<   2004年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
デニムパンツの憂鬱/芸能人美女
芸能人が心底羨ましくなる時、それは彼ら(彼女ら)が「ジーンズの裾を切らないではける」という逸話(どの程度の事実か定かではないが)を思い出した時だ。
芸能人と言っても人種がいろいろいるけれど、いわゆる美男美女でスタイル抜群、てタイプね。
あなたはスカート派?パンツ派?と聞かれたら、多分私は「スカート派」と答えるのが正しいのだろうけれど、それでもジーンズスタイルだって大好き。
マニアみたいに何十本も持っているわけじゃないけれど、素敵なジーンズならたくさん欲しい。
しかしジーンズを買う時、いつも多少は既製品の裾をちょん切って裾上げしなければいけない。
その時にどこからともなく「お前は短足なんだよ~」という悪魔の囁きが聞こえてくるのです!

私はいわゆる長身ではありません。人によっては「低いほう」と思う人もいるかもしれません。
だったら多少裾を切るのは仕方ないでしょう?というもっともな正論も聞こえます。
しかしジーンズは、発祥の開拓時代と違って野良作業着ではなく、現在はTPOさえわきまえれば立派なお洒落着であり、デザイン性も非常に高いアイテムです。
あまりにも裾を切りすぎるとそのジーンズ本来の形が損なわれてしまい、デザイナーの意図を崩した欠陥品になってしまう。
その事が、「着る者」として恥ずかしいのであります。
今主流のブーツカットジーンズやフレアジーンズだって、「このへんで絞りを入れて、このへんから広げて…」と何mm単位の緻密なデザインのもとに作られているわけですし。
その計算されつくした膝下の長さをちょん切ってしまう事が恥ずかしい。
そのジーンズをはく資格がないような気がして。
切り落とされた、たった5センチの布地の切れ端が、私の心を苛むのです。
いくら常日頃「スタイルが良い」と言われていても、ジーンズを購入して裾上げをする時、私の脚の長さが既製品の規格よりも5~6センチ短い、という事実を突きつけられて、打ちひしがれるのです。
せめてあと5センチ身長が伸びていたら…もっと牛乳を飲んでおけばよかった…なんて。
同僚達からは「誰だって多少は切るよ~!」と言われましたが、実際のところ、既製品のジーンズの裾って皆さんどれくらい切っているものなのでしょうか。
芸能人という職業自体は羨ましくも何ともないけれど、ジーンズの裾を切らなくてもいい人種であるという事だけは羨ましい。
もしかしたら公称と事実は多少違うかもしれないですけれどね…ウフフ☆

少し話が逸れて、昨日故ナンシー関の「何だかんだと」を購入・読了したのですが、「中山美穂VS美人の戦い」を読んで「やっぱりナンシーさんは言ってくれた!」と感無量でした。
芸能人で一般通念上美人や美女と言われる人の容姿に難癖をつけると、「まったく女ってやつぁ自分の顔を棚に上げて美女に嫉妬してこき下ろすんだよなぁ」と短絡的に判断されてしまい、私の心根まで不当にバカにされそうでなかなか言えないのですが、私だって美女を愛でる事は眼福であり、その美しさに対して歪んだ嫉妬心で難癖をつけるなんて自分の心根を醜くするだけの愚行だと思っています。
仲間ゆきえは美人ですよ!大好きですよ!
矢田亜希子さんだってタイプじゃないけれど掛け値なしの美人。
ミムラもかわいいイメージが先行しているけれど美人。
日本から飛びますがニコール・キッドマン(※)の美しさは言うに及ばず。
でも中山美穂=美人はどうなの? その公約式は成り立つの?
そんな私の心の中の悶々を晴らしてくれたナンシーに感謝します!
いや別にナンシーは中山美穂が美人じゃないって言ったわけじゃないんですが。
中山美穂=美人という不動のコンセンサスに誰も突っ込まない状態がつらかったんです。
沢口靖子が美人というのも「どうなの?」なんですが。

