国民の声は無視か
鳩山代表 政権公約は必ず実現
http://www.nhk.or.jp/news/t10014549301000.html

民主党の鳩山代表は、宮崎市で街頭演説し、27日に発表した党の政権公約に対し、政府・与党側から財源が明確でないなどと批判が出ていることについて「細かく調査して必要な財源を手当てしており、必ず実現する」と反論しました。

この中で、鳩山代表は、来年度から「子ども手当」の支給などを順次実施するとした党の政権公約=マニフェストに対し、政府・与党側から財源などをめぐって批判が出ていることについて「できるだけ細かく調査して必要な財源を手当てした。自民党や公明党に批判される筋合いはない」と述べました。そのうえで、鳩山氏は「政権公約を必ず実現することを国民に約束する。国民との契約である以上、果たされなければ責任を取るのは当然だ」と述べ、今度の衆議院選挙で政権を獲得し、公約を実現する決意を強調しました。一方、鳩山氏は、自民党の細田幹事長が「西暦2020年までに、1世帯当たりの年間の可処分所得を平均で100万円以上増やすような具体策を掲げたい」と述べたことに触れ、「政権公約は最大4年間で何をするかであり、10年以上先の約束をされても困る。自民党は、4年前の選挙での公約を何一つ果たしておらず、その検証と反省からスタートすることを求めたい」と述べました。



自民党・公明党は「財源どこなんだよ」と質問しているわけだが、答えが「批判される筋合いはない!」ってどこの小学生なんだろうこの人。
じゃあ自民党・公明党には答えなくていいから国民に対して答えてくれ。
それも拒むなら、まず政権交代ありきで国民なんかどうでもいい、と判断するがよろしいか?

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-28 20:05 | 今日のニュース・雑考
<< 結局消費税に頼るってことですね 死刑制度なくせばいいじゃん >>