<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
共同通信の記者に踊らされた~
<総務省の情報フロンティア研究会報告書>

当日記でも取り上げた総務省の実名推進の件ですが。
報告書がまとまったようです。

共同通信よ…_| ̄|○
紛らわしい記事を書くから釣られちまったじゃねーか!
この件で実名匿名議論した者達はお馬鹿なお魚って事か。
(某弁護士先生の件がなければスルーしていた人も多かったのでは…)

すごく長い報告書なんですが(PDFだから余計に読むのが疲れる)、争点となった「実名」推奨に関しては、要するに「実名」あるいは「特定の仮名」である事が望ましい、という事だそうです。
特定の仮名、つまり固定HN、固定IDに対しては受容的(と受け取った)。
匿名とは、「名無し」さんや「743」、「通りすがり」などの捨てハンに限定されているようです。

実名って言ったら普通本名じゃないか。
本名じゃない以上HNだって匿名だろ?
インターネットにおける匿名神話の話は別として。
なんでこんな紛らわしい記事を書くかな…。
まんまとミスリードに誘われちゃったよ。

ところで私のHNも紛らわしく誤解されやすい。
柏原山女だと思っている人がいる。
プロフィール(自己紹介文)読んでね。
柏原は日記のタイトルだから!
それただの地名だから!

しかし義務教育課程でブログなんてする意味あるのか。
やっぱりなんかズレているようにしか思えない。
小中学生はもっと他にやらなきゃいけない事があるだろ!
情報化社会への適応以前に、人間社会の基本的なルールを覚えさせろよ。

----------------


掲示板書き込みを受けて。

サイバーの中の私が嘘偽りの仮面を被っているかと言えば、そうではない。
普段、リアルの日常の中で、種々の雑念にまみれて生活に追われている私が、日記を書くためにモニタに向かい、キーボードを叩く時、私の中にある雑多な思念から余分なものを省いていき、一定の方向性に思考を導き、統一し、純化させ、言葉を繋いで文章にする。
あちらこちらに散らばる思考の欠片を拾いながら。
日記を書く事は、バラバラの思念をまとめる作業に近い。
つまり精神統一の時間。

ま、あまり上手くはないですが。
先鋭化と純化の危険性を考えると、多少論理に整合性がなくてもいいのかもしれません。
なるべく平坦な言葉で読みやすい文章を心がけていますが。
抽象的・観念的な物の言い回しは避けるようにしています。


掲示板関連でもう一点。

昨夜、掲示板に書き込みしようとしたら弾かれてしまったという連絡を受けました。
防御レベルを最高にしていたせいです、多分。
レベルは下げましたが串制御はしていますので、悪しからず。
有料版て便利だなー。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-30 22:30 | 放浪インターネット
電脳箱の虚構
悪の温床ていうか、バカの温床を防止

所詮電脳の箱庭。
飽きたり嫌気がさした時には電源を切ってしまえばいい。
コードを全部引っこ抜け。
そうしたらそこには何もない、ただの箱があるだけ。
誰も彼も、心置きなく自分のリアルへ帰れる。
電源を切る勇気さえあれば。

サイバーの世界の住人には、リアルの世界でリアルの私が何をしていようとも知る由もない。
ここには書けないような事も好きなだけ楽しめるのだ!
気が向いた時に、また私が箱に電源を入れるまで。

そしてサイバーの世界に戻ったところで、そこにあるのは虚像の私。
サイバーの世界では、相手のリアルの顔など知る必要はない。
だから優しさも棘も断ち切ってしまおうと思えば簡単に断ち切れる。
どんなに真摯であろうとも、所詮は虚像、電脳の文字。
真心がこもった言葉、なんて思い込み。

だけど、リアルの世界の私の実像って何?
「子供」「友達」「女」「恋人」「同僚」「会社員」「近所の人」…
私の実像は一体どこにあるのだろう。
何が虚で、何が実なのか。
そんな事はどうでもいい話だが。

サイバーの世界の面倒事をリアルにまで持ち込みたくないね。
またサイバーの世界の他人の面倒事を背負い込むのも御免。
私にとって大切なものは電脳文字じゃない。
生身の私とそれを知る人達だから。

