<   2005年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
1月の反省
まだ1日ありますが、多分無理だと思うので…。

美容院へ行けなかった事。
パーマとカラーリングのダブルダメージなので、
月イチはトリートメントに来てくださいと言われていたのに。
ちなみに2度もスッポかしたレーザー脱毛には行ったよ!

日記の更新があまり出来なかった事。
仕事場が変わったりして本来の仕事以外の部分で多忙でした。
韓国でもイラクでもいろいろあったのになぁ。
選挙はどうなるのかね。
怖くて投票に行けない人が多いんじゃないだろうか。


年末に買ったレブロンのハンディドライヤー。
便利でラクでお世話になりっぱなし。
量販店で安く買いました。
今画像のULができないという話なのでテスト。
箱だけですが(中身はドレッサーに)。

a0027061_065262.jpg

あ、できるじゃん…。
でも最近プロフィール画像が表示されない事が多い。
何とかしてくれ、エキブロ向上委員会。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-30 23:56 | ヘルシー&ビューティー
反核運動にまつわる思い出 ~昔の事~
私が小学生になって、いわゆる「鍵っ子」というものになってから(それまでは保育園が閉園した後さらに別のお宅で身柄を預かってもらって、母が会社から戻ってきて迎えに来てくれるのを待っていました)、両親の不在中に様々な人々が訪問してきて、私はその都度いろいろな人達に対応をしてきました。
さすがに訪問販売や悪徳商法の類は小学生が相手では話にならないので、両親の不在中に変な契約しちゃった!なんて事はなかった。
ドアの鍵は常に内側から施錠して、インターホンで用件を聞き、覗き穴(アレの正式名称って何だ)から訪問者の風体をチェックして、怖そうな人・危なそうな人だったらチェーンをかけたままドアを開く…これは都会の常識です。
田舎に行くと、施錠もせず訪問者が引き戸をいきなりガラガラと開けて「ごめんくださーい」とやる事にビックリしたけれど、田舎町ではそもそも町の中に余所者がいる事自体が不審に思われて「どちらのお子さん?」と聞かれたりするので、町自体がひとつの家のようなものだという事は後々学びました。
施錠する場所が違うんだよね。一戸単位じゃなくてムラ単位。
田舎の人が都会に出てくると「東京の人は冷たい」と本当に言ったりするんだけれど、田舎だって余所者には冷たいだろう。
東京の他人同士よりも冷たいぞ、田舎の人の余所者に対する態度は。
よくわかんないけれど「東京に行きたい!東京で夢を叶えるの!」なんていうアンタらお上りさんがUターンしてくれたらもっと売り手市場になるんだから、都会が嫌なら是非帰ってくださいな。

