朝日新聞=冷やし中華と捉えていいのか
つくる会教科書―横浜市の採択への懸念(社説:朝日新聞社2009年8月23日)
http://www.asahi.com/paper/editorial20090823.html

横浜市の市立中学校の約半数で来年春から新たに、「新しい歴史教科書をつくる会」主導で編集された歴史教科書を使うことが決まった。

4年前の採択時期には、つくる会の歴史教科書の採択率は全国で0.4%にとどまった。今回は東京都杉並区、栃木県大田原市などが継続して使うことを決めているが、指定市では横浜が初めてだ。使用する学校の在籍生徒数も約3万9千人と最も多い。

横浜市で採択されたのは、従来の扶桑社ではなく自由社から出されたものだ。内容の大部分はこれまでの版を踏襲し、今春検定に合格した。

教科書検定は控えめにすべきだし、教科書は多様である方がいい。しかしそれでも、つくる会の教科書は、歴史の光と影、自分の国と他の国との扱いにバランスを欠き、教室で使うにはふさわしくないと考えざるを得ない。

自由社版でもそれは同じだ。天皇や神話を重視し、近現代史を日本に都合よく見ようとする歴史観が色濃く、中国への侵略、朝鮮半島の植民地支配については不十分なままだ。沖縄戦の集団自決にも触れていない。

気になるのは、横浜市教委の採択経緯が教育の現場の声を十分反映したものかどうか、疑念が残ることだ。

市教委の付属機関で教員や保護者、学識者でつくる教科書取扱審議会が、自由社版を含む7社の候補を選定。18区それぞれの学力状況などに応じ、区ごとにも幾つかのふさわしい教科書を挙げて市教委に答申した。

答申は自由社版を「他民族の生活や文化の扱いがやや弱く、生徒の多様な見方や考え方を育てるにはやや適さない」とも評した。どの区でも自由社版の評価はさほど高くはなかった。

ところが市教委では、各区で現在使用中の教科書と自由社版の二つを比較する形で、委員が意見を述べた。その後、委員6人が無記名で投票し、八つの区で現行のものから自由社版に切り替わることになった。

市教委の今田忠彦委員長は、4年前の採択時、市教委でただ一人、扶桑社版を採用すべきだと主張した委員だった。今回の採択には、市教委トップとなった今田氏の意向が強く反映されたのだろう。

教科書の採択権限は教育委員会にあるが、実際に使うのは教師と生徒だ。現場の声を反映した審議会の答申が、どこかで自由社か否かの二者択一のようになってしまった。

今田氏は自由社版を「愛国心」条項などが盛り込まれた改正教育基本法の趣旨に合っている、と評価する。しかしこの法律は同時に、他国を尊重する態度を養うことも求めている。こちらは満たしているだろうか。

30日投票の横浜市長選に立候補している各候補者の意見も聞いてみたい。



長文の御託うぜぇ。
はっきりと「旧日本軍はアジアの民を虐殺しましたこの蛮行を忘れてはいけません私たち日本人は永遠に中国・韓国に謝罪と賠償を続けるのが当然です彼らの言うことが正しいのです」という教科書じゃないと困るんだよって言えばまだ清々しいのに。
「現場の声」って万能語だけど、要するに日教組の政治的・思想的思惑に合致する教科書を選ばせろと言ってるわけじゃないか。
「実際に使うのは教師と生徒だ」という表現も適正ではない。
教師が生徒を洗脳するために偏った教科書を選び、さらにプリント学習で徹底的な洗脳を図る。
これが現在の教育の現場じゃないの。
教師が生徒に国旗・国歌を「軍国主義を象徴する」悪いものだと覚え込ませ、さらに日本は平和憲法(9条)のお陰で戦後60余年平和であるとか、無抵抗ならば決して戦争は起きないとか、日本が武装したら軍靴の足音が…とか嘘八百デタラメなこと教えている現状のほうが余程危険なのに。
町村官房長官(当時)がNHKの討論場組で「日教組はマルクス・レーニン主義」と発言した時は神だと思ったけど、よく考えれば事実を述べただけで神扱いの日本がオカシイことに気付く。
別に「だから日教組は危険」みたいなことを言ったわけじゃないのに…。
櫻井よしこ氏が「あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?」と発言した時も、NHKのカメラクルーが慌てて櫻井氏の姿を隠すように収録機材の後ろまで下がっていた。
発言をキチンと拾った音響係はエライけど。
単に「アジア」の認識の程度を聞いただけなのに、何がまずかったんだ。
アジア地域はものすごく広大で、アラビア半島のイスラム教徒だって「西アジア」の人だし、ロシアの領土の一部も中央アジアの中に含まれるし、ちょっと自信を持って言えないが、確かトルコまで「アジア」と認識してよかったような気がする。
例え回答者が「中国、韓国、北朝鮮…」と言ったとしても(言ったけど)、何がまずかったのか。
「アジア」に対する認識が限定的だったというだけの話なのに。
マッチーがその件で日教組から何か抗議を受けたのかどうか知らない。
しかし普通にマッチーは事実を述べたに過ぎないと思うし、もしマッチーの認識が間違えていたら「それは違いますよ」と指摘すればいい話、NHK的に何がまずかったのかどうか教えてほしい。
そうやって「何か」を公にせず、こそこそ隠匿しているから「報道しない自由」が問題になる。
北野大の突然の活動自粛も、どうも公にしたらまずいことを言ったっぽかったらしい。

全国のお父さん、お母さんにお知らせします。
ネクスト文部科学相は「教育に政治的中立はありえない」と言った日教組の先生です。
そして教科書採択は現場の教員や「市民団体」を名乗る政治思想団体に丸投げになります。
いちおう何某かの選択基準の一点としてお知らせしておきたく存じ。

>30日投票の横浜市長選に立候補している各候補者の意見も聞いてみたい

是非是非聞いて下さい!その言葉を偽りなく報道してこそジャーナリズムの鑑です!

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-23 20:45 | 今日のニュース・雑考
<< 国債…それはどれだけ美味いネタか 【年金記録問題は解決不可】普通... >>