リアルとサイバー。
その線引きとして、私はHNを使う。

電脳世界で実名活動なんかやっていられるか。
名前が重くて気ままに遊ぶ事もできやしない。
親から継いだ姓、貰った名はそれなりに重いのだ。
知名度の問題ではない。
姓名とは血脈の証と願いの具現であるからして。

この件については書こうか書くまいか迷っている。
自分のルーツを晒していいものかどうか。
機会があれば書くだろう。

------------


時折り、電脳箱の世界でしか自分らしく生きられない、という人がいる。
他人事ではあるが、不幸な人間だと思う。
そういう人から電脳箱を取り上げてしまったら、どこに逃げ場を求めるのだろう。
そもそも電脳箱以前、そういった人々はどこへ逃げていたのだろうか。

サイバー世界のユートピアは脆い。
現実に適応できない人達が虚構の中にどっぷり浸かり、自分の実像を保てるのか?
ある思念だけを先鋭化させやすい人は、その思念に飲み込まれてしまう。
本当は生身の人間だから、雑念だらけでいいはずなのに。
「死にたい」と思った次の瞬間「腹減った」。
それが人間てものだろう。

リアルあってのサイバー。
SFのように、サイバーだけでは生きられないよ。

------------

リアルとサイバー、これを背反語としたのはkaimさんのエントリーに倣って。
qssoさんにリンクしたのは「釣られて」です。
文体まで哲学っぽくなってしまった。
慣れない事をするもんじゃない。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-29 22:31 | 放浪インターネット
すでに猛暑の日々…
a0027061_23233893.jpg
新しいサンダル。
足元がやっと今夏風になります。
ヒールの高い靴に少々疲れました…。
(これはヒール3cmです)
暑くてピンヒール歩行に耐えられません。
これだけ足を酷使しているから、
きっと脚が逞しいのだろうな。



美容院とまつげパーマ、
どちらに先に行こうか迷いましたが
まつげパーマを先にします。
目ヂカラUPするかな~?
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-28 23:48 | おしゃれ大好きクロゼット
実名推進――なぜこうもズレている
Excite エキサイト : 経済ニュース

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止  [06月27日 08時37分] 共同通信

>総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。

>国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。
>総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

(引用終わり)


もうこりゃ呆れるとしか…。

インターネットに有害情報が溢れているのは事実。
だから無闇に子供にインターネットをやらせるべきではない、と私は思っている。
何歳から、という線引きは難しいが、少なくとも傷つきやすい少年少女にはお奨めしない。
面白半分で巨大掲示板に出入りして、何気なく貼り付けられたURLを踏んで惨殺画像でも見てしまったりしたら、取り返しがつかないショックを受けるかもしれない。
また、思春期の葛藤の最中に自殺を美化するようなサイトに出入りする事も危険だ。

しかし、その改善策として実名推進は馬鹿げているとしか思えない。
それよりも先に有害サイトを取り締まる法律を作るほうが先だろ?

現行法では「インターネット上でよく起きるトラブル」の類に、公的機関の介入はまずない。
私は法律には疎くとも多少は辛酸を舐めているので知っているが、「インターネットで起きるトラブル・犯罪に、現行法が追いついていない」とは専門窓口の人間の決まり文句だ。
実名や写真など明らかな個人情報の暴露、現実の犯罪に繋がる惧れのある犯行予告声明文、また犯罪行為の告白…これらの通報でもなければ警察は動かない。
基本的に何が起ころうとも個人で対処するしかない。
プロバイダ責任法は実際には匿名性をさらに保護しているだけ。
(顧客の情報開示が簡単にされたらそれはそれで嫌だしなぁ)
HNへの名誉毀損は成り立たないし、HNで書かれた文章の無断転載に関しても著作権は適用されない(場合がほとんど)。
個人でこれらを解決したいと思えば裁判所の許可が必要になり、カネが莫大にかかる。
インターネットとは自己責任の世界なのだ。
自己責任である事を理解した上で遊べる人間でなければインターネットはやるべきではない。

