<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
「着信アリ」
血圧…93-74
脈拍…81

「着信アリ」を見終わった後に測った結果。
やはりオチが肩透かし…と言うか意味不明だった事でテンション下がったか。
(オチと打とうとしてヲチと打っちゃう自分のほうが怖い)


血圧はいつも低く、脈拍はいつも速いです。
しかしちょっと下がっているなー。
上100は欲しいところ。
脈拍は落ち着いているほうですね、私としては。
時によっては90くらい平気で行くから。
これは体質的な遺伝です。


ミステリファンとしてはオチ(終局)が作品の評価の全てと言ってもいい。
どんなに魅力的なストーリーテラーであっても結末が肩透かしであれば意味がない。
緻密な構成と巧妙なミスディレクションによって作者が作り上げた「謎」が一気に氷解する。
「オオー!そうであったかー!」と天地がひっくり返るようなその瞬間が快感なのですよ~。
作者の仕掛けた迷宮にはまりこんで抜け出せない、という趣向もよろしいのですが。
(竹本健治をミステリ作家と呼んでいいのかいまだ迷う)
何にしても中途半端は興醒めです。

柴崎コウは好みのタイプではありません。
それにしてもわざわざお化けが出そうな廃屋(病院)へ行ったり変死体を見ようとしたり…。
ホラーサスペンスの登場人物だからってそれはないだろ的なヒロインでしたね。


しかしアメリカ映画よりもやはり日本映画のホラーサスペンスのほうがイイネー。
日本的な情念・怨念の世界のほうが肌に冷や冷やゾクッときます。
日本的な怪談ていいですよね。

アメリカ映画は登場人物のヒステリックな喚き声に耐えられない。
各々がすぐにブチ切れて勝手に怒鳴り散らすわ効果音もやかましいわ、こっちがブチ切れそう。
「正義」や「神の意思」(要するにキリスト教的価値観ですね)がちらつくのもイヤ~。
アメリカ的価値観はどうにも受け入れがたいわ。
勧善懲悪の基準が日本と違うのよね、多分。

アメリカで「着信アリ」を作ったら、最後に女の子の怨霊はエクソシストに退治されちゃうだろう。
いや~つまんないこって。


結局、和製ホラーの趣を結構楽しんでいました。
最後は惜しかったです、ホント。

血圧と脈拍は「測ってみよう」と言われるがままに測っただけ。
特に意味はないです。
皆さんの血圧と脈拍はどれくらい?
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-30 00:31 | 読書・漫画・TV
日本国民として怒りを禁じえません
mumurブログ:今度は朝日新聞にも意見広告が登場

散歩道:戦争ってかっこいいなあ(w


いや、散歩さんのブログにも書きましたけれど…
マジで怒りますよ?
朝日の広告にはおかしな漫画が添えられており、その漫画では

扶桑社のあたらしい歴史教科書を読んだ子供達が

>戦争ってかっこいいなあ(w
>ちょっとまたやってみようかなあ(w

と邪悪な顔で考えている。
作者は朴在東とかいう時事漫画作家だとさ。
プロ市民が書いたんじゃねーのか?って気もするが。


>戦争ってかっこいいなあ(w
>ちょっとまたやってみようかなあ(w



あの戦争でどれだけ日本国民が

地獄を見たと思っている。



度重なる空襲で家や家族を焼かれ、食う物もなく飢えに苦しみ、
二発の原子力爆弾によって広島と長崎は草木も焼け果てた荒野になった。
進駐軍が上陸した後も、家や家族を失くした人々、庇護のない子供達は飢えと貧困に苦しみ、
犯罪に走る少年も数多いた。
現代の「ちょっとした事でキレる」少年犯罪と違い、
彼らは生きるために盗むしかなかった貧困層の犯罪少年達なのだ。
ヒロポンと呼ばれた麻薬の常習者も多かったと聞く。

作家の野坂昭如氏曰く。

>焼け出されたら食べるものがなかった。
>飢えの恐ろしさほど体験が人に伝わらないものはない。
>だから『火垂るの墓』は戦争というより、飢えを書いた。
 (中略)
>飢えは、言い換えれば腹がへるということで、
腹がへって飯がちゃんとあるのと、
腹がへって飯がないのとの差は
>これはほんと書けない。
>悲しいだけなんだ、ほんとに。

(講談社文庫「少年Hと少年A」より)

