理屈がよくわからない
3年で高速道料金無料化 民主政権なら、と菅代表
http://www.47news.jp/CN/200306/CN2003062201000335.html

民主党の菅直人代表は22日午後、鳥取県米子市で講演し「民主党が政権を取ったら、3年以内に高速道路を無料化するとマニフェスト(政策綱領)に盛り込みたい。東京や大阪など混雑する所は例外的に有料とするが、地方では無料にした方が経済効果がある」と述べ、次期衆院選の経済対策の目玉公約として高速道路無料化を掲げる考えを示した。無料化の財源としては「日本には現在約7000万台の車があり、1台に年5万円課税すれば3兆5000億円になる。料金所も廃止できる」ことなどを挙げた。さらに「自由党と連立政権をつくる場合に備え、できれば共通のマニフェストをつくりたい。場合によっては、社民党とも部分的に共通なものをつくりたい」と述べ、マニフェストを野党共闘に活用する意向を示した。


今さら記事ですみません。
なんか民主支持者が「高速無料化したら財源として自動車税5万円に増税」という話の後半をデマだったことにしたいみたいだったので、一応上げておきます。
しかし民主党は毎日めちゃくちゃな発言をしているから細かいところはあやふやになってしまう人が多いんじゃないかなー(現に私も結構忘れている)。
これはもう失言というレベルじゃないんだが、なぜか麻生タンが「失言総理」と言われる不思議。

ていうか、混まない地方だけでやる意味がよくわからない。
首都高とか平日大渋滞なんだけど、高速料金は変わらず自動車税5万になったらおかしくない?
東京に住んでいる車持ちの人のほとんどが土日祝日ドライバーだと思うんだけどなぁ。
週に2回しか乗らないのに自動車税増税と言われたら納得できないんじゃないだろうか。
「東京は車なくても困らない」と言われるように、日常生活において車を使うことは滅多にない。
しかしよほど都心に住んでいる人でない限り、自家用車がないとやっぱり困ることがあるのです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-30 20:51 | 今日のニュース・雑考
<< 公約は3日前に発表した!>ナ、... 米国に言えないから日本に八つ当たり? >>