そのような世界において、固定ID、HNという事実上の匿名は、個人を識別する記号であると同時に自衛の一手段である。
WWWの世界で実名を晒す人が少数派なのは、実名活動がハイリスクである上に、ほとんどの人がトラブルに巻き込まれた際にそれを解決するだけの社会的権力や財力、時間を持ち合わせていないからだ、と思う。
そもそもリアルの世界でも人間はトラブルを起こすもの。
公共電波上でやれば無責任な観衆が面白おかしく介入して収拾はつきにくくなるが、生身の人間同士であればトラブルをまったく起こさないわけにも行くまい。
それはある意味自然な姿だ。
匿名性を利用した卑怯な奴がいるのもまた自然の姿。
個人的にはムカつくが自然の姿を否定しても意味がない。
生身の人間に「完全なる健全」を求めるほうがおかしい。

本題についてだが、ここで問題とされる「有害サイト」については、ぶっちゃけ公権力の迅速なる介入を許すようにしたほうが早い。
自殺サイトは運営者の身元を警察が把握した上で、自殺幇助の危険性を少しでも感じさせたら即介入して幇助者・志願者双方の個人情報を割って止めに入ったほうがいい。
爆弾作成方法の紹介サイトなんかぶっ潰せ。
自殺サイトにせよ爆弾作成方法紹介サイトにせよ、明らかに人命を脅かす可能性のある犯罪行為を紹介しているのであれば、そこに公権力を介入させるように現行法やシステムを変えるほうが先じゃないか?
実名なら自殺志願者が自殺やめるのか?
パッとしない人生の最後に実名公開して世間の注目を浴びながら華々しく死にたい、という劇場型の自殺者がいないとは言えないだろう?
人命に危険が及ぶ行為を取り締まる手段を後手に回して「実名推進」など、寝言だ。

真面目に書いてみたが。
総務省のおエライさんてさ、インターネットの事よく知らないんじゃないの?
専門家がアドバイスやサポートはしているんだろうけれど、専門バカってのもあるしね。
人間が利用する以上、どんな事態も起こりうる。
インターネットは悪の温床であると同時に優れた情報HDである事も事実。
情報は大事です。
インターネットがない世界なんて怖くて住めない~。
この記事(エントリー)もまたひとつの情報で、この記事を見た人にその情報が伝達されるわけだけれど、それが草の根レベルで広範囲にできるという意味ではブログも優れている。
(同時にデマを蔓延させる危険性も孕んでいる…という側面もあるのだが)
しかしブログ公開アドレスにはスパムメールが山ほど来るという現状を鑑みるに、やはり公開情報(この場合はブログ主のメールアドレスが公開情報)に危険は付きまとうわけで…。
実名でやれって、要するにインターネットでの情報伝達活動を妨げたいんじゃないのか?
などと下衆は勘繰ってしまうわけです。
マスメディアによる情報操作を簡単にしたいだけじゃん?なんてね。

プロバイダ責任法について、また裁判所による情報開示請求の許可について、警察関係者・IT犯罪専門家の方から伺った話を元に書いておりますので事実誤認等あるかもしれません。
一応当事者として伺った話なのですが…。
誤認があれば追記という形で訂正をしたいと思います。
ご指摘は掲示板もしくはメールにてよろしくお願い致します。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-28 00:43 | 放浪インターネット
サンプル比較
○シュウウエムラ ホワイトニングローションⅠ
○エテュセ 薬用ホワイトニングシリーズ
○草花木実 洗顔石鹸・どくだみ、化粧水・どくだみ
○ボビィブラウン ラザリングチューブソープ

最近使ったサンプル。
シュウとボビィは買い物した時に「どうぞお試しください」と、エテュセはカタログを取り寄せた時にアクネかホワイトニングかどちらかのトライアルキットをくださると言うのでホワイトニングのほうをチョイス(なぜかアクネ系の化粧品は肌が荒れる)、草花木実は通販で購入した商品の同封物。
シュウではクレンジングオイルも頂きましたがまだ未使用。
ローションは現在使用中のマリコールのエクレシサンが気に入っているので変える気はとりあえずなく、洗顔料のみ比較すると、エテュセの薬用ファインクリアソープは泡立ちがよい点がマル。
草花木実の洗顔石鹸・どくだみはマイルドで肌を労わってくれている感じが好感度高。
肌荒れすることなく無理なく使い続けられそうな固形石鹸。
ラザリングチューブソープはラベンダーの香りが心地よくて洗い上がりもスッキリ&マイルド。
香りといい洗い上がりといい、とにかく気持ちい~。

