複数の他のユーザーから苦情が出ると記事が削除されます・2
部落の起源論争

近世政治起源説 [編集]
近世起源説は大半が以下のような説を採る。すなわち、部落は近世権力(豊臣氏、徳川氏)が身分の流動性が大きく戦乱の絶えなかった中世を統一した際に、民衆の分裂支配を目的として作ったというものである。平たく言われるものでは『農民の不満を幕政から逸らすために為政者がスケープゴートとしてこしらえた』―『上見て暮らすな、下見て暮らせ』というものである(なお、近世の為政者がこうした旨の触を発した記録はない)。

近世部落研究者の寺木伸明は、豊臣秀吉の太閤検地の際に検地帳にかわた(後の穢多)身分が記載された時点をもって、部落の成立としている。しかし、検地帳などにより「穢多」層の源流には、中世の賤民の系譜にあるもの、一向一揆を含めて戦国期の敗残者の系譜にあるものなどの存在も明らかにされている。

近世起源説批判 [編集]
近年、中世に被差別民が集住した河原などの「無縁」の地と、近世において被差別民の居住地と定められた地、すなわち近現代の被差別部落に直接つながる土地とが互いに重なる事例が多く報告され、中世の被差別民と近世の被差別民の歴史的連続性が注目されるようになってきた。かつての近世起源説に見られた、近世権力が無から突然被差別身分を作り出したかのような論説は近年は姿を消しつつある。ただし、歴史教科書においては未だにこの論調が多く、日本人の間に誤解を与える要因となっている。

近世政治起源説が従来の同和教育において「正しい認識」とされたのは、後述の古代起源説や異人種起源説に基づいて差別を当然のものとする風潮の根絶に対抗できるものとされたこと、社会問題や社会の不正義を遅れた発展段階に起因するとしがちな発展段階史観が戦後の歴史学研究や歴史教育を席捲したこと、豊臣秀吉や徳川家康といった歴史的人物個人の責任とすることで誰も傷つかずに差別現象のみを糾弾できるとされたことが大きかった。しかしその一方で、民衆の間で差別を再生産していく構造の歴史的な形成過程の解明に対しては無力でもあった。

各県の教育委員会の指導する同和教育においては、1990年代半ばになってようやく、近世政治起源説が学術的に否定されつつあることが意識され始めたが、当初は教職員の研修などの場において「歴史学的には近世政治起源説は事実ではないと否定されてきているが、同和教育においては近世政治起源説こそが正しい認識であるとの立場であるから、これで同和教育を行うように」という指導がまかり通るなどのちぐはぐな対応であった。この見解は「同和教育」をデマゴギーであると認めた点で、同和問題のみならず公教育一般についての再考すら迫らす大きな意味を含んでいた。

1990年代末になってようやく近世政治起源説で同和教育を行うことの問題を論じたリーフレットなどが県教育委員会によって編纂され、県立高校や市町村教育委員会に配布されるに至っている。



>教職員の研修などの場において「歴史学的には近世政治起源説は事実ではないと否定されてきているが、同和教育においては近世政治起源説こそが正しい認識であるとの立場であるから、これで同和教育を行うように」という指導がまかり通る

学校教育なんてイデオローグの集大成です。
日本の場合、イデオローグの方向性がなぜか世界の常識(≒セオリー)と正反対の方向へいつも向かいますが、アメちゃんのデカイ置き土産です。
乱したのなら直して行けの最たるところが教育問題だと思っています。
教育というインフラは一度壊されてしまうと壊滅的なダメージを受け、再建が困難な分野です。
幸い戦後カストリ雑誌が大いに流行った例を見ても判るとおり、日本人の文化(娯楽)は大衆にあり、文化(娯楽)を楽しむ大衆の知的レベルや教養が類を見ないほど高水準だったために、日本人がすぐ日本語を忘れて日本人としての自意識を失い国が消えるというレベルには至りませんでしたがもう限界です。
アメちゃんが残した最大の負の遺産ですよこれは。

>社会問題や社会の不正義を遅れた発展段階に起因するとしがちな発展段階史観が戦後の歴史学研究や歴史教育を席捲したこと、豊臣秀吉や徳川家康といった歴史的人物個人の責任とすることで誰も傷つかずに差別現象のみを糾弾できるとされたことが大きかった。

「いつの世も人は変わらない」という、たいへん理解しやすい説明。
いまだに近世政治起源説が一般的な認識ですよ、そのほうが都合がいいと思う人が多いから。
そのリーフレットっていちおう作りましたというアリバイ制作で、誰も使ってないでしょ。


