朝日新聞、スクープだけは見事なり
永住外国人に地方選挙権を付与する法案、政府が提出へ
2010年1月12日2時0分
http://www.asahi.com/politics/update/0111/TKY201001110182.html?ref=any

鳩山政権は11日、政府・民主党首脳会議を開き、永住外国人に地方選挙権を付与する法案を、政府が18日召集の通常国会に提出することで合意した。また、政治主導を強化するため副大臣・政務官を15人増員する法案の成立を図ることも確認した。

会議には鳩山由紀夫首相、民主党の小沢一郎幹事長らが出席した。

地方選挙権の法案については、昨年11月の同会議で小沢氏に取り扱いが一任された。小沢氏は12月の韓国での講演で、議員立法ではなく政府提出の法案とすべきだとの考えを表明。小沢氏は11日の会議でも「日韓関係を考えると政府がやるべきだ」と述べ、政府側が受け入れた。すでに平野博文官房長官が、原口一博総務相に法案の準備を指示している。

法案が提出されれば、かねて選挙権付与を求めてきた公明、共産両党は賛成する見通しだ。ただ、与党では社民党は賛成の方向だが、民主党内に根強い慎重論があるうえ国民新党が反対しており、法案提出をめぐっては連立与党内で議論になる可能性も残っている。

民主党が昨年、議員立法で準備していた段階では、投票に参加する選挙権を与える対象は「我が国と外交関係のある国の国籍を有する者や、これに準ずる地域を出身地とするものに限定する」としていたこのため政府の法案でも、朝鮮半島出身者やその子孫で、韓国籍でない人は適用外になる可能性が高い。ただ、地方参政権のうち、首長や議員に立候補する被選挙権は見送られる見通しだ。

一方、会議では、政治主導強化に向けて副大臣・政務官の増員のほか、首相補佐官の上限を現在の5人から10人に増やす方針も確認した。増員する5人は、民間人の起用を念頭に置いているという。

現行法では政府に入れる議員は最大74人。民主党は100人に増やすとしていたが、衆院初当選組は政府に登用しないとの方針から、副大臣・政務官の15人増にとどめる。



朝日新聞の本日の朝刊の第一面のトップ記事。
新sあらたにすで朝日、日経、読売の紙面が読み比べられます。
日経は高齢者医療、65歳以上は国保に加入 厚労省が新制度素案、読売は日航融資枠8000億円へ、上場廃止の方向
こういうスッパ抜きの早さとセンスだけは朝日新聞に軍配が上がる、さすが珊瑚の新聞。
しかも朝日が朝刊一面トップの左側(この配置には意味があるらしい)で在日華人という不愉快なコラムを連載しているのだが(なぜ不愉快かといえば、朝日の記者が中国レポートするんだから不愉快に感じる層は少なからずいる)、そのコラムも今日の朝刊では「振り込め 中国発」という副題で、写真には「中国の振り込め詐欺組織に使われていた日本人の男」と過激なキャプション入り。
日本人男性が「残してきた同胞」と語ったり、珍妙な物言いは多いがこれではまるで中国人が日本人を食い物にして、日本で大規模な犯罪行為を行っているようではないか!

ま、朝日どーしちゃったの?が素直な感想。
中国さまが在日参政権の今季実現を望んでいないのかもな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-01-12 14:31 | 今日のニュース・雑考
<< 「日本人とは何か?」「おまえクビ」 OD石川のデトックスに協力する... >>