前提:インナードライ肌で少々の香りはむしろ好ましい、という人間が使っております。

洗顔料はこれがいい、というものが見つからず、ドラッグストアで良さそうな品物を適当にチョイスしていましたが、やはりちゃんとした洗顔料を使いたい、といつも思っていました。
これを期に洗顔料を変えるとしたら、草花木実のどくだみ石鹸かボビィのチューブソープ。
どくだみ石鹸の柔らかさも捨てがたいが、ちゃんと汚れ落としとなると、やはりボビィか。
落としたー!スッキリ!という実感が得られますので。
あと香りがよいお品物に惹かれるんですよね。
メタリックシルバーの容器も素敵。

結論:ラザリングチューブソープを購入しようと思う。

ボビィのスキンケアラインは前々から使用してみたくて、まずは手始めにお手軽価格のチューブソープを狙ったのですが、期待を裏切らない「当たり」で嬉しい。
そのうちビタエンリッチドクリームのサンプルを頂ける機会があったら是非試してみたいです。
本当に私ってボビィが好きなんだな、と再認識。
サンプル配布の機会を設けてくださったり、サンプルも何度か使えるくらいの量があるし。
至れり尽くせりの心遣いがなんともニクイのですよ。

これからは洗顔・クレンジングも本気になろう。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-26 20:01 | おしゃれ大好きコスメティック
プチ熱中症/拉致被害者家族の座り込み
なんでもプチをつけるとイタイという法則。
でも、なんかいきなりキませんでしたか?この暑さ。
東京、真夏日だったんじゃないの?
ヒートアイランド現象を作った臨海開発を憎むぞ。

この茹だるような暑さの中で、アスファルトの上で座り込みをされているご家族が心配です。
倒れちゃったら元も子もないです。
どうか無理はしないで欲しい。

座り込みが何らかの解決策になるのか?と問われれば、実りは少ないかもしれません。
しかし、彼らを突き動かした理由――。
それは、私達国民ひとりひとりに責があるものです。
ある日突然「日本人である」という理由だけで家族を奪われ、祖国日本の政府は犯行を犯した国家に奪還の働きかけをする事なく残されたご家族を冷遇し、国民共々その事件を黙殺してきた。
家族を奪われた悲しみ、その悲しみを理解される事のない、関知すらされない憤り。
経済制裁に異論はありますが、そもそもそういった議論すら公にはされなかった長い年月。
ご家族を追い詰めたのは、私達国民の無関心と無理解です。

為政者を責めて気分を晴らすだけでは飲み屋のオッチャンのクダ巻きと変わりありません。
その為政者が選ばれたのは、他ならぬ私達国民の公正な選挙の結果なのですから。
もちろん言論の自由が保障されているのですから批判は大いに結構なのですが、政府と国民は断絶された関係ではなく、密接に繋がり合った関係であるという事を忘れてはいけません。
政府なんかいらない、という無政府主義者の方には別に同意を求めませんけれど。

この件に関しては、なるべくフラットな立ち位置で感想を述べたいと思います。
政治的な思想や意思を排除して、ひとりの日本国民として。
私達は長い年月、これだけご家族の方々を苦しめたのだという事。
その責は自覚しなければいけないでしょう。

