は食料なんかいくらでも輸入できるんだから」という反論不能、というかどこから説明すれば納得に至るのか気の遠くなる意見を書いていた人たちがいる。
「年寄りは医師会なんかどうでもいい」「年寄りは医療関係者を嫌ってる」「年寄りは困らない」「そもそも年寄りが死ねば誰も負担しなくて済むじゃん」と言ってる人たちがいそうだ。
民主党が変なことを言い出すと、かなりの確率で賛成派が湧いて出てくるシステムって何。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-21 19:01 | 今日のニュース・雑考
都合良く海外基準を持ち出そう!-ヨーロッパの消費税-
以外に日本人だけ知らない日本史/デュラン・れい子(講談社+α新書)

とりあえずタイトルに目を留めて中身をパラパラ読んで購入。
選定基準としたのは、「昔の日本人は素晴らしかった」という手のもの(興亜論的なもの)に被れていないこと、そして「日本人とは」という民族意識があまりないこと。
国際結婚した女性の体験談本が流行っているので、便乗本だったら買いたくないな、とか。
結果、タイトルはあんまり内容に合ってないというか不適切だったような気がする。
これだと「最近流行りの愛国主義ね」と読まずにスルーする人が多そうだから。
ヨーロッパ人男性と結婚した日本女性(文章に見合わずご高齢の方)が、ヨーロッパ各地で体験した「日本人としてはビックリ!」なお話をまとめた本。
と言ってしまうとなんか流行りに乗っただけの軽薄な本だと思われそうだが、塩野七海をうんと読みやすくした感じ、と言えばご理解頂けるだろうか。
ま、筆者は偏った政治思想に被れていないし、感性が非常にフレッシュ、ヨーロッパの文化に対して敬意を払った上で決してヨーロッパ礼賛にはならず、日本人としての道徳も良識も持ち続けており、良書であると評価。

私が無知なだけかもしれないが、欧州(以降めんどくさいので欧州と書く)の消費税って日本よりずっと税率が高かったのかー!ということに一番驚いた。
だって日本と言えば後進国で世界基準に比べてどうのこうの、と言われるじゃないですか。
今回の政権交代に少なからず影響を及ぼした消費税の税率アップの問題が、欧州基準で見ると「赤ん坊に水をあげるかミルクをあげるか」程度の瑣末な問題にしか思えない。
欧州における付加価値税(日本で言う消費税)の高さにインド人もびっくり。
フランスでは19.6%、ドイツも2006年に16%から19%に税率引き上げ、スウェーデンだと25%!ありえねー税率だー!
(2009年7月発行の本なので、あまり時差はないはず)
とは言うものの、各国で生活必需品などは減税されている。
あと消費税じゃないけど、不動産の上昇率に合わせて税金が決められる、キャピタル・ゲイン(資産値上がり益)という税金があるそうだ。
自分が住む目的で土地や家を買い、15年以上持ち続ければ税金はかからなくなるが、それ以前に売った場合は課税対象となり、さらに外国人だと税金がかなり高くなるらしく、著者は売却価格の約2割が持って行かれたとのこと。
いやおフランス侮れん。
筆者はバブル時にこの税制を導入していれば日本は税収がどれだけ上げられたことか、として逆に「こういう税金が日本では甘すぎるのではないか」と疑問を投げかけている。
どうも北欧に限らず欧州ではかなりの課税で高負担高福祉社会になってるようだね。
何かいい表がないかとグーグルで探したんだけど見つからなかった。
けど、2006年の記事であるが、わかりやすくまとめた上で表もついている記事発見。


掲載日: 2006年 04月 11日
消費税が20%に?! ヨーロッパに学ぶもの

http://allabout.co.jp/career/worldnews/closeup/CU20060405A/
http://allabout.co.jp/career/worldnews/closeup/CU20060405A/index2.htm

景気が回復した、という悲しい文章に堪えてお読みください(転載すると長いので)。
2ページ目の一部を抜粋します。


さてこの付加価値税ですが、ヨーロッパ諸国ではどこもとても高い税率になっています。一例を挙げますと、付加価値税発祥の国であるフランスは19.6%、ドイツは16%、イタリアは20%などです。さらに福祉先進国のスウェーデンでは、なんと25%もの付加価値税がかかるのです。

