<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ブックバトン
はむはむさんから本バトンを頂きました。

確かに私は本(紙媒体の書籍)が大好きだ…
しかし、愛読書を公表するのはシモネタ以上に恥ずかしい行為ではないだろうか。
本棚を見ると人が見える、と言いますし、WEB日記で公開なんて卑猥だわー。
と言いながら、WEB日記なんて大体露出狂のすることだ。
気にしないで公開することにする。


-------------------------------

 ○持っている本の数

  以前数えてみようかと思って200冊くらいまでで挫折しました。
  文庫本に至っては数え切れません。
  地震が起きたら本にうずもれて死ぬこと間違いなし。

 ○今読みかけの本 or 読もうと思っている本

  「日中戦争 真実の歴史」/黄文雄
  「国売りたもうことなかれ」/櫻井よしこ
  「二つの祖国」/山崎豊子
  「永遠なる子供 エゴン・シーレ」/黒井千次
  「暗黒館の殺人」/綾辻行人
  「屍鬼」/小野不由美
  「よもつひらさか」/今邑彩

  積ん読はもっと多いかな…。
  黄文雄氏の著書はもっと読みたいです。

 ○最後に買った本

  う~~~~~~ん…買い食い感覚で本を買うので思い出せない。
  あ、漫画ですが、西村しのぶの「一緒に遭難したい人」第2巻。

 ○特別な思い入れがある本、心に残っている本(5冊)

  1.「封神演義」(全三巻)/安能務

  商(殷)周革命を舞台に、仙と人が入り乱れて大乱戦を繰り広げる長編活劇小説。
  殷王朝滅亡物語の発端は、紂王のセクハラ行為!?
  仙や人の“はみ出し者”は片っ端から殺して神にしてしまえ!という勝手な決め事のために
  戦乱に乗じてばったばったと怪人奇人たちが殺されその魂魄が封神台へと飛んで行く。
  (最後に封神台で皆さま神になります)(なりたくない人まで…)
  400人近い登場人物のうち生き残るのは2~30人ほど。
  正義=善玉であるはずの主人公サイドのほうがえげつねぇ遣り口で敵を倒す。
  敵の脳漿を吹っ飛ばしておいて呵呵大笑、なんと暴力的かつドライな世界だ…。
  どうしてこんな面白い小説の知名度が低いのだろう。
  (最近漫画で脚光を浴びたようだが)
  三国志や水滸伝より(多分)面白いのではないかと思う。

  2.「憑霊信仰論」/小松和彦

  小松先生を知るならまず本書か「日本の呪い」を読むべし。
  (若干「日本の呪い」のほうが読みやすいでしょうか)
  古より受け継がれてきた日本の精神文化に触れるにはまずこの本を読まなくては。
  祟り、呪詛(ずそ)、畏れ、穢れ、自然の闇、現代社会にも息を潜める魑魅魍魎、etc.
  昨今の幼稚な倒錯型オカルティズムなど足元にも及ばない、鳥肌の立つ闇と魔の世界。
  そう、皮膚感覚の、日常と隣り合わせの、日常の中にある闇。
  他者との交わりの中に生まれる、心の芯にある信仰、心の広がりの源となる闇の世界。
  現代人には、こういった健全で豊かな闇が不足しているのではないか。
  日本人なら是非読んで頂きたい。
  シンパシィを感じられる人は、まだ日本人の精神(こころ)を失っていない。
  関連書として「日本妖怪異聞録」(小松和彦)、「日本異界絵巻」(小松和彦/他)、
  「酒呑童子異聞」(佐竹昭広)、「魔の系譜」(谷川健一)などもお奨め。
  酒呑童子オタクの小松先生がどこまで行くのか楽しみである。

  3.「孤島の鬼」/江戸川乱歩

  解説不要、乱歩の不朽の名作。
  私はとあるルートでかの有名な「ネガチブ孤島の鬼」まで入手した。
  禁忌の、受け入れられざる愛とはかくも悲しき、美しき。
  貴方が男に押し倒された時、「女」を感じられるか?
  語り部・箕浦金之助が諸戸道雄へ抱く思いは作中にて語られない。

  4.「ねこから、あなたへ」/広田敦子/凡わびすけ

  ――のんきに生きるには勇気と覚悟が必要――
  この一言に、私の人生観が集約されているような。

  5.「おとめちっく・サラダ・たいむ」/谷山浩子

  タイトルは憤死するほど恥ずかしいが、中身はかなり実践的。
  「彼のお母さんと仲良くするには?」「彼が淡白(!)な場合どうする?」
  「嫉妬との上手な付き合い方」などなど女の子のお悩みに対するアドバイス満載の本。
  第三者がいる前で彼氏と2人の世界を作るのはマナー違反なのねーとか。
  「損子さんは正論を言うのが好き」という例に「ううーむ」と唸ったり…(-"-)
  局所的に「浩子の青春グラフティ」が面白かったです。
  (時代の差を感じて…)

