日本の裏社会を構成しているのはヤクザと同和、在日
「日本の裏社会は…」阿久根市長また問題ブログ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100115-OYT1T01037.htm

ブログを使った書き込みで物議を醸している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が15日付のブログに、「日本の裏社会を構成しているのはヤクザと同和、在日」などと書いた。

インターネットの別サイトに投稿された他人の発言や文章を引用したものが大半と見られる。

ブログは二つのタイトルで記述している。「この国の真実」のタイトルでは、別の動画サイトの発言を視聴できるようリンクを張った上で、「日本の裏社会を構成している主な要素はヤクザと同和そして在日である」、「日本の経済、外交、政治は同和と在日に乗っ取られているのかもしれない」などとしている。

「右翼らしき街宣活動」のタイトルでは、「右翼団体の構成員は『朝鮮半島出身者』が占めている」などと、別サイトから引用した一文や右翼団体名などを記載している。

竹原市長は昨年11月、ブログに障害者の出生を否定するような内容を書き込み、同市役所に抗議が相次いでいる。

(2010年1月15日18時52分 読売新聞)



政治家でなければ面白い人だよね(コシミズよりずっと面白いと思う)。
ここで話題になってる記事にしても高度医療の件(障害者の件じゃない件)にしても、時々本当のこと言って批難の集中砲火浴びてるのが外野席から見ると面白い。
慎太郎もたまに本当のこと言って「問題発言」になってるけどギリギリ政治能力はある(いや都民としては「あれで意外に有能なんだよ」と言いたいけど)。
しかしこの人が市長を務めてる阿久根市ってどういうとこなのかなー。
阿久根市の人が「ああ見えても市政はまともだよ」と言ったら全力でゴメンナサイします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-01-18 03:47 | 今日のニュース・雑考
<< 自民党では不祥事がなくても足を... 朝鮮日報、世界日報は検察支持 >>