アジアカップ決勝トーナメント、対ヨルダン戦
ハラハラドキドキ、一時も目が離せず、見ていてこんなに疲れた試合はないですが…

おめでと――――!!ヽ(´▽`)ノ

祝杯だ祝杯だ―――!さけ―――!!


勝利が決まった次の瞬間には、大きなガッツポーズとともに両方の拳を何度も突き上げて、倒れ伏して不覚にも涙まで滲んでしまいましたよ…。
(私は叫んだりしません、近所迷惑ですから)
マジで疲れた…一体どれくらいのマインドカロリーを消費したのだろう。

延長引き分けの末PK戦になった時、1発目で俊輔が足を滑らせてボールをバーの上に高々と飛ばした時、目を瞑りたい場面が何度もあって、ツネさんの必死の抗議が実った時には「やってくれ!頼む!」と重慶へ向けて必死に祈り…
ああ~本当によかった~~~(号泣)
今夜は疲れて幸せな気分で眠れますね、きっと。
と言うか後半の後半は目がかすんで気が遠くなって、今でも沈没寸前ですけれど。
試合中に何度も「三都主あいつ替えろよ!」とか「中国の観客マジでムカツクな~!」と憤ってテレビに向かって毒吐いていた事はきれいサッパリ忘れました。
※ほんの一時忘れておいてやるよという気分になっただけです。

最初ね、もうフィジカルの強さが全然違うことに愕然としたんですけれど、日本選手も当てられて吹っ飛ばされるだけじゃなくて当てて行くようになって、後半は「格闘技?ここはコロッセオ?」みたいな感じになりましたけれど、当てられて簡単に吹っ飛ぶのは日本の弱点ですから、そこをファウル覚悟で当てて行くようになったのは偉いと思います。
何より気合負けしなかったのが偉い! 能活がよく頑張ってくれて本当に嬉しいです。
ここ数年の暗黒期、もう能活は日本代表の守護神の座に返り咲けないんじゃないだろうかと半ば諦めていたのに、今回のアジアカップでの抜擢に活躍、能活ファンとしては、異国の地で舐めた辛酸や積み上げた経験によってより強くなった能活が、こういう形でまた日の目を浴びたことは非常に喜ばしい事です。
デンマークは日光が少ないと能活が言っていたように、色白なのが目立っていますが(笑)。

ジーコジャパンにはいろいろ批判もまだあるみたいですけれど、選手達が確実に強く成長していることがファンにとっては何より嬉しいことです。
でもなぁ…鈴木とか頑張っているのにアレなのは気の毒と言うか何とかならないものかと思うし、三都主は本当に一度落とせとか、細かいことはゴニョゴニョ…。
三都主がボールを持っていると不安で不安で仕方がないんですよねぇ…(-_-;

しかし今日の試合は、外国のサッカー事情に詳しくない(※日本のサッカー事情にも別に詳しくない)私でも、ヨルダンが恐ろしくアグレッシブで、今の日本よりもずっと格上のチームだということがわかりました。
今回の大会、この試合まで無失点で来たということも、あのGKを見れば納得です。
そのヨルダン相手にあの健闘と勝利。
日本の選手たちが、メンタル面でもより強く磨かれていた事が酌んで取れます。
今夜は手放しで褒めます!偉い!ありがとう!酒がうまい!
嬉しい夜ですね~アハハ!└(*´▽`*)┘ ←出来上がっているじゃん…。

しかしピッチが穴ぼこだらけでやりにくそうでしたね…。
中国の観客のマナーの悪さは世界に向けて恥を晒しているようなものです。
日韓W杯の時の韓国人なんて、世界中のサッカーファンから不評を買っていたよね。
すべからく我が身に返るんだよ、そういうのは。
そんなに日本が嫌いだと言うのなら、こっちも好きになろうという努力はしないから。
都合よく日本を利用したいと思うならもうちょっと考えてね~。
最後に少し醒めてみた。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-07-31 23:10 | 今日のニュース・雑考
<< 「本当の自分」 よくわからないこだわり(コスメ編) >>