これだけ高いとさぞかし庶民の生活は苦しいのだろうと思ってしまうでしょうが、実際はそうでもありません。というのも、付加価値税の基本税率は高くても、生活必需品の税率は低く抑えられているからです。こういった点は、日本もこれから学んでいくべき点かもしれません。


a0027061_1545068.jpg

ではイギリスの例を見てみましょう。イギリスの付加価値税の標準税率は、17.5%です。つまり、一般的に物を買ったら17.5%の間接税がかかることになっているのです。ですが、生活必需品になると軽減税率が適用され、17.5%も払わなくていいのです。その軽減税率は3段階もあり、必要度が高い物ほど税率が低くなっています。

生活に最も必要な食料品や、新聞・雑誌、電車・バスなどの交通費は、ゼロ税率といって付加価値税は全くかからなくなっています。これによって、庶民の生活の中ではあまり負担感が大きくならないようになっているのです。

それから医療、教育、郵便などは非課税です。これも付加価値税がかからないという意味なのですが、ゼロ税率とはどう違うのでしょうか?それは小売業者の仕入れ額に対する控除の違いになります。これらの違いについては一般の消費者はあまり関係ないので、深く考えなくてもよいでしょう。

そして家庭用燃料や電気代は、5%の軽減税率が適用されています。以上のように、イギリスの付加価値税率は17.5%であるのですが、庶民の生活にはあまり負担がかからないようになっています。



日本の消費税に比べてなんと素敵な消費税!特にゼロ税率品の素晴らしさ!
なんか、要するに車とか服とかレジャー施設での遊行費とかがバカ高いということか。
これなら日本人も消費税の税率引き上げに納得できるような気がする。
私は消費税の税率を上げないことにはどっちみち立ち行かなくなる、と考えてるが、贅沢品の税率を上げて食料など最低限の生活必需品に対する税率は上げないほうがいい、とも思っているので、おフランスや紳士の国の消費税はかなり魅力的に見える。

まあしかしながら、この記事の筆者の言うとおり「海外がそうだから」に惑わされてはいけないということが一番重要だと思います。


このような生活必需品に対する軽減税率を導入すれば、たとえ消費税が10%、20%になっても、庶民の生活はそれほど苦しくはならないのです。しかし、政府関係者の中には、ヨーロッパ式の軽減税率制度を導入したがらない者もいます。その理由としては、結局軽減税率を導入すると、たとえ基本税率を上げても税収はあまり増えないからです。結局、政府としては税金による収入をなるべく上げたいのです。

「軽減税率付きで消費税を上げるくらいなら、最初から贅沢品だけに課税した方がいい」という人もいます。それは1つの意見でしょう。ただ一般の消費者が覚えておいた方がいいのは、ヨーロッパでは付加価値税率が高くても、ちゃんと市民生活に負担がかからないような工夫がされているということです。「海外では高いから日本も消費税を上げるべき」という言葉だけに惑わされず、生活が苦しくならないような増税を政府に望むようにしましょう。



まあ多分どんな事情であっても「増税を政府に望む」日本人はいない気がするけど。
国家が生活の土台を支えていてくれることを失念し、税金というものは国が盗んで行くもの、国は何もしてくれない、したがって政治家は税金ドロボー、これ以上ビタ一文たりとも税金払わねぇ!という被害者意識に凝り固まった日本人には、建設的な税制などを考える余地はないしね。
外国人が増えて治安が悪化した!とか言うけどさ、不法滞在者を通報すると何万円か貰えるし、少なくとも今の段階で米国や欧州ほど移民流入による治安悪化は全然進んでいない。
凶悪犯罪事件が増えたと言われても、実際犯罪件数自体は減ってきているし、池袋や秋葉原のような通り魔大量殺人だって、ご遺族には大変申し訳ない物言いだと思うが、あれ凶器がマシンガンだったらもっと犠牲者は増えていたと思う。
家の扉に施錠しない田舎の人の神経はわからないが、あと大阪のような街だと通用しないと思うが、とりあえず女性が夕暮れ以降も独り歩きできるなんて天国じゃないの?
誰がそういう暮らしを守ってくれているのかと言えば、警察や国なんだけど。
(もし武装した隣組が守ってくれている地域があったらすみません)
しかし現状に不満しか持てない人は、とりあえず今の暮らしを当たり前に享受できるのは腐っても国のお陰である、という事実に目を向けたほうが精神的にもいいと思います。

