シケモク拾い始めた理由
どっち方面の解釈にせよ勘違いされると甚だ不快なので書いておきます。

「喫煙者のマナー向上のなんちゃら」という啓蒙的な目的ではまったくない。
喫煙者に対して「私を見習え」と主張する気もまったくない。
「喫煙者でもまともな人がいる」という解釈は大間違い、そんなアピールする気もまったくない。
「街の美化」という観点は無視しているので社会的に意味のある行為ではまったくない。
どんな理由にせよ社会的に意味ある行為!なんて痛々しい勘違い今さらするかクズの分際で。

きっかけとしては「見苦しい」「みっともない」という個人的な主観に基き始めただけ。
「見苦しい」も「みっともない」も喫煙者に対してではなく道に落ちている吸い殻に対しての感情。
街中の吸い殻なんか拾えるはずねーだろと思うから自分の目につく範囲内でしかやらない。
義務感も責任感もまったくないので時間がない時は途中でやめてとっとと家に帰る。
「なんかやることあったほうが生活にハリが出るかもなー」という所得税も払ってないクズ病人が自分の生活の張り合いのために始めただけで、真っ当な社会人ならそんなことやる必要もないし、大体そんなことやる時間がないのが真っ当な社会人である。
要はクズの自己満足に過ぎないので批判にせよ別の感情にせよ勘違いするなと申し上げたい。

ウンコ臭くてヤニで脳が腐った喫煙者が社会人失格であることは大阪市長の言うとおり。
ついに市長レベルで喫煙者はダメ人間と言われたら逆に感動したなぁ、匿名じゃないし。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-01-30 01:56 | 今日のニュース・雑考
<< 今、台湾がアツい! シケモク拾い >>