中国で「平和宣言」て何のジョーク?
「南京平和宣言」を発表
人民日報日本語版 更新時間 :2007年12月14日 09:35 (北京時間)


国内外を含め1万人近くの人々が13日、南京で、旧日本軍による南京大虐殺70周年の記念式典を開き、30万人以上の犠牲者を悼むと共に、「南京和平宣言」を発表しました。

1937年12月13日、中国を侵略した日本軍は南京を占領し、6週間にわたった虐殺を行ないました。その中で30万人の中国人が殺害されました。

「南京平和宣言」では、歴史を歪曲する行為や、戦争と暴力、テロリズム、一般庶民の命や財産を脅かすいかなる行為にも断固反対するよう人々に呼びかけています。

600人余りの外国友人が悼み式に参加しました。そのうち、日本人が一番多く、400人余りいました。

中日両国の10あまりの寺院から来た200人の僧侶や、仏教徒、及び100人あまりの南京大虐殺の生存者はこの日、南京で、国際平和法会を開催し、30万人の中国人犠牲者を悼みました。

新しく建設した南京大虐殺記念館の新館もこの日、公開されました。



20万人の街でどうやって30万人を虐殺したんだとか日本兵の数は何人だとか置いといて。
400人の日本人の友人てどういう人たちよ。
現在進行形で民族浄化・弾圧を行っている中国で「平和宣言」とは出来の悪いジョークだ。
9条教の人たちは中国政府に軍備の放棄や軍縮・平和の尊さを訴えたりしないのかね?
実際に軍靴の足音が鳴り響き、人権などなきに等しい国にこそ平和や人権を訴えるべきでは?
そういうことも含めてちゃんちゃらおかしい「平和宣言」だな。


人気blogランキング

[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-12-15 23:29 | 今日のニュース・雑考
<< 勝手に約束するな! 北京を避け日本に避難する欧米選手団 >>