自民党では不祥事がなくても足を引っ張られた人がいた
「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100118-OYT1T00152.htm
激震民主

小沢一郎・民主党幹事長の3人の側近が逮捕されたことに絡み、麻生太郎・前首相は17日、「党内から(幹事長職を)辞めろという声が全く出ないのは不思議だ。明らかに、開かれた国民政党とは言い難い」と民主党を批判した

福岡市内で開かれた自民党県連役員会のあいさつで語った。自らの首相在任中に「麻生降ろし」で自民党内の足並みが乱れたことを踏まえ、「自民党では不祥事がなくても足を引っ張られた人がいた」と笑いを誘い、「民主党の方々からは今回批判が出ない。党の体質が問題なのだと思う」と述べた。

一方、古賀誠・元幹事長は役員会後、記者団の取材に応じ、「我々は冷静に推移を見ながら、さらなる説明を期待する。もし、それが足らざるということであれば、しっかりただしていく」と語った。
(2010年1月18日08時59分 読売新聞)


いちいち茶々入れるのもナンだけど、「麻生降ろし」の意趣返しだけとは思えない。

1976年のロッキード事件では、特捜部は当時の政権政党・自民党の最大派閥のボスだった田中角栄元首相を収賄容疑で逮捕した。80年代に入ると、リクルート事件に対する捜査で当時の竹下政権を崩壊させ、90年代には、今の小沢氏のような立場にあった金丸元自民党幹事長を、東京佐川急便事件をきっかけに失脚させた。
朝鮮日報の社説より抜粋)


上記の例は当然のこと、不当捜査だ不当逮捕だ今さら言う人は…基本的にいるまい。
しかしマスコミによる自民党議員へのバッシングはねぇ…「失言」で失脚した人がたくさんいるけど鳩山ほどの失言メーカーが失脚しないあたり、明らかに自民党に対する怨恨だよね。

a0027061_14483049.jpg
a0027061_14491621.jpg

78 名無しさん@十周年 2010/01/18(月) 10:13:56 ID:sQWljiTc0
自民党信者よ、これだけは覚えておけ。
脱税や景気悪化や反米や媚中や小沢や天皇の政治利用で
民主の評価が下がっただけで、自民の評価が上がったわけじゃない。

・漢字の読み間違い
・カップラーメン
・ホッケの煮付け
・ボールペンのキャップ
・バー通い
・酒
・絆創膏
・給付金を貰うか貰わないかの迷走
・母親の命日に墓参りをして人気取り
・娘の誕生日にステーキをご馳走する
・口が曲がっている
・世襲議員

どれひとつとして、我ら国民は決して麻生政権を忘れていない。
国民は、絶対に麻生を許さない。


余談ながらこのコピペ、随分洗練されてきたね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-01-18 14:51 | 今日のニュース・雑考
<< 「小沢さんの潔白信じる!検察と... 日本の裏社会を構成しているのは... >>