結局消費税に頼るってことですね
消費税、4年凍結明記せず=増税論議を容認-残る財源不透明感・民主政権公約
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009072700731

民主党は27日発表したマニフェスト(政権公約)で、自民党が総選挙の争点に掲げる消費税への言及を見送った。鳩山由紀夫代表は会見で、増税論議を容認する意向を示し、これまで一貫して主張してきた「4年間は議論すべきでない」との方針を撤回した。しかし、将来の増税に含みを残しながら、その方針に一切言及しない政権公約は、不誠実との印象を与えかねず、民主党に対する財源批判は今後も続くのは必至だ。
マニフェストには「子ども手当」創設や高校授業料無償化、高速道路無料化など家計重視の政策が並んだ。政権奪取後4年目に必要な政策財源を16.8兆円と試算。このうち、公共事業見直しなどで9.1兆円、特別会計の剰余金「埋蔵金」活用などで5兆円を手当てするとしている。
消費税については、鳩山代表が5月の代表戦で、消費増税による財源確保策を早々と「封印」した。しかし、こうした方針に対し「財源の裏打ちのないけた違いのばらまき政策」(麻生太郎首相)と与党側は批判を強めている。
これを受け、民主党内では「4年間(議論を)すべきではないということでは必ずしもない」(岡田克也幹事長)との声が出始めた。こうした状況から、鳩山代表も4年以内の消費増税論議を容認する方向に転換したとみられる。 
マニフェストの目玉に掲げる月額2万6000円の子ども手当に関しても、配偶者・扶養控除の廃止で賄えるのは年間所要額の約4分の1にすぎず、「残額はどこにあるのか」(財務省中堅)との不信が根強い。(2009/07/27-20:27)



>4年間(議論を)すべきではないということでは必ずしもない

いろいろな言い回しがあるが、どれも日本語として解読しにくい民主党のお言葉。
要するに、「財源どこだよ」と言われ続けた結果、「消費税増税もありですよね」ということ。
確かな財源があるなら「消費税は上げません」と胸を張って言えるはず。
なんだよ結局財源が見出せてないんじゃん、と言ったらまた「誹謗中傷!」と言いそう。
ところで埋蔵金5兆円て4年間で使うの?毎年5兆円がどこからか湧いて出てくるの?

まぁ、どう突いても多分あんまり意味がないように思われる。

しかしなんで毎日鳩山(兄)の一挙一動一発言を突っ込まなきゃいけないんだろう…。
もしかして鳩山(兄)って今まで歴代の国会議員の中で一番耳目を集めてるんじゃないか?
毎日毎日繰り出す鳩山語録、マスメディアで報道され、ネットでいちいち突っ込まれ。
うろ覚えだが、確か人間って見慣れた顔の人には好感を抱きやすいんじゃなかったっけ。
毎日毎日みのもんたを見ている人は、慣れによって「みのさん素敵!」となっていそうな気が。
鳩山(兄)も、毎日毎日メディアを賑わすことによって好感度を上げているのかな。
私も毎日テレビを見ていたら、うっかり「鳩山(兄)イイよね」と思い込まされちゃうのだろうか。
鳩山(兄)の服装のセンス(というか美的センス)だけはかなり笑えて面白いんだけど。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-28 23:23 | 今日のニュース・雑考
<< 日教組と街宣右翼、どちらがヤバ... 国民の声は無視か >>