君が代商売美味しいらしい大阪
日の丸・君が代ホットライン:開設、11日には集会も/大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20100209ddlk27040380000c.html

卒業式や入学式の「日の丸・君が代」を巡り、「思想・良心の自由」が侵害されていると感じることなどについて相談を受け付ける「日の丸・君が代」強制反対ホットラインが8日、開設された。

FAX相談(06・4790・8863)を8日から4月15日まで開設。インターネットのホームページ(http://www7a.biglobe.ne.jp/~hotline‐osk/)やメール(hinokimiosk@yahoo.co.jp)では常時受け付けている。場合によっては、弁護士が相談にのる。

また、「日の丸・君が代」ホットライン2010大阪集会が11日午後1時時半から、大阪市北区天神橋6、市立住まい情報センター3階ホールで開催される。野田正彰・関西学院大学教授が「『君が代』処分で喪(うしな)ったもの~教師は二度、教師になる」のテーマで、ホットライン大阪事務局の黒田伊彦さんが「神功皇后伝説と韓国併合・大逆事件100年」のテーマで講演する。

府や大阪市での「日の丸」常時掲揚についてなど各地からの報告もある。会場費1000円。主催は同ホットライン(090・6918・1172)。



国歌斉唱を「思想・良心の自由」で拒否したら怒られた…のは当たり前ではないかしら。
国旗掲揚・国歌斉唱は教育カリキュラムの一環であって、それ自体に思想性や宗教性はない。
厳密にはあるはずなんだけど、GHQが主導した戦後民主主義教育の中でそういった概念が一切かき消されたため、大半の人は節目節目の儀礼的な作法として受け入れている。
私も厨房の頃は「君が代って暗いし全然気分高揚しないよねwww」なんて言ってたし、いまだに気分は高揚しないですからね(あれは精神統一向けのメロディじゃないかなぁ、長さ的にも)。
強いて言えばオリンピックで日本代表選手が優勝した時に表彰式で流れる君が代はなんだか誇らしく感じる、程度の感覚だったです、工房くらいもそんな感じ。
学校で国歌斉唱するべき時にしない、ということは、授業中に先生の話を聞かないでお喋りするとか宿題を忘れるとか割り振られた掃除をさぼるとか授業をエスケープするとか、要するに指導要綱に従わず自分の好き勝手に振る舞う行為と同列なのだから、そりゃ怒られて当然、「自由」とかいう問題ではない。
どちらかというと成人式で暴れる珍走の言い分に近い。
音楽の教科書に乗っている歌が嫌いだから歌わないし聞かない、歌わせようとしたり聞かせようとした音楽教師を「思想や良心の自由を奪うな!憲法違反だ!」と訴えるくらいアホな話なんですが、このアホな話を真面目に受け止めてしまう国民が結構いるのだろうなぁというあたり(弁護士待機とかどんなギャグですか)、教育は大事だと思ったりします。

ちなみに「情報強者」の集まり、2ちゃんねるでも教師に怒られたり殴られたりした経験をみんなで語り合って「理不尽だ、だから教師はダメなんだ」と気勢を上げている人たちがいますが、キミらはみんな親父にも殴られたことがないのか。
社会性が身についてない未熟な子供相手に言葉だけで話が通じるなら先生は苦労しない。
よほどの体罰教師でもない限り、生徒を指導している時に間違って怒るべきではない相手を怒っちゃったりその際に手が出ちゃうことはあるだろう。
いくら生徒に対して親身で仕事熱心な先生でも全員からじっくり話を聞き取って間違いなく適切な判断のもとに指導することなんか不可能だと思うんだよね。
ましてや廊下を走るなとかそのレベルだと瞬時に一人頭一発食らわせるほうが早いよな。
そんな日常茶飯事に個々の生徒から事情を聞いてる暇はないし、動物の躾と同じで早さ勝負だから、巻き添え食らった生徒はツイてなかったと諦めるしかない。
そして巻き添え食らうような紛らわしいところから離れることを学習する(李下)。
大人になればそういう考え方で納得できると思うんですが、いまだに鮮やかな記憶として恨み事を言い続けている人がいることも、教師が生徒に何も指導できなくなっちゃった遠因と言えるかもしれんですね。
個性尊重とかゆとりとか言い出さなければまだ少しはまともな状態を保てたかもしれないけど、教師という職業に誇りを持っていた教育熱心な先生から指導に関する権限を奪った結果、指導要綱なんか無視して「自由だ自由だァァ---------!!!!」と好き勝手暴走しまくる教師と生徒だらけになっちゃった、という見方もできるね。
今どき「親からの鉄拳制裁は当然あったよ」と言うと「可哀想に」と本気で同情されたりする。
ホントに親父にも殴られたことない奴がいっぱいいるのかなぁ、そんなのアムロだけでいいよ。


追記1:誤解されていちゃもんつけられても困るので。
私は暴力教師や変態教師に言及しているわけではないし、クラスのイジメに加担して葬式ごっこに参加しちゃうような人として非常識な教師や、「軍隊の仕事は国民を殺すことです」と生徒に教えるような、そもそも本人の教育的素養がありえないくらい低レベルな教師については言及していません。
体罰をよしとしているわけじゃないので体罰反対派からの言いがかりは無視します。

追記2:もしかして、日常茶飯事レベルの教師の理不尽に怒りを燃やしてる人って、世の中に理不尽なことはない、あってはならない、一切の理不尽を許さない、というタイプなんでしょうか…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-02-10 00:44 | 今日のニュース・雑考
<< MEMO:書評広告+ 「私なら厚労省に問い合わせでき... >>