家族を愛し、郷土を愛し、祖国を愛する事が右傾と言われてしまう。
靖国問題で何かと騒がれる神道についても書きたかったのですが、またの機会に。
ともかく暑さでバテバテ、頭が働かない。
ところで保守的ってそんなに悪い事なのでショーカ?
伝統は大切にしてもいいと思うのですが。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-25 22:36 | 今日のニュース・雑考
自由業的なクローゼット/優良サンスクリーン
久々にマルイへ行きました。
Tasse Tasse(タスタス)がもう30%OFFセールをやっていたので、V開きヘンリーネックのタンクトップとベージュの釦なしカーデ(アクセサリーピンで留める羽織りタイプ)を買いました。a0027061_2229179.jpg
写真では緑っぽく見えますが、実物はもう少しブルー系です。
色違いのピンクも可愛かったのですが、ナナシのピンクの羽織りブラウスとWRのピンクの襟元ゆるゆるカットソーを買ったばかりで、ピンクだらけのワードローブになってしまってはメリハリがなくなる…と言うか、アクセントに欠けると思ったので青緑を購入。
最近わりあいカラフルなお色味のお品物ばかり買っていたので、カーデはナチュラルに馴染みやすいベージュをセレクトしました。
タンクトップに隠れてカーデが見えませんが、どうせ広げたところで平置きでは形がわかんないと思います。
(オークションでも購入専門なのでトルソーなんて持っていない)
四角に畳めない洋服が増えて、収納にも四苦八苦。
せめて肩がきちんとあって、ハンガーにかけられたらいいのですが…。
カットソー素材やニットだと伸びてしまうのでハンガーにもかけられないし、丸めればいくらでも小さくなるのに(丸めるわけにも行かないので)場所を取る洋服ばかりになっています。
クローゼットの中の重鎮、J・プレスとカルバンクラインとマーガレットハウエルのスーツが浮く事。
ローリーズの黄緑&ゴールドのパンプスも買いたかったなー。
ASのオンラインショップでもセールが始まったため、サンダル・アロハシャツ・バッグを注文。
フリンジ・スタッズ・ハトメ・メタリックのバッグは今年外せませんよね。
パイソンには何があっても絶対に手を出さないけれど。
ウエッジソールとメッシュのサンダルは悩み中。
ターコイズの大振りクロスペンダントも買いました。
ナチュラル&プリミティブなテイストのアクセサリーが好きな私には嬉しい流行。

紫外線の恐怖もバカにならなくなってきたため、日常的にサンスクリーンを使うようになりました。
パウダリーファンデの下地に使うトータルディフェンダーもUVカット効果があるのですが、もっときちんとしたサンスクリーン専用の下地を使いたい、でもあまりにもサンスクリーン効果が強い製品だと浮いちゃいそうでやだなーと思って悩んでいたのですが、知り合いから紹介されて使ってみたアルージェのUVモイストビューティーアップ(SPF20、PA++)がとてもいいお品物でした。
肌に負担をかけず、透明でよく伸びて、ファンデもぴたっとくっついて崩れにくいです。
a0027061_232967.jpg意外とマッチしたシュウのパウダリーファンデ(名前が長すぎるので検索してください)とアルージェの下地兼用サンスクリーン。
ちなみにフェイスパウダーは(隠れていますが)ソニプラの店員さんの「これでいいんじゃないですか?」というやる気のないお奨めで、テカリ防止効果があり皮脂吸収成分が配合されているという、K‐パレットのメイクリセットパウダー。
値段なりに使い心地は今いち?ですが(時間が経って剥がれた時ちょっとムラが汚い)、小さくてポーチの中で嵩張りません。
ラブクローバーのリキッドファンデはファンデ自体にサンスクリーン効果があるので、下地はテカリ防止の下地のみ!
色白さんはマットにしすぎると怖いけれど、セミマット~ハーフマットが一番自然だと思います。
テカリは嫌なのですが、真皮の保湿力が弱く、インナードライ気味の肌の私は、化粧品を選ぶ時にはしっとりしたテクスチャーと保湿力・低負担を何よりも重要視します。
アルージェは肌に溶けるようにスッと馴染んで軽くて、ガサガサしたり突っ張った感じがしない。
サンスクリーンは肌に負担をかける、とにかく重い、と感じていた私には嬉しい出会いでした。

色味がなく素っ気ないのが私の化粧ポーチの中の特徴。
白・黒・銀しか入っていませんからね…。

画像を2枚UPできるか、確認も含めて洋服とコスメの話を1本のエントリーに。
カテゴリーに悩みましたがとりあえずクロゼットにしておきました。
(しかしいつも思うが写真が下手すぎてブツがわからない)
ローカルカテゴリーの区分をもう少し工夫したほうがよさそうですね。

携帯更新日記も本日更新しました。
メニュー右下よりどうぞ。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-25 00:00 | おしゃれ大好きクロゼット
女性差別でしょうか
他所のブログにちょこっと書いてきた事ですが――。

