本当はぶれていない
『鳩山氏ぶれている』 社民・国民新、民主に苦言
2009年8月1日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009080102000091.html

民主、社民、国民新の三党が三十一日に開いた衆院選の共通政策協議の中で、社民、国民新両党から、鳩山由紀夫民主党代表のマニフェストをめぐる発言などが「ぶれている」として、不満の声が相次いだ。

社民党の又市征治副党首は鳩山氏が先に公表したマニフェストを「正式なマニフェストではない」と発言したことについて「おかしな話だ。国民も意味が分からない。ぶれていると言われてしまう」と指摘した。

国民新党の亀井静香代表代行は、海上自衛隊によるインド洋での給油活動を来年一月で終了する意向を示したことについて「政権を取った錯覚を起こしたような軽々しい発言はやめるべきだ」などと、出席した民主党の岡田克也幹事長らにかみついた。

連立政権を目指すパートナーからの厳しい注文に、民主党側は「本当はぶれていない」と苦しい釈明に追われた。




>本当はぶれていない

すごい変な言い訳。
「本当は」がつかなければ、単なる「厚顔無恥な開き直り」で済むのに…。
鳩山さんの珍妙発言に私たちも苦労しているんです、としか受け取れんのだが。
自民党もそうだけど、せめて党内結束して選挙に臨んで欲しい。
そう言えば最近中川(女)の発言をとんと聞かなくなったが、誰かに黙れと言われたのかな?
東国原よりも中川(女)のほうが自民党の足を引っ張った主犯に思えるんだよね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-08-01 19:13 | 今日のニュース・雑考
<< 離党してくれたら応援できるかも 民主党は法治国家を否定する気らしい >>