麻生総理は誰に敗北したのか
868 名前: 名無しさん@そうだ選挙に行こう [sage] 投稿日: 2009/08/30(日) 17:17:12 ID:yRZSHBC/
>>850
安倍はマスコミを信じすぎた。
福田は民主党を信じすぎた。
そして麻生は国民を信じすぎている。
小泉はそのどれも信じていなかった。



うん…確かに。
麻生総理(当時はまだ外相)の言葉には、日本はすごい力をまだ隠し持っている!日本人は日本人であることに誇りを持とう!というシンプルかつ明るく力強い気概に満ち溢れていた。
間違いなく有権者を信じている、国民に対して見せる底抜けの笑顔は偽善の仮面ではない。
だから私は信頼に足る政治家と受け止め、麻生さんを信じてきたわけである。
しかし安倍元総理、福田元総理と二代に渡る短命政権ののちに総理就任、世界大不況を迎え撃つ形となった麻生総理であるが、この段階から「国民の信を問うために解散しろ!」と言い続けていた民主党首脳部はアホだ。
民主党って麻生内閣誕生の時からほんとに与党攻撃しかしてこなかった。
攻撃というのもおこがましく、底の浅い誹謗中傷に徹していたが、なんの責任を負う必要もない野党だからと、とにかく与党批判、自分たちが出した法案の審議でさえ反対したのは驚いたものだ。
そしてマスコミの執拗なネガキャンによって「漢字も読めない無学のバカ首相」とレッテルを張られた麻生総理を国民は馬鹿にするどころか、言い間違いのニュースのたびに歓喜して「こいつホントにバカじゃねwww」と指さして嘲笑っていた。
麻生総理がこの短い任期に驚くほどたくさんの仕事をしていたことを伝えるメディアはない。
そして、ひたすら社会不安を煽り、「不景気は麻生総理のせい」と吹き込み、マスコミは国民の信を得てしまった。
そもそも安倍ちゃんだって身体を壊し、退任に至らざるを得なくなったのもマスコミによる執拗なバッシングのせいであり、安倍ちゃんも仕事はちゃんとやっていたのである。
安倍ちゃんは教育基本法の改正や、憲法改正のための下地をこしらえた偉い人。
まぁ、麻生総理のほうが我慢強く、タフだったと思うんだけど。
マスコミと、それを信じた国民が、政策の邪魔ばっかりしていたという自覚はあるのだろうか?
そして、昨夜の池袋東口の遊説でも麻生総理の国民に対する信頼は変わらなかった。
しかし、国民を信じたがゆえに国民に引きずりおろされた…あまりにも悲しく腹立たしい今回の解散総選挙である。
今夜はやけ酒、そろそろテレビを見始めようか。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-30 19:22 | 今日のニュース・雑考
<< 2009年衆院選<総括> 2009年8月29日 池袋東口... >>