家を不法侵入者から守り、集金や宅配便の人との交流の場でもある玄関口。
幼い頃に住んでいたアパートでは私がその主な守役だったわけですね。
そんな意識もなく、よく一度も不祥事を起こさずに済んだものです。
集金や宅配便、郵便局の人以外の来訪者もいました。
ある時「署名をお願いしたいんですが」という近隣に住んでいると思しきおばさんが来ました。
何という事のない普通の善良そうなおばさんだったので、私はドアを開けて対応しました。
そして署名の意味は一応知っていたので「何の署名ですか?」と尋ねました。
おばさんは「ハンカク運動の署名です」と答えました。
? ハンカク??
「それは何ですか?」と聞くと、「核兵器をなくそうという運動です」とおばさんは答えました。
兵器と聞いて私は「反戦運動ですか?」と聞きました。
おばさんは少し口ごもり、「いいえ、核兵器に反対する運動です」と言いました。
私は少し考え込みました。反戦ならわかるけれどハンカクって何だろう…。
「反戦じゃないんですか?」と聞いても「いえ、ハンカクです…」という答えしか返ってこない。
兵器をなくそうという運動をしているからにはいい人のはずです。
協力したほうがいいのだろうけれど、何分ハンカクの意味がわからないのに署名をする事は躊躇われました。
「ちょっと待ってください」と私は言い置き母に電話して(仕事中に迷惑な娘である)「お母さん、ハンカク運動の署名してくださいっていう人が来ているんだけれどハンカクって何?署名したほうがいいの?」と聞くと、「別にしなくてもいいのよ」と言われたので少しホッとしておばさんのもとへ戻り、「ごめんなさい、よくわからないのでできません」と答えたら、おばさんはガッカリしたように帰って行きました。
もう少し学年が上がると、社会科の授業で、日本が昔アジア各地で戦争をしていた事、アメリカ軍による度重なる空襲によって日本全土がほぼ焦土にされた事、日本政府が終戦条約を受け入れる決定打となったものが広島と長崎に落とされた2個の核爆弾であった事、それは原子力爆弾という非常に恐ろしい兵器でたくさんの人が一瞬にして死んでしまい、生き残った人達も後遺症で長く苦しんでいる事、それよりもさらに破壊力がある水素爆弾も作られた(が実戦では使用されていない)事、戦争が終わった後も太平洋で度々行われていた核実験のせいで、日本の漁船に乗っていた人達が被爆した事などを知り、やっといつかウチにきたおばさんが言っていたハンカク=反核運動というものがどういった趣旨の運動なのか理解できました。
「そんな恐ろしい兵器をなくそうという運動なら署名してあげればよかった…」と思う一方、「でも戦争があったから核爆弾は使われた。だったらそもそも戦争に反対して戦争を起こさないようにすれば核爆弾も使われないはずなんだから、反戦でもよかったのにどうして核爆弾に限定していたんだろう?」という疑問も持ちました。
大体小学生のおチビが相手でも「カク爆弾という普通の爆弾よりも数万倍の威力がある恐ろしい兵器があって、それが昔の戦争で使われた時にたくさんの人が死んだんです。そんな恐ろしい兵器をこの世からなくしたいと思って運動をしています」とでも言ってくれれば少しは趣旨を理解できたのに。
小さな子供には理解できないと判断したのかもしれませんが(その割には署名させようとしていたね)、そのおばさんが「いいえ、核兵器に反対する運動です」と言った時の妙に口ごもった奥歯に物が挟まったような歯切れの悪さがずっと引っ掛かって忘れられずにいました。
そのように反核運動の趣旨を理解した当時、私はまだ憲法第9条は軍国主義国家だった日本に民主主義国家のアメリカ人がもたらしてくれた素晴らしい憲法だと信じて疑いもしなかったし、昔の日本人がアジアの人達にひどい事をした、という事を日本人として恥ずかしく申し訳なく思っていました。

以上、長い思い出話でした。
いつ頃からか私は「自衛隊は軍隊だから違憲じゃないのかなぁ?」という考え方から「自衛隊は日本の防衛軍として正式にその重要性を認めた上で軍備と機動性を今以上に高めるべき、国民もそれに対して理解を示す事が大事だ」という考え方にシフトチェンジして、自国の平和を守るための軍隊を持つ事がひいては平和(非戦闘状態である事)の礎になる、という、いわゆる今日の「ウヨク」的な考え方の持ち主になったわけですが、だからと言って戦争なんか真っ平御免です。
「軍隊を認める人=戦争したい人」ではありませんし、「軍人=戦争好きな人」でもありません。
反核運動に戻り、SFのように人類すべてが先祖帰りでもしない限り、核兵器をこの世から廃絶する事は不可能ではないかと思われます。
進歩した科学は後戻りできません。
些かポエム的ではありますが、作られた兵器は使われる事を願っていない。
多くの兵器が「いざ」国を守る時のために、磨きをかけられながら使われぬままその寿命を全うする事を私は望んでいます。
自衛官も、戦闘や銃火器の訓練を積みながら、その技術で人を殺す事がないままで一生を終えたいと思っている人が多いのではないでしょうか。
武器を人殺しの道具に使うも使わないも人次第。
ついでに言えば軍隊の仕事は戦闘や他国への侵略だけではありません。
人を救う事、祖国を守る事もまた軍隊の重要な仕事です。
「いざ」という時に国民の盾になってくれる軍隊を、どうして貶める事が出来ますでしょうか。

反核運動の署名を集めていたおばさん(多分共産党の人だったと思う)は今でも集会に行ったりデモに参加したりして運動しているのでしょうか。
今なら劣化ウランがどーのこーのと言っているかもしれない。
あの時の子供はおばさんの思想に染まれませんでした。
もうちょっと口が上手ければ洗脳する事も出来たかもしれないのにね…。
あり得ない想定で理想郷を語る事はやめたほうがいい。
現実ははるかに残酷なのだから。

