<   2005年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
さよなら如月
風呂場と寝袋さえあれば、会社に寝泊りしたほうが効率的な生活を送れるかもしれません。
1日の3分の2は会社のために費やしている時間なのですから。
病床は一気にワーカホリックへと場所を移しました。
でも会社ではインターネット厳禁、社内メールもチャットも当然厳禁、住むわけには行かない。
(インターネットが利用できないわけではなく職務に関係ない利用が厳禁というだけ)
別にインターネット遊びをするために家に帰っているわけではないのですが。
寝るためと新聞を読むため。
一応ネットもメールもチェックしていますが。
寝て起きて会社、帰ってきて夕刊を読んでメシ食って寝る、のエンドレス。
マスクしながら復帰した職場は電話が鬼混みで釣り放題!燃える!
燃えなきゃやっていられねーよ。
しかし幸いな事に明後日は休みをくれるそうです。
病み上がりで7連チャンも仕事できないっすよ!と上司に直訴した結果。
「あ、気が付きませんでした、すみません」って本当に気付いてなかったのか?
世の中にはもっと働いている人だって沢山いるであろうに私ったら軟弱。

最近ガーゼの分厚いマスクをしている人ってあまり見かけませんね。
みんなお医者さんのような薄い立体マスクをしている。
私も愛用していますけれど、結構あれってムレるんです。
ムレない薄型マスクを作って欲しいなぁ。
卓越した腕を持つ日本の技術者達が本気を出せば造作もない事ではないでしょうか。
誰か本気を出して特許を取って市場に売りに出してください。

で、このまま明後日まで放置です。
見てはいるのですが、すみません。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-28 23:59 | ヘルシー&ビューティー
病床うつけ者/右翼の定義とは?
昨夜は念入りに洗髪をして、今日は病院へ行けるくらいに回復してきたので(でもマスク着用)、「そろそろいいか」と酒を飲んでみたら、やっぱりまだ不味かった…。
煙草は本数を減らしているのですが、それもあまり美味しくない。
健康体じゃないと酒も煙草も不味くてつまらないですね。
喫煙者は味覚をやられるため、あまり大食漢や美食家はいないそうです。
まー肥満しないのはいい事だ。
運動能力(体力)も同時にやられるけれどね。
駅ではなるべく階段を使うように心がけています。

弁護士先生のブログに反応してみたいが、自分が熱湯浴なのかどうか判然としないため保留。
と言うか今はそんな気力体力が失せているし。

熱湯浴の定義がそもそも曖昧なので、判定に使えそうな事柄を箇条書きしてみる。


・天皇制…廃止する事によって起きる混乱を考えれば現状維持がベストだ。
・女性天皇…男の子にこだわらなくてもいいと思う。
・大東亜戦争…間違った知識を大分植え付けられたが一概に善悪正誤の判断は下せない。
・極東裁判…不当な裁判であったと思う。
・自衛隊は違憲か…違憲じゃない。
・憲法9条改正…とりあえず現状を鑑みるに改正したほうが良さそう。抵抗は感じるけれど。
・自衛隊派遣…反対する理由がない。恩を仇で返してくるのは三国人だけだから損はないはず。

・韓流…不愉快極まりない。
・拉致被害者問題…いざとなったら経済制裁発動よろ。脱北人を受け入れる理由は全くない。
・中国…まだまだ人海戦術に頼っており技術も拙いが、今後の可能性を考えると非常に怖い国。
・アメリカ合衆国…好きではありませんが、現状反米と言うわけにも行かないでしょう。

・朝日新聞社…どんどん自ら恥を晒して株を急落させるであろう事を期待している。
・NHK…立ち回りの旨さや良い子さ加減は学級委員を髣髴とさせる。

・フェミニズム運動…同意しません。
・陪審員制度…反対。
・ゆとり教育…バカを量産することは目に見えていたはず。
・日教組…憎んでいると言っても過言ではない。
・ピースと名のつく運動や団体…胡散臭ぁ…。
・少年法…悪しき法。
・人権保護団体…保護する対象が偏っていないか?
・同性愛…愛の形や嗜好はいろいろですから…。
・宗教…個人の信仰は否定しないがそれをダシに戦争をするのはどうかと。
・尊厳死…第三者の倫理観で裁く事ではないような気がする。
・中絶…同上。
・死刑制度…改正の必要なし、現状維持。