 ○バトンを回す5人

  我こそはという勇者に渡そう。
  って言うかすでに時期はずれだしさ…

-------------------------------


5冊じゃないやん!というツッコミはなしでお願いします。
しかしオタくさいラインナップだなぁ…。

奇しくもはむはむさんと同じ本(封神演義)が上がりました。
私は少年Jで漫画が連載されるまで、封神演義を知っているという人に出会いませんでした。
ここまで胸躍る面白い小説をなぜ誰も知らない!?とそりゃもう地団太踏む思いで…。
意外に身近なところに、私以外の愛読者がいたことを知り少し安心。

漫画も少し読んでみたし、他の訳者の本も読みましたが、安能訳が一番面白く泣けると思う。

選外で、三木清の「人生論ノート」と福永武彦の「愛の試み」。
何せ難解で、とても理解できたとは言い難いので…。
いつか理解できる日が来るのでしょうか。

どちらかと言うと画集を見るほうも好きです。
今の気分はクレーの絵を見たい。
癒されたいのかな~。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-28 21:41 | 読書・漫画・TV
笑・ウインド

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \/ \


最近なぜ帰ってネットをチェックすると笑えることばかりなのだ。
笑い殺されそうだ。
仕事場でサーフィンしていても笑えるネタは飛び込んでこないのに、
帰宅して自宅PC繋げると抱腹絶倒のネタが…。

可笑しい…いや、笑っていていいのかって話だが。
可笑しすぎて泣くほどオレの生活は荒んでいるのか。

今日上司が吐きました。
吐くまで我慢しなくちゃいけないなんて、上の人は気の毒…。
私もこの間仕事中にトイレに駆け込んで吐いたけれど。
この頃流行りの鳥エンザでしょうか。
と言うか私がうつしたと考えるのが妥当だろう。
合掌、すみません。

少数精鋭と言えば聞こえはいいが、要するに人員不足で個々の責任重大。
常時100人以上も人がいるようなセンターでは上の人も交代で息抜きしている。
しかしたったの数人の職場では上司も荷が重いだろう。
明日くらいゆっくり休んでくださいねぇ♪(^-^)

で、レスは放置です。
あいすみません。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-24 00:21 | 放浪インターネット
事件は会議室で起きているんじゃない!新聞社で起きているんだ!
朝日新聞、靖国問題で社内乱闘…40代社員が暴行
被害社員は10日間のけが ZAKZAK 2005/10/21



朝日本社で「真昼の決闘」。小泉純一郎首相(63)の靖国神社参拝をめぐり、朝日新聞社員2人が激論の末、むなぐらをつかみ殴りかかるなどの大ゲンカに発展。
暴行を受けて負傷した社員が、社内から110番通報し、警視庁築地署の署員が駆けつける騒ぎとなっていたことが21日、発覚した。




  …





  ( ゚ ゚)         Д ポーン

      



    * *   * *
   * * * * * *
    * *    * *

        パーン!
  (   )





築地署の調べによると、今月18日午前10時50分ごろ、「暴行された」と東京・築地にある朝日新聞東京本社から110番通報があった。

通報したのは、同社総合研究本部世論調査部に所属する30代の男性社員で、同部に所属する40代男性社員と前日に小泉首相が靖国参拝したことの是非を問う世論調査の結果を話し合っていた。

世論調査部も記事を書くが、社内では「記者」ではなく、「部員」と呼ばれているという。

結果は「よかった」が42%、「するべきではなかった」が41%とほぼ拮抗(きっこう)。
関係者によると、この微妙な解釈をめぐって大ゲンカとなったという。



ど…どういう微妙な解釈の行き違いで傷害沙汰にまで至ったのだろう。
ビジネスの場において喧嘩をするなとは言わないが…(私も熱くなるほうなので)
想像以上に熱い職場みたいですね、新聞社って。
ペンは剣より強し、ペンを握る拳はさらに強し…ということなのか?
帰ってきた早々度肝を抜かれた。
さすが朝日。
斜め上の人達よりもさらにぶっ飛んでいる。

純一郎さん、あなたが「ちょっとそのへん」感覚でお参りしてお賽銭を投げただけで大騒ぎだ。
名声か汚名かよくわからんが、後々まで名宰相として名を残すことに間違いない。


  それにしても誰か取り押さえなかったのか?
  110番通報や全治10日の怪我に至るまでなぜ放っておいた?
  あえて喧嘩の内容については勘繰らないでおくけれど。
  手を出せないほど激しい乱闘だったのだろうか…。


ZAKZAKは産経系なので(?)このようなおまけ記事まで掲載されてあった。


【朝日新聞をめぐる最近の不祥事】

◆平成16年8月、東京本社の社会部記者が録音しないことが条件だったにもかわらず、東京慈恵医大の補助金流用問題を取材した関係者とのやりとりを録音。ダビングし、この関係者に批判的な別の取材先に渡した。

◆17年5月、東京国税局が朝日新聞社の税務調査を行い、16年3月期までの7年間にシステム開発などをめぐり、約11億8000万円の申告漏れを指摘。追徴税額は重加算税や過少申告加算税などを含め約3億8000万円に上った。

◆同年1月、NHKの特集番組について、安倍晋三幹事長代理、中川昭一経産相が放送前に改変するよう圧力をかけたと報道。8月、取材内容が外部に流出し、同内容が「月刊現代」9月号(講談社)に掲載された。流出の時期やルートは判明していない。

◆同年8月、国民新党の亀井静香氏と田中康夫長野県知事の会談をめぐり、長野総局記者が取材をしていないにもかかわらず、「田中知事から取材して、亀井静香氏が長野県内で会談していたことが分かった」と虚偽報告。この情報をもとにした記事が掲載された。




  150 名前:文責・名無しさん[] 投稿日:2005/10/05(水) 11:12:16
  何度も指摘されてるが、
  NHK番組改編問題、じゃなくて
  朝日新聞記事捏造疑惑、だろ?

