ベルサイユのばら(+ちょっとだけ七つの黄金郷)
多分誰もが知ってる作品だと思うが内容よく覚えてない人が大多数のような気がする。
記憶の彼方で全巻読んだ覚えはあるんだけど、私も改めて読んだら面白すぎるぞこの漫画。
池田理代子の華麗なる活躍とか宝塚とか知ったこっちゃない話だが、理代子天才鬼才!
これだけ面白い漫画で国民的大ヒットを飛ばしただけでも理代子は天命を果たしたと言えよう。
いや、ご本人的にはもっとやりたいことはあると思うけど、私は十分理代子に感謝しよう。

理代子なんて呼ぶと和代と同レベルみたいな気もするけど理代子はもう偉人だから全然違うの。

アニメ関係の大御所とか偉人とか知らんけど、ハヤオよりも理代子は偉大な気がする。
フランス革命と聞けば「ベルばら」を思い起こさない日本人のほうが(主観として)希有なのに、ハプスブルク王朝に興味がある人なんてオタクの一種でしかも興味の方向性は主に芸術分野。
当時全然付き合いもなく互いに認識すらしていなかった他国の革命(政治)と王朝についてここまで具体像が思い描ける国民のほうが珍しいと思うのですよね、私的には。


しかしワロスなり!自分の記憶の不確かさに。

オスカルの父ちゃんオスカルよりもずっとカッコいいじゃん!惚れるぞナイスガイ!
アンドレいつから二枚目キャラになったんだよと思ってたけど最初から二枚目キャラだった。
フェルゼン吹いた。初登場18歳でどんだけ老けてんだよ40歳の貫録あるぞ眉毛濃杉www
ルイ15世は大人げない人だと思ってたけど十分分別があって全然大人げなくなかった。
デュ・バリー伯夫人の件でアントワネット酷杉!と思っていたけど実際は非道の極みだった。
いちいちいいこと言い過ぎなマリア・テレジア、誰が上手いこと言えと並みに名言連発。
オスカルの名前を間違えてた件、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジュだと思い込んでいた。

幼い頃、そして今に至っても「贅の限りを尽くして民衆を苦しめた女王だからアントワネットは悪い奴!」と思っていたわけでは全然ないんだけど、「人格的にというか個人の性格としてアレすぎるよなぁ」とずっと思い込んできた。
しかし今読んでみると記憶以上に酷杉で爆笑するくらいのキャラだよアントワネット。
道理で私は否定されても否定されても頑なに「ベルばらの主人公はオスカルじゃなくてアントワネット!ベルばらはフランスの女王・アントワネットの物語!」と主張し続けてきたわけだなぁ。

うろ覚えの怖さを思い知った最大の点は…
アントワネットが贅の限りを尽くしたからフランス国民は重税と困窮に喘ぎ、ついには革命を起こして王家を討ち滅ぼした…わけではなく、すでにフランス国民は臨界点を突破した貧困の中にあり、疲弊しきっていた点。
たまたま討ち滅ぼされた王朝の最後の女王だったからアントワネットが王侯貴族の姿・贅沢と悪徳の象徴にされてるけど、敗軍の将と同じようなもんである意味運が悪かった人。
それ自体は普通に真面目に世界史習えば十分わかる範疇なんだけど、そんな中でルイ15世が倒れてルイ16世が即位、王位継承、そして女王マリー・アントワネットが、つまり新しい国王がフランス国民から歓喜の声で迎えられ、国民の希望として祝福された理由が、「これできっと生活がよくなるに違いない!」「新しい王様は私たちの暮らしを変えてくれる!」
とりあえずフィクションについて語っているわけだが、理代子どれだけ先見の明があった…!
理代子、恐ろしい子…!
とりあえず国家(国政)の重圧を背負って恐怖のあまり立ち眩みを起こすほどまともな神経を持った登場人物が若干19歳のルイ16世しかいなかった点は笑っていいのかいけないのか…。

マリア・テレジアが治めていた時代のオーストリアの庶民の生活ぶりは作中で描かれていない。
しかしブルボン王朝がこの体たらくじゃ別に同盟結ぶ必要もなかったのでは…あ、ブルボン王朝崩壊の刺客としてアントワネット送ったのか。


蛇足ながら、オスカルってやっぱり女じゃないよね。
オスカルに全然萌えなかった理由は多分、オスカルは「男装の麗人」じゃなくて、今で言う性同一性障害に似た感じの(性同一性障害についてよく知らないので使っていい言葉なのかどうか迷いましたが他に思い当たらなかったのですみません)、「たまたま女の身体で生まれちゃった」男性にしか見えないからだと思う。
フェルゼンと踊るためにドレス着た時も、アンドレとセクロスしてても全然女に見えない。
絵柄がどうとかの問題じゃなく…とにかく私の目にはフォモにしか見えない(目が悪いからか)。
やっぱり男装・女装の色気や醍醐味を心行くまで楽しみたいのなら山本鈴美香の「七つの黄金郷(エルドラド)」だと思うんだよね。
登場人物のカコバナ連発にゲンナリするけど美系だらけで性倒錯していないほうが異常に見える(主人公2人の親父が倒錯パワーナンバーワンだし)極彩色カレイドスコープ世界なんで惹き込まれると中毒症状がパネェっす。

ベルばらの巻末に「おにいさまへ」の広告入っているのが一番破壊力アルヨー。


<追記>

「トクボウ朝倉草平」、亀山総理というネーミングには何か大切なものが欠けている…っ!
小亀山総理くらいごっちゃのほうが安心できるッス!
あと国交相のナントカさんは真面目な人なのに(真面目以外の取り得は知らんが)カワイソスよ…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-01-27 23:55 | 読書・漫画・TV
<< シケモク拾い 朝日VS読売 ヒュンダイVS夕... >>