バラまけば解決するのか少子化は
民主、出産一時金増額打ち出す 少子化対策で55万円に
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072501000606.html

民主党は25日までに、出産時に公的医療保険から支給される「出産育児一時金」について、現行の38万円(10月から42万円)に国費からの助成を加えて55万円と大幅に増額することを、衆院選マニフェスト(政権公約)の基になる政策集に盛り込んだ。
少子化対策の一環として、出産費の負担を軽減し、赤ちゃんを産みやすい環境を整備する狙い。
2008年の出生数は約109万人。単純計算すると、今年10月以降に13万円を上乗せするためには、年間1400億円程度必要とみられるが、具体的な財源は明示していない。民主党は予算の無駄遣い排除などで生じる財源を充てる考えだが、与党は「ばらまき」との批判を強めそうだ。
出産育児一時金は昨年まで35万円だったが、今年1月から産科医療の「無過失補償制度」が導入されたのに伴い、3万円上乗せされて38万円になった。さらに「緊急少子化対策」として、今年10月から1年半の時限措置で、4万円を加算して42万円とすることが決まっている。

2009/07/25 18:58 【共同通信】




何度言えばいいのかわからんが、少子化は景気回復しない限りずっと続く。
少子化自体いいことか悪いことかはさておき、本気で解消したいならまず景気対策。
こんなの私のような経済素人でもわかるようなことなんだが、なんでミンスはわかんないのか。
国民の生活第一と言いながら、国民の生活の実態を全然知らないんじゃないの?
政治家が高級料亭に行ってもいいんだが、政治家が社会不安を知らないんじゃ問題あり。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-26 23:36 | 今日のニュース・雑考
<< 実情は政策より政権て人が多いん... 子供を「子ども」と表記されると... >>