  152 名前:文責・名無しさん[sage] 投稿日:2005/10/05(水) 11:45:53
  >>150
  > 朝日新聞記事捏造疑惑、だろ?
  そういいたい気持ちはわかる。
  だがよく考えてみろ。
  それじゃ余りにも多すぎてどの件だかわからないだろう。

  153 名前:文責・名無しさん[sage] 投稿日:2005/10/05(水) 12:02:35
  >>152
  そりゃそうだw



そりゃそうだ(w
  orz

さて今週もよく働いた、心穏やかに布団に沈もう…。

最近ねらネタばっかですみません。

本バトンを受け取ったナリ。
ある意味下着や性癖よりも恥ずかしいネタですね。
ありがたく頂戴します。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-21 22:38 | 今日のニュース・雑考
宰相知恵比べ
東アジア各国の代表4人が集まって、
互いに誰が一番存在感があるかを勝負しようという事になった。

北朝鮮の将軍は、大量の軍事予算を計上し、核ミサイルを配備した。
韓国の大統領は、北朝鮮にエネルギーと食料を大量に支援すると発表した。
中国の首席は、予算と人材を惜しげもなく注ぎ込み有人宇宙船を打ち上げた。
一方、日本の首相は神社にコイン一枚を投げ込んだ。

(作者不詳)



すみません、今日はダウンです。
アイスノン枕があってよかった…。

「人生を終えても責任を取り続けろ」という前原発言には怒ったよ。

「首相は参拝すべきでない」 民主党の前原代表が東京で講演
 京都新聞電子版 2005年10月17日(月)


死者に鞭打ち唾を吐き墓を壊す、あちらの国の人間か!アンタは!
今、通勤電車の中で黄文雄氏の「日中戦争 真実の歴史」を読み耽っているけれど、
いやー非道と言うかひどい国だ、野蛮だ、民度が極めて低い、中国って。
あくまで日本人の私から見ると、という事なんだが、
日本人の感性・尺度で彼らの言い分を計って付き合っちゃイカンという事だ。
高齢者の中には知日派もいる、という話は身をもって体験しているのでわかる。
しかし日本とはまったく違った文化圏の国だと心得て付き合うべきである。

黄文雄氏の著書については残り1冊も読了してから改めて書きたい。
かなり目から鱗が落ちることは請合いです。
近代中国史の勉強にもいいと思いますよ。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-19 21:50 | 今日のニュース・雑考
懸案事項がひとつ解決
解散総選挙のゴタゴタでお流れになっていた小泉首相の靖国参拝、今年もなんとか恙無く(?)遂行されたようで一安心です。
「公人として」なのか「私人として」なのか、礼拝の儀に則っていない、なんで8月15日にやらなかったんだ、卑怯者!…などなど世間からはいろいろかしましく言われることと思いますが、私は年に一度、8月15日に参拝するという形式にさほどこだわらないですし(神社仏閣への参拝なんて年に何度行っても別にいいわけでしょう)、英霊の御霊が還る場所として、靖国に熱い思いを抱いている人達に比べれば、正直なところ靖国神社、首相の靖国参拝に対する熱意は劣る(これは身内に戦没者がいないことも関係しているかと)。
しかし、先の大戦で亡くなられた方々、つまり現在の日本の礎となった先人方の御霊を現在の日本の指導者が敬い慰める行為が自然な感情の発露として国民に受け入れられることはちっとも不自然ではなく当たり前だと思う。
逆に、自然な感情の発露として受け入れられない人達が不思議と言うか。
政治的な意味合いや意図はもちろん複雑にあると思いますが、総理大臣・小泉純一郎氏の参拝には日本国民として安堵と感謝の念を抱きました。
公約とは若干違うけれど、ちゃんと参拝してくれてありがとう、と。
常日頃の忙しさにかまけて先祖への敬意をつい忘れがちですが、先祖を敬い奉ること、これは子々孫々として果たさねばいかんお役目です。
先祖を蔑ろにしていると、自分も子孫に蔑ろにされちゃうぞ。
宗教団体がよく脅しに使う「ご先祖様を粗末にした撥です」「末代まで災厄が降りかかります」とはまた違って、そういう自然の連鎖はあると思う。
誰かに意地悪したら自分も意地悪される、そういうレベル。

