他人事ではない心配
【09衆院選】30日の熱戦語録
2009.7.30 21:14
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090730/elc0907302118008-n1.htm

▽大目に見て

鳩山由紀夫民主党代表 世襲が日本の政治をゆがめてきた。世襲の私が言うのだから間違いない。ただ私は親せき縁者のいない北海道から立ったので若干大目に見てほしい。(長野県飯山市の会合で)

▽理由を明らかに

北側一雄公明党幹事長 (インド洋での海上自衛隊の給油活動は)高く評価されている。(民主党は)1月に撤退する理由を国民に明らかにする必要がある。(国会内で記者会見)

▽新しい政治訴える

志位和夫共産党委員長 (衆院選投開票日まで)残る1カ月、国民が自公政権は退場という審判を下すことに力を注ぎたい。国民が主人公の新しい日本の政治を開こう、足を踏み出そうと訴えて戦いたい。(党本部で記者団に)



日本では他人に厳しく自分に甘い人は嫌われる傾向にある。
という常識などで測れる発言ではないな。
鳩山氏が「世襲廃止!」と叫んでいた頃、「お前はどうなんだ」と思っていたが、「私は大目に見てくれ」という回答はなかなか見られるものではないと思う。
普通の人なら思いつかない、たとえ思いついたとしても口に出すことはできない言葉だ。
やはり鳩山氏は医師の診察を受けてみたほうがいいのではないだろうか?
侮蔑の意味ではなく、本気で鳩山氏が心配なので。
何かの病気と思われる人が毎日テレビに出ていたら、政治や思想などは抜きにしてまずは病院に行ったほうがいいと考えるのが人情だと思うのだが、誰も言わないなぁ…。
過大なストレスによって何らかの病気にかかることはよくあること。
選挙戦は岡田氏にでも代わってもらって、鳩山氏にはとりあえず静養をお薦めしたい。
夏場は体力も削がれるし、あと1ヶ月も選挙戦の前線に立つなんて命を縮める可能性すらある。
なんだかこの人を矢面に立たせている民主党ってひどい政党じゃないかと思えてきた。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-31 21:51 | 今日のニュース・雑考
<< 毎日がサプライズ オバマって言えばいいのか >>