友愛よりもむかつく発言
【書評】『民主党解剖 この国を本当に任せられるのか?』産経新聞政治部著
2009.7.26 07:34
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/090726/bks0907260735002-n1.htm

■雲のようにわいてくる疑惑

私にとって、憲法改正の流れもつけられず、集団的自衛権の行使にも踏み出そうとしない自民党には愛想がつきていた。しからば、政権交代の可能性が高まっているといわれる民主党には期待できるのか。一時の感情に走って投じた一票が中長期的に国を誤るような結果になってはならないと考える人々にとって、絶好の手引きを見つけた。『民主党解剖 この国を本当に任せられるのか?』である。

事実こそ生命と考える記者11人が足で書いただけあって、ここには証拠となる材料がつまっている。小沢一郎氏は党代表を辞任したけれども、「政治とカネ」は西松事件に限らない。政党助成金も含む政治資金で都内一等地の不動産を次々に購入している事実をきちんと説明しないまま選挙に突入し、あとは「禊(みそぎ)は済んだ」で開き直るのか。読んでいると雲のように疑惑はわいてくる。

国家と国家の関係は冷厳で、個人同士の関係とは次元が違う。これは、国際政治の常識だ。にもかかわらず、自民党の福田康夫前首相は「お友達の嫌がることはしない。国と国の関係も同じだ」と述べた。驚いた人は少なくない。ところが、民主党の鳩山由紀夫代表は「日本列島は、日本人だけの所有物じゃない。仏教の心を日本人が世界で最も持っているはずなのに、なんで外国の人が地方参政権を持つことが許せないのか」と公言した。50年間現実の国際政治を観察してきた私は青くなった。本気で友愛外交をやるつもりなのだ。

横田めぐみさんを含む拉致被害者の拉致実行犯、北朝鮮工作員、辛光洙(シン・ガンス)元死刑囚の除名釈放嘆願書に署名したのは菅直人代表代行だ。輿石東・参院議員会長は「教育の政治的中立といわれても、そんなものはありえない」と堂々と述べた。日本の過去の「罪」を調べるため、国会図書館に恒久平和局をつくるという。

民主党はインド洋での海上自衛隊の活動継続を当面容認するともいうが、早晩、海自を引き揚げるだろう。中国が「その穴は埋める」と言ったただけで日米関係は破滅だ。この本から多くを学んだ。(産経新聞出版・1365円)

評・田久保忠衛(杏林大客員教授)




別に目新しいことは何もないが。


>日本列島は、日本人だけの所有物じゃない。
>仏教の心を日本人が世界で最も持っているはずなのに、
>なんで外国の人が地方参政権を持つことが許せないのか

仏教の心を日本人が世界で最も持っているはずなのに

何を根拠に勝手に日本は仏教の国だと言っているんだコイツは。
漫画家の川原泉も日本人は仏教徒、みたいなことを書いていてむかついたが、一国の総理になろうとしている政治家が軽々しく宗教について適当なこと言ってんじゃねぇ。
日本人は「無宗教」もしくは「なんとなく仏教徒かな」と思っている人が多いみたいだが、(宗派によって違うだろうが)仏教の教義をきちんと理解している人ってあんまり多くないような気がする。
葬式という人生のファイナルショーが仏式で行われることが多いせいだろうか。
鳩山的に、死んでも「神道」と言いたくない気持ちはわかるが、勝手に日本を仏教国にすんな。
ていうか、「仏教の心」と外国人参政権の是非は関係ないだろ。
友愛政治よりも宗教に対して無神経な発言のほうが腹立つな。
多分、多くの日本人はこの発言の無神経さと私の怒りが理解できないだろうと思うけど。

そして最近よく「麻生は8月15日に靖国参拝しろ」という書き込みを見かけるが、タロサは昔から例大祭に靖国神社へ参拝しているということを知らん奴なのだろうか。
8月15日に参拝しないわけは、「負けた日に参拝するのはしゃくじゃない(笑)」だとか。
そして麻生総理自身は洗礼を受けたクリスチャンである。
別に総理大臣はアイドルじゃないけど、今さら説明するようなことなのか…。
多分マスコミが漢字とかカップラーメンとかホッケの煮付けみたいなことばかり報道するせいで、麻生総理の基本的なスペックが国民に知らされていないんだろうな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-28 16:52 | 今日のニュース・雑考
<< 死刑制度なくせばいいじゃん 10万×10年で100万 >>