「日本人とは何か?」「おまえクビ」
フランス:「フランス人とは何か」サルコジ政権が問い
ゆがむ論議、広がる反発

<世の中ナビ ワイド NEWS NAVIGATOR 国際>
http://mainichi.jp/select/world/news/20100111ddm012030061000c.html

◇「崇高な運動」か「移民・イスラム排斥」か
「フランス人とは何か」そんな根源的な国民論議がフランスで続いている。国民の10人に1人が移民(不法移民も含む)であるという現実を前に、保守派のサルコジ政権が「フランス人を定義し、国民の誇りを再確認しよう」と呼び掛けた。フランス語を話す、国歌を歌える、伝統的な政教分離主義を守る、などさまざまな意見が出る一方で「こうした論議自体、移民やイスラム教徒の排斥につながる」との反発も強くなっている。【パリ福原直樹】

◇国歌斉唱は義務?
政府が昨年10月、国民に求めた論議のテーマは「仏国民とは何か」「フランスや仏国民のアイデンティティー(価値観など)を移民がどう共有するか」の2点。移民省は全国約450カ所で討論集会を開く一方、インターネットの公設サイトでも意見を求めている。2月にも政府報告を行う予定だ。

サイトには既に5万人が意見を寄せた。それによると仏国民の定義として、▽フランスを愛し国是の自由・平等・博愛の精神を信奉する▽(政教分離などを記載した)憲法を順守する▽キリスト教の伝統を受け入れる……などが出された。

政府はその一方で、「若者に年1回、国歌の斉唱を義務付ける」「仏語や共和国の精神を学ぶ機会を設ける」などの政策を提案した。移民らがフランスの価値観を理解する一助にしたいという。

◇保守派からも批判
だが、論議開始以降「反移民感情をあおるだけだ」との批判が、野党第1党・社会党や知識人、移民の間に広がった。フランスの移民は「外国で生まれた外国人で市民権取得などを目指して永続的にフランスに居住する者」との定義があり、仏国籍を取得した者も含まれる

人口約6100万のフランスには、不法移民を除くこうした移民が約500万人居住し、イスラム教徒も約600万人(移民との重複あり)いて、同化政策は仏社会で大きな問題となってきた

こうしたことから論議のテーマの設定自体が「移民やイスラム教徒にフランスの価値観を押し付けるものだ」との批判を呼んだ。社会党のオブリ第1書記は「(移民排斥の論議につなげることで)政府は移民に(失業などの)社会問題の責任を押し付けようとしている」と指摘した。

保守派からも批判が出た。ジュペ元首相は「論議は国内の対立、特にイスラム教徒への反感をあおった」と発言。ドビルパン前首相も「こんな重大なテーマを経済危機で団結すべき時に持ち出すべきではない」と異を唱えた。

一方、全仏組織の「イスラム教徒会議」幹部は「論議は(イスラム批判という)本末転倒の方向に向かう」と懸念を表明。「サルコジ大統領は3月の地方選を前に(ナショナリズムをあおり)移民排斥を求める極右票の取り込みを狙った」(野党・緑の党など)との指摘もあり、世論調査でも72%が「地方選を念頭にした論議」と見なした。

◇相次ぐ問題発言
これらの懸念は当を得ていたとも言えそうだ。国民論議の集会で、政府の家族問題担当長官は「フランスの若いイスラム教徒に望むのは職を見つけ、俗語を使わず、帽子を逆向きにかぶらないことだ」と発言した。「イスラム教との共存の可能性」を問う質問への回答だったが、これは「イスラム教徒への中傷であり、国民論議はイスラム(排除)が目的だ」(社会党など)と厳しい批判を招いた。

また仏東北部での集会では、与党「国民運動連合」の地方幹部が「(移民は)何もせず金だけもらっている」「国民論議は必要であり(移民に)反撃する時だ」と述べた。一方、与党幹部は「仏国内のモスク(イスラム礼拝所)と、キリスト教聖堂の数が等しくなれば、この国はもうフランスではなくなる」と語ったと報じられた。

「フランスのアイデンティティー確立」は、07年大統領選でのサルコジ大統領の公約で、大統領は国民論議を「フランスとは何かを知る崇高な運動」と強調している。だが当初、論議を支持した中立系のルモンド紙は、最近の社説で「論議は悪い方向に向かっている」と主張。社会党同様、論議の中止を求める立場に転換している。



フランスの実情を知らないのでなんとも。
フランス人は国粋主義者が多い(と言われてる)し、もともと白人国家だから有色人種に対する差別は、日本で在日が「キャベツニダ!」と騒ぐどころじゃないマジモンの人種差別があるんだろうなあと想像してしまう。
白い人の人種差別は治らない人種病だと思ってるからそのへんは結構もうどうでもいい。
でもこのまま在日参政権が成立したら間違いなく日本の未来に姿に被るな。
この記事を見る限り、フランス国籍を持つ移民が参政権を手に入れているという記述はないし、もしフランス国籍の取得とともに、移民が参政権を手に入れていたとすれば、毎日新聞がそこをアピールしないわけがないと断言する。
私も「日本人とは何か?」と問われたら考えてしまうが、法的な定義を抜きにすれば「日本を祖国として、祖国への敬愛を欠かさず、祖国の繁栄を願い生きる者」みたいな答えになるかな。
だから日本に在ろうとも、反日デフォの民族教育を受けた連中は日本人と認めないし、日本国籍を有する日本人でありながら奴らに参政権を与えんとする民主党・社民党・公明党・共産党は日本人と認めない、とも言える。
これはメンタリティの話だから法的な定義とは全然違うんだけど。

国民に阿呆の烙印を押された前総理が幹事長時代だったか外相時代だったかに核武装論が国会で話題になった際、「核武装論やるべきっしょ」と発言したら、核武装賛成派認定された揚句、野党から罷免要求されたような覚えが。
「核武装したほうがいいのかしないほうがいいのかの議論は必要だよね」と当たり前のこと言っただけで罷免要求される日本だから、フランスよりひどいことになりそうな予感バリバリ財布。
少なくとも民主政権だと「日本人とは何か?」と言っただけで右翼認定間違いなす。
週刊文春によると元日に小沢邸に集まって「売国議員は出て行けー!」と叫んでた約40人の集団、右翼団体なんだそうな。
本物の右翼団体なら目の前に小沢がいるのにタマ取りに行かないなんてありえないだろ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-01-12 15:56 | 今日のニュース・雑考
<< 十五億追加で入りましたー 朝日新聞、スクープだけは見事なり >>