支持基盤を優遇するのは当然だけど
民主、社保庁を当面存続 年金機構移行を凍結、秋に法案
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009081501000470.html

民主党は15日、衆院選で政権獲得した場合には、社会保険庁の年金部門を引き継ぐ公法人「日本年金機構」の来年1月の発足を凍結する方針を固めた。秋に想定される臨時国会に凍結法案を提出、成立を期す。社保庁は当面存続させて年金記録問題解決に全力を挙げさせる。将来は、衆院選マニフェスト(政権公約)の目玉政策である年金制度改革実施の際に国税庁と統合し、税と保険料を一体的に徴収する「歳入庁」を創設する考えだ。

年金機構は社保庁の一連の不祥事を受け2007年6月に成立した社保庁改革関連法で設立が決まった。社保庁への懲罰的な意味が強く、不祥事で処分された社保庁職員は機構への移行を認めないことになっている。このため社保庁を存続させることには自民、公明両党から「民主党を支持する労働組合の擁護だ」と強い反発が出そうだ

政府は年金記録問題について来年1月までに「一区切り」を付け、その後は発足した機構に業務を引き継ぐとしている。

だが年金記録問題に関し「国家プロジェクトと位置付け、2年間、集中的に取り組む」と公約した民主党は、職員が公務員ではなくなる機構では、政治の監督が十分行き渡らなくなると問題視。マニフェストの基となる政策集でも「記録問題がうやむやになる可能性がある」と指摘している。

政権獲得後は、厚生労働相や新設を予定する「年金担当相」が直接指揮できる組織として社保庁を当面残し、記録問題の解決を進める考えだ。

2009/08/15 16:40 【共同通信】



何度も目を通したけど、不祥事を起こした社保庁職員をそのまま使い続ける、という意味?
めっきり記憶力が低下した上に文章の読解力も、さらには視力もかなり落ちたので、衆院選のニュース、特に民主党発言のニュースがなかなか頭に入らない。
思考力もかなり落ちたと思う。
だから連日の民主党発言を理解できないのは私が悪いのかもしれない。
故人献金疑惑も毎日のように忘れてはふと思い出し…の繰り返しでもう痴呆症なのかも。
先月末から社保庁の審査待ちなので、私にとって審査期間中の政権交代をかけた衆院選は大変困ったこと。
社保庁の職員、ちゃんと仕事してくれてるのかどうか不安だ。
下手すりゃ消えた年金記録と同様、提出した様々な審査用の書類がなくなっちゃたりして…。
民主党は社保庁を存続させることよりも、この衆院選の真っ最中、社保庁職員がちゃんと仕事してるかどうかを心配して欲しい。
「社保庁の職員の間に不安が広がる」なんてニュースが出たら怒るぞ。

>職員が公務員ではなくなる機構では、政治の監督が十分行き渡らなくなると問題視

つまり、公務員だったら政治家の意向のままに働いてくれるっちゅう意味なんすか?
民間人は言うこと聞いてくれないけど公務員なら言うこと聞いてくれる、みたいにも受け取れる。
政権交代実現したら控除はなくなる、保険料も上がるし増税になる(父親の車の自動車税も上がる)、しかも公務員は国民の声よりも政治家の意向を重視する…なんか死亡フラグだらけ。
つかよ、同じこと繰り返すけど、今、最優先させるべきことなんかね?これって。

◇追記◇
これわかりやすかったので保存。

966 名前: 名無しさん@十周年 [sage] 投稿日: 2009/08/15(土) 22:15:18 ID:GPHCfxml0
いろんな人が書いてるが、民主の政策は、ほんとに共産主義の時代の政策。
お金を捨てるほどある間は、いいしくみだが、今の日本ではありえない愚作。

そもそも税収40兆円しかない国で、子供手当て5兆円、高速道路70兆円かけて無料に
するのは、まともな経済の知識があれば、やるやつはいない。
中学生が考えても無理だと分かるだろう。


人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-15 22:51 | 今日のニュース・雑考
<< 総選挙の大騒ぎに霞んでいる新型... 09衆院選でなぜ「はだしのゲン」が… >>