子供が親を殺し、親が子供を殺す、そんな社会で「武器を捨てて誠意をもって語り合えば、互いに理解し合えて憎しみ合う事もなくなり戦争もなくなります」と言われてもなぁ、説得力ないよ。
戦争って闘争本能に駆られてするものではなく、利権を巡る強行的な外交戦略だと私は思うし。
都市伝説のひとつとして「真夜中に厳重に護衛された大型トレーラーが何台も北へ向けて走って行く」というものがありますが、そっちの行方(真偽)のほうが気になるな~。
土地が有り余っている外国では使用済み核燃料を広大な土地の地中深く埋める、という話もテレビなどで見聞きした事がありますが、どちらにせよ深刻な環境汚染。
反核ハンカクと言っても今ある核兵器をどこかに捨てる事に変わりはないし。
遅かれ早かれそのうち人類には天罰が下るさ~。
人類が滅びても、地球が消滅しない限り別の種が繁栄するだけの話なので別に淋しくはないが。
生あるもの(当然人間も含めて)は皆死んだら分解されて土や水に溶けて、地球の大気や環境を構成する一物質になる。
だからその地球が消滅してしまったらちょっと淋しい。
そうしたら私達はみんな銀河のお星様になるのかしらね。
ちょっと環境倫理学的なお話で締めます。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-29 18:55 | 今日のニュース・雑考
お前らバカ?
赤十字は「あかじゅうじ」 小学生の漢字読み書き調査
[ 01月27日 18時59分 ] 共同通信


 小学2年生の4人に1人は「犬」を「☆」と書き、「赤十字」は5年生の半数近くが「あかじゅうじ」と読む。文部科学省所管の財団法人、総合初等教育研究所(本部・岐阜県)が、27日発表した小学生の漢字の読み書き習得状況調査でこんな結果が出た。
 同研究所が1980年に実施した読み書き調査に比べ、全体として正答率はやや高くなったものの、低学年では「三(み)日月」、「十(とお)日」など日常生活で使う数字を表す読みの正答率が低く、研究所は「漢字を習得するには家庭生活の中でも意識して使うことが必要」としている。
 調査は2003年5月、小中学生計約1万5000人に実施。小学生で学ぶ配当漢字計1006字について、前年度に学習した漢字の読み書きを、次学年の児童を対象に調べた。
 (注)☆は犬の「、」を大の横棒の右下

 以上エキサイトニュースより転載。


 あか十字…aka十字…そこはかとなくイヤ…。

いい年の大人ですら漢字をまともに読めない奴が多いので、小学生が(小学生レベルの漢字を)読めないのも無理ないような気がする。
しかし(漢字が読めない大人の)あーた方、なんで普通の漢字ですら読めないんですか??
小学生だって、家庭生活の中で意識して使わなくても常用漢字くらい読めるのが当たり前だと思うんですけれど(と言うか赤十字って漢字の読み書きじゃなくて常識の問題だと思う)。
犬が☆って何だよ…ふざけてんのかよ…(ToT)

私も漢字マスターとは言えませんが、漢字の読み書きができない人達って不思議。
四文字熟語が飛び交い幼い子供相手でも大人に対する時と同等の言葉が使用されていた家庭環境に育った事に後々感謝した。
(情操教育上は良くないらしいが)
こんな大バカにならなかった事は幸いです。
いくら日本語の習得が難しいとは言えこれでは恥ずかしすぎる。

親がバカだと子供もバカになる。
多分、そういう事なんだろう。

それにしてもアカ十字はやめてくれ。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-27 23:23 | 今日のニュース・雑考
くさか里樹の「ヘルプマン!」(イブニング連載中)
高齢者…しかも認知障害高齢者の性ですか…。
また随分と厄介な問題に手をつけたな~というのが正直な感想でした。
いや私、この漫画は好きなんですけれど。
高齢者介護やそれに伴う虐待など、今日社会的にも日が当たるようになった所謂「老人問題」的なテーマは「ウチだっていずれは親の面倒を見るんだから他人事じゃない」と世間からも(実情はまったく別として)肯定的な理解の目で見てもらえる範疇だと思うのですが(この漫画を読んで恐れおののいている人もその中に含まれているでしょう)、老人の性はどうなんでしょう。
「セックスボランティア」という著名な本もありまして(未読ですが)、身体障害者の性にはスポットが当たりつつあるような気がしますが、お年寄りの性は否定的な目で見てしまう人や、嫌悪感を催してしまう人が多いんじゃないでしょうか。
私だって「高齢者になっても恋ができるのって素敵ね!」とは思えても、ジイさんバアさんが同衾して…とそこまで考えると正直ちょっと食欲をなくす。
「考えただけでもゾッとするわ!」というホーム長の科白は決して他人事ではないのです。
高齢になってもお化粧やお洒落などをイキイキと楽しんでいる女性は素敵だと思うし、釣り合う素敵なおじいちゃんと恋だってしていいと思うのに、なぜセックスは受け入れられないのか。
多分理屈じゃないんだろうな。偏見とか差別なんだろうか。
毎号読んでいるわけではないので(虐待編は結局どういう終わり方をしたんだ!気になる!)どうなるかわかりませんが、この先の展開にちょっと不安を覚えつつも楽しみにしたいと思います。
柳沢教授(お年寄り漫画と言ったらこれしか浮かばなかった…)と違ってこの漫画はお年寄りを変に美化しないでリアルに描いているから「う…っ」と来る時は結構スゴイんだよね。