・現状の社会に対する不満…それなりにあります。
・革命…寝言か夢想でしょ。


こんなところで判定は可能でしょうか。
そもそもどういった点が肝なのか、ツボなのかよくわからないのですが。

某観測所で「実は自分は左翼だった」というカミングアウトが大流行していますが(もう終わったのでしょうか?)、あのテストの質問の意味が理解できなくてね…。
そもそも右翼・左翼という判定をする事に意味があるのかどうかわかりませんが。
しかしネット右翼って絶対妄想の産物だと思う。
架空の敵と戦い続けるなんて不毛じゃないですかね。
ちなみにマイパソでは熱湯欲と変換されました。
煮えたぎった熱い欲?

明日は美容院の予約を入れてあるのですが行けるのでしょうか。
頭がフラフラ、ネットをフラフラする気力もありません。
才人経由でメッセージをくださった方にも御礼申し上げます。
病床シリーズは仕事復帰したら終わりです。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-24 21:53 | 放浪インターネット
病床スキンケア
具合が悪くて寝込んでいる時にはどうしてもスキンケアがおざなりになります。
唇なんてカラッカラに乾いちゃっているのに…。
そんな時、病床の暇つぶし(…)に読んだ大髙博幸氏の「綺麗の福音」に往復ビンタされた。
こんな投げやりな気分じゃいけない!どんどんブサイクになってしまう!
どんな時でも美しさにかける情熱を忘れてはいけないわ!
…と奮起しまして、普段と違う簡単スキンケアを実行してみました。
普段よりも時間的余裕ならたっぷりありますしね。

普段は洗顔後に「尿素とヒアルロン酸の化粧水」を手の平と指先でパッティングして、「尿素とヒアルロン酸のクリーム」(クリームと言うよりゲル状なんですが)を乾燥しやすい頬や口の周りによく塗って馴染ませる、という基本スキンケアです。
では病床簡単スキンケアとは。

1)洗顔後、アクア・ラ・ビューを顔全体にパッティング
2)フェイシャルトストレッチSPエフェクターで顔全体をマッサージ
3)アナスイのホワイトニングスポッツを肌のくすみ部分全体に隈なく塗りこむ

アクア・ラ・ビューは試供品。すでに1本使ったのですが、まだ2本あります。
某通販会社で買い物をすると、多分一梱包に1個、もれなく試供品がついてくるでしょう。
洗顔料を泡立てたら、その泡の中にも一滴たらしてさらに泡立てて洗顔します。
フェイシャルストレッチは残り物…。
以前モニター応募して格安で購入したのですが、使い切る前に何となく飽きてしまった。
だってたるんでもいないのにストレッチクリームと言ってもね…実感が味わえなくて。
でもせっかくなので今使います。使い心地はいいし。
肌のハリツヤが衰えている(であろう)病床だからこそ使いたい。
ホワイトニングスポッツは良心的な低価格なので、みみっちく使わず豪勢に使います。
サプリで内からシミ予防、クリームで外から美白。
普段はいちいちスポッツケアするのが面倒でも、今なら時間はたっぷりあるのですから。
唇には冬の定番、パラドゥのサクラヴェールリップを塗って乾燥ケア。
パラドゥはセブンイレブン限定のプチプラコスメ。このリップは見た目もカワイイです。
眉も生やしっぱなしにしないでツイーザーとシザーできちんと形を整えました。

眉をしっかり整えて、丁寧に洗顔・スキンケアしてサクラヴェールリップを塗って鏡を見てみると、不思議と疲れてやつれた病人顔ではなくなっています。
主観ですが、顔色もガラリと良くなっているのです。
サクラヴェールリップ自体、塗るとほんのり唇の血色が浮き出てくるタイプのリップクリームなのですが、洗顔・お手入れで顔がスッキリすると気持ちも浮上して、心なしか体調も良くなったような気がします。
もちろん長時間起きて身体を冷やしたり、負担をかけたりするのは絶対よくありませんが、「私、今汚い顔で病床にいる…」と思うよりも、心地よく「うん、もうすぐ治るから寝よう」と前向きな気分でベッドに入れたほうが、回復も早いような気がしませんか?
急な来客が来ても(別に来る予定があるわけではなくても)この顔でなら恥ずかしくなく出られる、という安心感と自信が得られますし。
メイクだけではなくスキンケアでもそういう効果が得られる事を発見しました。
後は快適に眠って回復を待つのみです。