※外国人オンチで例に挙げられる美人女優が彼女しか思い浮かびませんでした。

ジーンズに話を戻しまして、私が一番よく着用するのは細身で裾広がり過ぎないブーツカット。
ストレッチが利き過ぎていない固い生地のものが望ましい。
それが一番脚が細く長くスタイルよく見えるので。
汚すぎず・基本に忠実なジーンズが好きです。
実は今またジーンズ買いたくて買いたくてしょーがないんですよね。
そんなにあってどうするんだって感じなんですけれど…。
腰が張っていると、なかなか合うジーンズを探すのも大変なにょらー。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-30 21:29 | おしゃれ大好きクロゼット
自分に自信がなく責任も持てない人々/自分の顔にも無責任な人
昨日の記事を要約しよう。

>自分が他人にどう思われるかなんて、自分の振る舞い次第でしょう?
>不本意な事を言われたとしても、それは自分の責任です。


血液型なんて関係ないのよ。
自分を取り巻く幸も不幸も、すべて自分自身が呼び込んだもの。
己の心の在りようが、己を幸にも不幸にもするのです。

子供ならいざ知らず、いい大人だったら
自分の人生には自分で責任を持ちましょう。
不幸や不遇を、周りの環境や持って生まれた体質・造作のせいにして甘えるな!

って事を言いたかったわけでした。
結局自分がしっかりしていれば問題ないだろーって話。


そういう私情もあって、私はあんまり「可哀想」という言葉を使いません。
尊厳を持つ人間に対して、みだりに使うわけには行かないのです。
たとえ傷ついた人を見ても、それで受けた私の心の痛みを
「可哀想」という同情に安易にすり返るわけには行かない。
対等な人間として、互いのプライドのために。


以下、完璧に余談になります。

先日ビューティーコロシアムというトンデモ番組をうっかり見てしまったが
同情できない女ばかりで「バカか?お前ら…」と吐き捨ててしまった。
整形したって心の不細工は誤魔化せません。
自分の顔すら受け入れられない人間が、人生何十年の荒波に耐えて行けるのか?
もとより顔は自分の心が作るものだ。
ブスに生まれたんじゃない。
自分でブスになったんだ。
他人の人生にケチをつける気はありませんが、私はあんなの絶対にイヤだね~。
今のままで十分かわいいって言われているからいいのよ~ん♪v(^o^)v
もちろん努力は惜しみません。
笑顔と向上心を忘れないところが私の取り得ですからね♪
(しかし料理に対する向上心はまったく芽生えてこない)
(私の向上心は基本的に<自分本位>のようである…)
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-28 23:58 | 今日のニュース・雑考
まともに取り合うのはバカだと知りつつも
Excite エキサイト : 社会ニュース
<血液型番組>「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ [ 11月27日 15時00分 ] 毎日新聞


血液型で性格を決め付ける事が馬鹿馬鹿しいって事くらい常識ですが、「所詮馬鹿馬鹿しい事なんだから放っておけばいいじゃない」と流せないのもどうでしょうか。
心に傷を受けた児童も(ま、いるかもしれないし)血液型で決め付けられた性格なんて何の意味もないってすぐにわかりますよ。
友達が「○○ちゃんは×型だから遊ばない」とでも言ったのならお気の毒様ですが。
子供って馬鹿な事が好きなんですよ。
○○ちゃんの正真の性格もわからないような子は友達じゃないから気にしないでね。

本筋はそこじゃなくて。
こういう診断(決め付け)で心に被害を受けたと感じる人は、B型が圧倒的に多く、次いでO型の人が多いような気がします。
不肖自分が今まで見聞きした経験上ですが。
B型やO型ってそんなにひどい事を言われて(書かれて)いるんですか?
「B型っていい事ひとつも書いてないよね」と同意を求められた事がありますが、それって事実ならいじめじゃないですか?ひどいわねぇ!同情するわ!版元はただちにB型に対して謝罪と賠償をするべきね!
…というのも話の本筋には非ず(回りくどい)
何故A型の民は自分が血液型診断で侮辱されたと訴えないのだ!?
…という事が私の言いたい事だ!