で、どこの国の報道機関かわからないマスコミ連中が「違憲判決!」と言いながら大々的にネガティブキャンペーンを繰り広げているようですが、違憲判決なんて出ていないですから!
民主党前原党首もお父様が裁判官だったんでしょう?
堂々と「違憲判決」とか言っているんじゃありません!
大体靖国参拝が合憲か、違憲か、なんて取り沙汰されること自体がおかしいわけで。
あなた方は日本の礎となった方々を中韓の言いがかりに従って蔑ろにするべきだと言うのか。
他国の慰霊祭に干渉する行為が国際社会で当たり前だという話は寡聞にして知らない。
どのような宗教形態に則ってどのように戦没者を慰霊するか、そんなことは他国が指図する謂れのあることではない。

アジア、アジア、言いますけれどなぁ、特定アジアでしょ。
中国と韓国だけがアジアじゃないんです。

さて、中国とも日本とも因縁の深い台湾国前総統は靖国参拝に理解を示してくださいました。
(理解を示さないほうが普通オカシイんだけれど)

Excite エキサイト : 国際ニュース

小泉首相の靖国参拝は当然 李前総統、中国を批判  [ 10月16日 15時13分 ] 共同通信

【ニューヨーク16日共同】訪米中の台湾の李登輝前総統は15日、ニューヨークで共同通信と会見し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題について「一国の首相が自分の国のために命を亡くした英霊をお参りするのは当たり前」と述べ、参拝に強く反発している中国をけん制。また「領土拡張」をにらんだ中国の「軍事費増大」が周辺地域の脅威となっていると批判した。
中国は李氏を「台湾独立派の代表」と激しく批判、訪米中の言動に目を光らせており、こうした対中批判が中国側を刺激するのは必至だ。



当たり前と言えば当たり前なのに、日本は今まで当たり前ではない国の言い分ばかり真に受けてきましたので、このような意見は新鮮に映るかもしれません。
でも、これが当たり前ですから!
靖国参拝&憲法改正=軍国主義・徴兵制復古=アジアへの侵略!と言う人達は、なぜ日本が侵略することを前提にしているのでしょう。
日本は国際社会においても極めて平和的な国家であり、その「NO」と言えないお人好しさゆえに金蔓にされたりたかられたり、その挙句コケにされたり散々です。
まぁ、日本の力として金は一応偉大なので撒き方を間違えなければいいとして。

アジアで一番周辺諸国に恐怖を与えている国は中国ですから!
中国と韓国と北朝鮮はアジアどころか世界の鼻つまみ国家ですから!

(韓国はどちらかと言えば「視野に入らない国」かも)

中国や韓国と仲良くしてもいいことは何もありません。
皆さんも「お隣の国だから」とか「過去に沢山迷惑をかけたから」とかいう理由で中国・韓国とは仲良くするように先生や親御さんに教えられてきたかと思います。
しかし、彼らと仲良くするという事は、日本の誇りと利権を彼らに奪い尽くされ、どんなに非常識で理不尽な言い分に対しても彼らの言いなりになるしかない、ということです。
ちなみに日本の戦後賠償は完全にきれいさっぱり済んでいます。

幸いどちらの国も国際社会では厄介者です。
比べて日本は国際社会・アジア社会において高い評価を得ており、マスコミが隠すために皆さんにあまり見えないだけで、「日本で勉強したい、日本語を習いたい、日本で仕事をしたい、日本人と仲良くしたい」と思うアジアの隣人は沢山います。
これからは中国よりもインドと言われ、インドの技術者も日本にはかなり沢山います。
彼らは数字に強く、勤勉で、中国人よりもよほど高い技術と能力を身につけられるので、IT業界などではこれからの人材として大いに期待されているようです。

まず、台湾の本省人と仲良くしましょう。
そして、中国の脅威に怯えるアジア諸国の人々と仲良くしましょう。
経済支援という形でもいいです。
われわれ日本人はあなた方の味方です、というアピールに励みましょう。
嫌われ者の中国・韓国なんかと仲良くしないで、これからは特定アジアを除いたアジア諸国との友好に力を入れましょう。
恩を仇で返すような迷惑な隣人とは決別するべきです。
散歩道さんのブログに国家主席が靖国参拝している国の地図があったと思うのですが…
どこにあるのか見つけられなかった。
よかったら教えてください>散歩さん。

春の例大祭が楽しみですね。
ガタガタ抜かすとODA打ち切るぞ!
これでいいのです♪

◇追記1◇

散歩さんのブログにもっといい記事が載っていました。
台湾の李登輝前総統「参拝してよかった」 2005年 10月 17日

>一国の首相が自分の国のために命を亡くした英霊をお参りするのは当たり前。
>外国が口を差し挟むべきことではないと思っている


◇追記2◇
あんた何様?日記に地図が掲載されました!下のほう。

アジア諸国の要人の方々の言葉に涙…。
ククリット・プラモード元首相の言葉は読むたび胸が痛くなる。
日本人は、その美しい誇りをどこに捨ててきてしまったんだ。
敗戦、たったそれだけで、日本人は美しい心を失くしてしまったのか。
彼らの目に映る今の日本人は、美しいだろうか?