生き延びた人々も、果てない飢えの苦しさを味わっている。

想像してみよう。

ダイエットやヨガで断食をする。
ムスリムにはラマダンという宗教儀礼もある。
断食の間は空腹に苦痛を感じるが、断食が明ければ食事が待っている。
しかし、戦争で飢えるという事は、果てのない断食=飢餓の苦しみなのだ。
食べ物を買うカネがない以前に、食べ物すらない。
冷蔵庫が空っぽならばコンビニへ行けばいい、カネがなければ万引きすればいい。
どちらも飽食の現代だからこそ言える話で、日本中が飢えに苦しんでいた時代がある。
同様に着るものすら不自由していた。
衣食住、何もかもが不自由していた。

戦争の惨禍は、イデオロギーによる犠牲ではなく人間の尊厳を失う事である。

「同じ過ちを繰り返さない」という言葉は、これらの戦争の惨禍を二度と繰り返さない、
という意味ではないか?


>戦争ってかっこいいなあ(w
>ちょっとまたやってみようかなあ(w

これは明らかに日本国民に対する侮辱だ。
敗戦によって辛酸を舐めた国(人々)が、ここまで復興するために払った努力の汗を
このようなふざけた漫画で穢す行為は許せない。

朝日よ、戦時中に国民を欺き扇動する記事を垂れ流した己の罪は棚上げか?
それは大本営や時の天皇のせいであって己は被害者だとでも言うつもりか?
記事を作るために事件をでっち上げるという愚行を何度繰り返す気だ?

どのツラ下げて物言ってんだよ。

ふざけんな。



この漫画は朝日新聞の意向と受け取った。
朴在東やらの罪は重いが掲載した朝日はもっと重罪。
すべての国民へ謝罪しろ!

とにかく怒り心頭です。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-29 00:08 | 今日のニュース・雑考
無言の否定は肯定にカウントされる
ナンシーは上手い事を言ったものだ。
急逝がつくづく惜しい。
素材(ネタ)は華原朋美のCMだっただろうか。

スルーする、受け流す、放置する、という事は大人の処世術。
殊更コトを荒立てるように否定的な意見を突きつける必要もないではないか。
大体そんな行為は子供じみている、大人気ない。
構わずに放っておけよ。
なるようになるさ。

そんな「無言の否定」が「肯定」、もしくは「支持」にカウントされてしまったために起きた悲劇。
「否定する」「支持しない」という意見表明があれば、起きなかったかもしれない悲劇。
「無言の否定」など、当事者には得てして見えないか、支持率アップに利用されるだけなのに。
(だから選挙権は行使するべきだと私は思うのだが、これは少し違う話)
取り返しがつかなくなってから嘆息するというのも卑怯なんだか間抜けなんだか。

無言の否定は自衛手段でもある。
あからさまに「アンタ嫌い、ムカツクの」と言っては角が立つし、
場合によっては悪者にされかねないが、内心で思っている分には波風が立たないのと同じ原理。

こういう事なかれ主義って本当はよくないのかもなぁ。
などと物思う今日この頃です。


それにしても「憲法9条を守ろう」とか「つくる会の教科書反対」とか大声でアジっている奴ら、
うるさいな。
多勢で道路を連なって歩かれたら通行の邪魔なんですけれどー。
血圧の高そうなおばはんがキンキン声で「核兵器廃絶ー!」と喚いていたけれど、
日本が核兵器を保有しない事が即ち核兵器の廃絶に繋がるんですか?
単に他所の国から核兵器を打ち込まれても打ち返せないだけ。
やられっぱなしになるだけの話じゃないかと思うのですが…。
9条さえ死守すれば日本は諸外国に侵略されないとでも?
そのお花畑の花は芥子の花か。

こいつら根性あるよねー。
鮮度は別として。


◇追記◇
「お花畑」はkaimさんの「お花畑三部作」にインスパイアされて出てきたわけだが。
(正しくは「綺麗なお花畑を街中に造ろう。」だな)
該当エントリーに何かコメントしようにも何も言葉がない事に気付いた。
言葉は無力だ。
7/28、文中リンクという形で同意を表明します。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-27 23:27 | 放浪インターネット
「マンガ・嫌韓流」 山野車輪・著/晋遊舎
本屋に寄ったら(ファッション雑誌と文庫の新刊を物色しに行った)レジの横に平積みしてあったので、「おや、これが噂の…今日が発売日だったのかな?」と手に取ってみて、パラパラめくって「嫌韓厨・考」という面白げなトピックタイトルに釣られてつい財布の紐が緩みました。
少年漫画風にしても絵があまり好みじゃないけれど、そんなに高い本じゃないしー。
嫌韓デンパゆんゆんだったらそれはそれでオモシロイし。
などと思いながら1000円を投資。