私はAB型が羨ましい。大抵の本に天才って書いてあるじゃん。
努力と真面目しか取り得がない凡人の鑑みたいなA型としては憧れの血液型だ!
輸血の時に若干不利があるのでしょうけれど。

つまりA型だって凡人扱いされて心に傷を受けているのよ――――!!

半分以上いい加減に言えば。

誰だって多少そんな馬鹿馬鹿しい事でがっくりする事があるんですよ。
だから血液型くらいでいちいち被害妄想を主張する人ってウザイなぁって言いたかったのです。
所詮遊びでしょう? 被害者意識も特権妄想もウザイっちゅーの。
母ちゃんと父ちゃんの血液型を足して自分の血液型が出てこなかったら問題でしょうけれど、そうでないなら何も問題ないじゃなーい。
勝手に言わせとけば? 自分が他人にどう思われるかなんて、自分の振る舞い次第でしょう?
だから×型は…って言われたら「そんな事は関係ありません」と斬り捨てればいい。
そんな事を言う奴がバカなんだもの。
「頑固」とか「いい加減」とか不本意な事を言われたとしても、それは自分の責任です。
離婚や混血が多い欧米では、血液型は個人情報として回避される話題だという説を聞いた事がありますが、そのへん日本人は鈍いと言うかデリカシーがないですね。

血液型性格占いの番組に出ている芸能人はバカに見える。
仕事でやっているのだからバカと言ったら失礼かもしれないが、バカを演じている人に対して真面目に怒ったらそっちのほうがバカみたい。
どっちもどっちです。

この手の話題で蚊帳の外にされるA型も言ってみたかった。
サイレント・マジョリティーだよね。

≪余計な文章が多かったんで要約してみたよ≫
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-27 23:38 | 今日のニュース・雑考
6万×23本/4の悲劇
大相撲九州場所、結びの一番。

懸賞金(の旗)が23本も回るのって初めて見たなー。
目測で数えたので、もしかしたらもう1本くらい少ないかもしれないが。
どっちにしろすごい。
しかしお客さんの喜びは大関魁皇の勝利だった。
ジモティー(地元民)だったんですね。
何はともあれ朝青龍、優勝おめでとう。
あんなに座布団が飛ぶのも初めて見ました。
しかし公園にある子供の遊具や学習に使うカッター・はさみまで「危ない」と禁止されたりしているのに、大相撲の砂被り席はなぜ廃止されないのだろう。
お年寄りが多いので尚更危ない。
もし一生に一度の奇跡で砂被り席1列目のゴールドチケットが私の手中に舞い込んだとしたら…
かなり悩むかもしれない。
悩むよ、血沸き踊るライブ感と生命の安全と、どちらを取るか。

別に「NHKの大相撲中継は必ず見る!」といった相撲マニアではありません。
ただの相撲好き。たまたま今日は休みで家にいたの。


よん様ファンの女性達、追っかけで大怪我。

いい年して慎みや自制心というものがないのですか!おばちゃま方!
若いうちなら「ライブハウスで叫んでいるうちにハイになっちゃって、隣のコと殴り合って3針縫う大怪我しちゃった♪」だって「青春のひとコマ」で済むと思うけれど…(済まない?)。
自分を客観視できない大人は見苦しい。
正直な感想として、「よん様、そんなにいいか?」。
私にとってはきむたくと同じくらいどうでもいい感じなんだが。
どうでもいいくせにナルでキザったらしい奴って理屈抜きで嫌だよね~。
ナルだったら大衆のニーズに迎合しないで自分の美学を貫け!
ガクトや西川某のように。


なぜか「危険な話」に終始してしまった。
大人になったらなかなかおっちょこちょいで怪我って出来ないですよね。
ばかみたいだもん。

    ↑

この部分、自戒を込めて…ですから。
ばかみたいな事をよくするんで。
(追記)
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-27 19:37 | 今日のニュース・雑考
血中日本人濃度
他意はまったくないんだけれど。
…と前置きして。

ドラエもん(ドラえもんなのか?)の声優さんが代わる事ってそんな重大なコト?

