無宗教の「国立追悼施設」…意味がわからない
鳩山代表、「国立追悼施設」の建設を
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4208354.html

民主党の鳩山代表は、政権を獲得した際には、靖国神社に代わる無宗教の「国立追悼施設」の建設を検討する考えを示しました。

「特定の宗教によらない、しかも(どなたもその意味では)こだわりとか、わだかまりがなく戦没者の追悼ができるような施設国立追悼施設というものに対して取り組みを進めるという思い」(民主党・鳩山由紀夫 代表)

鳩山代表はこのように述べ、靖国神社に代わる無宗教の「国立追悼施設」の建設を検討する考えを明らかにしました。

鳩山代表はきのう、海外メディア向けの記者会見で、総選挙に勝利して総理大臣に就任した場合でも、終戦の日の8月15日に「靖国神社への参拝はしない」という考えを示しています。

鳩山氏は従来から、こうした「国立追悼施設」の建設を主張していますが、12日は記者団に対し、「天皇陛下が心安らかにお参りに行かれるような施設というのが好ましいと思う」と述べました。(12日20:53)



無駄をなくすと言ってる人が明らかに無駄と思われるハコモノ作る。
まさに誰得。
クリスチャンの麻生総理ですらわだかまりなく年2回の例大祭に靖国参りしてるじゃないか。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-12 23:53 | 今日のニュース・雑考
<< 特権階級の貧乏ごっこから陰謀論 史上最多の原告数…なのか? >>