◇追記3◇
せっかく教えてもらったニダ。
靖国神社に公式参拝した国。公式に反対している国 2005年 06月 26日

地図としてはこっちが見やすいかも。
サイズ小さいし。

◇追記4◇
ソース出せ、と言われてソースを出すなんて誠実ニダ。
世界の要人らの靖国神社参拝 2005年 10月 21日
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-17 19:43 | 今日のニュース・雑考
服装バトン ~ゆるカジ編~
ミクシで某教祖よりゲバ棒…もとい、バトンをくすねました。
なんだかこの日記の主旨が誤解されつつある昨今なので、ミクではなくこちらでUPします。
なんでもあり日記なのに「社会派」と言われたらそりゃ驚くよ…。

------------------------------

 ★好きなブランド/よく買い物するお店

  限定しにくいが、AS KNOW AS、PAGE BOY、Abahouse Devinette…等々。
  ルミネ、ミロード、マルイシティの新宿御三家あたりが妥当な漁り場。
  渋谷PARCO、マルキュー、銀座界隈の店、池袋メトロポリタンプラザ。
  普通に都内各所のデパートで買い物しています。
  でも三越や高島屋などマダム系には行かない。新宿伊勢丹好き。 

 ★今ヘビロテな服/アクセ

  服が多すぎてヘビロテと言えるほど1着の服を着回さないが…。
  カーゴパンツ各種、AS KNOW ASのダメージ加工ジーンズ、Vヒップジーンズ。
  ローリーズファームのデニムのミニスカなどボトムは結構着回す。
  キャミソールはお気に入りの4~5枚をヘビロテ!
  ヘビロテと言えばGETTA GRIPのエンジニア(黒)、レギュラー・ショート共々に。
  ASのくしゅくしゅタートルは各色揃えてめっちゃ重宝しています。
  アクセはあまり普段使わない。パール、ターコイズ、クロスモチーフが多い。
  青系のグラデーション、くすんだピンク、シルバーなど断然ブルー系。
  
 ★勝負服

  特に勝負に行かないので…ま、毎日が勝負なんだけれど。
  カジュアルシーンでは重ね着に趣向を凝らしますが(所謂“ゆるカジ”系)、
  フォーマルシーンではカルバンクラインのスーツやダナキャランのブラックアイテム。
  Abahouse Devinetteのワンピやツーピースもわりと勝負向き。
  マーガレットハウエルは上品で年配の方ウケするので便利です。

 ★参考にしてる人(おしゃれだなと思う人)は?

  参考にしている人は特にいません。
  ファッション雑誌なんかを参考に…ほぼPS(たまにアンアン立ち読み)。
  おしゃれだなと思う人はレイザーラモンHG!フゥ~~~~~!!
  ゲイファッションはゴスロリ同様ファッションではなく思想なのだろうか。
  レザーって格好いいよね。
 
 ★秋冬物でねらってるもの

  ミリタリージャケット。トレンチっぽいきれいめなのが今年風味かなー。
  膝丈のバルーンスカートは是非1着は手に入れたい!
  ラウンドトゥのローヒールパンプス。素材や色でバリエを楽しみたいです。
  さすがに総ラビファージャケットは無理だろうか(予算的に)。
  イエローキャブのルーズブーツを買おうかどうしようか悩んでいます。
  やっぱり予算的に…お洒落は金がかかる、兎角。

 ★次のバトンを渡す人

  打ち止めにしようかと思ったのですが、思いついたので、
  yeppun_iさん、ゆたかなさん、haruhicoさん、はむはむさん、
  最近ブログ更新されていないので(笑)、kaimさん。
  渡すと言うより受け取って頂ければ嬉しいという低姿勢で。
  不都合あればお断りください<(_ _)>

  もしもう他の方からバトンを渡されていらしたらそちらを優先してください。
  そういうチェックをしないのもどーよ?って感じだ。

------------------------------

社会派ブログじゃなくて、その日暮らしの派遣コミュニケーターの日常雑記ですから!
別に逃げ口上ではなく、私の心意気の問題なのではっきり書いておきます。

ゆるカジ編と題した理由は大体の傾向をタイトルで示したかっただけです。
当日記において続編が作成されるわけではありません。
僕もついにバトントワラー!(何か違う)

咳が止まらん…なんてこった。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-16 22:26 | おしゃれ大好きクロゼット
まだ理屈に到達しない

女性差別や女性蔑視は男性社会において確かに厳然と存在します。
しかし、だからこそ女性は社会的な免責事項もすさまじく多い。
家族を養えない男性はヒモ!と罵られても主婦は何も言われない。
男なら「無職」なのに女の子なら「家事手伝い」。
女性が少ない世界であれば簡単に「美人○○」なんて肩書きがつく。
女子だというだけでお勘定がタダになったりする…。

今ある社会(男性社会)の中でどう生きるかはその人次第で
自分を活かせるかどうかは個人の力量の問題です。
他人のことならば誰がどういう生き方をしてもその人の自由ですが、
個人の問題を社会の問題にすり替えるべきではないと思います。