亡くなった祖母は自宅で介護されて自宅で息を引き取りました。
(今時自宅で死亡する人は珍しいと葬式でお坊さんが言っていた)
何年も寝たきりで、亡くなった時は体重が30kgちょっとしかなかったそうです。
元気な時はすごい肥え太りようだったのに…。
もう片方の祖母は私が生まれる前に癌で亡くなりました。
私は自分がいくつまで生きて、どんな風に死ぬのか想像もつきません。
しかしタバコのせいで肺癌になってもタバコ会社を訴える事はしないでしょう。

話がずれた。

介護士ではないのですが、知り合いがそういった施設(軽度の障害を持ったお年寄りのデイケアセンター)でヘルパーさん的な仕事に就いているので、お年寄りの色恋模様とはどういったものなのか、今度機会があったら軽く突っ込む程度に尋ねてみようかと思います。
読者がどんな反応を起こすのか、不謹慎ながら興味も津々…。
イブニングやスーパージャンプは早売りを読んでしまう事が多いのですが、この程度でネタばれにはなりませんよね?(なっていたらすみません)

また掲示板レス遅れ気味です。
風邪は去りました。

◇追記◇
最初にUPした時、雑誌名を間違えていた…
アフタヌーンじゃないよ、イブニングだよ。
アフタヌーンなんか何年か前に読んだきりだよ…。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-25 21:49 | 読書・漫画・TV
体質改善に何が効いたのか(追記あり)/洗顔料はすっきりさっぱり
寒波厳しい東京では風邪が大流行。
しかし今時分電車の中でマスクをしている人は風邪なのか花粉症なのか判別できない。
花粉症の人は自分とはまったく無関係だからいいとして(感染しないので自分には無害)、マスクもしないで咳やくしゃみをしている奴は腹立つなー。
満員電車の中でウイルスを撒き散らすなっちゅーの。
只今ウイルス頒布中、って無関係の人に移して早く治そうって魂胆か。
かようにウイルスが蔓延している最中、私も今シーズン何度目かの風邪を迎えました。
先週末は本当に寒かったんで…。雪も降ったし…。
あと連休だとついつい夜更かしをして身体を冷やしてしまって…。
大人になっても自己管理が出来ていない格好悪い好例です。
しかし昨日くらいはそんな風に自己嫌悪していたのにもう半分以上過ぎ去りかけています。
明日の朝には全快しているでしょう、多分。
最近自分自身の身体の変化として驚くべき事は、頭痛・悪寒などで風邪をひいたかな?と思っても、早めのパブロン(微粒)と睡眠で早々に治ってしまうケースが多いという事です。
以前は風邪薬を何日も飲み続けてそれでもなかなか治らない…というケースが多かったのに。
気力・体力が充実しているのか、体質的に強くなったのか。
喫煙者に体力が充実しているとは思えないので気力でしょうか。
「休んだら給料に響く…!絶対に休めない!」という執念は確かに強力ですね。
生活の支えになっていると言っても過言ではない。
免疫力や抵抗力はストレスなどの精神状態と密接に関わり合っているらしいので、やはり精神状態が平穏に保たれていて良好という事なのだろうか。
理屈がよくわかりませんが、良い傾向という事でこの調子で行きたいものです。
生活習慣には何ら変化がないので(飲酒・喫煙・レトルト・カップ麺…等々ろくでもない生活)体質的には何も変わっていないと思うのですが、もしかしたら酢(黒酢・もろみ酢)をずっと飲み続けている事が身体に良い変化をもたらしてくれているのかもしれません。
コラーゲンも美肌のために飲んでいますが、本来身体になくてはならないものですしね。
健康一番。美容は二番。
今週は少し寒波が緩むそうですが、それでも寒い日々がまだまだ続きます。
ウイルスを撒き散らしている迷惑な奴らに負けずに頑張ろう!
花粉症とは出来れば一生縁を持たずに済ませたいです。