ちょっと脱線したが、どんな国にも見習うべき制度は多々ある。
しかし、それをそのまま安直に日本に持ち込んできちんと運用ができるのか?ということは熟考すべきであり、気候や風土、何より精神性において異なるメンタリティを持つ民族が、先進国という括りで足並みを揃える必要が必ずしもあるわけではない。
とりあえず高速道路原則無料化で欧米では無料なのに、と言う人と、有料化が世界の潮流だ、という人はどっかにまとめて各国の高速道路料金対比一覧表を置いて欲しい。

しかしグーグルでヨーロッパ 消費税で検索したらかなり笑えた。

こんにちは!消費税をなくす全国の会です
小泉首相などが唱える「ヨーロッパの税率は高い、日本は低い」という比較論は、消費税引き上げの口実に過ぎません。 たとえば、イギリスでは、標準税率が17・5%ですが、食料品はほとんどゼロ税率、「子どもの成長には税金をかけない」と、15歳までは、 ...
www.horae.dti.ne.jp/~snzk/q-and-a/q-and-a.htm - キャッシュ - 類似ページ

庶民大増税 なぜなぜ問答/財源論編 6/Q 欧州の高福祉は消費税が高い ...
「ヨーロッパが日本に比べて高福祉なのは、消費税が高いからだ」という人がいます。本当でしょうか。 違う歴史. 第一に、ヨーロッパの各国では、たしかに消費税(付加価値税)の税率は20%前後と高いことは事実ですが、この消費税は社会保障財源のため ...
www.jcp.or.jp/akahata/...09.../2006090908_01_0.html - キャッシュ - 類似ページ

けいざい なぜなぜ 問答/社会保障財源は消費税なの?/土台変えれば不必要
消費税率の高いヨーロッパをみると、社会保障財源はやっぱり消費税に求めた方がいいのでは? ... 日本の消費税増税派は、こうしたヨーロッパの消費税率を取り上げて「ヨーロッパは消費税率が高い。消費税増税にふれないで社会保障財源はどうするのだ」 ...
www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-07.../08_01.html - キャッシュ - 類似ページ

順子の“これから”: ヨーロッパのように消費税減税せよ
2008年12月4日 ... ヨーロッパのように消費税減税せよ. 011 12月1日、金山駅北口で共産党の宣伝を行いました。 ... 大企業への減税をもとにもどし、消費税の増税をストップさせるべき。ヨーロッパでは景気対策に消費税減税をおこなうという。 ...
junkosan.cocolog-nifty.com/j1/2008/.../post-7269.html - キャッシュ - 類似ページ



めんどくさいので各ページ見てませんが、普段は「欧州を見習え」という日本人が、欧州の消費税に関しては「見習うな!」と一生懸命アピールしてるあたり、リアルに吹きました。
つか欧州の消費税(付加価値税)に対するまともな見解ページが上位にないのもスゲー。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-19 03:19 | 今日のニュース・雑考
「もったいない」より「みっともない」(仮題)
後期高齢者医療制度が廃止されるらしい。
正直うちの世帯には対象者がいないし、誰が得する法だったのかもわからない。
法制や法令を改める際、万人が得すること自体ありえないので、すべての法は誰かが得した分、誰かが負担を負う(損する)、ということは弁えたうえで。
後期高齢者医療だけは誰が得して誰が損したのかまったくわからない。
老人優遇制度の象徴として悪法撤廃すべし!と若い世代が主張する一方、まさにその制度のターゲットゾーンであるお年寄りは「生活が苦しくなった」と不満を募らせ、結果反自民票がかなりかき集められたと思うんだが、若い人もお年寄りも損して誰も得していない、という制度だったんだろうか?
そりゃあ国家権力が得したんだ!という声には耳を貸さないとして、なんかお年寄りも、お年寄りじゃない世代も、前提として「自分たちは全然優遇されてない!」という思い込みというかムードに乗ってたんじゃないかと推測する。
ここ1年ほど、マスコミの劣化と同じくらい日本人の劣化が進んだように思う。
とにかく自分よりも得している人は許せない、お前らが楽してる分こっちにカネ寄越せ!という乞食根性が身に付いたみたい。
というわけで、名家に生まれて何の苦労もしていない、しかも不況のさなか高級ホテルバーに通っている総理大臣に憎しみを募らせ、そいつが漢字でも間違えた日には「なんでこんな阿呆が総理なんだよ!」と腹が立って腹が立ってたまらない。
対立政党が最低時給1000円と言い出したことについて「これじゃ雇用が減らされるだけ!(特に地方の)中小企業が潰れて雇用状況はもっと悪化するぞ!」と危険を訴えても「最低時給800円も確保できない企業なんか潰れればいい」「800円以下の働きしかしない奴なんてイラネ」。
内政に関して政権与党に文句言うのは妥当としても、大企業の赤字を笑っていられる余裕が今の日本にあるのかどうか甚だ怪しい上に、中小企業に対しても「給料さえ満足に支払えない会社は潰れてもいい」なんて言ってる場合なんだろうか。
多分、最低時給800円とか企業なんか潰れろというのは単なる煽りだろうけど(そうでなかったら鳥肌立つほど怖い)、えらく僻みっぽい発言を平気でする人が増えたな、と。
小林よしのりを国士とするならば、全然右翼じゃない私でもみっともなさすぎだと思う。
「もったいない」よりも「みっともない」を日本の道徳精神として広めて欲しい。
日本人は勤労精神に溢れた民族であるが、「がむしゃら」「寝る間も惜しんで」「なりふり構わず」といった勤勉さに敬意を表す言葉と、「みっともない」は別物としてくれないかな。