帰宅して、ひと通りさらーっとしか読んでいませんが。


見くびっていました、すみません。


やはり絵は今ひとつ(作者の方・ファンの方すみません)なのですが、すごく濃い内容。
韓国にさして興味がなく、知ろうするほどの魅力も感じられず、「迷惑な隣人」程度にしか思っていなかった私ですが、これは真面目に韓国を知らねばなるまいか?と思わせられる書籍です。
何せ漫画だから読みやすいしね。
漫画にしては科白が多いので、普通の漫画より若干読みにくいですが…。
若者からサラリーマンまで漫画を読むのは当たり前の今の日本ですから、漫画という形で日韓関係の実情を史実に基づきながら描く、という試みは当たるのではないかと思います。
コラムは読んでいませんが、漫画は特に電波じゃなかったし。
どちらかと言うと「マンガ・日本の歴史」といった類の勉強マンガ本みたいな感じ。
お値段も内容のわりに良心的ですし。
この本は売れて欲しいですね。
ワタクシ、恥ずかしながら竹島問題に全然関心がない日本人でした。


書籍タイトルの元にもなっている(?)「嫌韓厨」という言葉は「ネット右翼」同様濫用されがちで、最近は「人権擁護法案反対派は嫌韓厨」などと十派一絡げにされたりして不快でした。
失敬な!嫌悪するほど興味も関心もないわい!
ちょっと古い言葉で言うと「アウト・オブ・眼中」「シカト」。
社員旅行で韓国(ソウル)に行った友達は「つまらない」って言っていたしさ…。

先の大戦中、日本は朝鮮半島を「植民地化」して、朝鮮人に「創氏改名を強要」して「日本に強制連行」して過酷な労働に就かせ、朝鮮人女性を「従軍慰安婦」として兵士の慰み者にして、「いまだ謝罪も賠償もしておらず、軍国ニッポンの政策のために祖国に帰れなくなった在日朝鮮人を社会的に冷遇して差別している」と学校で教わったので、何かそれらしきニュースや記事を見ると、「祖国の恥ずかしい行い」に恥じ入ったりしていました。
それがネット環境になかった頃。
私的にインターネットを利用するようになり、今で言う保守系サイトを巡るようになり、2ちゃんねるまで足を踏み入れてしまうと、「あ、別に恥じ入る必要なかったんじゃん」「韓国の言う事(捏造によるイチャモン)なんて放っておいていいのね」「って言うか話が通じない人達じゃん…」と、諦韓・放韓モードに。
日韓W杯の時にかなり悪印象を持った事も事実。
しかし前述したように「迷惑な隣人」で留まっていたのです。

だから嫌韓厨じゃないんですよ。
大体この日記で韓国の事、ほとんど取り扱っていないでしょ。
核開発問題だけ真面目に怖いから取り扱ったけれど。
韓国に対して好意的じゃない奴はみんな嫌韓厨かよ。


デカ文字で書いてしまいましたが。
だってこの本の発売が決まった時に各所で狂喜乱舞していた人達、イタかったんだもん。
おまいら単に右翼が格好いいと思っている「なんちゃって右翼」じゃねぇの?とか思ったりして。
しかし日韓両国のパワーバランスや日本の世論の風向きも確実に変質しつつある昨今(それは「右傾化」ではなく単に反動現象であると思う)(或いは個人のメディア・リテラシー能力の向上)、諦韓・放韓から、互いを冷静に見つめあうプロセスに入ったのかもしれませんねー。
つか、私が興味なしで見る気がなかっただけか。
私のような聞きかじり無関心層に売れるといいですね。
もちろん、メディアが煽る韓流に「?」と思っている人にもね。