私は喫煙者です。
ハタチの頃から吸い始め、いまや生活必需品になりました。

世の中どんどん喫煙者には風当たりが強くなり、特に女性喫煙者は「赤ちゃんが障害を持ってしまう」「はしたない」「鼻から煙は萎える」などと男性喫煙者とは違った側面での風当たりが強い。
どんな女も煙草を吸うだけで女を下げてしまうらしい。
私は子供を産む気がないし、鼻から煙は出さないように訓練して(鏡を見ながらね、どう吸って吐けば鼻から煙が出ないのかと…)極力みっともない姿を晒さないようには努力しています。
酒を飲む時もだらしなく酔わないように気を遣っているんですよー。
かなり酔っても酔っていないように見られがちですが。

「女だから煙草吸うな、酒飲むな!」…なんて時代錯誤、ナンセンス!
…とは常々思っているのですが、そんな私でも気になる事が。

それは煙草を剥き身のまま、ライターと一緒に持ち歩く女性。

喫煙所には一服つくために訪れる人が何人もいて、常連さん同士は仲良くもなります。
ロッカールームから喫煙所に向かおうとする人もわかるようになります。
一様に、それとわかるポーチやシガレットケースを持っているからです。
しかし、時折りそういったポーチやシガレットケースを持たず、煙草を箱のまま、ライターと一緒に無造作に掴んで持って行く女性がいます。
そうやって煙草の箱とライターを手にした女性が廊下を歩いていたりすると、「う~ん、それって女性としてどうかしら?」と思ってしまうんですよね。
別にわざわざ箱から移し変えるような華奢なシガレットケースを持ち歩けとは言わないけれど。
せめて煙草の箱とライターを収められるシガレットケースを使えばいいのに…。
どこにでも売っているじゃん、それっぽいケース…。
中身が煙草である事に変わりはないけれど、そういう配慮って女性としての嗜みじゃないかしら?
男性も、剥き身で煙草とライターを持ち歩く女性には幻滅しないのかしら?

…などと思ってしまう私は女性抑圧主義者なのだろうか。
煙草を吸う行為自体にエレガンテなど欠片もないのかもしれませんが、せめて女性としては出来るだけスマートに優雅に見えるように煙草を吸いたいなーと思うのですが。
もちろん喫煙マナーは守って傍迷惑な吸い方はしない、という事は鉄則で。

気になるのでちょっと書いてみました。

「女性差別」というのも使いようで便利な言葉。
私は特に「女性ゆえに」という差別を受けたと感じた事はないなー。
女性が歓迎される仕事を選んだし、だから「女は使い物にならない」と言われた事もないし。
お客様から「女の子じゃ話にならん!上司を出せ!」と言われても別に差別だとは…。
(逆に男のコミュに「女の子を出せ!」というお客様は何を考えているのだろう)
そういうのって大概、上司に代わってもどうにもならないような事ばかりだから、男が出れば自分の主張を“上の人”が聞いてくれた、と思って満足するのはお客様の自己満足だし。
生理が一番イヤだけれど、こればかりは女に生まれた宿命だしなー。
女性差別ってぶっちゃけた話、容姿端麗が求められるという事だけだと思うのだけれど。
あと年を取ると女性扱いされなくなるとか(これに関しては実情がよくわからない)。
今のところ、不当な差別を受けていると感じる事はそう多くありません。

女性が女性らしく生きたいという事は難しい話なのだろうか。
今時仕事をする女性も結婚や出産をしない女性も珍しくない。
その上で女性らしく生きる事はいくらでも可能なのではないかと思うのですが…。
misakiさんの遺物的な話ですね。

関係ないけれど「女性は母性を持つがゆえに平和主義」というのはピンク色の嘘だと思う。
(なぜ真っ赤ではなくピンクなのかは今ここでは面倒だから省く)
世界平和をアピールするために女性を全面に押し出しても同性としては白けるんだよね。