お風呂で使う洗顔料がなくなったので補充。
洗顔料はそこそこのクオリティーで低価格品、が私のモットー。
以前は美白洗顔料を使っていたのですが、洗い上がりがイマイチでした。
朝洗顔に使っているナイーブのお茶の葉エキス入り洗顔料は気に入って2本目です。
毛穴あぶらとりパウダーが配合されていてなかなかスッキリ洗い上がります。
今日買ったのはエフティ資生堂のパーフェクトホイップ。
どちらも泡立て式のフォームタイプ。
これが一番使い慣れていてラクなんだよねー。
クレンジングはオイル一筋です。

◇追記◇
そういえば土曜の晩に餃子を食べに連れて行かれたのだった。
熱っぽいし餃子はもともと嫌いだし、何でわざわざそんなモンを食いに行かねばならんのだ…と思っていたのですが、ニンニクが入っていない焼き野菜餃子で「外はカリッと中はジューシー」、とても美味しくてたくさん食べてしまったのです。
もしかしたら餃子が(風邪に)効いたのかも…。
ニンニクが入っていなくても栄養満点ぽい餃子でしたよ!
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-24 21:47 | ヘルシー&ビューティー
報道というもの・権力というもの
マスメディアの権力を不正に行使して、根拠が曖昧な情報をさも事実であるかのように報道して一政治家を失脚させようとした朝日新聞社は、権力の害悪っちゅーものをよく教えてくれた。
(こうも公に醜態を晒してくれると本当に有り難いものを見せてもらった気分だわ、ホント)
しかも伝聞だらけで確実なソースが出せず、NHKから正攻法で反撃を食らって(※掲示板で店主さんが貼ってくださったリンクを見てね)旗色が悪くなったら司法に泣きついて(普段のお上批判精神はどこへ?)「係争中につきノーコメントです」と言って逃げる気満々の様子。
そのうち国民の皆様が事件を忘れてくれる日が来る事を気長に待つ御心積もりでしょうか。

忘れませんよ。こんな大醜聞。

勇気ある内部告発(なんてものかね?アレ)をした長井さんもさ、涙じゃなくてソースを出せよ。
ソースを。
「上司から聞いた話」だけでは「作り話」か「妄想」と思われても仕方がないぞ?
事実安倍さんが圧力をかけたっていう有力な証拠が出ないじゃなーい?
根拠もなく「アイツはこんな悪い事をした!」って吹きまくるの、誹謗中傷の一種じゃないですか?
司法に訴えるよりも「安倍が政治的圧力をかけた」「NHKは嘘を言っている」という確たる証拠を出せば誰もが納得するのに。
報道機関ならそういうところで勝負すべきじゃなーい?
NHKと朝日、どっちが正しい情報を発信しているか公共電波及び紙上で勝負しましょうよ。
「泣いていたから」じゃなくて「正確な情報と証拠」で勝負ね。
そうなったら読者と視聴者が判定人になりますから。
自分達の報道に間違いはない!という自負があるなら証拠も当然出せるでしょう?
まさか持っていないとか言わないよね…?
持っているのに出せないという理由があるならはっきり説明なさいよ。
今時政治家を批判しても特高警察に捕まって嬲り殺されるなんて心配はありませんから。
思想犯が容赦なく狩られたりしているのはアナタ方の大好きな中国とか旧ソの話ですから。

報道の自由を守りたいのなら、報道機関としての義務を果たしてください。
「書いたもの勝ち」なんて無責任な態度はおよしになってね。
「公正な報道を心がけて欲しい」という言葉の意味が今さら重いですな。
100%の公正はあり得ないが、公正の志や心がけがまるでない新聞社や報道局は重罪。
(件のNHKの番組については見ていないので何とも……ですが、相当キティなすごい偏向電波番組だったようで…NHKもNHKだ)

と言うかさー、裏付けも取らずに記事を書いちゃうあたり、記者としてどうなの?本田さん。
天下の朝日様がこんな事をしていては新聞の権威が失墜しても無理はない。
で、今は「放送前に会った事自体が圧力だ」と言っているのかな?
「政治家が言ったんだから圧力」ってなぁ…。
政治家は引きこもって誰とも口を聞くなとでも?国会だけ出ていればいいの?
朝日新聞は中流インテリ層御用達の新聞だそうですが、それって単に(主に自民党の)政治家の悪口を言えば「権力に屈しないオレ、格好い~」と思っちゃうようなおバカなオヤジが多いってだけじゃないですか?