そう、本来こうして起きているべきではありません。
しかし寝すぎると腰痛の虫が疼いて大変に苦しいのでございます。
同病(腰痛持ち)の方ならば、この苦しさもご理解頂けるのではないかと存じます。
多分ベッドが悪いのでしょう。
良いベッドが欲しいですねぇ。

買い置きのパン(菓子パンではなく普通のデニッシュ)とカップ麺・レトルト食品で食事を済ませていると言ったら、昨夜おっかさんがカニ玉粥を差し入れてくれました。
旨かった…(T-T)


つい先日取り上げた小町のトピが削除されていました。
まだそれほどレスもついていなかったのに…。
誰かまずいレスでも入れましたかね。
韓国美人の8割は整形美人だとか?(根拠の実数はないです)
小町は投稿もレスも編集者がチェック・選択してから掲載されているはずなんですけれどね…。
消された理由をご存知の方は是非教えてください。
こっそり耳打ちでもいいですから!

掲示板レスはもう少々体調が良くなるまでお待ちを。
液晶モニタを見ていたら気持ち悪くなった…オエ。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-23 19:33 | ヘルシー&ビューティー
病床のジレンマ/夢と希望
ひたすら水分を摂取して加湿器をフル稼働させて眠っています。
やはり風邪やインフルエンザの時は解熱剤よりも水が大事。
安売りで買い置きしておいた「お~いお茶」を冷やさずに常温で1日2リットルくらい飲みます。
たとえ排泄される運命にあろうとも、全部が排泄されるわけではないですし、とにかく身体の水分が熱と汗で蒸発しているのだから、水分の補給で身体はかなり楽になります。

安静にして寝ていると、咳も治まるし鼻水・鼻づまり症状も緩和される、熱も少々下がるようで、身体が楽になります。
しかし夜でもないのに昼日中から寝ていると、睡眠のリズムが狂って不調になります。
いつも生活リズムをきちんと一定に保っていると、こういう時つらいです。
具体的には夢を見ます。
私は普段夜の睡眠時に、夢を見る事は滅多にありません。
眠りに落ちると次の瞬間には朝の目覚まし時計の音で目を覚ます…という風に、「私は今眠っている」という自覚など欠片もない!と断言できます。
多分生活リズムに疲労がプラスされて深く寝入ってしまうのでしょう。
眠りが深いという事は、健康的で良い事ではないかと思います。
(でも地震が起きると目を覚ましますよ)

科学上の見地では、いわゆる「レム睡眠」という時に夢を見るという話ですが、要は眠りが浅い時に夢を見るのだと私は解釈しています。
普段夢を見ないと、夢を見て目を覚ました後とても疲労を感じてつらいです。
悪夢と言えるほどの夢ではなくてもつらい。
先ほど見た夢は、インターネットを通じて知り合った人達(男女織り交ぜ)と一緒に合宿のような形態で共同生活をアパートで送る…という、どこから出てきた何だそりゃ的な夢でした。
アパートの中にもパソコンを持ち込んで、インターネットに書き込むのです。
アパートの生活はわりあい快適でしたが、その集団の中で賭博行為をした人達がいて、警察がやってきてびっくりして事情聴取などもされて、「ああもう実家に帰ろうかな~」と嫌気が差した時に目が覚めました。
最近流行りのインターネットを介した事件がごちゃまぜに反映されている感じです。
集団生活も集団行動も苦手だというのに。
と言うかキモイ人達ですね。

内容を書いたら少しすっきりしましたが、まただるさが重くなってきたので寝ます。
起きて更新なんかしている場合じゃないのよー!(正論)

