アグネスはウイグル人と対決すべき
【ウイグル暴動】ウイグル世界会議の議長が来日へ 中国反発も
2009.7.23 00:21
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090723/chn0907230024001-n1.htm

【ワシントン=古森義久】中国の新疆ウイグル自治区で起きた暴動で中国当局から「扇動役」と非難されている在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長(米在住)が来日する予定であることが分かった。
同会議が明らかにした。カーディル議長は「暴動」の真相は中国当局によるウイグル人弾圧と主張しており、訪日には中国政府の反発も予測される。
カーディル議長は日本国内の人権活動家らの招待を受け、28日ごろに来日、29日に日本記者クラブで会見が予定されているほか、30日には東京都内で支援者団体らが主催する講演会にのぞむ。講演では中国領内のウイグル人に対する弾圧の実情、とくに7月5日に起きた「暴動」の実態について語るとみられる。ウイグル族の窮状を国際社会に訴えるため、日本での講演を議長自身が強く希望していたという。
カーディル議長は2007年11月に国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」日本支部などの招請で初めて来日、全国計8都市でウイグルの実情について講演したことがある。
しかし、今回はウイグル暴動をめぐり、中国政府から「暴動扇動の黒幕」と名指しされたなかでの訪日となり、中国側が不快感を示すのは確実。日本政府に抗議してくることも考えられる。外務省の担当者はカーディル議長の来日について「ビザ(発給の)申請があったとは聞いていない」としている。
カーディル議長に対しては、中国への配慮から入国を拒否してきたトルコも最近、査証発給を決めていた。



敵の敵は味方、と安直に思いはしないし、少数民族=弱者というフィルターは外すべきだが、それにしても中国政府のウイグル自治区における弾圧(虐殺に見えるが明言は控える)行為はひどいと思うので、日本在住のウイグル人によるデモなんかは頑張れ!と思う。
日本人にとってウイグル人はあまりにも判断材料が少ないため、感情のみで判断してはいけない、が、今のところ日本(人)に迷惑をかけている外国人はダントツで中国人だ。
分母が多すぎるのでなんとも言えないが、日本における外国人犯罪者のトップは中国人である事実を鑑みても、中国人に対して否定的な感情を抱いてしまうこと自体は責められることではない。
とりあえずカーディル氏は日本に迷惑をかけるために来日するのではないし、中国人とウイグル人、両方の言い分を聞かないことには一方を「悪」と決めつけるわけにもいかないので、カーディル氏の講演には非常に興味を持っている。
別に「中国の反発」なんて日常茶飯事だからどうでもいいだろ。
そしてカーディル氏来日の際には是非「人権家」として名高いアグネス・チャンを講演に呼んで、カーディル氏と意見交換して欲しいと思う。
アグネスは他国の創作作品の登場人物の人権にまで配慮する筋金入りの人権家だ。
ならば自国で起きている人権問題についても何某かの見解を示すべきだと思う。
ウイグル問題に言及しなければアグネスはただの反日人権ゴロと見なされても文句は言えない。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-23 20:40 | 今日のニュース・雑考
<< 民主党マニフェスト、財源の目処なし 鳩山談話が絶対に生まれる >>