民主党が政権取ったら1日5000円が保障されるらしい
職業訓練手当1日5000円 民主政権公約
2009年7月27日 朝刊
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009072702000157.html

民主党衆院選マニフェスト(政権公約)に、失業給付が終わった人や自営業を廃業した人が職業能力訓練を受ける場合に1日5000円(上限月10万円)の手当を支給する「求職者支援制度」創設が盛り込まれることになった。雇用保険に続く「第2のセーフティーネット」と位置付け、再就職を後押しする。

派遣労働者など非正規労働者の待遇を改善するため、2カ月以下の雇用契約については労働者派遣を禁止。併せて製造業派遣の原則禁止や、派遣元の責任強化などを盛り込んだ労働者派遣法改正案を、秋の臨時国会に提出する方針だ。

求職者支援制度では、扶養家族がいる場合には、1日6000円に上積みすることも検討する。民主党は対象者は年間で約21万人と試算。失業で収入が減少した人の公的医療保険料の軽減とあわせて、年間で約5000億円の費用を見込む。

さらに雇用保険の対象者を広げるため、31日以上の雇用期間があれば加入を義務付ける雇用保険法の改正も実施する。

最低賃金は全国平均1000円(時給)への引き上げを目指す。




これ行使したら、真面目に働かないで職業能力訓練に通う奴が出てくるんじゃね?
派遣就労自体の是非はともかく、2ヶ月以内は派遣禁止って…派遣の旨味がないだろ。
雇う側にも旨味がないし、あえて派遣で短期バイトしたい人も困ってしまうだろう。
派遣の旨味と言ったらいつだって切れることと、とりあえずカネ欲しい時に役に立つことじゃん。
手取りが多くてサビ残などなし、出勤日や就労時間の調整が可能ってことが派遣労働の旨味で、リスクは正規雇用並みの保障が期待できず、人員削減の時に最初に切られるっていうこと。
そんなこと大不況が始まるずっと前からわかっていたことなのに、「派遣切り」と騒ぐとか。

なんか民主党の公約って、いつも適当にいい塩梅の数字を出して、「財源は後で考える☆」的。
救済措置は必要だが、あるところから毟り取ってない人に渡すのは根本的解決法じゃない。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-27 22:09 | 今日のニュース・雑考
<< 民主党のマニフェストが出来たらしい 教育について真面目に考えろ >>