久々日記ですが…/アジアカップ、対タイ戦の勝利に寄せて
しばらくネットから疎遠になっている間にexciteが様式替えしたり管理機能が追加されていたり、詳しくは知りませんがJUGEMUがどえりゃー事になっていたり…まったくもって浦島ですわ。
ドミノのようにあちこちでブログがコケて行きますが、単なる閉鎖や吸収合併よりもJUGEMUのメルトダウンのほうが怖いですね…。
MEMORIZE運営譲渡の騒ぎの際、livedoorとのえげつない客引き合戦を見ていた者としてはJUGEMU自体にあまり好印象を持っていませんが、個々の利用ユーザーの問題じゃないし、それは。
(livedoorは業績的に問題なくてもすでに大チョンボかましてコケたと思う)
exciteブログのユーザー数が短期間にいきなり飛躍していたのはJUGEMUからの難民移動でしょうかね?やはり。
私自身は別にインターネット・コミュニティーサービスの永続提供なんて求めていないので(そんなユートピアがあるか?ないだろ絶対)移行なんかさらさらヘッチャラではありますが、今身を寄せているexciteブログが大チョンボかましてコケたりしないことを祈ります。
社長のブログ、ちっとも読んでいませんが。

exciteブログはトップがなんか今ひとつ良くないと思います。
過去ログのUPが出来ないこと以外は使い勝手がいいのに、トップを見ても「活気があって面白そうな居心地の良いブログコミュニティー」という印象を受けない。
なんか見づらいんですよね…。情報量が少ないし。
マイぷれすあたりを見習ってほしい。
でもトラックバックテーマに「ファッション・インテリア」が追加された事が嬉しい!
ファッション、欲しかった!o(>w<)o
これからガンガン使うと思います。
過去ログのUPが出来ないことについて、私は特に不満はないです。
自分がログを取っていればいい話ですから。
よくマンガやドラマで過去の話を長々とおっぱじめる人がいますが、出会った人・出会った人すべてに自分の過去を余すところなくすべて知ってもらいたいとは普通思わないだろ。普通。
そもそも「暗い過去を背負った男or女」って言葉自体がださいっちゅーかなんちゅーか。
何昔前の世界なのよって話。あ、でも冬ソナってそんなんでしたっけ?
なんの話になってんだかなぁ…。

今日は就業中に…と言うか昼休み中に食堂で意識が遠のいて、午後の始業開始ベルで覚醒して脱兎の如く仕事場に舞い戻るという失態をやらかしました。
いや、1分や2分遅れても別に怒られないけれど…醜態。情けなーい…。
タイトロープな日々です、相変わらず。それどころか綱渡り具合が加速しているかも…。
それでも帰宅してからテレビでサッカー観戦しましたよ。ちょっと死んでいたけれど。
3点目を入れた後、もっと貪欲に追加点を取りに行くべきだったのでは?
2点リードしているのだから、早々に守って逃げ切る体勢に入らないで、もっとガンガン攻めても良かったはず…と思うのは、素人の浅見でしょうか。
2点リードしていながら危ない場面が何度もあった事が、ね…。
ひっくり返されたらどーすんだ!もう1点入れちまえ!とハラハラしながら見ていました。
結果4-1で勝利。おめでとうですけれど。
タイってサッカー上手いなぁ。日本に対するブーイングの嵐、ちょっとムカついたなぁ。
変なカメラワークは中国のものですか? ジャッジに多少の不満あり。
暑い中、頑張って勝利を手中に収めた選手達に拍手の嵐を送って止みません。
と言うか、1-1から見ていたのですが、その後ファインプレーやゴールの度に拳を腕ごとぶんぶん振り回したり力一杯ガッツポーズを決めていたりした私はどこのサカオタ男だ。一体。
奇声を上げるのは、女としてちょっと…だったから…。
結論的にどちらも大差ない。
でも私うるさい声って嫌いなので、自分でも耳障りな大声をあまり出したくないんだよね。
そんな私にとって、街頭演説はものすごく耳障りで腹が立つもの。


ジェンキンスさんは見世物じゃない。
…と思ったのはジェンキンスさんがインドネシア入りした翌日くらいでしょうか。
その後から現在に至るまで、曽我さん一家がマスメディアによって見世物にされ続け、アジプロの道具に利用する輩の格好の餌食になっているのが悲しい。
曽我さん一家再会ののち、首相の訪朝を「あんなものはただの選挙前のパフォーマンスに過ぎなかった」と言った人がいましたが、そのような意識の人ばかりでは北朝鮮による拉致事件の解決への道は遠すぎる。
「北朝鮮の人達は今とても可哀想なんだから」と続けられたので、さすがに黙っていられず「日本がいくら支援をしたって金豚が全部ガメているんじゃ仕方ないんじゃありませんか? そんな金豚体制を北朝鮮の国民が自分達で何とかできなければ国家の自滅も仕方ないでしょう」と言ってしまいました。
結果、人でなし扱いされました。
政治に一言あって体制に従属しない自分って格好良い!と思っているエセ平和主義者に。

女子高生を友人達と数人でなぶり殺した元殺人犯少年の再犯。
触れたくもない遣る瀬無い悲しみよりも怒りが勝る。
更生させるも何も、人を殺した奴なんか一生刑務所の堀から出られないようにしとけばいい。
殺人の罪を軽く考えすぎる人間が世の中には多すぎやしないか?
「なぜ人を殺してはいけないんですか?」という質問に対して大人がまともに答えられなかったという馬鹿な話があったが、子供にだってはっきり言える。
「なぜも何も殺しちゃいけないに決まってるんだよ!」
理由がなくてもしていい事・してはいけない事がある。
してはいけない事を大人が子供に教えられない社会は病んでいる。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-07-24 23:53 | 今日のニュース・雑考
<< ネットの海を漂って/子供を持つ... 服飾ネタが最近続く >>