不景気って今に始まった話じゃないのに
派遣甘んじて…失職 改革ブームに踊らされ
2009年8月2日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/koyou_houkai/list/200908/CK2009080202000183.html

食いつないできた1日5000円の失業保険はあと10日ほどで切れる。

失業者が仮住まいする名古屋市近郊の公営住宅。今年1月、派遣切りにあった男性(43)はアパートの家賃が払えず、3月に越してきた。フィリピン人の妻(31)と娘(3つ)をフィリピンに帰し、家族とは離ればなれに。

愛知県春日井市のセラミック工場で働いていた。「減産に伴い、人員の減少を実施せざるを得ない…」。年末に派遣会社から受け取った「業務終了のお知らせ」。2年勤めたのに紙切れ1枚だけだった。

愛知県に移り住んだのは28歳。故郷の北海道に好条件の職はなく、トヨタや三菱の関連工場を渡り歩いた。当時は自動車が増産に次ぐ増産で、給料は正社員に負けないくらい。

職場の同僚らと飲み歩き、その日暮らしの生活を送っていた2001年。政界では自民党の小泉純一郎(67)が首相に就いた。

「改革なくして成長なし」と叫ぶ小泉をテレビでちらっと見た。「すごい人気だなあ」。それだけ。でも、経済は上向くし、求人誌をめくれば仕事はいくらでもあった。「正社員でなくても暮らしていけるんだ」。先行きの不安は小泉の絶叫にかき消された。

郵政選挙で小泉ブームが絶頂期を迎えた4年前、妻と結婚。翌年娘が生まれ「ぜいたくさえしなければ、親子3人食っていける」。そう信じたが、浮かれた時代に踊らされていただけかもしれない。「でも、彼を選んだのは国民なんだから」。無念そうに唇をかみしめた。

男性の相談に乗っている労組「名古屋北部青年ユニオン」(名古屋市)によると、40代以上の再就職は厳しく、家族ともども生活できない場合もある。雇用は一段と悪化し、スタッフの石田進(36)は「政治に無関心だった若者からの問い合わせも目立つ」と話す。

小学2年の息子と暮らす名古屋市内のシングルマザー(27)もそう。今年1月、工場派遣の仕事を失った。失業後は貯金が底を尽き、財布に1000円札1枚しかない日も。生活保護でひと息つけたが「育児と仕事を両立できる職は、なかなか見つからない」と漏らす。

最近は選挙ニュースにもつい目がいく。今度の選挙で初めて一票を投じようと思う。今月半ばで契約を打ち切られる長野県の派遣女性(26)も「政権が代わると、自分の生活はどうなっていくのか」と真剣に考えている。

列島を襲う雇用不安。格差社会にあえぐ人々に不況のしわ寄せがのしかかる。ようやく行われる総選挙を前に、生活の底上げを望む切実な声はかつてないほど高まっている。



この人を批判したらなんか気の毒である(批判される要素は山ほどあるが)。
なんだろう…見通しがすべてにおいて甘かったとしか言えない。
右肩下がりの低迷を続けた景気は、昨年米国の大恐慌によって一気に谷底に突き落とされた。
「バブル崩壊で景気は悪化」とはすでにパターン化された言葉だが、実際にはバブルが崩壊して一気に給与や雇用が問題化したわけではない。
弾けた弾けたと言いつつ、結構長い間それほど深刻な社会不安はなかったと思う。
しかし終身雇用神話は崩れたな、となんとなく(ほんとなんでだろうか)私は思っていた。
実は1回正社員として入社したことがあるが、飛び込み営業はあまりにもつらく、ノルマはないものの、成果の上がらなさが自分を責めたて、ついには会社に行かなくなってしまった。
今ほど雇用問題も悪化していなかったせいか、大企業だったお陰か、なんと会社に行けなくなってからもお給料が支払われていたという、情けない上に会社や同僚に大変申し訳ない状態になってしまい、半年ほど経ってから「いくらなんでもこれはあまりにもひどい」と耐えらなくなり、上司に退職意思を告げたのち離職した。
休職中に、仲良くしてくれた同僚が社内で不慮の事故を起こし、救急病院に運ばれたことが新聞のニュースになり、かなりショックを受けたということが決定打だったかもしれんけど。
会社に行かないでお給料を頂いているという状態はどう考えても誉められた状態ではないけど、もしあの時退職の意思表示をしなかったら、もしかして今頃幽霊社員になっていた可能性もある。
あまりに情けなくひどい話なので死ぬまで封印しておきたかった黒歴史だが、正社員は半年くらい会社に行かなくても退職を迫られないという参考例としておいて欲しい。
その後派遣会社に登録したところ、コールセンターの仕事を紹介され、テレコミュニケーターという天職を得たわけだが(つっても今は就労不可能で無職なんだけど)、派遣社員なんて一生続けるものじゃねぇな、と思いながら働いていた。
コールセンターの時給もピンキリの上、当たりハズレがある。
以前(3年くらい前だったか)、時給2000円以上で1日の入電数は1件か2件、週5日、6~7時間くらいの勤務が保障され、暇なので勤務時間中はほとんどダベってたという、羨ましすぎる体験を語ってくれた同僚がいたが、それ以上素晴らしい条件の仕事は聞いたことない。
まぁ、私の場合、1日の入電数が少なすぎると暇で苦痛なんだけどね。
多少は技能が必要な職種のためか時給は高く、手取りは結構な額だったけど、そんなんで世の中渡って行けるほど甘くない、必要なら増員するし、必要ないならアッサリ契約打ち切る、要するに頭数調整がやりやすいから企業は派遣を使うんだし、派遣ってそんなもんでしょーと思いながら働いていた(それも不毛な話だが)。
そういうわけで、俄かにボコボコ出てきた派遣切り問題、そもそも人件費を削減するために企業は派遣使ってるんだし、業績悪化や景気悪化などで人件費を大幅に減らす場合、派遣から切るのは当たり前なのに、契約更新しなかった!と責められている企業さんはすごく気の毒である。
ま、この男性(43歳)は「すべてにおいて見通しが甘かった」としか言えず、いわゆる自己責任論を持ち出すのもあまりにも大人げないと思うが、なんで純ちゃんのせいにするのかワケわからん。
純ちゃんは派遣の間口を広げただけで、当時「これからはフリーターがカコイイ!自己実現!」みたいに煽ったのはマスメディアなのにこんな記事を書くとは責任転嫁甚だしい中日新聞。
こういう例は決して一般的ではないと思いたいが、正社員以外の道として派遣を選ぶ段階で派遣のリスクをわかってない人って結構いるのだろうか。
マスコミに煽られて派遣という生き方を選び、マスコミに煽られて「派遣切りは許せん!」と息まいている人が結構いるのだとしたら、一億総無責任化って言うべき?
働いてない身でエラソーな口は叩けないが、「政治に無関心だった若者」が昨今の大不況を嘆いて与党を恨み、「とりあえず政権交代すれば良くなるはず!」と判断しちゃうのもなんだかなぁ。
とりあえず不景気を生活として実感するまでにはかなり時間がかかること、経済政策もすぐに体感できるほどの速攻性はありえない、という基本は押さえておこう。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-06 23:50 | 今日のニュース・雑考
<< 減税で余計に庶民が苦しくなりそう ビルマという国がないと知ったの... >>