以上は社会的性差の観点ですが、生物学的性差の観点で

そもそも男と女は違うんだから、同等の、同質の平等なんてありえない。
自然の摂理を否定するということは、人間性を否定するということ。
そのような平等主義は、翻って“個”の否定にも繋がりかねない。

私がジェンフリやフェミに感じる違和感はそこらへんですね。


-----------------------

ミク日記コメント欄より私の発言転載。

ジェンフリ、人権問題、だんだん自分がどういうスタンスで
何を言いたいのかおぼろげながらも掴めてきた…。

建前よりも本音で行きたい。

どんなに社会が整備されても、貧困や差別や戦争はなくならない。
生きとし生けるものすべて、生まれながらにして不平等格差を背負っている。
その事実に蓋をしたままで、差別や人権を語ることはできない。


救済措置が必要な人々は世の中に星の数ほどいるはずだ。
しかし、順番が間違えているとしか思えない。

まず、今ある法律を犯した者を相応の量刑で裁ける社会にするほうが先だろう。
少年法という悪しき法を撤廃せずに人権擁護法案など、笑わせるな。

殺人犯がぬくぬくと守られ、遺族の悲しみは遣る瀬ない。
精神鑑定で責任能力なしと判断されれば被害者は泣き寝入り。
「基本的人権」って一体何よ?と言いたくなる。

ジェンフリ、フェミ、人権救済、人権擁護。
誰を救済するための運動なのか、法律なのか、はっきりさせて欲しい。


-----------------------

風邪の上に土日出勤、しかも雨、つらかとですよ。
声が仕事なのに咳が…ゲホゴホ。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-16 01:10 | 今日のニュース・雑考
善人になるための理屈/「人間らしさ」とは?
昨日のミク日記より転載。

--------------------------


誰か悪い奴がいればいい。
そいつは強くて権力があればあるほどいい。
全部そいつが悪いということにすればいいのだから。
常に弱者の側に自分を置いておけば楽だろう。
悪いのはみんな強い奴。
自分は全然悪くありませーん。


以上、本家より転載。

自称「弱者」「被害者」の理屈は反吐が出る。
命あるもの、他者の犠牲なしには成り立たない。
自分だけが可哀想な犠牲者、という子供っぽい発想も
不幸な自分に酔う様も見ていて気持ちが悪いね。
そんな生温い生き方、私にはできそうもない。

踏み台にされた分だけ、
自分も誰かを踏み台にしている。


--------------------------


本家の一部をミク日記に転載して、さらにそのミク日記を本家へ転載…。
目まぐるしいと言うか、くどい転載の波。
それだけ私にとって強く主張したいことなのだろう。


自分は全然悪くないの!被害者なの!弱者なの!
いつも権力の犠牲になっている善良な一般市民だもん!


お前(ら)がどれだけ善良なんだよ。
「弱い」ことを盾に言いたい放題の身分で。

みんな誰かの犠牲の上に生きているんだよ。
育ててくれたおとーちゃんやおかーちゃんの時間を犠牲にしただろう?
街や学校や道路も税金を納めた人の犠牲の上に成り立っているんだよ。
大体他の生き物を犠牲にしてメシ食っているじゃねーか。
学校や会社で誰にも迷惑をかけずにやっているか?
お前の尻拭いを誰かがしているんだよ、バーカ。
お前の捨てたゴミや排泄物は勝手に浄化されるのか?
お前の着ている服は誰が原料を取って誰が縫っているんだよ。
地球に優しくしたいなら、原始生活に戻れ!

いけしゃあしゃあなのか、無知なのか、
どっちにしろ胸糞悪い奇麗事を抜かすな。
いかなる法治国家であろうとも、弱肉強食の理に従って人は生きている。
共産主義が幻想だった事実はすでに知られて久しい。

悪しき平等・公平主義の蔓延は偽善の温床となった。
誰も彼もが「人に優しく」「善人面」、気持ち悪い。
自分が誰かを踏み台にしているなんてサラサラ考えない。
生き物としての強靭さを否定する社会。


「せめて、人間らしく」
この言葉の意味をいまだ私は量りかねている。
病気や貧困、差別、虐待などにより、「人間らしく」生きられない人々も確かにいる。
しかし、犯罪者に対して甘すぎる社会で人権をちらつかされても
悲しいかな、信用することはできないのだ。

何かが違う気がする。
その違和感が自分でも上手く言葉に言い表せない。
我ながらもどかしく、しかし書かずにはいられない。
左側の脳がバカなのかなー。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-13 22:37 | 今日のニュース・雑考
プラセンタの効果は凄い!…でもまだテスト段階
数日前に目の下にクマが出来てプラセンタ入りの化粧水を使ったと書きましたが…。
その化粧水は、クレンジング・洗顔料・化粧水・クリームの4点セットで頂いたサンプルでした。
もともと以前付き合いがあった通販会社から半ば無理やり送られてきたもので、あまり使う気がしなくて2週間ほど放置しておいたのですが、クマに焦って使ってみたのです。
で、「どうせサンプルなんてすぐ使わなくちゃ腐らすよなー」と思い、それから毎日使ってみたら、なんとお肌が驚くほど見違えました!

