「私なら厚労省に問い合わせできます!」
言ってみるものだった。
政治関係の電凸はやるだけ徒労と思ってたんだけど、さすがに区議レベルだと有権者の票が政治生命どころか人生の生き死にを左右するから重みが違うということかなー。
親父のネームバリューだけで新潟中から死に票が腐るほど集まる真紀子みたいなお大尽さまとの格差が泣けます。
必死になっても意味ないレベルの議員なのに必死にならざるを得ないあたり、職だけを生命線に泥船と化した会社が溶解しないように腰まで海水に浸かりながら泥まみれで船を担いで歩く庶民と変わらない感じですね。

タイトルを豪語した区議は民主党の人。
実際に会話したこともあるからそれなりにアテはあったんだけど、名前が思い出せないので板橋区議会の民主党会派の偉い人のところに電話して「****駅に出没する民主党の区議に聞きたいことがあるので名前がわかれば教えて欲しい」と聞いてみた。
しかし対応されたのは奥さまで、ご主人はお仕事で不在とのこと。
「主人に連絡してすぐに折り返しご連絡差し上げます」と言われたので「ま、やっぱ無理だね。民主党だし、偉い人はいちいちこんな話を聞かない」と思っていたら、1時間も経たないうちに探していた区議本人から電話がきて驚いた。
覚えていたとかじゃなく、やっぱり出没場所が決まっているらしい。
いちおう本人確認のために会話した場所と時期(※ここが肝心だった)を伝えた上で簡単な質問してみたけど、すぐに本人特定できた。
「昨年の9月初めに****駅前でお話しした記憶していますが」(前置き)
「あなたは子供手当に反対と言っていましたか?」
「高速道路原則無料化に反対と言っていましたか?」
「外国人参政権に反対と言っていましたか?」
「鳩山代表(当時)の故人献金問題の追求が必要だと言っていましたか?」
迷いない回答で特定した(つもり)。
当時は区議(候補)と言えども「鳩山代表の故人献金問題」と口にしただけで文字通り逃げる奴ばっかだったので、今反小沢してる民主党のクソ議員どもを見る目と違って「だったらなんで民主で出馬したんだ?」と率直に不思議だったので記憶に残っていた。
あと「そんなんだから区議レベルなんだ、(民主党で)こんな奴が偉くなれるわけがない。大体区議レベルがそんなこと言ったってなーんも意味ねぇし」と思ったことも率直に書いておく。
実際なんも意味がなかったことは現状を見れば明らかだが、長妻の言い出したことだったら自民の奴に聞いても意味ワカンネって話だし、まー民主党所属で民主党マンセー議員じゃないなら多少は歪曲の少ない情報が得られるかもなーと思っただけです。
ホントに区議レベルで厚労省に問い合わせてまともな回答得られるんでしょうかね。
ご本人曰く、「今日の朝日新聞はまだ見ていないので知らないが、そうした質問を頂けたら調べて必ず折り返し連絡する」とのこと。
新聞を何紙取っているのか、どれを最初に読むのか気になったけど、どうでもいい話。

厚労省がヒラの区議にきちんと対応するとはとても思えないけど…。
それより「私なら」って、つまり厚労省は単なる一庶民に過ぎない有権者の質問にはまともに答えないと言っちゃってるような気がしてならないんですが…。
実際忙しいだろうけどさ、働いてるのは政治家じゃなく官僚だし官僚は国民の代表じゃないし。
しかし実際に働いているのは官僚、だったらお飾りの政治家は有権者の声を聞くことに専念すべきでは?とも思った。

※「聞いてるフリ」も政治家にとって重要なスキルのひとつ、それは誠実か不誠実かという道徳的な問題よりむしろ国民が国家を信頼できるかどうか、つまり安心して国家の規範に従って生活を営んで行けるかどうかという社会的・治安的な問題(国民が国家を信頼できない歴史の積み重ねの結果としては中国が好例)

実務はぜーんぶ官僚丸投げで自分らはただでさえ死ぬほど忙しい官僚の仕事をいたずらに増やすような妄言を放言するだけというお気楽な身分。
日本の政治家には支持者であろうとなかろうと1億2千万の日本国民の生活と財産と生命を守るという重大な使命と責任があるということも知らん奴らだし、実務やんないならせめて有権者の声くらい聞かないとホントに道端の犬のうんこみたいな公害的迷惑物でしかないでしょう。
陳情の数が多すぎると言われても、陳情に目を通してないことは自身の発言が証明してるし。
区議と言えども民主党議員なんかにくれてやる票は持ち合わせていないが、少なくとも今日電話した民主党会派の偉い人と某区議(民潭や創価の嫌がらせを受けて荒川河川敷で発見されたら困るので伏せとく)のほうが1時間足らずで本当に有権者かどうかも確認できない怪しげな電話の主の要望にちゃんと応えて連絡とって話聞いてくれて杓子定規じゃない回答くれただけ働き者でしょう。
働き者でも無能じゃダメだ、と言われますが、そもそも働いてない奴大杉です今の与党。

有能でしかも禿げ上がるほど苛烈に働いた総理大臣を引きずりおろして「国というものがよくわからない」と公言する意味すらよくわからない空気頭の犯罪者を後釜に据えるとか、衆院選の結果を見て\(^o^)/と思った私の頭は思ったより妄想脳ではなかったように思うの。

しかしマックで新聞積み上げてスクラップ作りつつニュースサイトの印刷記事見ながらそういう電話してる人ってあやしげだよね…。
日本だと「有権者」という言葉を使っただけで市民団体か右翼団体崩れにしか見えないあたり、お上のやることに素人は口を出さないもの、という日本の伝統文化をひしひしと体感できます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-02-08 00:50 | 今日のニュース・雑考
<< 君が代商売美味しいらしい大阪 喫煙者の旅行終了 >>