ところで「アメリカンドリーム」や「ドリームズカムトゥルー」、「ドリーマー」などなど、日本では将来の夢は…的なニュアンスでドリームという言葉が多用される傾向が強いように思うのですが、そういう時はホープという言葉のほうが適切ではないかと私は思います。
正しい英語の用法は知りませんが、単に私の趣味の問題で。
「俺の夢は…」という時にドリームという言葉を思い描くと何だか恥ずかしくないですか?
いかにも夢見ちゃってますー足が地から離れていますー羽ばたいて飛んでますーって感じが。
でもホープ(希望)だと思うと恥ずかしくない。
見果てぬドリームを追う人であるよりも、常に心にホープを忘れない人でありたい。
とりあえず今は一刻も早く病床からオサラバしたいです。
おやすみなさい。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-22 18:31 | ヘルシー&ビューティー
次の冬はインフルエンザの予防接種を受けようと思う
病院で風邪と診断され総合感冒薬と抗生剤とアレルギーの薬を処方してもらいました。
あまり熱がないという理由でインフルエンザの検査をしてくれなかったのですが、今現在(病院へ行ったのは昨日の午前)どう考えてもインフル症状です。
仕事は週末までお休みを頂きました。
2月の末にインフルってバカみたいじゃないですか…?
と言うより面倒臭がらずにちゃんと検査をしてくださいよ。
風邪薬とインフルの薬は違うんですから!
さすがにお酒と煙草は控えています。
パソコンも控えています。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-22 11:05 | ヘルシー&ビューティー
容姿ってダイエットの成果なんですか?
男性は容姿しか見ないのでしょうか?

ヘイトな1週間でした。もう疲れた~。
職場では風邪が大流行。インフル(円座)も大流行!
風邪ひきの自覚があるならマスクしろ!と言いたいが、
テレオペがマスクをしながら業務をこなす…という事は物理的に難しい。
だったら休んでくれ!無理して来てうつさないでくれ!
…とも言いたいところだが、頭数が物を言う状況(なんだな、腹立つ事に)では
「とにかく出社しろ」という会社の意向で休みたくても休めない人が多い。
周りの人にうつしたくないのに…なんて気持ちも踏みにじるスバラシイ会社!
おかげさまで同僚からひどい咳風邪をうつされました。
この仕事、咽が命だと言うになんばしよっとテツヤ!

ああ、煙草が咽に沁みますね…。
あれ?もしかして気管支に沁みている…?
「吸わない」という選択肢は残念ながらない。
明日は熱を出して寝込みそうです。
ひたすら水分補給とビタミン補給ですよ。
柑橘類がまた咽に沁みるんだ。

で、上のリンクは久しぶりに行った発言小町での発見物。
このトピ、なかなか見ていて笑えます。
トピ主の発言はわざわざ小町でする事もなかろうに、という発言ですが
レスを返している人達の発言が狭量すぎ…と言うかオカシすぎてウケた。
ダイエットに対する偏見と言うより想像力の欠如?
頭の容量少ないんじゃねぇか?という人がすでにワラワラ…。
まだレスは少ないですが、大漁トピになりますかね。
微妙な線だが自分的にウケたので紹介。


多分、健康な日本人女性の8割は「ダイエットしなきゃ!」と常々思っている。
そのうち1割くらいがどうしようもなくデブったいわゆる「自己管理が出来ていない人」。
もしくは「病気の(ために食べずにはいられない)人」。
漠然と「もっと痩せたいな~」と思っている人が多数派でしょう。
痩せたらきれいになってモテモテ!などと謳っているエステやダイエット商品の広告は
単に広告であって多くの女性の願望を的確に表しているわけではない(と思う)。
本気でそう信じて「痩せたらもてる!」と思い込んでいる女はただの馬鹿。
あの女は痩せたからいい思いをしたに違いない、と思い込んで妬む女も同様の馬鹿。
真に受けて「女ってほんとに単純だよなぁ」とせせら笑っている男も(以下略。
女にとって痩せるという事は、もっと奥深い欲望や葛藤、打算を抱えた行為である。

私も痩せたい。
あと3キロくらい落としてもいいかな、と思っている。
しかし私には痩せる事に対する恐怖心がある。
痩せてトリガラのようになった母がいるからだ。
私が苦労をかけてやつれさせたのかもしれない…という罪悪感とともに、
ただ純粋にその姿が美しくない事、それが娘としては心痛む。
まだ30代であった時の母を指して、よその母から
「山女ちゃんのお母さんはいくつ?40は超えてるわよね?」と
何の含みもなく無邪気な世間話のように訊ねられた時、私は言葉が出なかった。

