鳩山進化論
来年1月でインド洋の海自を撤退 民主方針
2009.7.29 00:47
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090729/stt0907290048000-n1.htm

民主党は28日、海上自衛隊のインド洋での補給活動について、衆院選で政権を獲得すれば、新テロ対策特別措置法の期限が切れる来年1月で終了し、海自を撤退させる方針を固めた。

補給活動に関して、鳩山由紀夫代表は政権獲得後にアフガニスタン安定への日本の貢献策を検討する意向を表明しており、期限切れまでに米国と協議し、補給活動に代わる貢献策を模索するとみられる。

複数の民主党関係者によると、民主党はもともと補給活動に批判的で、「特措法延長はありえない」という。

同党は27日に発表した衆院選のマニフェスト(政権公約)で、これまで反対してきた補給活動に触れないことで、当面の活動継続を容認する方針を示していた。これに対し、与党は、一斉に「ぶれた」と批判。鳩山氏らは「ぶれてはいない。進化している」と反論していた。




ぶれてない、現実路線だ!進化だ!

で、結局民主はどうしたいんだ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-29 23:06 | 今日のニュース・雑考
<< 【鳩山代表】4年間が政治です 自民のマニフェストがくるようだ >>