(「俺、『ペ』のどこがいいのかわからなくてさぁ、女の子に聞いても『別にペなんか好きじゃない』ってみんな言うんだよ、ほんとにどこがいいのかわからないんだよなぁ」と首を傾げていた元同僚に「若い女の子に『ペのどこがいいの?』なんて聞くのは失礼ですよ」とぴしっと言ってやったら「そうだよなぁ、空港に来た追っかけのファン、おばちゃんだらけだったもんな(苦笑)ごめん」と謝られました。いいの、みんなあなたと同様『ペの魅力』や『人気の種』なんてわからないと思うから…)

このような本が出版されたこと自体は画期的だと思います。
言論の自由と言いつつこのテの言論は封殺されていたわけでしょ?
著者・出版社の方々は出版にこぎつけるまで多大な苦労をされたかと思いますが(これからアカメディアやプロシミンによるバッシングなどの苦労があるかも…)その行為には敬意を表します。
細かいところはこれから熟読しますねー。
でも多分私は好韓にも嫌韓にも傾かないと思うけれどね。
どのみち韓国という国自体に興味は持てないと思うから。
キムチも食べませんから。

久々に長いエントリーになりました。
まぁ、画期的と言うか、素直に喜ばしい出来事です。
電波本かと思っちゃってスミマセンでした。
タイトルがちょっと電波っぽくて…。


ところで最近某板がしょっちゅう落ちる事について陰謀論を見かけました。
専用ブラウザ入れようかなー。
どうしようかなー。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-26 22:33 | 読書・漫画・TV
コケました
手にしていた桂陳の瓶が割れなかった事が何よりでした。
膝を多少すりむきましたが軽症なので手当てはマキロンのみ。
ハーフ丈のパンツをはいていたお陰で、洋服は無事でした。
ま、つんのめって膝と手を突いただけですから…。

と言うかいいトシこいて横断歩道でコケなくても…(鬱)
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-25 23:40 | その他
関東地方で震度5弱の地震

安普請はよく揺れる…
   ∨
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-23 19:12 | 今日のニュース・雑考
夏風邪です

頭痛いニダ…
   ∨
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-22 11:39 | ヘルシー&ビューティー
他所のブログに触発されてみるのもいいかもしれない
シュウのラッシュリペア。

こんないいものがあったのにどうして今まで買わなかったんだ~~~!!

というくらい素晴らしい。
睫毛にぴーんと張りが出て、心なしかふさふさ伸びとるよぉ。
憧れの睫毛ふさふさ…ヒデキやまめ感激!!
マスカラの下地にも丁度いいです。
マスカラがきれいに均一に濃く長く付きます♪

「睫毛美容液なんて面倒臭いし別にねぇ…?」という方には是非一度お試しを奨め。
私は梅ばあさんのブログに触発されて買ってみましたが(梅ばあさんはテスティモ)、多分いろいろなブランドに同様の商品があると思うので、お気に入りのカウンターに行って探してみましょう。
私はボビィかシュウで、と思っていたらボビィでは取り扱っていなくてシュウにはあったから。
ラッシュリペアは3000円+消費税。

これって眉毛のハゲ部分(一部毛の薄い箇所がある)にも効きますかね?
あくまで美容液であって、ハゲ治療薬というわけではないのだろうか。

ともかく毎日塗るのが楽しいです。
(って昨日の今日だよ…)

梅ばあさんとはコスメの嗜好が180度違うと思うのですが、参考になるお話がいっぱいです。
文章も面白くて勝手にリンクしてしまいました。
すみません。
でも睫毛美容液を試してみる気になったのは梅ばあさんのお陰!
文章も非常に魅力的なブログなので、是非あなたも梅ばあワールドを体験してみてください。


今日は美容院にも行ってきました。
夏向けにばさーっと髪を切り落としてカラーリングしてきました。
何せひどいプリン状態じゃったんじゃよ…。
今回はクールブラウンにしてみた。
黄色いわけではないが、結構ツヤがキンキラ光っている。

今ナナメ前髪になっています。
ウザイけど男受けは良いよね、ナナメ前髪。


◇追記◇
最初にPINGを送信する時つい時事ニュースにTBしちゃうのは何故なんだろうね。
身についた癖じゃろうかなぁ?あんちゃん… ○| ̄|_

なぜかハン板で発見したはだしのゲンスレッドが面白くて夢中。
なぜみんな広島弁なんじゃけえの?あんちゃん。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-21 22:29 | おしゃれ大好きコスメティック
もうサンダルが大活躍ですね
ウエッジソールはハイヒール以上に疲れる、と痛感。
半額になっていたASのウエッジソールサンダル、絆創膏なしでは履けません。
ものすごーく!かわいいんだけれど。
だから頑張って履いているけれど。
マメだらけのトホホ足になります(健康に悪いね)。

