あと11年で核兵器廃絶…そりゃ夢物語だ
田母神氏が広島で講演 「被爆国として核武装すべき」
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009080601000852.html

原爆の日の6日、政府見解の歴史認識を否定する論文を公表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長が広島市で講演し、「唯一の被爆国として、3度目の核攻撃を受けないために核武装すべきだ」と主張した。

日本会議広島が主催し、演題は「ヒロシマの平和を疑う」。参加者は講演に先立ち君が代を斉唱し、黙とうした。

田母神氏は「2020年までの核兵器廃絶は夢物語」と、秋葉忠利広島市長の平和宣言を批判。「核保有国同士は相手からの報復を恐れるため、先制攻撃は絶対にしない。国を守るため、日本も核兵器を持つべきだ」と持論を展開した。

秋葉市長は6月に「被爆者や遺族の悲しみを増す結果になりかねない」として、日程の変更を要請。県内の被爆者7団体も7月、連名で抗議文を送ったが、田母神氏や主催者は「表現の自由だ」などと応じなかった。

会場周辺では、田母神氏の主張に反対する横断幕を掲げ、シュプレヒコールを上げる団体と、右翼の街宣車が言い争う一幕もあった。



論文とか読んだことないのでタモさんの主義主張は詳しくは知らない。
しかしこの記事だけ見ると、当たり前すぎることを言っているという印象を受ける。
「先制攻撃は絶対しない(されない)」というより、そもそも核ミサイルを持っている国は実際に使う気なんてないと考えるのが妥当ではないだろうか?(北朝鮮は国家の体裁したテロ集団だから別)
あくまで核は「うちは核持ってるから」というアピールであり、防御の盾として有効なアイテム。
「核武装すべき」と簡単には言えないが、いい加減広島の人は現実を見つめるべきだと思う。

あと、なんで「売国左翼団体と右翼の街宣車」と表記しないのだろう。
そのへんがやっぱり反日売国平和団体が胡散臭く思える理由のひとつなんだが。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-07 22:19 | 今日のニュース・雑考
<< 今年も冷やし中華が始まりました 友愛とか言われても >>