ニュース系ブログを席巻しているドラエもん(orドラえもん)のニュースを眺めて思った事でした。

ドラエもん(ドラえもん)もサザエさんもちびまるこちゃんもまったく見ないので、「子供の夢」とか「お茶の間になくてはならない漫画(アニメ)」といった認識がまるでないのだが、血中日本人濃度がかなり高いはずの(と自分では思っている)私の「日本人らしさ」とは一体何であろうか?
…なんて事まで考えてしまった。
ドラエもんやサザエさんやちびまるこちゃんを見ないなんて、もしかしたら私は日本人じゃないのかもしれない!…と思ったからだ。
帰国子女から「息吹さんは外国(※欧米)に住んだほうがいい」と言われたしな。
(日本語以外の言語をまったく操れないのにどうやって生活しろと?)
とことんマイペースで自己主張が激しく、他人と足並みを揃えるのは確かに大の苦手です。
日本人にありがちな「コミュニケーション能力の不足」という問題点も、先の帰国子女に言わせれば「十分クリアしている」そうですが、それは単に「言いたい事ははっきり言わないとわからんやないの!」「言う時に言わな、いつ言う!?」という単刀直入型の性格によるもので、この世の中で生きて行くには幸いよりも災いの種になりかねないリスキーな要素です。
好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、とはっきり言ってしまう。
(興味がなければ「興味ない」でおしまい)
こたつも嫌い。親類縁者のしがらみも嫌い。
はて?こんな私の「日本人らしさ」とは?

やはり日本という祖国に対して、愛憎織り交ぜながらも「私の祖国やルーツは日本であり、私は日本人である!」という強固なメンタリティーを持っている点でしょうか。
日本文化・日本語が大好きだしね。
宗教に対して寛容と言うか無頓着と言うか節操がなく、「ありがたい感じ」だったら何でもOK、というストイシズムのかけらもない日本人らしい鷹揚な宗教観も好きだ。
(天皇だって「ありがたい感じ」がするからいてもいいんじゃないか?と思う)
そのお陰で宗教に傾倒し過ぎた人を「薄気味悪い」「怖い」「関わり合いになりたくない」と判断する人が多い事は、日本にとって良い事だったと思っている。
(天皇崇拝や武士道は決してストイシズムじゃないと思う)
血中日本人濃度が高い事を私は恥じない。
ドラえもんやサザエさんやちびまるこちゃんを見なくても、私はれっきとした日本人だ。
やっぱりこたつは嫌いで椅子とテーブルの生活がマッチしているんだけれどさぁ。
そう言えばアンパンマンも見てないな。

ところでアニメの声優さんで気になるのはルパンⅢ世の不二子ちゃん役を演じている人。
もうかなりオバサン声になっていて苦しい。
増山えい子さん(だったよね?)はそろそろ不二子ちゃん役を降りてもいいんじゃないだろうか?
もう十二分、長年にわたって不二子ちゃんの魅力を演じ続けて来てくれたのだから。
でも熱烈なファンの希望とかもいろいろあって、降りられないのかな~?
いつまでもシリーズを続けていていいのは時代劇だけじゃないかと私は思うんだが。
(私は時代劇、大っ嫌いなんですが、お年寄りは好きなんですよねぇ…)
ルパンの声優さんが亡くなられてからもうルパンシリーズは私の中で終わっちゃっている。
先日テレビでマモーやっていましたね。
エンディングでルパンととっつぁんが二人三脚で走っているあの絵ヅラはやっぱり最高♪