懲りずにジェリービーンズのトングを購入。
こちらは履きやすい感じです。
実際に外で長時間歩行していないので何とも言えませんが…。
試し履きした感じでは足に優しくフィットして、食い込んだりはしません。

a0027061_226571.jpg









シャララ飾りと抑えたブロンズカラーが好感ポイント。
と言うかASのサンダルよりソール全体が3cmばかり低いですかね。

最近はもっぱらPJ(ライブドアではなく下着通販のほう)のトングを愛用。
厚底でアッパーがスエード仕立て・ラインストーンがついたヤツ。
アッパーとラインストーンはピンクカラーをチョイス。
やや重いのが難点ですが、履きやすくてビーサンほどだらしない印象にならないので重宝。
爪先が楽チンですし、意外と何にでも合います。

ビニールのオモチャみたいなサンダルやビーサンは履く気がしません。
この時期、あえてレザーのポインテッド・トゥ・ミュールを履くのも一興。
黒のエナメルもいいね。

以上、ヒートアイランドの東京からお送りしました。


-----------------

まつパーしたりマスカラをコテコテに塗っているので睫毛トリートメント剤を購入。
シュウのラッシュリペア。
水みたいな感触です。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-20 22:45 | おしゃれ大好きクロゼット
先祖の御霊を慰め敬い奉るべし
yeppun_iさんの「みたままつり」レポート

私もこれを見て靖国神社に行きたくなりました。
今夏は(毎度の事ながら)まとまった休暇は取れなさそうで、余暇を見つけて都内の花火大会や遊園地、プールなぞ行こうかな、と思っていましたが、プラス是非靖国参拝をしたいと思います。
お盆は休みが取れるかな~。
さすがにお盆は入電も少ないと思うのだが…。

神社仏閣はそもそも清浄な場所でありますが、ここには先祖を敬い奉り、「お陰さまで子々孫々元気でやっております」という人々の思いがぎっしり濃縮されているようで、写真を眺めているだけで心が和らぎ落ち着きます。
「先祖を思ふ 家族を思ふ 国を思ふ」という句。
当たり前の事なのに、なんと胸が熱くなる句でしょう。
参拝なさる方々の胸の内は人それぞれかと思いますが、先祖に手を合わせる時、邪念や悪意などあろうはずがありません。
先祖を敬い奉り、今の暮らしに感謝しながら「不束者ではございますが今後とも何卒私共を見守りください」と頭を垂れ、人々は先祖が築き上げた今の生活に戻って行きます。
奉納された商店街や企業、各地の遺族会の提灯は、先祖への感謝と安寧への祈りであり、おぞましい「軍靴の音」などとは到底結びつきようがありません。

(NAVER総督府は有志の歴史学術研究機関であり、右傾化した政治思想団体ではありません)
(…で、いいんですよね?いっぷに&散歩さん)

日本はあの戦いに敗れたために、長い年月、戦火に散った多くの先祖を敬い奉る事も「軍国主義復古」「右傾化」などと良からぬ事のように、殊に国内の「平和主義者」から批判の的とされてきましたが、先人に感謝し、その魂を慰め敬い奉る事は軍国主義でもなんでもありません。
その時代に生きた人々がいたからこそ今の私達がある。
戦勝国から下された「戦犯」というただ一言で、その時代を生きた方々を否定しないでください。
先祖が命を燃やし戦ったという事実を否定しないでください。

先祖の御霊(みたま)を慰める事は子孫の務めです。
それはイデオロギーではなく、国・郷土・家族を愛する心と同一線上にあるものです。
日々の暮らしの中でも先祖に対する感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。


ちなみに私の一族のお社は厳密に言うと靖国とは系統が異なるのですが…。
宗派同士の対立が激しい仏教と違って神道はそのへん緩い。
どこに参拝しようと極めてノープロブレムなのです。
お稲荷さんでも八幡様でもどこでもお参りしちゃいます。
(ほんとはいけないのかな…?)


先祖を敬い奉る、御霊を慰める。
これは重要なファクターとなりますので、「やさしい神道」にカテゴライズします。

参考:御霊信仰(ごりょうしんこう)
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-07-18 22:07 | やさしい神道(仮題)