最終マニフェストはいつになるのかな
マニフェスト「早く見たい」 民主に問い合わせ殺到
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/07/20090731t71019.htm

民主党が27日発表した衆院選(8月18日公示、30日投票)のマニフェスト(政権公約)が有権者の関心を集めている。東北の各陣営には「欲しい」「いつ配るのか」という問い合わせが殺到し、立候補予定者らが対応に追われている。実物が各選挙区に届くのは週末の見通し。各陣営は「もう少しお待ちを」とうれしい悲鳴を上げている。

宮城1区の前議員はマニフェストの発表後、街頭に立つたびに「マニフェストは配っていないのか」と尋ねられる。事務所には十数件の電話があり、「見たい」と訪ねて来た人もいた。

党本部は28日、予定していた8月4日の配布開始を2日前倒し。各選挙区への発送作業を急ピッチで進めている。

党ホームページ(HP)には全文掲載されているが、インターネットに不慣れな高齢者からの問い合わせが多い。前議員は急きょ、公約概要と工程表を載せたビラの配布を決めた。

陣営幹部は「個別政策が大きく報道されたこともあり、関心が高い。民主党が政権を担えるかどうか確かめよう、との意識もうかがえる」と受け止める。

宮城2区の新人も実物を待たず、白黒刷りの簡易ビラを徹夜で作り、29日に配り始めた。自分のブログでは個別政策を詳しく解説する予定。「政権交代の言葉だけでなく、政策を浸透させる選挙にしたい」と意気込む。

秋田1区の前議員事務所では28、29日の2日間で電話の問い合わせが40件を超えた。「4年前の前回とは比較にならない反応。好機は逃せない」と陣営幹部。HPから全文印刷し、100部をコピーして事務所入り口に積み上げた。

福島3区の前議員陣営には、子ども手当や農家への戸別所得補償など政策に対する突っ込んだ質問も寄せられた。

陣営は「有権者の方が詳しいくらいだ。返答に四苦八苦しないよう万全の態勢を整えないと」と関心の高さに冷や汗さえかいている。

2009年07月31日金曜日



民主党の発表がころころ変わるからちゃんと確認したい人が多いんじゃね?
「うれしい悲鳴」というのは脚色か、民主の候補者がよほどお目出度いかのどっちかだろうな。
「有権者のほうが詳しいくらいだ」って、候補者がマニフェストをよく知らないのは問題アリだろ。
まぁマニフェストが毎日変わるのだから候補者も対応に困っているんだと思うが。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-31 22:32 | 今日のニュース・雑考
<< 核武装論はおおいに奨励すべきこと 話題に事欠かない民主党 >>