同和教育

学力保障 [編集]
明治初期の同和地区の経済状況、衛生状況は非常に劣悪なものであった。その原因の一つが教育水準の低さであった。すなわち、親が子供を学校に行かせないために、子供の教育水準が低く、それがまた次の世代に継承されるという悪循環が同和地区の貧困を固定化させていた。明治後期に学力保障として民間や地方自治体で始められた同和教育の基本的な考え方は、このような負の連鎖を断ち切ることで同和地区の貧困を解消し、部落差別の解消につなげるというものである。

農繁期託児所を初めて開設した人物として知られる筧雄平は鳥取県美穂村において1898年に当時「細民部落」と呼ばれた同和地区に分教場を開設し、未就学であった同和地区の児童を学ばせた。また、租税を滞納したり子供を就学させないといった親の非行も目に余ったため、年に数回村民を集めて学習会が行われた。この活動は大きな成果をあげ、1921年に分教場を尋常小学校に併合した際には租税の滞納や未就学児童はほぼ皆無であったと記録されている。

戦後は同和対策事業の一つとして行われ、昭和40年代には地区進出学習会と呼ばれる、同和地区の児童を対象とする教育が行われた。同和地区の児童生徒の把握、地区進出学習会の運営といった目的で、同和地区の児童が通う小学校には同和加配教員が配置された。また、当時は高校や大学への進学率が著しく低かった同和地区の児童生徒の進学を奨励するため、同和地区の児童生徒だけが受けることができる奨学金や、給付金制度が自治体において整備された。

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

人権啓発 [編集]
人権啓発としての同和教育は学力保証としての同和教育より歴史が浅く、主に同和対策事業特別措置法が制定された昭和40年代から始まったものである。戦後、学力保証としての同和教育は成果をあげつつあったが、特に結婚や就職面での同和地区住民に対する差別的な取り扱いが度々みられたことから、教育の責任として同和地区に対する偏見を取り除くことが急務となった。そのために、同和地区住民に対する学力保証だけでなく、広く一般の人々を対象とした人権啓発がはじめられることとなった。

当初は、同和地区の児童生徒と、一般地区児童生徒の間にある感情的な軋轢を解消し、協力関係や友情を深めることを目的とされた。そのために児童生徒に、日本国憲法にある人権の概念の下に部落差別が不当なものであることを認識させること、いわれのない迷信にとらわれないために科学的な考え方を醸成すること、職業に対する差別をなくすために正しい職業観を持たせること、望ましい人間関係を醸成することが目的とされた。また、当時は教育基本法第8条を遵守するため、同和教育を政治運動の場としないように徹底された。児童生徒の間で、誰が同和地区住民かといったことを明らかにすることもタブーであった。

しかし、次第に運動団体が自治体や学校による同和教育の運営に干渉するようになり、同和教育は政治運動と無縁ではなくなった。1974年の八鹿高校事件は、日本共産党と部落解放同盟の対立が教育の場に持ち込まれ、ついには流血事件にまで発展した事例である。また、1980年の狭山同盟休校は、同和教育をとりまく状況を一変させた、決定的な出来事である。狭山事件裁判への抗議の一環として、部落解放同盟により1980年1月28日に同和地区の児童生徒は登校しないように呼びかけられた。これに対し、各地の自治体の教育委員会は困惑するか、あるいは激しく反発した。なぜなら、同盟休校は教育を政治運動の場とするだけでなく、同和地区の児童生徒だけが一斉に学校を休むことにより、誰が同和地区の児童生徒か明らかになってしまうためである。ちなみに、同様の問題が指摘されているものとしては、同和地区出身者の生徒・児童に事故の出自をカミングアウトをさせる「部落民宣言」がある。長野県の松本市など一部の地域では教育委員会の激しい反発により、同盟休校は実施されなかったが、部落解放同盟が組織されたほとんどの同和地区では、児童生徒は登校せず集会所等で行われた学習会に参加する等した。同盟休校が行われた地域では、政治的中立を保ち、同和地区の児童生徒を特定することをしないという当初の同和教育が成立しなくなり、部落解放同盟等の運動団体の要求を取り入れた、政治色の強い教育に取って代わられるようになった。

運動団体間の対立抗争は同和教育の方法論、進め方にも影響を与えた。現在では大まかに言って、「官製同和教育」、部落解放同盟につながる「解放教育」、日本共産党や全国人権連につながる「自主的民主的同和教育」に、分極化している。

