政治ブログってなんだろね
政治ブログという言葉を口にしてみると「なんだそれ」ってセルフツッコミしてしまう。
なんらかの政治的主義や主張をメインとするブログ、という見方でいいのかもしれないが、ブログ主本人がどの程度自分の政治性・思想性を自覚しているのかということも考慮すると、その括りは適切ではないかもしれない。
無防備主義者は政治的な意味ではなく自分にとっての当たり前を語っている可能性も高いし。
誰も信じないかもしれないけどここだって別に政治ブログのつもりはないし。
客観的に見て誰もが「嘘こくな!」と言いそうなことは承知の上で、自分自身は政治ブログを運営してるつもりはない。
カテゴリに政治ってないでしょ?
政治政策の是非を語れるほど自分が政治政策に精通した人間だとはいまだに思ってないから。
大体にして既存のニュースに主観的感想(たまに客観的なソースを添えることもある)を述べる形になるので今日のニュース・雑考というカテゴリ名は適切だったなぁと思う。
責任逃れのためにこんなこと書いてるわけではなく、自分としては政治ブログという枠に括られるだけのクオリティのある記事を書けていない、という率直な見解を述べているだけです。
くさか里樹の「ヘルプマン!」が好きだったのに、最近やたら朝日新聞で取り上げられるようになったせいでなんか読むのが嫌になった、という程度の狭量な人間ですから。
申し訳ないけど朝日新聞に重用される人は人として信頼できない。
どんなに好感を持っていた著名人(例えばさかなクン)でも朝日新聞の記事で肯定的に取り上げられると途端に気分が萎えてしまう、その程度で好悪の印象に影響が及ぶような俗物が政治に物申す資格はないなーと、前々から思っていた話。
ヘルプマン!はこれからも読むし、さかなクンはこれからも普通に好きだと思うけどね。

なんで政治ブログっぽくなっちゃったのかという理由は込み入った説明になりそうなので(ぶっちゃけめんどくさいので)省くとして、「政治家は私腹を肥やすだけで結局庶民は税金毟り取られるだけ毟り取られてなんにもいいことはないさ」という平均的日本人の政治観に対してひどく反発を抱いていたこと、そして高度経済成長を終えたのち、狂乱のバブル景気が弾けてもう日本はこれから沈むだけの国家なのかな、と将来に対する漠然とした不安感を抱いていた自分に「日本人はまだすごい力を持っている」ということを、自分の信念とともに日本人への信頼として熱く語ってくださった政治家に出会えたこと、このふたつが大きな理由だと思う。
ああ、こういうのを指して若者の右傾化と呼ばれるんでしょうか。

あれほど政権交代の危機を訴えていたからには「今こそ頑張り時」なのかもしれませんが…
なんつか、もう疲れちゃって何も言う気が起きないんですわ。
民主党の危ないニュースなんてもうみんな知ってるし、書いてる人もたくさんいるし…
だから言ったのに!とかマスコミに騙されやがった情弱のせいで!と言っても意味ないしなぁ。
80%の人が支持してるなら20%の人が文句言ってもなんもならんわーとも思うし。
私には民主党の政策の良さが全然わからないけど、80%の人にとって良い政策なんだろう。
そこで多数決の原則を無視したら民主主義を裏切ることになるしな。
「健全な民主主義の行使において健全な報道が必須なんだ」と言われたって80%の人がマスコミが健全な報道してると思ったんだから、そしたら健全じゃないと思うほうが異端なんじゃね?
お灸をすえてやる派の人も二大政党制を望んだ人(うちの父)も、どちらもアテが外れて気の毒な話だけど、お灸を据えた結果とんでもない政権が発足するとか、そもそも政権担当能力がないと民主党で一番偉い人が言ったように、政権担当能力がある政党がふたつ以上ないと二大政党制は成り立たないとか、そこまで考えが及ばなかったのは自業自得だし同情しにくいし。
愚痴を言ってもしゃーないですが、今の政権を支持しない20%の国民の声にはまったく耳を貸さず勝手にいろいろまずいことばっか決めるわ、少数派の声をあれだけ大事にしていた新聞社が全然少数派の意見を取り上げないわ、ともかく少数派は意見を述べても意味ないんだなーとしみじみ思ってしまったというか。
ま、20%の中の人たちでブログやっている人たちは盛んに民主党のニュースを取り上げているから、そもそもアクセス数がめちゃくちゃ少ないうちなんかが意気込んでやることもないか、と。
増税決まったのでなんかもうどうでもいいわー的な気分。
子供手当のために増税かよ…という現実を突き付けられて、もう何もしたくねーし政治とかどうでもいいよ的な厭世的な気分になっちゃったんです。
麻生さん、復活してくれればまた頑張れるかもしれないけど…。

政治ブログって言ってもそれで給料貰ってるプロじゃないし。
けどこういう時どうするのが一番いいのかわからない…。
もう民主ネタの取り扱いやめるとかしたら売国主義の隠蔽に加担することになるし…
政敵は徹底的に叩くべし!と奮起するようなブンヤ根性はもともとないし…
ほんとに自分、これからどうすればいいんだろうなー的なしょぼい問いですが。


あ、あとコメント欄への返信は明日以降。
最初に申し上げておくと、私はネット上のコミュニケーションがとても苦手です。
テレコミュしてた時もお客さまの顔は見えませんでしたが声だけでわかることがたくさんありまして、礼儀正しい多くの日本人はクレームであっても最初は礼節を持った対応をしてくださる方が大変多いのですが、スキルというか長くやっていると育まれる勘で、「これは成り行きがまずそうな感じの電話だ」と察知したりすることが可能なのです。
そういった生身のコミュニケーションには苦がない私でも、テキストだけのコミュニケーションは互いに一方的な話になりがちで、話す言葉に比べて圧倒的に少ないテキストをもとに相手と意思の疎通を図るのは大変難しいです。
半万年ROMってろ!的な話ですが、そもそもコメント欄が活用された経験もあまりないのでレスポンスに時間がかかることはご了承ください。

つーか、今歯が痛くてバファリンで我慢してるので何かにつけて不自由なんですよね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-10-30 01:19 | 今日のニュース・雑考
<< 友愛政治の大勝利、おめでとうご... 社会保険福祉事務所と社会保険庁... >>