ない袖は振れないというか
民主の温室効果ガス削減案を鉄鋼連盟批判
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp2-20090722-521815.html

日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄社長)は22日の記者会見で、民主党が温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する目標を掲げていることについて「理解に苦しむ」と述べ、受け入れられないとの考えを示した。
宗岡会長は「政府の削減目標ですら(達成は)厳しいが、(民主党の目標は)それに倍する目標だ」と指摘。民主党に対し、目標通りに削減した場合の経済や国民負担への影響を説明するよう求めた。
また鉄鋼需要の減少に伴い新日鉄が休止している2基の高炉のうち、千葉県君津市の高炉については「年内の再稼働は難しい」との見方を示した。大分市の高炉は8月2日の稼働を決めている。(共同)

[2009年7月22日16時29分]



とりあえずどんな達成困難なことでも言ったもん勝ち、ということかな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2009-07-22 22:56 | 今日のニュース・雑考
<< マッチポンプというのも憚られる... 【メディア】閉塞感と虚脱感と >>