漫画ネタもう1本。
「DEATH NOTE」4巻の表紙、怖すぎて思わず買っちゃった…。
小畑氏は美形よりもオッサンやお化けを描くほうが好き、ということはファン周知の事実であろう。
でもミサミサ十分怖いよ…。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-22 23:28 | 読書・漫画・TV
新種のオレオレ詐欺かと思った
オレオレ詐欺に引っ掛かる人の心理状態がよくわかりません。
パニック状態になって判断能力をなくしてしまうのか。
そこまで巧妙な騙しの手口が使われているのか。
テレビ欄や雑誌の吊り広告などで「新手のオレオレ詐欺!」と目を引くように煽り文字が書かれてあっても全然興味を持てず、またろくな番組(記事)じゃないだろうと見くびっているのでちっともそんな風評番組及び雑誌は見ていません。
なぜA子さん(仮名)は騙されてしまったのか…!?
そんなこと知るか。落ち着いて考えればわかる話じゃねーの?普通。
…とまぁ被害に遭われた方々には申し訳なくまったく他人事的な見解しか持ち合わせていない今現在の私ですが、その複雑な心理的葛藤(というものがあるのだとしたら)は、いざ騙されてみないとわからないのかもしれないですね。

本日仕事のため普通に留守をしていましたが、帰宅したら留守電ボタンが点滅していたので「何かな?」と再生してみたら、「○○××子です」と聞き覚えがない名前を名乗る女性の声が…。
はて?とかしげた首がすぐにそのままゴキッと真横に折れるかと思った。
「先日お父様が亡くなられた件でお葉書を頂きまして…どうもそのたびはご愁傷様でした。
お悔やみ申し上げます…」
乳は…いや父はまだ存命であります! 死んだという話は聞いておりません!
これはまさか…巷で大流行のオレオレ詐欺?カネを送れとか何とか言うのだろうか?!
…とちょっと興奮気味にメッセージを最後まで聞いて、繰り返しもう一度再生までしてメッセージに聞き入ってしまいましたが、どうやら純粋に間違い電話でお悔やみのメッセージを留守録に入れてしまったようだと判断しました。
一応父に電話して(もちろん本人が出た)「○○××子さんて知ってる?お悔やみの電話もらったんだけれど」と聞いてみましたが、「誰だ?そりゃ?」という答えでした。
「今死にました」ならいざ知らず、お葉書でお知らせ済みという点で、もう騙してカネを取る手口として成立しないし、丁度今喪中葉書のシーズンでもある事に思い当たりました。
間違い電話とわかった後、伝わるはずのお悔やみの言葉が伝わらない…という事にしばし頭を悩ませましたが(悩ませたってどうにもならんのだが)、葉書でお知らせをもらって電話でお見舞いを済ませてしまう間柄ならば問題ない、という結論に至り、心の靄がすっきり晴れました。
○○××子さん、お悔やみは本人確認してから言いましょう!

やはり弔事に関する言葉を耳にすると、冷静なつもりでもかなりあれやこれやと気を揉んでしまうのですね。
不特定多数を相手に無差別発信しているニュース番組で、人命に関わる事件を一方的に「見せられる」事と、自宅へ電話されて由縁ある人(今回は間違い電話で赤の他人だったが)の大事を伝えられる事との臨場感の違いはかなり大きいし。
例えるならば、凶悪犯罪事件や災害などで見知らぬ方々が亡くなったという話を聞くよりも、隣の家の方が亡くなってお葬式をあげているほうが絶対沈鬱な気持ちになるというようなもの。
(お隣さん、すみません)
こんなところにオレオレ詐欺の巧妙な手口が隠されているのかしら?と思った本日でした。
一瞬オレオレ詐欺を疑い興奮しちゃった私はバカでした。反省。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-21 23:41 | 今日のニュース・雑考
30分で26,000円
何だと思います?                                              
                                                         