痩せている事が、即ち若くて美しい事ではない。
それを母の姿から学んだ。
実際に母は若い頃からひどく容姿に対するコンプレックスを持っていたようだ。
若い頃はスマートな上にナイスバディだったが、自分の容貌を呪い続けて生きてきたらしい。
「私に似なくて本当によかった…」なんて言われたら返答に窮するよ、おっかさん…。
「だからアンタは化粧に現を抜かす必要ないのよ!」と言われても聞く耳持っちゃいないぜ!
あたしは今を生きるんだ!(親を泣かせるバカ娘の典型がここに)

だからなのか、私は病的に痩せこけた女性を目にすると
見てはいけないものを見てしまったような気まずさから目を逸らしてしまう。
骨のような脚でヨタヨタ歩く女性を見ると、本人の表情の明るさとは裏腹に
この人は長く生きられないかもしれない…と暗い気持ちになる。
死相が出ているって言うんでしょうかね。
失礼な物言いですが。


トピ主がダイエットする以前どの程度太っていて、
体重の増減以外に何の変化があったのかわからない。
しかし男がカワイイ女の子とそうでない女の子を差別化するのは当たり前。
可愛がってもらえる事を素直に喜べばいいんですよ。
男の目は正直です。何も悩む必要はありません。

トピ主を援護するレスも、何だか論点が頓珍漢…阿呆が多い。
自己鍛錬によってコンプレックスを克服して自信を身につけた魅力的な女性が
そもそも小町に悩み相談のような投稿をするとは思えないのですが…。

踊る阿呆と見る阿呆、私の場合は見る阿呆。
踊らないと何か損をしてしまうのか、それが気になる。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-20 01:25 | ヘルシー&ビューティー
これはある種のウリナラクオリティー?/甘いの?バレンタイン
前回のエントリーで書いた樂転勇者祭りについて。
あれはスーパーハッカー事件あたりから連綿と続いた樂転騒動の終局であったと思うわけだが(なぜならば祭りの当事者達が事件の収束を期に、ほぼ一斉に姿を消したから)、当時見ていて不思議だった当事者達の行動パターンを思い返してみて、ある民族の行動パターンに、スタイルとして非常に酷似している事につい昨夜気付いた。

最初はある特殊な事件の気の毒な被害者として同情の眼差しで見られていた人が、その反動からか、自分のような犠牲者を出したくないという切実な思いからか、正義感に燃えた素っ頓狂な理念を掲げておかしな活動を始めた挙句、他人に危害(精神的な損害)を与える粘着性電波人間になったり、それによって精神的ダメージを被った人が、自分の身に降りかかった災いに対する報復の気持ちがあったのか、それともそれ以前から何らかの確執があったのか、「実はこの事件ではあの人がこんな暗躍をしていたんです!」と傍観者から見れば「イキナリ何?」ってな事を言い出して、ハンファイを挑もうと仲間や共闘者を募って決死の攻勢に出たり(あ、仲間を募るのはハンファイじゃないか)…

などなど、被害者だったはずのあの人がいつの間にか加害者に転じてしまう、というパターンが連発した事が見ていてとても不思議だった。
あそこは当時(今でも割と?)なかなか閉じられた空間でもあったので、ただ眺めているだけの傍観者の目には触れない場所で暗躍が数多く行われていて、その中に怨恨や人間関係の亀裂が生まれるような状況もあったのかもしれない。

何か事件が起きた場合、実際にその人が被害者だと認定する事はネット上では難しい。
表層のやり取りだけを見て簡単に認定しちゃう人もいるけれど、それは危険な判断だと私は思う。
今は「どう見えていたか」がポイント。
被害者と見なされていた人が、加害者的な行動に出る。
表に見える状況だけを追っていれば、「この許されざる事実を明るみにしたい!汚い事(悪事)を働いていた人(人々)が白々と無関係に振舞っているなんて許せない!」という行き過ぎた正義感と高揚したヒロイックな気分から起こされた行動に見える。
わからないでもない。つまり理解の範疇。
しかし、他人の悪事や不正を追及する事に盲目になった挙句デムパになってしまっては、人間にとって非常に大事な感覚=バランス感覚を失ったようにしか見えない。
ついでに冷静さも失っている。
背景や動機はともかく行動パターンとしては合致する部分が多いなぁ…。
そうなった人は言っている事がどんどん無茶苦茶になって行くし。
感情だけで何かを成そうという事にはそもそも無理がある。