同和教育を意味する、別の言葉を使用する地域もある。岡山県では「民主教育」、和歌山県では「責善教育」という名称を、戦後間もなくの時期から長く使用していた。

取り組みが盛んである大阪府では、「にんげん」という副読本が古くから作成され、部落差別を中心に在日朝鮮・韓国人差別・障害者差別・女性差別の不当性を教える教育が行われていた。ただし、公教育における「にんげん」の使用については、思想および人権の自由を否定し、特定団体の思想を教育の場に持ち込むものであるという批判がある。

1995年~2004年の「人権教育のための国連10年」や、2002年3月限りで、特別施策としての同和対策が政府レベルでは終了したのを境に同和教育から人権教育へと呼称が変化してきている。



前者の意味は普通に知られていない。
今や必要なくなったのかもしれないけど今こそ必要な気がする、全児童対象で。

後者、大阪パネぇッスwwwww
「にんげん」とか、いや人権意識が高いなぁ、道理で東京者がバカにされるわけだwww
他民族国家すぎるだろ大阪www
私は障害者で女性ですけど大阪には住みたくないです、こう見えても都政は悪くないのでww

しかし同和政策=人権政策とは大きく出たね。


>「官製同和教育」
>部落解放同盟につながる「解放教育」
>日本共産党や全国人権連につながる「自主的民主的同和教育」

>に、分極化

うんこ成分100%じゃないカレーがひとつしかないよこれ。


狭山事件、高校の全然倫社じゃない倫社の授業で何時間もかけて習ったけど、その授業は先生が一切私見を挟まずに話して板書したことを聞いて見て書き取るだけという妙な授業で、眠気を誘う口調に難があったものの面白かったです。
同和問題だとはひと言も言わずに犯人の逃走ルートとか死体を埋める時の穴の掘り方とかについて裁判所で資料見てきたのかってくらい細かく現場検証する授業で、いまだに先生が何を教えたかったのかサッパリわからない。
でも一部の生徒には「あの先生主観言わないところがいいよね」とウケていて、何が言いたいのかサッパリわからない割にインパクトある意味不明な授業するので生徒のウケはよかったNe!
ちなみに教え子と結婚したことも笑いのネタにされていた、非常に人気のあった先生。
そういえばテストはちゃんと授業を聞いてノートを取っていれば楽勝な穴埋め問題ばかりだったけど、逆に集中してなかったり聞いていなかったり寝ていたりしてノート取り損ねるとその分失点するという恐ろしいテストだった。
もしかして倫社であることに特に意味はなかったという先駆者的な先生だったのかもしれない。


さて今のところ複数の他のユーザーから苦情が出ないようなマズくない発言は…。
現在の政局で異例的に静香ちゃんに関しては特にたいした文句言ってないような気がする。
細かいこと言えばいろいろ言えるけど、今外国人参政権の防波堤になれる人って静香ちゃんしかいないし、連立与党の中で祖国日本を愛し、身を捧げる覚悟がある大臣って静香ちゃんしかいないでしょ。
少なくとも「俺がやる、俺が責任を持つ」という気概も静香ちゃんしか持ってないしさ(気概だけは買うよ、政治家には気概が大切だ、気概だけは誰もが持つべきだから)。
それにニュースになる静香ちゃんの発言の大半が「この発言だけは評価する」と評価されてるから結局現連立与党の閣僚の中で一番評価されてるのは静香ちゃんじゃないかなと思うんだ…。
きっと評価してる人も自分が評価したこと忘れるほどのマイナス要因がたくさん目についてしまうのでしょうが。
でも私は売国無能よりは愛国無能のほうがまだマシだと思うの、日本人だから。
しかし静香ちゃんにだけ鷹揚で寛大でも何の役に立つのかと言えば何も役に立たない。
オカラッシュと前園さんにも比較的同情的見解を述べているが、判官贔屓と受け取られそうな気もするし、能力に関しては一切評価せずに「くだらん脱税擁護や小沢擁護に走らず真面目に職務を遂行しようとしている」という単純だが希有な一点のみしか誉めてないし。
静香ちゃん、前園さん、オカラッシュ…評価してもまるで保身の意味で旨みがない面々っすね。


意外かもしれないけど実はそんなに主席の悪口は書いてない。
心から迷いなく憎悪できるほど主席の人格自体が許せないわけじゃないから。
犯罪者をすべて死刑にしなきゃ気が済まないタイプではないのです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-02-13 08:22 | 今日のニュース・雑考
<< 防衛相発狂www 日本オワタか... 複数の他のユーザーから苦情が出... >>