権力は政治の世界だけに在らず。
マスメディアも立派な権力を持っていて、しかも政治家よりもその強権を無軌道に発動したがる。
「権力に屈しない」というお題目があれば自分達が権力を振るう事には問題ないと思っている節があるから、何か言えばすぐに揚げ足を取られて批判非難されちゃう政治家よりもタチが悪い。
マスメディアは民衆の味方でありその行為が批判されるわけがない、という確信のもとに権力を発動する確信犯という事だ。
さらに言えば日本国の主権は国民にある。
つまり私達国民にも等しく権利≒権力は与えられているのです。
私達はその権力を行使して政治家を選びます。
そうやって選ばれた政治家には政務を執り行うだけの権力が与えられます。
権力は、それ自体が「悪」という性質のものではなく、それをどう誤りなく適切な形で行使するかという事が重要なポイントなのです。

今回の件に関しては、相手が悪かったと言うより空気が読めなかったんだね…アサヒさん。
いつもいつもそうだけれどさ…。尻に火がついてからのジタバタぶりが頭悪すぎる。
戦を仕掛ける時にはもうちょっと用意周到にぬかりなく装備を補強してからじゃないと。
涙は今時女でも武器に使わんぜ…(使う奴もいるっちゃいるけれど)。
いい年の男が泣くにしては、(クラスのみんなの前で)「せんせーい、○○ちゃんが私だけを仲間外れにするんですぅ~」みたいなお前いくつだって感じがまた逆効果的でした。
いろいろ見物なので是非白黒はっきりさせてね。
やらずぶったくりのまま逃げるなよ。

鳴かぬなら 鳴いたと書こう ホトトギス(詠み人知らず)

掲示板レスは明日以降予定…。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-22 23:43 | 今日のニュース・雑考
古巣に帰ります/花の転職街道などとは言っても…
ギブアップ。ロープ、ロープでリングアウト。
やっぱり1日中無言でパソコンに向かっている仕事は口に(性に?)合いませんでした。
今までビジネストークであっても喋る事で結構ストレスを発散できていたのかもしれない。
業務中、まったく喋る事ができなかった日々が心底つらかったよ~(泣)

テレオペと言うと「セールスの電話とかあるんでしょ?大変だよね」と勘違いして心配してくれる友人もいましたが、ワタクシ受信専門ですから大丈夫です。
受信の場合、電話をかけてきた相手が何を言ってくるのか見当もつきませんが、少なくとも用があって電話をかけてくる人を相手にしているので、「今忙しいんです!」(ガチャン!)と一方的に切られるという事はありません。
「もう終わらせてくれ…お願いだから切ってくれ…!」というくらい電話を切りたがらないお客様が続いた時には泣きたくなりますけれどね。
忙しい=電話回線が繋がりにくい=繋がったお客様は電話を離したがらない=忙しい。
これが繁忙時のコールセンターの悪循環。悪夢のメビウスリング。
でも発信業務で「結構ですから!」(ガチャン!)が延々続いたら神経が参るでしょう。
私がセールスや勧誘の電話を切る時って大概そうですから。
無下に非情にとりつくしまもなく。

「あなた○○(職業)が向いているんじゃない?」という話題が職場で上がる事がありますよね。
真っ当にお勤めしているOLさん同士ではないかもしれませんが、私のようなジプシー稼業に身を費やしている人(女性)が多い職場では、この手の話題が結構あります。
私がよく言われるのは「美容部員さんになれば?」と「洋服売る人になりなよ」です。
うーん…魅惑的な響きではありますが、どちらも趣味だから楽しいんだよね。多分。
本業にしてしまったら、きっと、その世界の色は多少なりとも褪せるであろう。
せっかく経験値も上がってきた事だしね、道楽者でやって行きますわ。
もちろんその道楽のために頑張って稼ぐのさ!
(貯蓄に励むと言ったのはどの口だ)
他人事じゃないんだけれど、日本の未来は大丈夫なのだろうか。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-18 22:02 | その他
この頃ハヤリの安倍叩き
しばらく世間のニュースやネットから離れていたせいで外郭さえも掴めていなかったのですが…
常日頃こっそりお邪魔しているニュース系ブログへ久しぶりに行ってみたら、アッサリ「とどのつまり」が要約して解説されていたので拍子抜けしました。
要するに朝日が藪を突付いて自爆しそう、なわけね。大雑把に言えば。
NHK上層部が番組の内容に口を出す事は会社として全然問題ない行為で(それで制作サイド側と何らかの軋轢が生じたとしても、それはNHKという組織内部の問題だ)(それが良いか悪いかはまったくの別問題で)、安倍さんは別に番組の内容についてあれこれ口を出して指図したわけでは全然なくて(つまり潔白)、なのに今頃朝日が変な事を言い出しただけの話か。
アカピーは、権力VS報道の戦いにおける勇者のつもりなんだろうか。
メディアそのものが権力であるという事は認めたくないのか。
(本当に自覚していなかったら真性電波だよなぁ)
さすが電波新聞・電波放送局。
電波報道番組も毛嫌いせずにちゃんと見ておけばよかった。

