基本的人権の侵害と違法行為は無理でした
首吊りや飛び降りですら迷惑な死に方と言われる昨今、自殺志願者は困ってしまいますね。
「見たらグロイから」と言われても、死体が割ときれいなガス自殺は引火・爆発の危険性もあるので近所に実害が出る可能性が高いんですよね…。
今は「役に立たない奴はさっさと死ね」という風潮なのに、「どんな方法でも自殺は迷惑」と主張する人もいて、さらに「自殺施設を作るなんて勿体ない」という人もいて、「死んでほしいの?どっちなの?」と世間さまを問い詰めたくなります。
「どうせ死ぬなら永田町でやれ」という人もいますが、永田町じゃなく国会議事堂前のほうがいろいろと波及効果があってお得だと思うんですけど…。
そして、守衛に名刺を見せて民主党本部に侵入し、誰に見咎められることもなく8階の代表室(鳩山総理のお部屋)まで辿りつき、背中に隠し持っていた竹刀でパソコンを叩き壊して逮捕された推定右翼男がいますが、議員会館と外務省に入館したことがある私から見れば、そんな警備の手薄さはありえない話なので、この右翼男の真似事は不可能と判断します。

ちなみに議員会館にはロビーがありまして、アポがあっても議員さん、もしくは秘書さんに訪問をお知らせして、入館許可が下りるまでロビーで待たされます。
これは身分関係ないようで、立派な背広姿の方々がいっぱいロビーで談笑していました。
私は秘書さん経由で入館許可が下りましたが、入館するために簡単な身分証を書かされます。
住所・氏名・電話番号・生年月日、あとどこの部屋で誰と面会するために来たのか、とりあえず自分はそれくらいしか書くところがなかったと記憶していますが、この身分証を提出すると同時に日本国内で身分証明書として通用するもの(私の場合は運転免許証がないので健康保険証)を見せて、確認が取れた後でやっとロビーから議員会館の、議員さんたちの部屋が並ぶフロアへ入ることができます。
簡単な荷物検査もありました(荷物を持って行ったので)。
あの建物の作りから見て、プロのテロリストでもない限り強行突破はできないでしょう。
で、防犯上の理由かもしれませんが、部屋番号をあらかじめ教えられていても、表札にあたる名札がないのでパッと見非常に戸惑います。
豪奢な内装かと思っていたのに実際はタイル張りっぽい廊下にすごく質素と言うか素っ気ない扉が並んでいるので、これまた「ここはどこ?」と心細い気分になります。
どこが本当の扉かわからない職員室が廊下の奥までずーっと続いてる…
視覚的にはそんな感覚に襲われました。
自民党本部にも民主党本部にも入ったことはありませんが、議員会館の警備を実際に体験してしまうと、右翼男がスーツの背中に竹刀を隠し持ち、8階の代表室までノーチェックで入れたということは、党本部って案外警備が杜撰なのかしら?と不思議に思ってしまいますね。
確かに民主党本部は見た目おんぼろビルですが、政権与党としてはお粗末すぎる警備だな、と。
しかしネットユーザーだったら誰もいない代表室に忍び込んでパソコンがあったらVIPでスレ立てしてパソコンの中身を暴露して行くと思うので、この右翼男、ネットには疎い人種なんでしょう。

どうせなら永田町でと言われても、1人でやるんじゃ意味がないです。
せめて数百人規模で火柱上げるくらいじゃないと…。
よく自殺サイトで仲間を集って…と聞きますが、自殺サイトなんか本当にあるのかどうかすら知らないし、自殺サイトで仲間を探す人たちって「痛くない」方法にこだわって致死性や合理性、アピール性を疎かにしている節が見受けられるので、「最後の花火オフ」なんて乗りそうもない。
1桁なら右翼、2桁なら右傾化した若者、3桁ならネットユーザーの暴走、4桁なら…
全員の所持品とパソコンの中身を調べて十数件同じ要素があったらそれのせい。
やはり犠牲者は5桁行かないと大きなニュースにはならないですね。
あと東京だけに集中してると情報シャットアウトされるので、全国の市町村で同時多発とか。
しかしやはり自殺志願者だけでは足りないよ、5桁+全国各地で一斉決行なら5万人くらい参加しなければ海外メディアも取り上げてくれないし、日本のメディアだと黙殺される。
やっぱり日本国民の多くは民主政権になってもそれほど困っていないんですよね。
「右翼動けよ」「デモしないとマズイ」と言いながら誰も動かない、「自衛隊はクーデター起こせ」となぜか文民統制下にある自衛隊に白羽の矢を立てる(もちろん本気ではない)。
悔しいことは、民主党に投票した人たちがそういった文句を平然と口にしていることです。

選挙前からこうなることはわかっていたのになぜ投票した?
今さら文句を言っても何もかも手遅れ、あんたらが民主党に投票したから。
日本を滅茶苦茶にしたのは民主党に投票したお前らだ!文句を言う資格なんかない!
選挙権という国民だけが持つ権利を軽んじたお前らは在日と同じ。


まぁ、自分ごときが何を言い、思惑あって命を捨てたところで誰にとっても意味がなく、影響も及ぼさないことは存じ上げておりますので、別の方法で努力していますが、地道な作業でしかも確実性が非常に低い方法なのでとても疲れます。
こういう時に、カツマさんのようにネームバリューがある人が羨ましいですね。
東原さんにメールを送ってブログに書いて頂くという御まじない的な方法もありですけど。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-12-12 00:52 | 今日のニュース・雑考
<< 「天皇陛下の政治利用!」という... 友愛政治の大勝利、おめでとうご... >>