マニフェストに意味なし(感想)
衆院選:民主が政権公約を5項目修正…日米FTAなど
2009年8月11日 20時55分 更新:8月12日 9時50分
http://mainichi.jp/select/today/news/20090812k0000m010077000c.html

民主党は11日、衆院選マニフェスト(政権公約)のうち、米国との自由貿易協定(FTA)の表現など5項目の修正・補強を発表した。「国と地方の協議の場を設置」を正式に盛り込んだほか、成長戦略、不妊治療の支援拡充、年金税制の詳細説明--の3点を新たに追加した。7月27日の発表以来、全国知事会の一部や農業関係団体などからの申し入れに加え、全国10カ所で開催した説明会での意見を反映させた。これで同党のマニフェストは確定するが、重要政策での修正は与党の批判や世論の不安を招いており、選挙戦への影響も懸念される。

米国とのFTAは「締結する」から「交渉を促進」に表現を後退させた上、「国内農業・農村の振興などを損なうことを行わない」と追加。アジア・太平洋諸国との経済連携協定(EPA)とFTAについても「締結を積極的に推進」から「交渉を積極的に推進」に改めた。

また、子育て・教育で「出産の経済的負担を軽減する」の項目に「不妊治療には医療保険の適用を検討し、支援を拡充する」と新たに追加した。

マニフェストの土台となる各分野の政策の詳細を網羅的に掲載した「09年政策集」に記載したところ、問い合わせが多かったため、明記することにした。

子ども手当創設では、配偶者控除が廃止されるため「年金受給者の負担が増えるのでは」との指摘もあった。

このため、「年金税制について公的年金等控除拡大、老年者控除復活を実施するので、配偶者控除を廃止しても年金受給者の税負担は軽減される」と丁寧に表記することにした。

成長戦略の項を新設したのは、自民党や経済界から言及がないと批判を受けたことへの配慮。「子ども手当、高速道路無料化などの政策で家計の可処分所得を増やし、日本経済を内需主導型へ転換し、安定した経済成長を実現する」などとした。【小山由宇】



ほんとにこれが最終版なのかな~?
別にマニフェストを修正してはいけないという縛りはないので修正してもいいんだけどさ。
表現を柔らかくするとか丁寧にするとかそういう問題じゃない気がする。
ていうか7月27日の「第1回マニフェスト発表」からどんだけ修正しているんだろうか。
批判されると慌てて前言を翻す、なぜか自民党を批判する、マニフェスト内容について自民党から疑問の声(批判と書かれることが多いけど、実質疑問だろう)が上がると、その疑問に回答せずに「自民党に言われる筋合いはない!」と逆切れ。
自民党に限らずあちこちから突っ込みがが入ったり、批判される理由は「マニフェストを読んでみたら疑問点や不安材料がたくさんあったから」に他ならないのだけど、なぜ自民党に対して怒るのか、国民より政局(政権交代)のほうが重要なのか、といろいろ思ったりする。
あんまり広範囲から「財源はどうすんだ!」と疑問の声が上がったためか、2ちゃんでは自民のマニフェストに対して「財源は~?」としつこく聞く人が多いけど、「増税と国債」ってはっきり言ってる。
あくまでも自民というか麻生総理が優先している目標は「景気回復」、全然ブレておらんよ。
定額給付金も週末高速1000円も、景気対策の一環。
今、国民生活を守るためには景気対策を何より優先しなければならないわけだが、子供手当や高速無料化は「とりあえずいろいろ値下げして現金バラまいとけ」という計画性のない策だし、それと引き換えに増税になる国民がいっぱい出る、というリスキーな策なんだがそれが周知されていないように思える。

*
私事ではありますが、少なくとも扶養控除が消えたら私は死活問題ですね。
すでに成人している障害者(がいる世帯)は、純粋に金銭的に生きて行けなくなります。
今詳しくは触れませんが、障害基礎年金(2級の場合)は月額にして6万6千円、しかも生活保護と違い、受給には「就労不可」が絶対条件なので、ちょっとでも自分の出来る範囲で働くことが可能になってしまった場合、例えそれが週1日のアルバイトであろうと問答無用で受給ストップ。
結果として、フルタイム働けない(自分の生活費を自力で稼げない)場合、家族に扶養してもらうか、生活保護に頼るしかありません。
しかし何のコネも特権もない普通の日本国民は生活保護受けられないですからね。
まぁ、民主政権になったら地獄の13階段に一段踏み出したことになるので、個人的に民主のマニフェストを支持するわけには行きません。
障害者のスレでは「どこに投票したらいいの?」「民主に入れたほうがいい」という遣り取りを結構見かけるんですが、控除廃止を知らない人が民主に投票しちゃうかと思うと泣けてきます。
年金でウハウハwwって非障害者が思ってるほど全然ウハウハじゃありませんし。
*

「消費税引き上げ」なんて誰だってイヤだろうと思う。
私だって貯金崩して生活費ギリギリでやってるわけだし、消費税が上がるのは痛い。
でもなぁ…高速無料化の代わりに自動車税引き上げとか、子供手当の代わりに各種控除廃止と言われたらどう考えても自分や家族にとって何もメリットがないことは明白だし。
目先の損得以上に、景気回復しないと生活の根本(つまり社会)が崩れるっていうほうが怖い。
つか、国籍条項がない手当のために日本国民に増税を強いるのは解せないよ。
日本国民のためならば仕方ないかと思うこともできる(かもしれない)が、日本国民じゃない人にバラまく手当の財源として増税されるとか冗談じゃないよー。
日本国民として納めるべき税金や年金を納めている人が貰えるんならともかく。

しかし民主主義の国・日本では多数決の原則を破るわけには行かないので、民主党のマニフェストだって、立場が異なる人にとってはまったく別の読み方をされるだろうし、大多数の国民が民主党を支持したのであればそれに文句つけてもしょうがない。
非常に気なる一点として、民主党の負の部分が国民に周知されていないことがすごく不安です。

2008年09月24日
「『報道しないこと』これがマスコミ最強の力だよ」~あるマンガに見る、情報統制と世論誘導


人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-12 18:27 | 今日のニュース・雑考
<< 朝鮮総連敗訴 間が悪すぎる台湾 >>