今日は世界ふしぎ発見を見ないで「ごくせん」を見ます。
東京湾景を見ていなかったので、久しぶりの仲間ゆきえドラマで楽しみ。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-15 20:32 | 今日のニュース・雑考
ボビィに首っ丈(久しぶりのコスメ話)
先日買い忘れた化粧下地(シュウのトータルディフェンダー)は既に購入済みです。
もうファンデはこれ(シュウの)が定番になってしまいました。

今日はコンシーラーを買う!と心に決めてボビィブラウンのカウンターへ。
RMKのペンシル型コンシーラーも悪くないのですが、如何せん細すぎて使い勝手が悪かった。
意外と早くなくなるので結構消耗品なんだなぁと変なところで感心したりして…。
スポッツカバータイプのコンシーラーでもっと使い勝手がよくて品質も万全のもの~と思ったら、やっぱりボビィしかないかな、と狙いを定めまして。
手持ちアイテムこそ少ないものの、ボビィは全面的に信頼しているブランドです。
MAさん(ボビィではBAじゃなくてMAなんだね)もすごく感じがいい方ばかりですし!
今日も今日とてスッピンで(いつもじゃないのよ)コスメカウンターに出向くという大変に無謀な客だったわけですが、試用という事で例の高い椅子に腰掛けながら「すみません、今日はスッピンなんですけれど…」と少々恥じ入りながら言ったら、「え、そうなんですか? お客様とても肌がきれいなのでお化粧なさっているのかと思いました」なーんてニクイ事を言ってくれる。
確かに肌のコンディションはよかったけれどね。
「ニキビの跡や、ちょっと肌がくすんでしまった点々(※)を隠したい」「パウダリィファンデの下に使えるヤツ」と要望を述べたら出してきてくれたのがブレミッシュ カバースティックというスティック型のコンシーラー。
(※シミと言いたくなかったんだよ…だって消えるかもしれないしさ!)
「リップスティックの中身がコンシーラー」みたいな感じの商品と言えばいいのか…。
全4色の中から2色をMAさんが選りすぐり、「どちらのお色のほうがお客様のお肌のカバーに向いているか試してみますね」と言って塗ってくれたうち、暗いほうの色は私の肌には(特に頬の端あたりが…)濃すぎたので明るいほうのウォームサンドという色のコンシーラーに決めました。
まったくのスッピンだといくら肌のコンディションがよくても多少の色ムラはやはり出てしまうものなのですが、コンシーラーを塗っただけでまるでリキッドファンデをムラなく塗ったみたいに肌がつややかにきれいになった事にびっくりしました。
スティック型のコンシーラーを筆でぼかしながら塗るという技法も初めて知った。
なんかわからんがスゴイなぁ。
以前ホットピンクというグロスをお買い上げした時のカルテが残っていたので「口紅も試してみますか?」と聞かれて(この物言いに全然威圧感を感じさせないあたりが好きだ)今日のカジュアルな服装に合わせて「ホットピンクほどはっきり発色しない、ナチュラルな感じのかわいいピンク」と言ったら、シマーグロススティックのアイスドピンクという色を出してきて塗ってくれて、その上からリップティント(※グロス)のピオニーを乗せてくれて…
鏡を見たらめっちゃかわいげな色味にノックアウト。
ホットピンクは単品でも十分威力があるパキッと発色するタイプのグロスなのですが、このアイスドピンクは見た目辛口の大人っぽいスティックなのに、つけてみるとシアーな発色でナチュラルにふっくらかわいい唇になる。
ピンクの奥が深い事は知っていましたが、ホットとアイスで(ってそりゃ単なる名称なんだけれど)こんなにも印象が全然違う事に本当に驚いた。
はっきり発色する口紅やグロスが好きなせいで手持ちのリップやグロスは濃い色味のものばかりだったのですが、「これは幅を広げるいい機会かもしれない」と思い、購入即決。
結局コンシーラーとリップとグロスの3点をお買い上げ。
筆も欲しかったんだけれど、何せ高価で「今度またの機会に~」という事になりました。
(筆をケチるようではまだまだビギナーの領域から抜けられないぜ!)
MAさん、「せっかくですから」と頬紅までつけてくれて本当に親切でした。
いろいろ話してくださるんだけれど、メイクの役に立つ事ばかりで勉強にもなります。
冊子も山ほどくださったのですが、ベースメイクの色の豊富さに感心しました。
ファンデもさる事ながら、下地にこんなに色数があるなんてすごいなマジで。
いやーボビィはすごいよねー。
シマーブリックも買った事がない私にはボビィを語る資格などないかもしれない。
でもこういう痒いところにまで心が行き届いているブランドってそうないと思います。
帰宅してから大髙博幸さんの「綺麗のきほん」を読んでいたら(何度も読んでいる再読本です)、なんとこのボビィのコンシーラーを推薦されていらっしゃいました。
大髙さんが推薦されるコスメは職業柄か数がとても多くていちいち覚えていなかったのですが、もしかして運命だったのかちら、これは。
ニキビに負担をかけずに沈静化させる成分が入っているそうです。