初代勇者さん(と言うか正確には彼の人だけを勇者と呼ぶべきか)(以降勇者は彼の人に限定)については私が樂転を出入りするようになった時にはすでにサイト休止状態でしたので、有名な謝罪事件とやらもよく知りません。
スーパーハッカー事件も後で検証が行われる段階になった時に知ったので概要しか知らない。
ま、昔はもっと樂転は面白いエキサイティングな場所だったという事です。
あまりの事態の混沌さ加減(人間関係ぐちゃぐちゃ!)に一部ログまで取っておいたけれど、今はたまに見返して当時を懐かしむばかりです。
ブログ化されてからつまらないですねー。


無用だと心得つつも、件の終幕事件について少々私見を。
あらましを知らない人にとっては意味がない記述なのですっ飛ばしてください。

火花を散らした大物(だったと思う…当時は)女性コテ対決、私はまったく無関係の傍観者だったので、特にどちらにも肩入れしていなかったのですが、ネットでカワイコぶって賛同者を集める女性は同性として頂けませんでしたね。
一部の流言では結局共闘していた女性同士の仲に亀裂が入って離散したと聞きますし…。
(あくまで流言飛語の類なので、関係者が消えた今となっては真相は闇の中)
非難の集中砲火を浴びようとも、手下がリークした情報でスキャンダルをすっぱ抜かれようとも、「堂々とツラ出して釈明しろ!」と公開挑戦状を叩きつけられようとも、陰で「ハイミス」「ババァ」「抱きたくない女ナンバーワン」などと女性として著しく名誉を毀損されようとも、最後まで自分のサイトにヒキコモリ続けて生き延びた女性を私は少し尊敬しています(好悪の感情ではなく立ち回りに関して)。
下手に動くよりもひたすら貝になるほうが利口だったんですね。
それにしても両者ともプロフィールや日記では未婚の女性だという事しかわからなかったのに(=推定できなかったのに)、なぜ外野は一方を「若い女性」、一方を「年増」と決めつけていたのかという事が私には不思議でした。
私にはカワイコぶった文章と小姑みたいな文章、というだけの違いしかわからなかったぞ?
積極的に介入していた男性達もなんだかアレな感じの人が多かったなぁ…。
デンパの飛ばし合いでみんなデンパ中毒になっておかしくなったのと違うかな。
勇者が参戦した時は驚いたけれど、勇者の前に小娘(かどうか定かではないが)タジタジだった。
小娘から勇者への挑戦は、「無実を証明しろ」という悪魔の証明だったんだな、今思うと。
勇者が怒るのは至極真っ当だと当時の私ですら思ったよ。
ネットで正義感を振りかざすのはホドホドに、ってところでしょうか。
振りかざすのは個人の自由ですが、それをもって他人に何かを求めちゃいかんという事ね。
(何か=見返り・謝罪など)

ちなみに私が敬愛する(要するにファンである)男性コテは、両者の関係者でありながらこの騒動に(表立っては)不参加の姿勢を貫いた。
私は今もその方々のファンである。


ところで昨日は(私的には今日なんだが)バレンタインデーでしたね。
私も何人かの方にチョコを送りました。
気が付いた事は、全然色気のない正真正銘義理イベントチョコであっても「どうぞ」と渡すとどの殿方もまんざらではない様子であった事。
2月14日のチョコって男性にとってはそんなに大事なもんか?
戦果ゼロだと悲しいもの?
別にいいじゃん、チョコなんて…。
私は美味しいワインのほうが嬉しい。
フェミではないのでバレンタインも普通にします。

風邪をひいたみたい?頭痛が…。
明日は念願の公休。
掲示板にまとめてレス入れようと思っています。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-15 02:28 | 放浪インターネット
同感
>なぜもう新スレ!?(゚д゚ 三 ゚д゚) おいつけねー

