東名通行止めの影響が中央道に
長野の中央道で事故続発、東名迂回影響か記事を印刷する
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20090812-530193.html

12日午前3時半ごろ、長野県茅野市宮川の中央自動車道下り線で、燃料切れで路肩に停車していたトラックに高速バスが追突、トラックの運転手が軽傷を負った。さらに午前8時ごろにかけ、現場から約15キロ手前までの区間で8件の追突事故が相次ぎ、9人が病院に搬送された。

長野県警は、11日の地震で東名高速道路が通行止めになった影響で中央道の交通量が増加、高速バスの事故で渋滞が発生し、追突事故が相次いだとみている。

県警高速隊によると、高速バスは新宿発名古屋行き。乗客にけがはなかった。(共同)

[2009年8月12日12時17分]



東名通行再開 13日昼以降に
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014859391000.html

11日の地震で路肩の土砂が崩落したため、静岡県内の一部区間で通行止めになっている東名高速道路について、中日本高速道路は、地盤が予想以上に不安定で復旧には、さらに時間がかかるとして車の通行の再開は13日の昼以降にずれこむ見通しとなりました。

東名高速道路は、静岡県の牧之原サービスエリア近くで路肩の土砂が崩落するなどしたため現在も、▽上り線が静岡県の袋井インターチェンジと静岡インターチェンジの間、▽下り線が静岡インターチェンジと菊川インターチェンジの間で通行止めになっています。中日本高速道路は、当初、崩落した路肩の部分に地盤を補強するための鋼材を1列に並べて復旧させようとしましたが、予想以上に地盤が不安定だとして中央分離帯の近くと、上り線の下にも鋼材を追加したうえ、のり面にも補強として大型の土のうを設置することにしたということです。この結果、中日本高速道路では13日午前0時としていた復旧工事の完了が13日昼ごろにずれこむと発表し、車の通行の再開は13日の昼以降となる見通しです。中日本高速道路では13日は通行料金の値下げもあってお盆の帰省ラッシュがピークを迎えることから12日も徹夜で復旧工事を行うとしています。



昨日落ちて明日復帰なんてかなり無理ぽいと思う…。
今回の震災で、東名が「日本の大動脈」と言われる所以をかなり実感できた。
なんつーか、どうせ西日本の人がデカい声で「ちゃいまっせー!」と言ってるんだろうと勝手に思ってたので、まぁ大阪人が自信を持って「ちゃいまっせー!」と言うなら逆らったり衝突しないほうが平穏だろうと勝手に思ってた(どんだけ大阪に悪いイメージ持ってるんだ私)。
東名なんてどうせ東日本の田舎者しか使わない、と自虐的に思っていたんだけど、東名が使えないことでかなりの不自由が強いられるという事実を目の当たりにして、「やっぱ日本の大動脈だったんだ!」とようやく理解できた。
東名高速ってなんか田舎臭いイメージあるしね。
父の実家が静岡にあるため、昔から東名高速や東海道新幹線には随分お世話になっていたんだが、そのせいか静岡(東海道)=田舎というイメージが定着してしまったのだと思われる。
埼玉県にクマが出るって嘘だと思ってたし。
そんなことはどうでもいいとして、明日までに復旧って…無茶すぎる。
復旧したらたくさんの車が通るんだし、突貫工事で二次災害が起きそうで怖い。
「とりあえず通れるように」って適当に対処するわけには行かないだろう。
素人の私にはわからないが、建造物ってどっかで手抜きしたら簡単に全体が崩れるのでは?
このタイミングで東日本高速道路の偉い人が民主党の高速道路原則無料化に反対したそうだが、なんか普通に東日本高速道路の偉い人が叩かれていてちょっと「?」だった。
なんか「アマクダリ」で「税金の無駄遣い」だからよくないようだ。
日本人って恵まれすぎていてインフラのありがたみを忘れている気がする。
そのせいでとにかく「上」の人が嫌いみたい。
意味もなく贅沢させていいとは思わないけど、高速道路のメンテナンスって多分すごいおカネかかるんだろうし、こんな事態を想定すれば、高速無料化はかなり危ないと思った。
もし無料化したら、こういう場合修繕費用はどこから出すのか、誰がやるのか、無料化の恩恵を受ける地方高速で同様の被害が出た場合、無料化適用外の高速利用料から出すのか、などなどいろいろ心配なことだらけである。
今の日本人は目先の損得勘定だけで「自分より他人が得する」「自分が他人より損する」ということに対してすごいヒステリックだから、上手くやらないとすごく揉めるような悪い予感が…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-12 21:18 | 今日のニュース・雑考
<< 史上最多の原告数…なのか? 朝鮮総連敗訴 >>