チャンスの女神は中国人だったが前髪がないのでどうしよう
今日、本当に珍しいことにたまたま知り合いの中国人から電話があった。
富裕層ではないが知識層の彼は定年退職後にカナダに移住、息子二人は北京の大学に入れたものの、一人は卒業後に米国の証券会社に就職(のちにカナダの会社に移ってやっぱカナダ移住)、一人は北京の日系企業に就職、と要するに中国社会に染まらないようにしている。
息子二人の結婚相手は中国人女性だったが、彼は天安門事件で中国政府に嫌気がさしちゃったみたい。
孫が何人もいるお爺ちゃんが知り合いというのもおかしな話だけど、初めて会った時にうんと子供だった私を妙に可愛がってくれている(しかも現在に至るまで)人なので、多少抵抗があるものの知り合いと友人の真ん中くらいの人、としておく。
今日の電話は「今、成田空港にいます」という連絡。
両親に話したら、両親も忘れていたが、両親宛のメールで旅行の予定を前もって伝えていたのだそうだ。
トロント~北京?~成田経由で奥さまと一緒にハワイ旅行に行くのだとか。
「お会いしたかったのに残念です~」と言ったら、また22日に成田に戻るそうで、そん時会えたらいいですねということ。
久しぶりだから是非お会いしたいと伝えて旅行楽しんできてくださいとそれで電話は終わった。
ちょうエリート階級だった人はやっぱ違うぜ!中国人でも年金と貯金で悠々自適な生活できる人もいるんだぜ!そういう頭のいい人はやっぱ中国から逃げるんだぜ!の見本みたいな人だが、彼と彼の息子たちの人脈には期待できる。
在日米軍基地、米国大使館、日本外国特派員協会にも門前払いされて毎日首を吊りたい気持ちで過ごしているが、やっぱ諦めるわけには行かない。
活路が見つかるまで死ぬもんか。
というわけでICレコーダー欲しいんだけど高いのかな?どこに売ってるんだろう。
外務省に抗議メール送ってもガン無視だから、無職の暇人(でも有権者)が電凸します。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-12-14 22:00 | 今日のニュース・雑考
<< 決めないことを決めた 民主党に1000円贈ろう >>