沖縄戦の真実ってなんですか?
訴訟にもっと関心を/「集団自決」シンポ
沖縄タイムス 2007年11月28日(水) 朝刊 26面


大阪地裁で行われた「集団自決」訴訟の本人尋問の様子を傍聴者が報告し、新たに浮かんだ訴訟の問題点などを話し合う緊急シンポジウム「沖縄戦の実相を問う」(沖縄戦の歴史歪曲を許さず沖縄から平和教育をすすめる会主催)が二十七日、那覇市の教育福祉会館で開かれ、約五十人が参加した。

今月九日の本人尋問を傍聴した沖縄平和ネットワークの津多則光・沖国大非常勤講師らが報告した。

津多さんは、原告の座間味島・海上挺進第一戦隊の元隊長、梅澤裕さん(90)の証言とほかの証拠の矛盾点などを指摘し、「六十二年後の今でも戦隊長の意識のままでいることが表れている」と批判した。

同ネットワークの村上有慶共同代表は、「集団自決」教科書検定問題とも連動している訴訟への県内外の関心が低い現状を話し、「この訴訟にもし負ければ、沖縄戦の真実がゆがめられることになる。法廷内だけの戦いに任せるのではなく、沖縄が声を上げ全国に伝えなくては」と訴えた。



訴訟に負けたら沖縄戦が歴史から消えるとでも言いたげな記事だなー。
沖縄に米軍が上陸したのち市街地で激しい地上戦が起きて集団自決があったことは事実。
その自決が軍の命令によるものかどうかは証拠がない以上「事実」とは断定できない。
サイパンのバンザイクリフでは、旧日本軍がいなくても住民は次々と海に飛び込んで行った。
軍の命令がなかったとして、集団自決の悲劇が消え失せるわけでもないだろうに…。
ゼロサム思考に陥っているのか、どうしても悪玉を作りたいのか。


人気blogランキング



[PR]
by yuzuruha_neko | 2007-11-28 22:36 | 今日のニュース・雑考
<< 捏造は「表現の自由」なのか 【人権擁護法案】「市民団体」は... >>