私が煙草を吸っている理由は…。
惰性もあると思いますが、多分ストレス・イライラが軽減されるからでしょうね。
いろいろと肩が凝るんです。
でも整体のお陰で大分よくなりました。
腰痛も最近はなりを潜めている。
美容のためにも健康のためにも整体はお奨め。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-23 23:57 | 今日のニュース・雑考
彼岸迄
メンテ後の混乱は一段落したのでしょうか。
ロボット検索除けは解消され、アンテナ拒否も解消され。
正直アンテナ拒否は困ったなぁと思ったけれど(こんな日記をアンテナ登録して下さっている奇特な方もいらっしゃるので)、ロボット検索除けだけは残しておいてもよかったような気がする。
随分前に自分でロボット除けのメタタグを埋め込もうとして出来なかったから。
別にキーワードが拾われること自体はイヤなわけじゃないけれど、どうもロボット巡回で拾われたアクセスキーワードでアクセスされるのが気分的にイヤ。
どうせ個人の日記(と言うか私の日記か)に大した事が書いてあるわけじゃないし、そうでなくても「グーグル検索でブログ記事ばっかり出てくるのがウザい、ムカツく」という意見もチラホラあるし。
地道にテキストをこさえてこつこつログを溜めたい、それでこの日記なり筆者なりに興味を持って定期的に読んでくださる方が増えればそれで嬉しい――という私には、アクセスランキングボタンを設置して「クリックしてね♪」とかいうのもどーも生理的に受け付けない。
申し訳ないがランクリボタンは一度も押した事がないような気がします。
せいぜいWeb拍手くらい。

ここしばらくで、とても淋しかったニュース。
娘通信♪さんがブログ休止宣言されてしまった事。
取るものもとりあえずコメントを残してきましたが、レスを確認した後、さらに後日見に行ったらコメントも閲覧できなくなっていた。
読みやすく、非常に勉強になる優良ブログだったのに…。
オールラウンドに時事ニュースを取り扱うブログとして、私にとっては欠かせないブログでした。
とても淋しいですが、いつの日か復帰をお待ちしたい。
ブログではありませんが、あんた何様?の大ファンなので、外部リンクしちゃおうかなー。
オールラウンドに時事ニュースを扱い、それでいて共感できるブログや日記はなかなか少ない。

---------------------

暑さ寒さも彼岸迄。
暑いなーと思って掛け布団を薄くしたら寒くて風邪をひいた。
明け方震えて目を覚ますこと数日、見事に頭痛と咽の不調で風邪の症状に。
なんだこの寒さはーと思っていたら、今度は灼熱の日照り。
たまんないっすよ。
通勤電車とオフィスでは冷蔵庫並の強力な空調で風邪に追い討ちをかけられ、外を歩くと日差しの熱と湿気で汗がどっと吹き出る。
この熱射の中でスーツをカッチリ着こんでネクタイをがっちり襟元まで締めているサラリーマン、体内熱で発狂しないのかなぁ。
学生の皆さん、夏場のバイトはオフィスワークよりも汗ダラダラのガテン系をお奨めします。
そっちのほうが代謝も活発になり夏バテしませんし、何よりも夜は何も考えずに熟睡できます。
キツイわりに時給はさして良くありませんが、「稼いだぞー!」という実感はズッシリ得られます。
以上、経験者より要らぬアドバイス。
軍手必須の軽ガテンにせよ1日中立ちんぼで笑顔を振りまくマネキンにせよ、私って結構ハードなバイトばかりしていたような気がする。
今じゃすっかりもやしになった。
もぉ~暑くて寝苦しくて叶わん!
なんとも惰弱になったものよ。

暑さで倍増したストレスは、買い物で発散しています。
狂ったように服飾小物ばかり買い漁っている。
ネットオークションで一気に4着も服買っちゃったり(新品だけよ)、さっそくの10%OFFバーゲンでワンピとスカート買っちゃったり、衝動的に2個もバッグ買っちゃったり、靴も2足増えたね。
仕事がヒマで赤字残高だというのに何やってんだか…。
「靴とバッグは新しいものを買ったらその分だけ古いものを捨てなさい」という母の教えをちっとも守っていません。
今日もうっかりO手町駅の地下でバッグとサンダルを買いそうになっちゃった。
もう私の視界にかわいい洋服やバッグを入れないで~!死んじゃう~!
それでも破産しないあたり、小心なのか堅実なのか。
友達の母上が銀行口座を焦げ付かせた事があって、信用回復に随分時間がかかったと聞いた。
何はともあれ焦げ付かせない、キャッシングとローンには絶対に手を出さない。
それで何とか生活しています。