ツヤツヤ!透明感が出た!限りなく毛穴レス!
荒れ気味のフェイスラインの吹き出物が沈静化した!
心なしか引き締まって小顔になっているような!?

折りよく「使い心地は如何でしたか~?」と電話が来たので、「洗顔料は秀逸ですねー、きめ細かい柔らかな泡でマイルドに気持ちよく洗えます」「透明感が出て顔色が明るくなって、肌質は確実に改善されているような気がするんですけれど、ちょっと化粧水がベタついて朝は使いにくいですねー」などなど使ってみた感想を提供。
まぁ、あちらも商売なので口が上手いが、

1.肌が乾燥状態で硬くなっていると浸透が悪いためベタつくかもしれないが徐々に改善される
2.化粧水は手のひらよりもコットンでつけたほうが浸透が良い
3.化粧水は冷やしておいて、洗顔後に冷水で顔を冷やしてからつけること
4.すべてのアイテムにプラセンタとコエンチーム(コエンザイムの仲間らしい)が入っている

などなど製品説明や効果の説明を受けました。
「ちなみにプラセンタは何のプラセンタ?」と聞いたら「豚です」と言われてちょっとびびった。
人間は動物なので、やはり同じ動物性のプラセンタのほうが高い効果を得られるそうです。
確かに今どき牛は危ないかもしれないけれど、豚プラセンタなんて初めて聞いた…。

私は色白で肌トラブルが少ないほうですが、その分睡眠不足や疲労、ホルモンバランスの崩れなど肌への負担が重なると、肌に透明感がなくなって顔がくすむ、顔色が悪くなる。
そのためにフェイシャルストレッチも欠かせない。
しかしその疲れ果てた顔がすっぴんでツヤツヤ輝いているんですよ。
お値段は市場価格に比べたら決して高くない(広告費を削っているそうです)。
しかし何日か使っただけでフルライン揃えるにはちょっと抵抗があるし懐が寂しい…。
結局トライアルキットを3セット(3週間分)を購入することにしました。
しょぼい買い方…。
でも人によってはプラセンタに拒否反応が出る人もいるというので、一応慎重に。
洗顔料は少量のお湯でもわーっと柔らかく泡立って本当に使い心地がいいですよ。
クレンジングは現在ボビィのラザリングチューブソープを愛用していますが、気分や肌のコンディションによってプラセンタ入りのローションでクレンジングしてもいいですし。
化粧水、クリームの後にコスマンスのセラムコレクターを目元に塗ると尚良いですし。
やっぱり短期間で肌が見違えると「おお!これは!」と思いますね。

まだお試し段階なので、会社名は伏せておきます。
電話とインターネットでしか購入できない上に広告を出さないから知名度は低いだろう。
どうしても知りたい人はメールでご連絡ください。
ちなみにフェイシャルストレッチはサンリッツという会社。
こちらはガンガン広告を出しているし、hanakoなどでも取り上げられていた。

今年のナンバーワンコスメと言っても何も思い浮かばないなぁ。
夏の間はアルージェのUVモイストビューティーアップに助けられましたけれど。
ファンデーションは、シュウのベルベット アジャスティング パウダリー ファンデーション(異様に商品名が長いけれどリピートしているので覚えた)が定番となって動かないし。
苦手だったリキッドなのに愛用品になったラブクロのマシュマロフィットファンデーションとか。
シュウは764番、ラブクロは5031番。
どちらも(ラブクロは特に)薄く塗らないと白塗り仮面の怖い人になります。

私はコスメ好きでもあんまりコスメに命懸けじゃないかも。
コスメよりも普段の生活の中の心がけだよなーと思うので。
アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、ビタミンC・E、システィンの摂取に努めています。
どちらかと言うとコスメは色物が好きです。
ボビィのシマーグロススティックのアイスドピンクは可愛かったですねー。
リップグロスのホットピンクもパキッと鮮やかなピンクで可愛かったです。
シュウのロリシャインルージュも使いやすい可愛い色が多いですね。
目元はあっさり、マスカラは絶対ロングラッシュの黒!です。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-12 20:31 | おしゃれ大好きコスメティック
越南戦争のトラウマ/今一度、絶対弱者主義に警鐘を
掲示板のレスがあまりに長くなったので、こちらにコピペっておきます。
なお、エントリー向けに若干の手直しを加え、半角部分は全角に直しました。
元記事は、ワンス・アンド・フォーエバー。

