じ…地震…!
びっくりした。
近畿地方が震源地に近いようだという速報でしたがこちらもかなり揺れました。
「地震?」と思うと即座に一番大きなテーブルの下にもぐるの、癖ですね。
何しろ小さい頃から「いつか必ず来る」という関東大震災のために、(主に)学校関係で幾度となく避難訓練を受けさせられてきましたからね~(遠い目)。
起震車の巡回もあって、乗った事があります。
子供だから面白がっているんですけれど…震度7なんて尋常じゃない揺れでした。
やはり天災には出来るだけ遭遇したくない。
最近では人災も通り魔的に恐ろしいけれどね…。
地下鉄サリン事件の時などは事件当日の夕刻に「地下鉄はサリンでおおごとね」と言われても何が起きたのか意味が通じずに(当時はいきなりサリンと言われてもピンと来なかった)適当に「そうですね~」と相槌を打っていたら(今考えると暢気と言うかヒドイ対応…)、夜のニュースで事件の概要を知って蒼白になりました。
白い粉の郵便物とかイロイロその後ありまして、どこも安全じゃない事を実感した東京人。
自分の身は自分で守るのが都会の常識でありました。
玄関のドアを開けるか開けないか、そこが運命の分かれ道になったりして…。
でも私は田舎のほうが怖いですけれどね。
人(通行人)が誰もいない道のほうが怖い。
不夜城は、危ない入り口を避ける知恵があれば案外怖くないものです。
それも人それぞれの価値観によるのでしょうけれど。
人災は、知恵と経験で回避できる部分が結構ありますが…
そうは行かない天災はやはり無条件に怖いかな。
地球は人の意のままに操れませんから。
こういう時に天を拝むのね。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-09-05 19:57 | 今日のニュース・雑考
<< ひ~また地震…!(大汗) 扶桑社の教科書 >>