しかし暑いね…。
クールビズ、やるなら本気でやって頂戴。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-21 23:04 | 放浪インターネット
回答
○まず、私の認識不足でB氏がそこまでひどい状態になっているとはまったく知らなかった。
○有耶無耶のまま逃亡した、としか思っていなかったので、通常のネットの掟(あくまで私基準であったため、異論はあっただろう)に従いログを公開した。
○そのためBigBan氏やstandpoint1989氏が現れた時、彼らの目的が読めなくて、彼らを勘違いした。
○いわく、B氏の式神(使役)であるとか、粘着電波の嫌がらせだとか。
○そのために、BigBan氏のIPを弾き、揶揄し、罵倒するエントリーを上げた。これは常々親身に相談に乗ってくださっている知人達にも「見苦しい」「ひどい文章だった」と苦言を呈されて、反省するとともに非礼をお詫びしたいと思う。
○その後、収拾のために説明不足による誤解を解こうとして上げたエントリーは、書かれた内容・私の心情に嘘偽りはなくとも、依然B氏の深刻な状況を知らないままで書いたため、BigBan氏やstandpoint1989氏にとっては非常に謝罪のポイントがズレた不服な内容だった。
○折悪しく起きた不正アクセス疑惑について、BigBan氏が犯人であるかのような雰囲気を作り上げてしまった事は、BigBan氏にとって非常に不名誉な嫌疑であり、言い訳もなく謹んでお詫び申し上げたい。
○非表示になった「Bな人」エントリーはすでに全て削除済みであり、どこにも移行していない。
○B氏がそこまで深刻な状況であると知った今、おそらくもうそのログの公開はしないだろう。
○ブログ削除した後、B氏の健康状態がかなり深刻なレベルにまでなっていた事をつい最近までまったく知らなかったため、BigBan氏やstanpoint1989氏の目的が読めず、上記のように失礼な、もしくは私自身の心情について誤解を招くような行動に出て、場を悪戯に混乱させたが、BigBan氏やstandpoint1989氏の動機を少なからず(人を介してだが)知った今、彼らに対する様々な非礼を詫びたい。
○私は今でもB氏を友達だと思っている。だから、彼女の復帰を阻みたいわけではない。
○彼女に対して起こした行動は間違っていなかった、と今でも思っているが、結果として彼女を深刻な状態にまで追い詰めてしまった事は遺憾であり、罪悪感を抱いている。

 >思うにログさえ担保しなければ、おそらく私はここに現れなかった。
 >この意味ではログは、彼女(※)の正当化どころか、いらぬ傷を広げたと思うし、
 >きっと彼女のこともまさにこのログの問題自体が、傷つけることになったと思う

※注釈…彼女=やまめ。私の事ですね。

…無断引用申し訳ありません。
しかし、当初まったく見えなかったあなたの目的が、人を介しながら(これは私にとっては不本意であり、またデリケートな現実問題にまで膨らんでしまった以上、私はあなたと水面下で直接対話をして相互理解に努めたかった)でもおぼろげに理解できるようになり、あなたがただ単に私がB氏を糾弾してブログを削除させてしまった事に腹を立てて、その報復措置のために私への糾弾をしに現れたわけではない事、あなたが私を気遣っている事を私なりに理解した上で、この言葉は現状を率直に曇りなく現していると思う。
ログ、及び関連エントリーは、おそらくもう日の目を見る事はないでしょう。
B氏がそこまで深刻な状態にあると、今は知ってしまいましたので。
あなたが上げたエントリーを読みました。
私も鬼の顔をしていたのかもしれない。
そして、この問題は、私の手で終わらせるべき事。
それが、私の責任の取り方です。

回答が遅れた事についても重ねてお詫びしたい。
B氏の今の状態を、人を介しながら、この数週間で少しずつ知り得た結果、その深刻さを重く受け止め、公然の場でこれ以上B氏について触れてもいいものかどうか迷った。
その迷いの分、回答に慎重になり、結果としてあなたをも消耗させた事をお詫び申し上げる。

個別の掲示板レスは今しばらくお待ちください。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-06-18 16:25