追いつくほど事態が進展しているわけでもあるまいに。
スレだけが意味もなく高速進行。テプ○ひかり並。
最近光に乗り換えたいが故に微妙な喩え。
一連の火事騒ぎ、参戦している人よりも観戦している人のほうが多いのでは。
私なんて観戦すらしていない。
ブログってつまんないよなぁ。
樂転勇者祭りの時みたいな高揚感はもう味わえないのか。
(あれで高揚していた私はかなり悪趣味)

つうか終電ギリギリで帰ってきてそこ見るか。
面白いネタもないのに速いなーってそこだけに感心している。
時間が欲しい。
ネットだけじゃなくて総合的に今月は時間がない。
1日が36時間くらいあればもっといろいろ出来る事があるのになぁ…。
そして今月はあと5日くらいで終わって欲しい。

終わってしまえ!

かなり荒んだ心の叫びが続きます…。
仕事は好きなんだけれどねー。
疲労は如何ともし難い。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-13 00:14 | 放浪インターネット
笑っていいかな?(笑っていいんだろうか…)
最近2日で埋まるスレッドからの拾い物。

一応TOPにリンクを貼りましたが「その他」コンテンツ内の「朝日の辞典」が傑作。
広島の学校行事…笑える!…って笑っていていいのか、コレ。
朝日の珊瑚礁事件をスクープしたのってNHKだったのか…
有名な事件なのに知らなかった。
そんな大昔から朝日とNHKの確執があったのね。
傾向としては似ているのになぁ、NHKと朝日。

こんなネタだけ日記…つまらん!!
あーあ、もうこれっぽっちも仕事したくない。
なのに夢の中でも仕事用のファイルを必死にめくって対応に追われているのってどうでしょう。
持病の腰痛は再発するしさー。
オシャレ優先で腰を冷やしているのか?

一応立場を明言しておくと、私は反・朝日ではなく反・反日ですから。
I am the 日本国民!(インフォシークの翻訳はなかなか間抜け)
日本国と日本国民の利益、心の誇りを失いたくないだけ。
単に朝日が笑える(時々笑えない)ネタを供給してくれるネタの宝庫というだけです。
朝日だけが「マスゴミ」ってわけじゃないんですが。
ガラクタからお宝までこんなにネタの宝庫という事は、朝日がそれだけ間抜けって事。
報道のプロなのにド素人にさえ笑われるようなネタばかりかますなよ…。
NHKの抜かりなさを少しは見習えば?
何だかんだ言いつつNHKの品行方正さを好む人はかなりいると思う。
大相撲ファンにとってはなくてはならない局だし。
私はニュースを読む人をニュースキャスターなんて呼びたくない。

今気になっている人はNHKの天気予報のお姉さん。
眉毛が細すぎて(薄すぎて?)般若顔なのに、身なりは妙に若者テイストにファッショナブル。
髪の結い上げ方も何だかキューティー?
保守的なNHKの女性アナウンサー群の中においてはちょっと異質な感じ。

あーもう会社いきたくねぇな。
火事になれ(寝言)。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-12 00:11 | 今日のニュース・雑考
休暇
昨日サッカー観戦しながら興奮して踊り狂っていたせいか、その前段階の残業が効いたのか、今日は丸1日ほとんど睡没していました。
寝すぎでかえって調子が悪い…よりにもよって明日は早番だというのに。
土日祝祭日関係ない職場なので、明日が暦上休日だという事に全然気が付きませんでした。
そして明日から地獄の3連残業営業日です。
今日シフトで穴が開いた(休みを頂けた)理由は、「3日間潰れないためにも1日休みをやるから絶対に休むんじゃねぇぞ?」という会社側の配慮だったのでしょうか。
ああ、日付が変わる前に帰って来たいね…。
遠い目になっておりますが、掲示板に書き込んでくださった方々もう少しレスお待ち下さい。
チェックは一応しているんだよ。
時々アダルトサイトの広告文が書き込まれるから。
掲示板の不具合についてオレンジさんにメールを送ったらレスポンスが早くて驚きました。
原因がわからないのでしばらく様子見です。

2月10日が「ニートの日」という記事を見かけて「そんな日を作ってどうする!」と思った。
語呂は確かにいいけれどね…。
良けりゃいいってものじゃないだろう。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-02-10 23:48 | その他