*******************************


用語の学術的な意味はさておき(あまり詳しくないので)、フラッシュバックを芸術作品に昇華させているとしたら、それは喜ばしい事なのか惨い事なのか。
越南(ベトナム)戦争時、従軍記者が残した多くの写真からは確かに規制も何もない様子が伺えます。米軍兵士によるベトコンの拷問や処刑に類する写真などは、こんにちの報道規制では日の目を見ることは叶わない貴重な映像記録でしょう。米軍の残虐行為・非人道的行為ばかりが兎角クローズアップされがちですが、米軍に加勢した韓国軍は、越南人から米軍よりも恐れられていたという話を聞きます。またホーチミン率いるベトコンの戦略は、密林で戦う米軍兵士達に忘れられない恐怖を植え付け、多くの兵士を麻薬に走らせ退役後も悪夢のフラッシュバックとなり彼らの精神を苛みました。
サイゴン陥落による米軍の敗北は、北越の勝利であると共に南越の敗北でもありました。南越の人々が果たしてホーチミン率いる北越の勝利を喜べたのか? 単純に「(搾取される側であった小国)越南が、(搾取する側であった大国)米国に勝利した」とは思えない部分もあります。
米国が泥沼の越南戦争にずるずると嵌り込み、国内はおろか世界中からも非難されつつ引き際を逃した理由は、よく言われる「第二次大戦によって得た勝利で日本を属国化することに成功したため」でも「反共理念に基き、共産化のドミノ理論を食い止めるため」でもなく、ひとえに負け戦への終止符の打ち方がわからなかったからではないか、と浅薄ながら私は思います。負け戦の経験が無いゆえに、負け方を知らなかった、と。
今も多分、米国は負け方を知らない、と言うか考えていないのではないかと思えるのです。ハリウッド映画などを見ていると、「米国の正義はどんな危機にも打ち勝つ」という強い理念を感じます。「米国が負ける」という事は、米国人にとって有り得ないのだと…。
私達日本人が米国という国・米国人という人々を見る時、その理念によって一種のバイアスが生まれ、移民国家とも言える複雑かつ多様な米国の本質を見誤りやすい傾向が多分に見受けられます。不肖かく言う自分もそういった日本人の一人です。反米派・親米派も含め、私達日本人が米国について考える時、そういったバイアスがある事を常に念頭に置くように努力したほうがいいのではないでしょうか。

イラクで何が起きているのか、それは現在イラクにいる人でなければわかりません。「米軍によってイラクの民が虐げられている」と主張する人々もいますが、今米軍に引き上げられて実際に困るのはイラクの人々なわけで。過激派のテロ行為によって一番被害を被っているのはイラクの人々ですが、テロリストがなぜ今イラクでテロを行うのか、米軍が駐留しているという事が、どんな意味をもたらすのか…。過去ログを読んで頂ければわかるかと思いますが、私は「そもそも米国はイラクに深入りするべきではなかった」と考えている人間ですので、安易にイラク撤退も叫べなければ、今のイラクの状態を是とも言えないのです。
本来私は国際社会を判じる才覚など持ち合わせておりません。このように、何かを語る資格はないのではないかと思います。ただ、安直な義侠心(正義)で物を語るなかれ、と自分自身の肝に命じております。

越南戦争の敗北は、「負けない」米国にとっていまだ受け入れ難い、現実の、現在進行形の悪夢なのではないか、だから越南戦争を題材にした映画で、記憶を巻き返すように、フィルムカットの中に米国の良心を探そうとしているのではないか、そんな気がします。
翻って日本は敗北をあっさり受け入れてしまった事によって、第二次大戦の敗戦を、完全に「過去の遺物」として、現在への連鎖の道筋から寸断してしまっているのではないか、それはそれでダメだろ…と思うのですが…。

No.141 2005年10月11日 (火) 00時08分


*******************************

ベトナム戦争なんて私が生まれる前の話。
机上の知識など、何の役にも立たないかもしれないが、無知は罪だ。
そういった意味で、私は罪人である。

しかし「アメリカはイラクで同じ轍を踏もうとしている」という見解には懐疑的です。
前提や状況が全然違うじゃないですか…。
それにベトコンと過激派テロ組織を同一視していいものか?
私はベトコンを賛美しないが、暴力行為そのものを目的とするテロ組織とは明らかに違うでしょ。
いや、ベトコンもそういう組織だったという指摘があるなら考え直す余地もあるけれど。


誰か悪い奴がいればいい。
そいつは強くて権力があればあるほどいい。
全部そいつが悪いということにすればいいのだから。
常に弱者の側に自分を置いておけば楽だろう。
悪いのはみんな強い奴。
自分は全然悪くありませーん。

しかし私は自分を弱者の側に置けない。
絶対弱者主義にも同意できない。
弱者のために強者を狩る事が許されるならば、それは弱者による社会支配であり、彼らは弱者を標榜する社会的強者・支配者になるということだ。
この文章で弱者を「被害者」、強者を「加害者」と置き換えてもよいだろう。


パキスタンの地震を受けて、簡単にパキスタンの事を調べてみた。
印パ戦争って「第○次」と冠されるほど長いのかい…。
いろいろ、戦争や紛争って複雑で面倒だな、と思った。
人間の諍いは、大小関わらず面倒だ。
面倒だから、簡単に考えてしまいたくなるのかな。
mixiの某コミュで靖国参拝について延々と不毛な論争が続いておりますが、これは簡単なことをわざわざ面倒な話にしている人がいるだけ。
信仰について語る人間の中で、どれほどの人間が信仰心を持ち合わせているのでしょうね。
「社会問題について語る自分、カッコイー」という信仰のみが蔓延しているような。
この信仰は何とかならんかね。
憂国と言うより勘違いバカが多すぎる。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-10-11 01:52 | 今日のニュース・雑考