離党してくれたら応援できるかも
民主マニフェスト“身内”から批判
2009.8.1 09:43
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090801/elc0908010945005-n1.htm

民主党が先月27日に発表したマニフェスト(政権公約)について民主党現役都議がホームページ上で批判を始めたことが31日、分かった。“身内”からの批判は議論を呼びそうだ。

批判しているのは、板橋区選出の土屋敬之都議。民主党は重要政策をまとめた「政策集」で▽学習指導要領の大綱化▽選択的夫婦別姓の早期実現▽元慰安婦に謝罪と金銭支給を行うなど慰安婦問題への取り組み▽靖国神社に代わる国立追悼施設の建立-などを盛り込みながら、マニフェストではこれらが抜けていた。

土屋都議はホームページに「ふざけるなマニフェスト! 本心をひた隠し」と記述。政策がマニフェストから抜けていることについて、「そんな政策を掲げて選挙をやれば民主は『第二社会党』だと批判を受けるからだ」としている。

民主党の政調幹部らは 「われわれが選挙で国民に示して約束するのはマニフェストであり、政策集は公約ではない」と釈明しているが、土屋都議はこうしたやり方を「ねこだまし」「姑息(こそく)」などと批判。「政党たるもの、議員たるもの、政策は正直に国民に示して選挙を行うべきだ」と反発している。



土屋敬之氏はどういう立場でこういう批判をしているのだろう?
社民党系民主議員…ではなく、保守系民主議員なのかな?
土屋氏のホームページを見ないことには詳細が把握できないが、とりあえず学習指導要綱の大綱化、選択的夫婦別姓の早期実現、自称「元慰安婦」への謝罪と賠償、靖国に代わる追悼施設の建立、などは、公言しちゃうと得票に響くためマニフェストから外したものの、民主政権になったら本気で実現させるらしい、ということがわかった。
板橋区民なので土屋敬之氏の名前くらいは知っていましたが、民主党だからというだけで端っから政策なんかまるで見ないで選択消去しちゃっていました。すみません。
しかし今の民主党に政権を取らせるのは真っ平御免なので、まともな感覚の民主党候補よりも、多少電波でも自民党候補者に入れざるを得ない現実は厳しいねー。
民主から売国エキスが抜ければ政権交代もアリなんだけどなぁ…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-01 19:56 | 今日のニュース・雑考
<< 対馬の人は責任取ってくれ 本当はぶれていない >>