本当のことを言ったら怒られたでござる
自民・細田幹事長、「日本国の程度を表している」などと発言 「真意ではない」と撤回
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00159721.html

自民党の細田幹事長が24日、記者団のインタビューで不適切な発言を撤回した。
インタビューの中で、細田幹事長は「麻生総理が字が読めないらしいと言って楽しんでいる。ぶれたらしいと言って。それはそんなに大したことない。役員人事だろうが閣僚人事だろうがどうでもよいこと。だけど、そのことの方が、みんな面白いんだ」と発言した。
さらに、「日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない」と述べた。
その後、細田幹事長は「誤解を呼ぶ発言があった。真意ではない」と撤回したが、今後、この発言は波紋を呼ぶとみられる。
(07/24 20:24)



まとめサイトを見たら結構反発食らっている模様。
別に本当のことだし撤回しなくてもいいじゃないのと個人的には思う。
選挙で大敗した後に「国民がバカだった」みたいなこと言ったら顰蹙を買うのは仕方ないが、この細田幹事長の発言が問題にされるとしたら、「身も蓋もなさすぎた」という点じゃないか?
だって「麻生バカだろwww」とか「首相の器じゃない」とか言う人はいっぱいいるけど、理由が「漢字が読めない」「カップラーメン」「ホッケの煮付け」「高級バー通い」じゃぁな…バカとしか言えん。
当たり前のように「麻生は能なし」という人に限ってマスコミのネガキャンそのまま受け売り。
首相になってからの激しいネガキャンでしか麻生氏を知らない人が多すぎる。
なんか根本的に「麻生太郎」という人がどういう人なのか全然知らないんだもんなあ。
就任前に主張していたこと集めてみれば「ブレた」なんてマスコミの印象操作だとわかるから。
就任した途端「解散しろ」と言い出したマスコミをスルーしていたら「権力の座に執着」と言われ始め、それを鵜呑みにしちゃった人がわりと多く、そして今に至る。
景気対策でちゃんと成果上げているとか、外交でも大活躍とかマスコミは報道しないから。
日印同盟なんて知らん人が多いんじゃね?だって新聞やテレビじゃ全然取り上げないし。
その程度だからそれを指摘されたのにファビョってる奴ってバカじゃね?
問題は、バカに向かってバカとバカ正直に言ってしまったことだな。
私は以前、「バカに向かってバカと言っちゃダメなんだよ」と諭されたことがあるが、その時はなんでバカに向かってバカと言ってはいけないのか理解できなかった…が、今ならわかる。
聡い人は、バカに向かってバカと言わない。
バカに向かってバカと言ってしまう人はバカなのだ。
細田幹事長を指してバカと言うわけではないが(そこまで不遜ではござらん)、バカに向かってバカと言ってしまったから問題になっているんである。
私は東京都民としてバカの烙印を押されるのは仕方ないと思う。
「私は投票してないもん」なんて言い訳は民主主義では負け犬の遠吠えだ。
だから細田幹事長にバカだと言われても返す言葉はない。
ま、しかし賢明な人はバカに向かってバカと言わない、ということが今回の肝かな。
こんなにバカという言葉を連発していると5割増アタマが悪く見える、ということがその証左。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-25 23:08 | 今日のニュース・雑考
<< 夢物語は説明責任を果たしてから言え 民主党マニフェスト、財源の目処なし >>