                                                         
                                                         
                                                         






















バーゲンで買った洋服類の総額です。チーン。
時間がないから30分で回ったんだけれど、我ながらすげぇ。
内訳は、ワンピース(2枚セット)、スカート(ペチコート付き)、セーター、カットソー、ベルト。
これだけ買ってこの金額で収まったあたりがまたすごい。
バーゲンて素晴らし~い!(そういう問題か)
しかし1月引き落とし分(支払い分)のクレジット約6万円を先日完済したばかりだというのに、なんだこの買い方。
財政破綻よりも、洋服の嵩(かさ)が、箪笥(※洋服収納スペース=クロゼットを総称して私は箪笥と呼ぶ)の収納力の臨界点を、現時点ですでに大幅に上回っている点が大問題です。
靴箱は捨てても捨てても何故か減らないし。
どんどん新しい靴を買うからだという指摘あり。もっともだ!
もし不慮の事故や病で自宅で突然死したら、洋服や靴箱の中に埋もれている死亡現場を発見されることになるんだろうか。
なんと報道されるか…怖くてうかうか死ねないや。

完済と言えばエーちゃん。
エーちゃんとは借金の桁が違うが私もクレジットなどの借金は早々に完済する口だ。
(ここで言う完済とは引き落とし前に入金清算してしまう事)
しかし稼ぐ傍から遣って行ってしまうこの気質は「江戸っ子だ…」と思わずにはいられない。
私が思い描く「ちゃんとした大人像」は、計画的に貯蓄できる人。
つまり私は全然ちゃんとしていない大人である。
そして料理もまったくしない。
でもそれで死ぬわけじゃないので問題なしと判断している。
女としても全然ちゃんとしていないのだ。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-19 23:06 | おしゃれ大好きクロゼット
削除された記事を再UPしました
どうやらエキ様に強制削除(しかも一部限定)を食らった模様の記事をUPし直しました。
14日の日記の前半イスラエルに関する記述部分がまるっと削除されていました。
イスラエルとアメリカのパイプを指摘したのがいけなかったのか、ファルージャが今とても悲惨な状態にあるのではないかという憂慮がいけなかったのか、いずれにせよ「こういう内容の事を書くと削除されます」といういい見本になったかもしれません。
イスラエルとアメリカに関しては、触れてはいけないNGワードがあるようだ。
どれがNGワードなのか、該当記事から探してみるのも一興かもしれません。
また削除食らったらもうUPしないと思います。たぶん。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-16 11:02 | その他
削除!?
なんだか記事の表示がおかしくなっている…
14日の日記の一部に15日の日記がかぶさって表示されています。

って言うか、ログイン状態で見ると、

   削除

って書いてあるんですけれど…。

丁度イスラエルに関する記述がまるっと削除されているみたい?
ただのバグならいいのですが、まさか検閲して削除したんじゃないよねぇ?エキ様。
検閲・削除だったらどうなんでしょう。
って聞いてもねぇ。

閲覧されている方にも変に見えていますか?
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-16 00:09 | その他
消費社会における生産者・提供者と消費者の関係
ここしばらく情緒不安定でストレスフルな生活を送っていたせいか、肌荒れにギャー!です。
玉のお肌(誇張)に吹き出物が…。げんなり…。
つうか痛ぇよ。
行き過ぎない程度によく洗浄を心がけて、刺激しないようにガーゼで保護して…
あとはミカンを食べるくらいしか思いつかない。
あ、あと夜更かし厳禁か。