ボビィはもうちょっと安かったらいろいろ欲しいアイテムが多い。
基礎化粧品にもかなり心惹かれるんですよね。
ところで私が初めてボビィで買ったブランデー(ブランディ?)という名前の色のリップスティックはもう廃番になってしまったのだろうか。
だったら少し淋しい。
私が持っている数少ないブラウン系の口紅です。
ボビィの口紅はニクイ奴が多くて大好き!(名前もニクイ)
シュウのロリシャインルージュの限定色にも只今心動かされています。

下地は縁の下の力持ち。
そのさらに縁の下はスキンケア。
でも私がつくづく縁の下の力持ちだと感じるものはスポンジクリーナーです。
これがないとメイクができないもんなー。
あらかじめスポンジは換え用に2個揃えているのですが、スポンジを2回使うと洗って陰干ししてその間に次のスポンジをまた2回使って…の繰り返し。
1日おきに洗面台でスポンジを手でモミモミ洗っていると、ドラッグストアで買った安い資生堂のスポンジクリーナーが偉大に思えてしようがない。
どんな優秀なファンデもスポンジが汚かったら意味がない。
ファンデの粉や皮脂や汗、汚れを吸い取ってクタクタに疲れ果てたスポンジを、きれいに洗浄してまた生まれ変わらせて働けるようにしてくれるクリーナーに私は感謝しています。
もちろんブラシも洗えますよ。

ここ数日通勤電車の中では嶋田ちあきさんの「美のレッスン」を読んでいました。
これも好きで何度も読み返している本です。
どちらかと言えばスキンケアはちあき派、メイクは大髙さんに同意する事が多いかな。
でもちあきさんの肌の美しさに対する厳しい見方には非常に影響を受けています。
大髙さんの「ベージュと赤の両方をつけこなせる大人になってね」という言葉は奥が深い。
両方とも普通は敬遠してつけない色だよね…。
道は違えども、美のスペシャリストの言葉には深い含蓄があります。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-14 23:03 | おしゃれ大好きコスメティック
お前は何を目指しているんだ
ミキティの考えている事がさっぱりわからん。
いや、別にわからなくても構わないんだが
ユーザーにわけのわからない文章のメールを送りつけて
わけのわからない手続きをさせようってどういう魂胆なんだよ。
一生懸命解読しようと頑張ってみたが、何がどうなるのかさっぱりわからない。
返信も受け付けてくれないなんて…助けてママン!
手続きをしたら、勝手に楽天にページを作られたりして。
(ライブドアも同じ事をやったという前例があるし)
でも手続きをしないとインフォから強制退去させられるそうな。
今夜はサバト。生贄はもちろんミキティでね!
常識人なので脳内に留めておくよ!ああ無念!

精根尽き果てているのに謎のメールをもらって混乱したので更新しちゃいました。
ホリエモンといいイエイリといいミキティといい…名の知られた社長ってそんなんばっか。
(そんなのだから有名になるのか)
山村社長もユーザー新規登録一時停止してくんないかなー。
ついでにエキサイトの福の神を私にも1回くらい拝ませてくれ。
貧乏神しかもらった事ないぞ。

MSNもヤフーもスパムが多いということで凍結した私。
一体どこのフリーメールを使用したらよいのだろうか…。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2005-01-12 00:18 | 今日のニュース・雑考