私はネット復帰するまでの間、新聞が日に日に薄くなって行き、不況だというのに何ら政府の政策を報じず社会不安を煽るような記事ばかり、そして毎日のように漢字の読み間違えばかり大々的に報道している新聞社は公共報道機関としての職務を放棄したようにしか見えず腹が立っていたのですが、それが腹の立ち方ポイントとして違うと言われると、少し悩まざるを得ない。
「政府は何もしてなかったから政策が報道されないのは当たり前」と言われても、いや、例えば景気悪化を促すような政策をとればそれは批判に値する重大な過失として報道されるべきであり、それすら報道しないようでは毎日国会で何やってるんだと思うし、とりあえず国会では民主党がなんでも反対してばかりで何も決まらない、補正予算案を通すのに一体どんだけ時間かけてるんだと呆れるし、新聞を読んでいても民主党の主張は反対のための反対にしか思えず、こいつら何のために国会にきてんだと職務怠慢に憤るばかり。
自分たちが提出した法案に反対するに至っては、国会はコントの場じゃねぇ!と真剣に怒っていた有権者は自分以外にももっといたはずだと思うんだけど。
テレビはNHK以外あんまり見てなかったけど、新聞紙上に「カップ麺」「ホッケの煮付け」「高級ホテルバー」という文字が並んでいるのはシュールだったな。
日本一のクオリティペーパーのはずが週刊現代になったらそりゃびっくりするよ。
新聞記事が怪文書レベルになったんだから、新聞取ってる人はもっと怒っていいのになぁ。
最近テレビのバラエティ番組やクイズ番組を見てると(見たくないけど親が見たがっているのでしゃーない)、あまりにも視聴者をバカにした低俗ぶりにうんざりするんだけど、あれが教育に悪いという保護者が出てこないから不思議だ。
とりあえず笑点の楽さんを最低基準にしてそれより面白くない芸人はいらない。

ここまで書いて疲れたし長すぎるので続きはまた別のエントリで。
ちなみに医療・福祉については、中負担・中福祉の自民案が妥当だったと思ってる。
民主党の低負担・高福祉はありえないし実現不可能だと思ったが、もしかしたら世界のどこかに成功例もあるのかも。
母が言うには、後期高齢者医療制度は発想として決して悪くなかったが、あちこち穴があったのがよくなかったのだろうという見解で、何が一番悪かったと言えば75歳という年齢をはっきり提示してしまったところにあるだろうとのこと。
やっぱ意味わからん。
しかし二大政党制を期待して民主に入れた父は、速報を見て「勝ちすぎだ」と頭を抱えていたが、最近自民党への激しい怒りを表すようになり、怖いのとめんどくさいのとで最近あまり父と会話していない。
父が発狂したのは自己責任としか言えないが、その世代にしては珍しくノンポリで思想に偏りがなかった父が政権交代で気が狂うとはとんだ災難である。
次に忘れないために、「八ツ場ダム」「公共工事」「土建屋」「利権」をメモ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-19 00:17 | 今日のニュース・雑考
年収1800万円(推定)の芸能リポーターに憧れる
鳩山代表との会談「しゃべることはない」14日の首相
2009年9月14日16時53分
http://www.asahi.com/politics/update/0914/TKY200909140324.html