今の職場にもすっかり慣れて、自宅で電話やインターホンを取る時にまでうっかりテレアポ対応してしまって赤っ恥、という場面も少なくありません。
良い傾向ですね!(?)
シフト制なので融通は利く。給与も悪くない。
いいご身分ですね~と言う人もいますし、実際待遇面は良いほうだと思います。
しかし常に何を言われるかわからない(予測がつかない)電話を取るために待機している状態は相当ストレスフル、精神的負荷がかかります。
かける相手(担当部署)を間違えてくるお客さん、激昂状態で電話してきてこちらの言葉も聞かずに(遮りながら)怒鳴り散らし一方的に喋りまくるお客さん、名前をしつこく問いただすお客さん、日本語が不自由なお客さん…などなど、マニュアル通りの対応だけでは対処しきれないケースが実に多く、職務時間中は常に臨戦体勢でいなければいけません。
見えない敵がどう攻撃してきても、臨機応変に迎撃できるように。
いや、客は敵じゃないし、丁重な説明で、当社製品使用上の問題を解決したり、誤解を解いたり、当社の製品開発が遅れている事情を理解して頂いたりして、納得してお電話を切って頂く事が私(ワタクシ)共のお仕事なのですが。
こうやって書き出すとろくな仕事じゃない感じ。
実際「ろくでもねぇ」と時々ブルーになるよ。
ラクしてガッポリ、なんてうまい話はそうそう転がっていないのです。

結構日常生活でも常套句になっている「消費者センターに訴えてやる!」という言葉、「自分は消費者だ」という自意識から発せられる言葉なのだと思いますが、どうも私自身は、どんな仕事をしていても自分が100%消費者の立場にあるという気分になれません。
労働の対価として賃金をもらう立場である(言い方を変えれば労働力を売る立場とも言える)と同時に、その労働によって、直接的にせよ間接的にせよ、消費者にモノやサービスを提供する立場にあるという気持ちがどうしても湧いてきてしまって…。
生産業に携わった事はないのでよくわかりませんが、この消費社会において、労働はモノやサービスを生産し、提供する行為でもあるのではないでしょうか。

お客様のお気持ちもわからないでもありません。
電話1本で何でも解決できるだろうと当然期待されていらっしゃると思いますし、それを受けるオペレーターがそのキャパシティーを持ち合わせていない場合もある、という事に関しては、会社のサービスに問題ありです。
しかし"消費者"という立場に甘え切った態度というものは、消費者と向かい合う立場になって見ると…ナンですね、「少しは自分の買い物に責任持てや!」と言ってやりたくもなる。
押し売りしたわけでもないのに(※DMでお知らせを届けるだけ)「高いモン買わせやがって!」、使用上の注意も読まずに(※しっかりDMに記載されています)「そんなこと知らないよ!」、そして大岡裁きか遠山の金さんよろしく勝ち誇ったように(実際は遠吠えなんだが)「消費者センターに訴えてやる!」
悪徳商法業者に騙された気分なんですね……。
多分消費者センターへ行っても門前払いされて息巻くのだろうな…。

客層の多くは高齢の男性ですが、この人達働いていないのかな。
自分が労働する立場になったら「一方的に被害を被る消費者」という図式はあまり成り立たないケースが多いという事に気付くと思うのですが。
それとも自分が仕事する時は「生産者」、もしくは「提供者」、そしてそれ以外の生活の場面では「消費者」、とまったく切り離して考えているのでしょうか。
今の消費社会において、自分が一方的に消費者の立場である、と私は思えないですね。
消費者=被害者という認識も持てない。
例えば今野菜が高くて消費者の懐に打撃を与えているわけだけれど、それは当然生産者だって深刻な状態という事でしょう。
人と人とは時に対峙する立場にあっても社会の中で密接に繋がっていて、歯車がぐるぐる回るように、回り回って社会は動いているのだと私は思うのですよ。
簡潔に言っちゃうとアレだ。
「私達庶民はいつも被害者で弱者だわ」って居直る奴はキライ
という事です。
この一文を書くために随分回り道をしてしまった…。ぐるぐる。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-11-15 23:46 | 今日のニュース・雑考