【特許庁視察】

――きょうの特許庁視察を終えての感想を。

「日本の最先端技術のちょっと一部を垣間見させてもらったんですけども、うん、なかなか、ちょっと、いま、こう暗い話が多い中で、へえー、これ将来の日本の支えるものになるなと思ったものもいくつかありましたんで良かったのと、地域ブランドの話が正直、これも、活力、地域の活力になるだろうなと思って、地域で特許をやるところもよくありますけれども、やってよかった、当時、関サバが確か、話題になったのが最初なんだと思いましたけども、ここまで来て良かったなと思いました」

【鳩山民主党代表との会談】

――きょう午後、総理は鳩山(民主党)代表と会談したが、どのような話をしたのか。

「前にも言ったと思いますけども、個別の会談の内容を、私の方から外にしゃべったことは一回もありません」

――総理の方から鳩山代表に対して、新政権に対する期待とか、何かアドバイスのような話はしたのか。

「内容をしゃべることはないと、いま申し上げました」

――新政権に対する期待のような話は何もしてないということか。

「内容については、一切しゃべることはありません」

――総理、総理、総理、総理、総理……。

 (立ち去る)





今更突っ込むような話題ではないと思いつつ。
故ナンシー関のコラムに記してあった芸能レポーターの変遷を連想した。
私は子供の頃から今に至るまで、芸能ワイドショーはまともに見たことないし、女性週刊誌も読まないので芸能レポーターという職業がどのような活動をしているか知らない。
とりあえず有名人がなんらかの道徳に反する行動を行い、それが明るみに出た場合、マイクを突き付けてコメントを取ろうと必死になっている姿くらいしか思い浮かばない。
ナンシー曰く、昔(というのがどれくらい昔なの知らないが)は「誰某のコメント取ってこい!」と言われたリポーターが、取材対象にすげなく無視されて「コメント取れなかった」場合、それは目的が達成できなかった時点で「取材の失敗」とされて報道されることはなかった。
しかし最近はドアの前でインターホンを押して何の返答もなかった場合など、カメラの前のリポーターは視聴者に向かって真面目な顔して「コメントはありませんでした」と報告する。
つまり、取材の結果をニュースとして報道するのではなく、取材しに行ったことをニュースとして報道している、ということをナンシーは指摘したのだが、私も「ああ、そういえばそんな感じかも」と納得した。
だからどうだと説教臭いことをナンシーは言わないけど。
ナンシーはすでに過去の人であり、私も彼女が急逝してから文庫本を集めまくった口だったが、ナンシーのコラムは今のマスコミの姿を看破していたなぁと思う。
この朝日新聞の記事(後半)は、まさに取材しに行ったことをニュースとして報道している芸能リポーターそのままではないかと思ったのでナンシーを思い出したわけだが、これ麻生さんの発言がどうとか言うより単に記者がアホだったとしか言えない。
「個別会談の内容を私が外で喋ったことはありません」のひと言でアンサーとして成立しているのに、そのアンサーを無視して愚にもつかない質問を重ねた挙句、「総理、総理、総理(後略)」「(立ち去る)」ってバカじゃないの?
何を伝えたかったの?この後半部分の記事で。
麻生さんが冷たかったとか、無愛想だったとか?
喋ることはないと本人が言ってるし、麻生さんが個別会談の内容を外で話したことがないというのも普通に事実なのに、どんな言葉を引き出したかったの?この記者は。
職業に貴賎はないけど、芸能リポーターのほうが分を弁えているだけずっとマシ。
こんな記事しか書けない記者が年収1800万円(推定)も貰ってるなら、給料20万でいいから私が代わりに書いちゃるよ。
人並みの羞恥心を持ってる分だけこれよりはまともな記事を書く自信はある。
しかし朝日って超学歴主義でエリートばっか雇っているのにインテリジェンスのない記者ばかりなのはなんでですか?
本日の朝日新聞夕刊に掲載されていた池上彰の連載コラムで「“旧悪暴露”報道を期待」って書いてあったけど、つまりこれから朝日新聞は民主党の政治を語らず自民党の悪口ばかり書き続けると受け取っていいような感じですね。
1ヶ月もしないうちに、「朝日に購読料4千円も払うなんて狂気の沙汰だ!」と母親にブチ切れて大喧嘩になりそうな予感が…

朝日もバカなんですけど…
これを文脈通りに受け取って麻生さんこきおろしてる人って真性バカですかね?

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-09-14 23:06 | 今日のニュース・雑考